カリウス・ウォーク・アローン…失意の守護神に同僚は救いの手差し伸べず2018.05.27 16:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは26日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリーとキエフのオリンピスキ・スタジアムで対戦し、1-3で敗れた。

▽13年ぶり6度目の優勝を目指したリバプールだったが、前半半ばのエースFWモハメド・サラーの負傷交代というアクシデントに見舞われると、後半立ち上がりにはGKロリス・カリウスのスローイングミスからFWカリム・ベンゼマに先制点を許す。その後、FWサディオ・マネのゴールですぐさま追いつくも途中出場のMFガレス・ベイルに圧巻のオーバーヘッドシュートを決められて勝ち越しを許す。さらに、試合終盤にはベイルの無回転のミドルシュートをGKカリウスが弾き損ねて再びネットを揺らされ、最終的に1-3の敗戦を喫した。

▽2連覇中の王者相手に屈して13年ぶり6度目の優勝を逃したリバプールだったが、それ以上にサポーターを失望させたのが、カリウスに対するチームメートたちの対応だったようだ。イギリス『サン』が伝えている。

▽同試合後、2失点に絡む痛恨のミスを犯したカリウスは自身の責任を痛感しピッチに倒れ込んで全く動けず。しかし、数分経っても失意のどん底に陥った守護神に対して、声を懸けに行くチームメートは1人もおらず。そして、カリウスの様子を心配して最初に声をかけたのは殊勲のゴールを決めたベイルやレアル・マドリーの選手たちだった。

▽その後、チームスタッフや第3GKアダム・ボグダンに寄り添われてようやく立ち上がったカリウスはサポーターに謝罪の挨拶をして回ると、怒りや悔しさをかみ殺したサポーターから慰めと労いの拍手が同選手に送られた。

▽そして、リバプールのサポーターはSNS上を中心にカリウスへ救いの手を差し伸べなかった選手たちの振る舞いを痛烈に非難した。『サン』が伝えた一部サポーターの意見は以下の通り。

・「レアル・マドリーの選手たちはカリウスの下に寄ってきたが、リバプールの選手は誰も彼の近くに行かなかった」

・「ほとんどのリバプールの選手はカリウスを慰めに行かなかった。それは“You'll never walk alone(君は一人じゃない)”の精神に反するものだ」

・「カリウスはレアル・マドリーの選手たちによって抱き起される必要があった。僕の目にリバプールの選手の姿は映らなかった。それは本当に悲しいことだ」

・「もちろん、カリウスのプレーは酷かった。だけど、このチームが試合後に見せた姿を見ると、トロフィーに相応しくなかったと感じている」

・「カリウスが気の毒でならない。彼は涙と共にピッチを去った。そして、レアル・マドリーの選手たちはサポートに来たが、彼の仲間は誰一人近づいてこなかった。それこそ彼の人生において最悪の瞬間だったと思う」

▽もちろん、茫然自失でピッチに座り込み同胞MFマテオ・コバチッチに慰められたDFデヤン・ロブレンら一部選手にカリウスを慰める余裕はなかったかもしれないが、キャプテンのMFジョーダン・ヘンダーソンやMFジェームズ・ミルナーらベテランプレーヤーを中心にすぐさまカリウスへの連帯を示す必要があったはずだ。

▽チームとしての一体感に加え、敗者への心遣いを見せた王者レアル・マドリーとは対照的に、カリウス1人に敗戦の責任を押し付けたようにも見えるリバプールの選手たちの姿は、悲願のCL制覇を達成できなかったこと以上にサポーターを失望させたようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール、アセンシオ獲得に231億円準備か

▽リバプールが、レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオ(22)獲得に大金を用意しているようだ。スペイン『マルカ』が、スペイン『ムンド・デポルティボ』の情報を基に伝えた。 ▽アセンシオは2014年にマジョルカから390万ユーロ(現在のレートで約5億円)で加入。その後、エスパニョールへのレンタル移籍を経て、2016-17シーズンにレアル・マドリーに復帰すると、2017-18シーズンは公式戦53試合11ゴール6アシストの結果を残した。とりわけ、クラブが均衡を破れずにいる試合でゴラッソを決めることが多く、今となってはマドリディスタのアイドルだ。 ▽そんなアセンシオには当然、欧州中の熱視線が注がれており、昨年9月末には流出を危惧したマドリーが契約解除金7億ユーロ(約897億円)を設定したことが、スペイン『アス』により報じられていた。 ▽しかし、『ムンド・デポルティボ』によると、以前から関心が囁かれていたリバプールはそれでもなお獲得に興味を示しており、1億8000万ユーロ(約231億円)を支払う意思でいるようだ。なお、『マルカ』はアセンシオを将来のバロンドール候補者だと評価しており、マドリー側は上記のメガオファーでも速やかに却下するだろう、と推測している。 2018.06.24 19:50 Sun
twitterfacebook
thumb

元リバプールのホセ・エンリケ、脳腫瘍摘出手術を受ける

▽かつてリバプールでプレーしたスペイン人DFのホセ・エンリケ氏(32)が大病と戦っていることがわかった。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ホセ・エンリケ氏は1カ月前、偏頭痛を患って病院へ。そこで、脳腫瘍が見つかり、このたび手術を受けたという。 ▽ホセ・エンリケ氏は23日、インスタグラム(joseenriquee3)を更新。脳腫瘍の摘出手術が終わったことを告げ、回復に向かっていることを報告した。 「人生の中でも最もタフな数週間だった。僕が脳腫瘍の摘出手術を受けたというニュースを見つけた。今は快方に向かっていて、感謝の気持ちでいっぱいさ。命とはとても尊いものだ」 ▽レバンテBやバレンシア、セルタ、ビジャレアル、ニューカッスルを渡り歩いたホセ・エンリケ氏は、2011〜2016年までリバプールで活躍。その後、サラゴサに加わったが、2017年9月にヒザの故障を理由に現役を退いた。 2018.06.23 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月22日は、CL決勝で泣いた悲劇のGK

◆ロリス・スヴェン・カリウス 【Profile】 国籍:ドイツ 所属チーム:リバプール 誕生日:1993年6月22日 ポジション:GK 身長:189㎝ 体重:75㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月22日は、ドイツ人GKロリス・カリウスだ。 ▽マインツでプロデビューを果たしたカリウス。2016年夏に、恩師ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールに移籍するもパフォーマンスが安定せず2016-17シーズンの出場は公式戦16試合にとどまった。 ▽2017-18シーズンは、シーズン後半からリーグ戦で正GKの座を掴んだほか、チャンピオンズリーグ(CL)では全試合でフル出場を果たした。もちろん、決勝のレアル・マドリー戦にも出場したロリスだったが、0-0で迎えた51分、自身の投げたボールが相手のFWカリム・ベンゼマに当たってしまい、先制点を献上。さらに試合終盤の83分には、マドリーMFガレス・ベイルの無回転シュートを対応の悪さからファンブルしてしまい痛恨の3失点目をしてしまった。 ▽試合後、涙を流したカリウスには励ましの声も多々あった中、伝説のGKオリバー・カーン氏からは「キャリアを壊しかねない夜だった」、また元ドイツ代表MFローター・マテウス氏は「過去20年のCL決勝で最悪のパフォーマンスだった」と酷評していた。 ※誕生日が同じ主な著名人 シンディ・ローパー(ミュージシャン) 阿部寛(俳優) ダン・ブラウン(小説家) 斉藤和義(ミュージシャン) 川畑泰史(吉本新喜劇座長) 川田裕美(フリーアナウンサー) 加藤ローサ(タレント) 加藤ミリヤ(歌手) 森矢カンナ(モデル、女優) ロドリ(サッカー選手/ビジャレアル) 2018.06.22 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスがリバプール退団のジャン獲得を発表、契約は4年

▽ユベントスは21日、リバプールを退団したドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。移籍金は発生していない。 ▽2014年にレバークーゼンからリバプールに加入したジャンは、様々なポジションをこなしつつ徐々にレギュラーに定着。セントラルMFを主戦場に、4年間在籍したリバプールでは公式戦通算167試合に出場し、14ゴール12アシストを記録していた。2017-18シーズンは終盤に背中を負傷してチームを離脱していたが、5月26日に行われたレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝(1-3で敗北)に途中出場するなど、公式戦38試合6ゴール5アシストの成績を残していた。 ▽ユベントスへの移籍が決まったジャンはユベントスのインスタグラムで次のようにコメントした。 「正式にユベントスのプレーヤーとなった。ここに来るのが待ち切れなかったよ。僕は勝利を求めている。フォルツァ、ユーベ!」 2018.06.21 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェラード率いるレンジャーズ、リバプールからDFジョン・フラナガンを獲得

▽レンジャーズは21日、リバプールの元イングランド代表DFジョン・フラナガン(25)を2年契約で獲得したことを発表した。 ▽リバプールのアカデミー出身のフラナガン。本職が右サイドバックでありながら左でもプレー可能で、2011年のデビュー以降公式戦51試合に出場した。近年ではバーンリーやボルトンにレンタル移籍。今冬加入したボルトンではリーグ戦9試合に出場。そして、今月8日にリバプールからの退団が発表されていた。 ▽5月にスティーブン・ジェラード新監督が就任したレンジャーズは、すでに積極補強を進めており、これが7人目の新加入選手となった。これまでにバーンリーのカナダ代表MFスコット・アルフィールドやブライトン&ホーヴ・アルビオンのスコットランド代表DFコナー・ゴールドソン、同クラブからはさらに今年1月からレンタル加入していたスコットランド代表FWジェイミー・マーフィーを買い取りオプションを行使して獲得。また、ハル・シティからは元スコットランド代表GKアラン・マクレガーを獲得。7年ぶりのレンジャーズ復帰を果たしている。 2018.06.21 22:25 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース