カリウス・ウォーク・アローン…失意の守護神に同僚は救いの手差し伸べず2018.05.27 16:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは26日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリーとキエフのオリンピスキ・スタジアムで対戦し、1-3で敗れた。

▽13年ぶり6度目の優勝を目指したリバプールだったが、前半半ばのエースFWモハメド・サラーの負傷交代というアクシデントに見舞われると、後半立ち上がりにはGKロリス・カリウスのスローイングミスからFWカリム・ベンゼマに先制点を許す。その後、FWサディオ・マネのゴールですぐさま追いつくも途中出場のMFガレス・ベイルに圧巻のオーバーヘッドシュートを決められて勝ち越しを許す。さらに、試合終盤にはベイルの無回転のミドルシュートをGKカリウスが弾き損ねて再びネットを揺らされ、最終的に1-3の敗戦を喫した。

▽2連覇中の王者相手に屈して13年ぶり6度目の優勝を逃したリバプールだったが、それ以上にサポーターを失望させたのが、カリウスに対するチームメートたちの対応だったようだ。イギリス『サン』が伝えている。

▽同試合後、2失点に絡む痛恨のミスを犯したカリウスは自身の責任を痛感しピッチに倒れ込んで全く動けず。しかし、数分経っても失意のどん底に陥った守護神に対して、声を懸けに行くチームメートは1人もおらず。そして、カリウスの様子を心配して最初に声をかけたのは殊勲のゴールを決めたベイルやレアル・マドリーの選手たちだった。

▽その後、チームスタッフや第3GKアダム・ボグダンに寄り添われてようやく立ち上がったカリウスはサポーターに謝罪の挨拶をして回ると、怒りや悔しさをかみ殺したサポーターから慰めと労いの拍手が同選手に送られた。

▽そして、リバプールのサポーターはSNS上を中心にカリウスへ救いの手を差し伸べなかった選手たちの振る舞いを痛烈に非難した。『サン』が伝えた一部サポーターの意見は以下の通り。

・「レアル・マドリーの選手たちはカリウスの下に寄ってきたが、リバプールの選手は誰も彼の近くに行かなかった」

・「ほとんどのリバプールの選手はカリウスを慰めに行かなかった。それは“You'll never walk alone(君は一人じゃない)”の精神に反するものだ」

・「カリウスはレアル・マドリーの選手たちによって抱き起される必要があった。僕の目にリバプールの選手の姿は映らなかった。それは本当に悲しいことだ」

・「もちろん、カリウスのプレーは酷かった。だけど、このチームが試合後に見せた姿を見ると、トロフィーに相応しくなかったと感じている」

・「カリウスが気の毒でならない。彼は涙と共にピッチを去った。そして、レアル・マドリーの選手たちはサポートに来たが、彼の仲間は誰一人近づいてこなかった。それこそ彼の人生において最悪の瞬間だったと思う」

▽もちろん、茫然自失でピッチに座り込み同胞MFマテオ・コバチッチに慰められたDFデヤン・ロブレンら一部選手にカリウスを慰める余裕はなかったかもしれないが、キャプテンのMFジョーダン・ヘンダーソンやMFジェームズ・ミルナーらベテランプレーヤーを中心にすぐさまカリウスへの連帯を示す必要があったはずだ。

▽チームとしての一体感に加え、敗者への心遣いを見せた王者レアル・マドリーとは対照的に、カリウス1人に敗戦の責任を押し付けたようにも見えるリバプールの選手たちの姿は、悲願のCL制覇を達成できなかったこと以上にサポーターを失望させたようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

フィルミノ、ゴーグル姿を皆にイジられる

▽リバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミノが愛されている。 ▽フィルミノは15日のプレミアリーグ第5節のトッテナム戦で、相手DFヤン・ヴェルトンゲンから偶発的ながら目突きを食らって左眼球を負傷。そのまま交代を余儀なくされていた。 ▽幸い大事には至らなかったようで、フィルミノは次戦のチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦で途中出場すると、決勝ゴールを奪いチームを勝利に導く活躍を見せた。 ▽それでも念には念をと、20日に行われたトレーニングでは目を保護するために専用のゴーグルを着けて登場。するとこれが格好の的になる。リバプールが公開した動画によると、練習場に出てきたフィルミノは早速チームメイトからイジられ、さらにユルゲン・クロップ監督にまで「エドガー・ダーヴィッツが帰ってきたぞ」とイジられる始末に。 ▽ダーヴィッツ氏といえば現役時代、左目に緑内障を発症し失明の危機もあったものの手術によって回避。その後は保護のためにゴーグルを着用するようになり、それがトレードマークになっていた。 ▽着けたゴーグルがたまたま黒縁だったということもあり、ネタにされてしまったフィルミノ。公開された動画はチームの良い雰囲気が感じられる動画だった。 ▽リバプールは22日に、プレミアリーグ第6節、ホームのサウサンプトン戦が控えている。ダーヴィッツは…いやフィルミノはどんな活躍を見せてくれるのだろうか。 ※写真はエドガー・ダーヴィッツ氏 2018.09.21 18:44 Fri
twitterfacebook
thumb

ロブレン、偽証罪で懲役5年か! 本人は無罪を主張

▽リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが偽証罪で懲役5年の実刑を科される可能性が浮上している。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽ロブレンは先日、ディナモ・ザグレブに在籍した時代に当時同クラブで会長を務め横領事件を起こしたズドラフコ・マミッチ氏の裁判に証言者として出廷。同裁判では、「売却時の50パーセントの移籍金を選手側に分割する」との契約条項を盛り込ませ、選手側にはその受け取りをマミッチ氏に譲渡するように脅しをかけた疑いがあり、リヨン移籍時の当事者であるロブレンにはその一件に関して証言が求められていた。 ▽クラアチア検察はこの証言時にロブレンが虚偽の発言を行った可能性があるとして、同選手を偽証罪の容疑で捜査していた。そして、この捜査で偽証罪が認められた場合、同選手に対しては最低6カ月、最高5年の懲役刑が科される可能性があるようだ。 ▽なお、今回の報道を受けてロブレンは自身の『インスタグラム』で自身の潔白を訴えている。 「僕はこの一件に関して憤慨していると共に、すべての告発を棄却するつもりだ」 「僕と家族の評判を貶めようとしている人たちに対して、その目論見は失敗に終わると言っておきたい」 「僕は犯罪を犯していない。同時に自分の人生や歩んできた道のすべてに誇りを持っている」 2018.09.21 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG戦前日…マネ、左眼負傷のフィルミノへ「君がプレーするのに目は必要ない」

▽リバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネは、パリ・サンジェルマン(PSG)戦を前にブラジル代表FWロベルト・フィルミノにあるメッセージを送っていたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽フィルミノは15日に行われたプレミアリーグ第5節のトッテナム戦に先発し、チームの2点目を奪い、2-1の勝利に貢献。しかし、試合中ベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンから偶発的ながら目突きを食らって左眼球を負傷し、74分に負傷交代していた。 ▽これによりフィルミノは18日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第1節PSG戦の出場が危ぶまれていた。しかし、試合当日同選手はベンチ入りを果たすと2-1でリードする中、72分に途中出場。その後、試合終盤にPSGに2-2と追いつかれてしまうも、後半アディショナルタイムにボックス右でパスを受けたフィルミノが右足を一閃してゴール左へと決めきり、リバプールを勝利に導いた。 ▽試合後、マネは「ボビー(ロベルト・フィルミノ)がプレーするのに目は必要ないんだ」とコメント。すると、PSG戦前日に目を負傷していたフィルミノにあるテキストメッセージを送っていたことを明かした。 「僕は試合前日ボビーに『ヘイ! ボビー! 頼むぜ! 僕らには君が必要なんだ』ってメッセージを送ったんだ。そして、『君に目は必要ないよ』ってね」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.20 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ネイマールのスポーツマンシップが素敵!同胞のリバプールFWフィルミノの決勝ゴールに「素晴らしかった」

▽スポーツマンシップはいつだって美しいものだ。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第1節のリバプールvsパリ・サンジェルマン(PSG)が18日に行われた。試合は2-2で迎えた後半アディショナルタイム、途中出場のブラジル代表FWロベルト・フィルミノのゴールでリバプールが勝利をもぎ取った。 ▽試合後、ミックスゾーンでインタビューに答えていたフィルミノのもとに、PSGのブラジル代表FWネイマールが。イギリス『メトロ』が伝えるところによると、この時ネイマールはフィルミノに「おめでとう。素晴らしかったよ。また後で」と言って立ち去って行ったという。 ▽自身としては満足の行く活躍が出来ず、試合終了間際の失点での敗戦だっただけに大きな悔しさが残ったであろうネイマールだが、同胞のゴールを祝福しにわざわざやって来たようだ。 ▽トッププレイヤーであるが故に、批判の声も多いネイマールだが、そんな憎まれっ子の見せた姿勢には素直に賛辞を贈りたい。 2018.09.19 20:40 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG撃破の狼煙を上げたスタリッジを指揮官が絶賛

▽18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第1節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦で先制点を挙げたFWダニエル・スタリッジを、ユルゲン・クロップ監督が絶賛している。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 ▽スタリッジは、リバプールの今季CL初戦となったPSG戦で先発出場。15日のプレミアリーグでのトッテナム戦で目潰しを食らったFWフィルミノではなく、スタリッジが今季初先発を果たした。 ▽昨季後半はWBAにレンタル移籍していたスタリッジは、リバプールでは昨年11月25日のプレミアリーグ・チェルシー戦以来、およそ10カ月ぶりの先発出場だった。スタリッジはその期待に応えるかのように、30分にヘディングシュートで先制点を記録。試合は最終的に、後半にスタリッジと交代で入ったフィルミノが後半アディショナルタイムに決勝点を挙げリバプールが3-2で勝利した。 ▽強敵撃破の試合を振り返ったクロップ監督は、リバプールでのCL初スタメンをゴールで飾ったスタリッジに惜しみない賛辞を送った。 「正直、ダニエルのパフォーマンスは圧巻だった。試合前にダニエルに言ったんだ。『君は私が知っている中で、最高の状態だ』とね」 「そうなったら彼を起用するしかない。そしてやってくれたよ。スーパーゲーム、スーパーゴールをね」 「フィルミノも凄かったけど、ダニエルのあんなパフォーマンスを見られたことは素晴らしかった」 2018.09.19 16:44 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース