アトレティコがモナコからファビーニョ獲得へ! 約45億円でクラブ間合意!2018.05.27 20:47 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーがモナコからブラジル代表MFファビーニョ(24)を獲得することになるようだ。フランス『Le10Sport』が伝えている。

▽昨夏に続き今夏もマンチェスター・ユナイテッドとパリ・サンジェルマン(PSG)が獲得に乗り出しているファビーニョは、すでにモナコ退団を表明しており、今夏に新天地を求めることになる。

▽そして、同選手の新天地は以前にもスペイン『アス』が加入の可能性を報じていたアトレティコとなるようだ。

▽『Le10Sport』が伝えるところによれば、アトレティコとモナコは3500万ユーロ(約44億6000万円)の条件でクラブ間での合意に至った模様だ。当初、モナコ側は5000万ユーロ(約63億7000万円)を要求していたものの、アトレティコの粘り強い交渉が実り、最終的に3500万ユーロで合意に達したようだ。

▽なお、ファビーニョはモナコ加入前にレアル・マドリー・カスティージャで1年間プレーし、2013年5月のマラガ戦ではトップチームでリーガデビューも飾っている。そして、来季は古巣のライバルであるアトレティコでプレーする見込みだ。

▽レオナルド・ジャルディム監督の下で右サイドバックからセントラルMFにコンバートしたファビーニョは、機動力と手足の長さを生かしたボール奪取力に加え、推進力や堅実なパス捌きに定評がある。

コメント

関連ニュース

thumb

今夏の去就が注目されたグリーズマンがアトレティコ残留を明言! 「僕はアトレティコに留まることを決めた」

▽フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)は14日、スペインの放送局『Cero』のミニドキュメンタリー『Movistar+』にて、来季もアトレティコ・マドリーに残留することを明言した。 ▽2022年までアトレティコ・マドリーとの契約を残しているグリーズマン。だが、事前の報道でマンチェスター・ユナイテッドの関心も取り沙汰される中で、今夏のバルセロナ移籍が有力的な情勢として、去就に注目が集まっていた。 ▽以前からロシア・ワールドカップを目途に去就を決定すると明かしていたグリーズマンは、14日に自身のツイッターで「14日の21時15分(日本時間:15日4時15分)に自身の去就について語るビデオが公開される」と発表していた。 ▽今回公開されたビデオでグリーズマンは、「僕はアトレティコに留まることを決めた。もう我慢することはない。僕はアトレティコに残留すると多くの人に伝えたいね」と、残留を明言した。 2018.06.15 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、宿敵レアル・マドリーが興味を示していたウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスと2023年まで契約延長!

▽アトレティコ・マドリーは13日、ウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス(23)との契約を2023年まで延長したことを発表した。 ▽今夏の移籍市場でレアル・マドリーやユベントスらが獲得に興味を示していたホセ・ヒメネスは、クラブ公式サイトで今回の契約延長への満足感を示した。 「アトレティコと新たな契約を結べてとても幸せだよ。クラブが僕のことを信用してくれていることを感じているし、感謝しているよ」 「アトレティコに加入してから僕は成長を実感しているし、クラブとしても多くのタイトルも獲得した。僕たちはヨーロッパで地位を確立しているし、素晴らしいスタジアムも立てた。そして、今後もアトレティコの大きなプロジェクトに参加できることは僕にとって名誉なことだよ」 ▽母国のダヌービオFCで17歳の若さにしてプロデビューを果たしたヒメネスは、2013年夏にアトレティコ・マドリーに移籍した。しかし、公式戦17試合のみの出場に終わった昨シーズンには、インテルやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールへの移籍の噂が噴出。それでも今シーズンは公式戦38試合に出場し、チームの堅守に大きく貢献した。 2018.06.14 04:40 Thu
twitterfacebook
thumb

レマルがロヒブランコの新10番に! アトレティコとモナコがプレ合意を発表!

▽アトレティコ・マドリーとモナコは12日、フランス代表MFトマ・レマル(22)の移籍に関して条件面で大筋合意に至ったことを発表した。両クラブは今後数日以内に条件面の細部を詰めて正式発表を行う予定だ。 ▽2015年にカーンからモナコに加入したレマルは、卓越した左足の技術とパス精度、攻撃センスを武器にリーグ・アン屈指の攻撃的MFに成長。昨夏にはレアル・マドリーやプレミアリーグのビッグクラブからの関心が伝えられた中、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(現マンチェスター・ユナイテッド)の後釜としてアーセナル加入寸前にまで迫ったものの、結局交渉は破談となり、移籍は実現しなかった。 ▽今シーズンも公式戦38試合3ゴール10アシストを記録したレマルにはアトレティコが強い関心を示しており、先日にスペイン『アス』は9000万ユーロ(約115億円)の巨額オファーを掲示する準備があると伝えていた。 ▽なお、フランス『レキップ』は12日、具体的な金額に関しては言及していないものの、アトレティコとモナコがレマルの移籍金に関して合意に至ったと主張。なお、今回の契約では2年間の買い戻しオプションが組み込まれているようだ。また、レマルはアトレティコ加入が決定した場合、背番号10を着用することになるようだ。 2018.06.13 04:48 Wed
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、改めて宣言! 去就は「W杯初戦の前に言う」

▽アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)が、改めて自身の去就決定時期について語った。フランス『テレフット』への発言を、スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2022年までアトレティコとの契約を残しているグリーズマンだが、去就に悩んでいることが公然の事実となっている。移籍先の候補についてはマンチェスター・ユナイテッドの名前も挙がっているものの、バルセロナ移籍もしくはアトレティコ残留が有力と見られている状況だ。 ▽以前からロシア・ワールドカップを目途にしていると明かしていたグリーズマンが、設定した期限が変わっていないことを改めて『テレフット』に語った。 「スペインでは、僕が残留すると言う人も居れば移籍すると言う人も居る」 「僕らの初戦の前に僕はそれを言うよ」 「フランスのワールドカップは土曜日に始まる。時間が残されているね」 ▽グループCに属しているフランスは、日本時間16日の19:00にオーストラリア代表との初戦を迎える。 2018.06.10 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、グリーズマンの要望もありW杯開催前のレマル獲得を目指す

アトレティコ・マドリーが、モナコMFトマ・レマルの獲得に動いているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>バルセロナ移籍かアトレティコ残留で揺れているFWアントワーヌ・グリーズマンは8日に『フェイスブック』で、フランス代表のチームメートであるレマルとのツーショット写真を公開したが、『マルカ』によればそこにはある意図が込められるという。<br><br>というのも、グリーズマンはアトレティコ残留の条件としてタイトルを獲得可能な陣容をクラブに求め、レマル加入を熱望しているとのことだ。<br><br>そうしてアトレティコは、実際的にレマル獲得に動いている様子だ。アトレティコはFWラダメル・ファルカオの売却、またMFヤニック・カラスコの獲得と、これまでモナコと良好な関係を築いてきた。『マルカ』はアトレティコがレマルを引き入れるためには、移籍金として5000万ユーロ以上を支払う必要があるとの見解を示している。<br><br>アトレティコは契約内容の改善によるグリーズマンの残留、またチェルシーなども興味を示しているとされるレマルの獲得を、ロシア・ワールドカップ開幕前に決めることを目指している模様。そして、その二つの目的を達成した場合には、収支バランスを取るために選手売却の必要に迫られるようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.10 00:34 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース