MF大島僚太、臨機応変な動きでポジション奪取へ! 「臨機応変にできなくては」《キリンチャレンジカップ》2018.05.26 21:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本代表は26日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、MF大島僚太(川崎フロンターレ)がメディア陣による質疑に応答した。

◆MF大島僚太(川崎フロンターレ)
──練習を受けて修正ポイントはあるか
「3枚でやる時と4枚でやる時で全然違うと思いますし、やっぱりポジションも臨機応変にできなくてはならないかなと思います」

──クールダウン時にDF遠藤航と会話していたが
「僕らが4枚で相手が3枚の時にどう守るかという話をしてました」

──ミニゲームに関して手応えはあるか
「ゲームに関しては狭いところで戦うことであったり、そういうことの方が。距離も良い距離でやるだとかそういう話がトレーニングで出ました」

──ミーティングで3バックのやり方についての話はしたか
「いえ、僕はただ配置だけ、誰がどこでやるかという話でした。3枚でやる4枚でやるということは特に。臨機応変にやっていきます」

──具体的な約束事はどは決まっていないか
「ありません」

──ではこれからみんなで作っていくということか
「はい。あと監督が要求することだと思います」

──サバイバルが続くがどのような気持ちで練習に臨んでいるか
「勝つ為に。それが最善です。全員で迷うことがないようにしていかないといけないと思います」

──ボランチの攻撃への関わり方のイメージは
「相手の出方にもよるので。相手を見ながら、なるべくサポートに行くこともそうですし、逆にやり直させることも重要なのかなと。何がなんでも前に行きすぎるということはしないようにしようと思います」

──コンディション面で気をつけていることはあるか
「ケガをしないことが一番です。チームとしては1つの方向に、やるべきことを明確にして良い準備をしないといけないと思っています」

──3バックからボールを引き出す時に意識することは何か
「僕自身に敵が付いているのかいないのかということと、付いているのであれば飛ばしてもらって、その飛ばしてもらった先と関われれば」

──4バックと比べて違和感はあるか
「3枚で回してる時にやっぱり真ん中にいたら段差ができないので、4枚でやる方が真ん中にいても自然と三角形が作りやすいというのがあります。そういった時はうまく見ながらポジショニングを取れればと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

スペイン、燻るW杯直前の監督解任劇…サウール「適切なタイミングではなかった」

スペイン代表MFサウール・ニゲスは、スペインサッカー連盟(RFEF)がロシア・ワールドカップ(W杯)開幕直前にジュレン・ロペテギ監督を解任したことに疑問を呈している。<br><br>レアル・マドリーはロシアW杯開幕の3日前に、来季以降ロペテギ監督がチームを指揮することを発表。これを重く見たスペインサッカー連盟(RFEF)はその翌日にロペテギ監督を解任し、スポーツディレクターを務めていたフェルナンド・イエロ氏を後任監督に据えた。<br><br>しかし、このRFEFの決定に納得がいかない選手も存在しているようだ。アトレティコ・マドリーMFサウールはスペイン『TVE』とのインタビューで、ロペテギ監督解任が適切な判断ではなかったとの見解を示した。<br><br>「驚くべき決断だった。そこにれっきとした理由があり、それが選手たちに関係のないことだとしても、適切なタイミングとは言えなかった。ジュレンは2年にわたってW杯への準備を進めていたわけだし、指揮を執り続けるに値したんだ」<br><br>「ロペテギの件は好ましいと思えない。決断は尊重すべきだが、僕たちは彼と一緒にプロジェクトに取り組んでいたんだ。あの決断は、(RFEF会長)のルビアレスのもので、理解しなくてはいけない。でも、スペインの多数の選手たちは、ジュレンのおかげでここにいるんだよ」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.24 23:18 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:イングランド 6-1 パナマ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第2節でイングランド代表vsパナマ代表が24日にニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行われ、イングランドが6-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽イングランド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180624_34_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ピックフォード 5.5 難しい枠内シュートは皆無。1失点したものの安定したパフォーマンスだった DF 2 ウォーカー 6.0 安定したボール捌きで相手のプレスをいなす。無理な対応を強いられる場面は少なかった 5 ストーンズ 6.5 セットプレー時に絶妙なポジショニングと決定力で2ゴールを奪取。流れの中でも攻守に安定していた 6 マグワイア 5.5 セットプレーの場面で高さが際立った。守備でも堅実に役目をこなす MF 12 トリッピアー 6.5 先制点をアシスト。初戦に続き抜群のキック精度を見せた (→ローズ 5.5) ポジションを奪い返すようなプレーは見せられず 21 ロフタス=チーク 6.5 地味ながら中盤のバランスをうまく整えた。ケインのラッキーゴールをお膳立て 8 ヘンダーソン 6.5 的確なポジショニングと視野の広さを生かした安定したゲームメーク。セットプレー時の機転の利いた働きも光った 7 リンガード 6.5 決定力を欠いた初戦の不出来を払拭する見事なゴラッソを記録。PK奪取にも貢献 (→デルフ 5.5) アンカーのポジションで無難にまとめた 18 A・ヤング 5.5 目立った働きはなかったが最低限の仕事はこなした FW 10 スターリング 6.5 自身のゴールはなかったものの2ゴールに絡んだ 9 ケイン 6.5 PK2発にラッキーゴールで今大会2人目のハットトリック達成。得点ランク単独トップの5得点 (→ヴァーディ 5.5) 大勝ムードの中で気迫は見せたが見せ場は作れず 監督 サウスゲイト 6.5 用意してきたサインプレーからゴールを奪うなど格下相手に完勝 ▽パナマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180624_34_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ペネド 5.0 自身に責任はないが屈辱的な6失点… DF 2 ムリージョ 5.0 自身のサイドを崩されたわけではないが、要所で集中を欠く場面が散見 5 R・トーレス 5.0 流れの中では耐えたが、セットプレーで完敗 4 エスコバル 4.5 不用意なPK献上などやや緩慢なプレーで失点に関与 15 E・ダビス 5.0 攻守に思うような試合とはならず MF 8 バルセナス 5.5 幾度か鋭い仕掛けを見せるなど、個人としてはまずまずの出来 (→アローヨ 5.0) 目立ったプレーを見せられず 11 クーペル 5.0 相手にプレッシャーをかける意識は良かったが、それが空回った印象 6 G・ゴメス 5.0 バイタルエリアを締めきれず。セットプレー時にもっと声をかけたかった (→バロイ 6.0) 歴史的なW杯初ゴールを記録。省エネの相手に対して無難に守った 20 ゴドイ 5.0 攻守両面でクオリティを欠いた (→アビラ 6.0) 正確なプレースキックで歴史的なW杯初ゴールを演出 21 ルイス・ロドリゲス 5.0 押し込まれて仕掛ける場面はほとんどなかった FW 7 B・ペレス 5.0 前線で完全に孤立。さすがに1人で相手3バックを相手にするのは困難だった 監督 ゴメス 5.0 弱者の戦いをしていく中でセットプレーからの4失点は致命的。それでも、歴史的なゴールを奪い切った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ストーンズ(イングランド) ▽セットプレーからの大勝だったが、貴重な先制点と4点目を奪い切ったストーンズをMOMに選出。守備の局面ではクリーンシートを逃がすも個人としては上々の試合だった。 イングランド 6-1 パナマ 【イングランド】 ストーンズ(前8) ケイン(前22[PK]) リンガード(前36) ストーンズ(前40) ケイン(前46[PK]) ケイン(後17) 【パナマ】 バロイ(後33) 2018.06.24 23:03 Sun
twitterfacebook
thumb

ケインのハットトリックなどで6発大勝のイングランドがベルギーと共に決勝T進出!《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第2節でイングランド代表vsパナマ代表が24日にニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行われ、イングランドが6-1で勝利した。この結果、イングランドとベルギーの決勝トーナメント進出が決定した。 ▽チュニジアとの初戦では相手のハードワークに苦戦を強いられたものの、勝負強い頼れるエースFWケインの試合終了間際の劇的弾含む2ゴールの活躍によって2-1で競り勝ったイングランド。前日の試合でベルギー代表が連勝したため勝利で決勝トーナメント進出が決定するパナマ戦に向けてはチュニジア戦から先発1人を変更。筋肉系の問題を抱えるデレ・アリに代わってロフタス=チークが起用された。 ▽一方、パナマはベルギーとの初戦では前半は粘り強い守備を軸に思い通りの戦いを見せたものの最終的に相手の圧倒的な個の力に屈し、歴史的なW杯初戦は大敗という結果に終わった。歴史的勝ち点奪取に向けて意気込むチームはベルギー戦と同じスタメンで臨んだ。 ▽立ち上がりはパナマが積極的に前に出てカウンターからシュートシーンを作り出すが、イングランドが得意のセットプレーから早々に先制点を奪う。8分、右CKの場面でキッカーのトリッピアーが絶妙なアウトスウィングのクロスを入れると、ニアに飛び込んだヘンダーソンがDF2枚を引っ張ると、この後方で完璧にフリーになったストーンズが難なく左隅にヘディングシュートを突き刺した。 ▽幸先良く先制したイングランドだが、その後も相手の反撃に晒されるなどピリッとしないプレーが続くも再びセットプレーから2点目を奪う。20分、オフサイドラインの味方をオトリにギリギリで抜け出したリンガードがゴール右で相手DFエスコバルに後ろから倒されてPKを獲得。これをキッカーのケインがゴール左上隅に強烈なシュートで決め切り、2試合連続ゴールを記録した。 ▽この2点目で完全に試合の流れを掌握したイングランドは前がかりなパナマをうまくいなしながらカウンターを軸に鋭い攻撃を仕掛けていく。すると36分、ボックス手前左でスターリングとのパス交換でシュートコースを作りだしたリンガードが圧巻の右足コントロールシュートをゴール右上隅に突き刺し、イングランドの今大会初めてとなる流れの中からのゴールを奪取する。 ▽その後も攻撃の手を緩めないイングランドは40分、相手陣内中央で得たFKの場面でサインプレーからトリッピアーのショートパスをヘンダーソンがダイレクトでボックス右に蹴り込むと、ケインが頭で中央へ折り返しフリーのスターリングがヘディングシュート。これはGKに弾き出されるもストーンズが冷静にこぼれ球を押し込みこの試合2点目。さらに前半アディショナルタイムにはCKの場面の競り合いでDFのホールディングを受けたケインがPKを奪取。これを1本目とほぼ同じコースに決めて得点ランクトップタイの4ゴール目を決めた。 ▽迎えた後半、大量リードのイングランドは無理に攻めに行かずゲームコントロールを優先した試合運びを見せる。それでも、62分にはボックス手前右でロフタス=チークが放ったミドルシュートがオフサイドラインぎりぎりのケインに当たって大きくコースが変わると、これがGKの逆を突く形でゴールネットに吸い込まれ、ケインが幸運な形で今大会2人目のハットトリックを達成した。 ▽この6点目を受けてサウスゲイト監督は殊勲のケインとリンガードを下げてヴァーディ、デルフを今大会初めてピッチに送り出す。一方、何とか一矢報いたいパナマはゴドイ、バルセナス、ガブリエル・ゴメスを下げてアビラ、アローヨ、バロイを続けて投入する。 ▽すると、この交代でやや勢いが出たパナマは76分にセットプレーからゴール右でフリーのロマン・トーレスに決定機が訪れると、78分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でアビラが左足で精度の高いボールをGKと最終ラインの間に入れると、これをフリーのバロイが魂のボレーシュートで合わせ、パナマが途中出場2人の連係から歴史的なW杯初ゴールを記録した。 ▽しかし、パナマの一矢報いるゴールも試合の大勢に影響はなく試合はこのままイングランドの6-1の勝利に終わった。この結果、ベルギーと共に連勝のイングランドの決勝トーナメント進出が決定した。なお、勝ち点、得失点差、総得点でも並んだ両者は最終節の直接対決で首位通過を懸けて激突する。 2018.06.24 23:02 Sun
twitterfacebook
thumb

得点ランクトップに立ったケインはイングランドで3人目のハットトリック達成者!

▽イングランド代表のFWハリー・ケイン(24)が、ロシア・ワールドカップのグループG第2戦のパナマ代表戦でハットトリックを記録した。 ▽初戦のチュニジア代表戦で2ゴールを記録していたケインは、1-0でリードした22分にPKを獲得。これをしっかりと決めると、2点を追加した前半アディショナルタイム1分にもPKを沈めて2点目を決める。 ▽さらに62分には、ルベン・ロフタス=チークのシュートがケインのかかとに当たってディフレクト。これが決まり、ハットトリックを達成した。直後に、ケインはFWジェイミー・ヴァーディと交代している。 ▽このハットトリックでケインは通算5ゴールとなり、FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)、FWロメル・ルカク(ベルギー代表)の4ゴールを抜いて得点ランキングトップに立った。 ▽また、イングランド代表としてはワールドカップで3人目のハットトリック達成者に。前回は1986年のメキシコ大会でギャリー・リネカー氏が記録。最初のハットトリックは1966年のイングランド大会でジェフ・ハーストが記録していた。 2018.06.24 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

日本がセネガル戦でグループステージ突破を決めるには?

▽24日、日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2戦でセネガル代表と対戦する。 ▽初戦のコロンビア代表戦を2-1で勝利した日本代表。第2戦で対戦するセネガルは、ポーランド代表と初戦で対戦し、こちらも2-1で勝利。勝ち点3で並んでいる状況だ。 ▽第2戦で勝ち点3同士が対戦することもあり、今節の結果次第ではグループステージ突破が決定する可能性がある。今回はその条件をおさらいしてみたい。 ◆条件①:日本が勝利 ▽まず重要なのは、日本が勝利することが必須条件だ。勝ち点を6にしなくては、グループステージ突破は叶わない。セネガル戦での勝利が必須条件だ。 ◆条件②:コロンビアが引き分け以上 ▽日本が勝った場合、重要になるのが27時キックオフのポーランドvsコロンビアだ。この試合でポーランドが勝利した場合、勝ち点3となり、最終戦で日本と対戦するため、ポーランドが勝ち点6になる可能性がある。 ▽日本が勝ち点6、ポーランドが勝ち点6、セネガルがコロンビアに勝利すると勝ち点6となり、3カ国が勝ち点で並ぶこととなる。勝ち点の次には、得失点差、得点が優先される。ここまで並べば、次の決定方法は当該チームの勝ち点。日本はセネガルに勝利している仮定のため、問題ない。 ▽一方で、コロンビアが勝利した場合、日本が勝ち点6、セネガル、コロンビアが勝ち点3、ポーランドが勝ち点0となる。最終戦でセネガルとコロンビアが対戦し、勝ち点を奪い合うため、日本は2位以上が確定する。 ▽同じようにコロンビアvsポーランドが引き分けになった場合、日本が勝ち点6、セネガルが勝ち点3、コロンビア、ポーランドが勝ち点1となる。前述の通りコロンビアとセネガルは最終戦で勝ち点を奪い合うため、日本の突破は決定する。 ▽日本がセネガルに引き分け以下の結果に終わった場合は、最終戦に全てが懸かることとなる。セネガルに勝利した場合でも、日本の突破が決まらないことはあるが、グループステージ突破には大きく近づける。運命の一戦は、24時にキックオフを迎える。 2018.06.24 22:20 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース