【CL決勝特集②・キーマッチアップ】最注目はマルセロvsサラー!2018.05.26 13:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝、レアル・マドリーvsリバプールが、日本時間26日27:45にキエフ(ウクライナ)のオリンピスキ・スタジアムでキックオフされる。前人未到の3連覇に意気込む王者マドリーと、13年ぶり6度目の優勝を目指す躍進のリバプールによる今シーズン最後のビッグマッチだ。

▽ここでは運命のファイナルの戦局を左右する3つのマッチアップに焦点を当てて、両チームのキープレーヤーを紹介していく。

◆神出鬼没のフィルミノを止められるか
Getty Images
▽今回のファイナルではマルセロvsサラー、C・ロナウドvsファン・ダイクという両エースと守備陣のマッチアップに最も注目が集まっているが、試合の流れに大きな影響を与えそうなのが、マドリーの主力CBとリバプールの陰のエースFWのマッチアップだ。

◆DFラファエル・ヴァラン(25歳/レアル・マドリー)
CL出場試合:10試合(先発10)、出場時間:848分
得点数:0、アシスト数:1
▽マドリーが誇る世界屈指の万能型センターバック。高さ、強さ、速さの全てを兼ね備えた圧倒的な対人守備と幅広いエリアをカバーできるフランス代表DFは攻撃的なチームを後方から支える頼れるディフェンスリーダーの1人だ。その一方で、守備範囲の広さが仇となり、不必要にサイドや前に釣り出されて最も危険なエリアを度々空けてしまう悪癖もある。今回の対戦相手のフィルミノはトップ下が本職でサイドや中盤に流れて起点作りやスペースメイクを得意としており、最も苦手なタイプと言える。通常であれば、相棒セルヒオ・ラモスやMFカゼミロが自身の空けたスペースをケアしてくれるが、今回はサラーと対峙するマルセロのカバーに終われる可能性が高く、ヴァランの的確なポジショニングや判断が重要となる。

◆FWロベルト・フィルミノ(26歳/リバプール)
CL出場試合:12試合(先発12)、出場時間:966分
得点数:10、アシスト数:8
▽今季最も過小評価される万能型ストライカー。サラーとマネという世界最速クラスの強力ウイングを支えるブラジル代表FWだが、サラーと並ぶチームトップの得点数とミルナーに次ぐ8アシストでチームの総得点(40点)のほぼ半数に絡む圧巻の存在感を放っている。決定力、ラストパスの精度に加えてボールを引き出す動きや味方の動き出しを見逃さない視野の広さが光り、現スカッドで最も替えが利かないプレーヤーの1人だ。今回の一戦に向けては相手の出方次第という部分はあるものの、守備の局面ではハイプレスの一の矢として相手センターバックにプレッシャーをかけると共に、同胞MFカゼミロの脇のスペースや局面に応じてサイドで味方ウイングと数的優位を作って起点となり、インサイドハーフの攻撃参加を促して攻撃のアクセントとなりたい。

◆リーダー同士による中盤のマッチアップ
Getty Images

▽互いにリスクを冒して中盤を飛ばす戦い方を選ぶ可能性もあるが、スペースも時間も限られる最激戦区の中盤の攻防でカギを握るのが、攻守両面で幅広いタスクを担う32歳の同級生同士のマッチアップだ。

◆MFルカ・モドリッチ(32歳/レアル・マドリー)
CL出場試合:10試合(先発10)、出場時間:868分
得点数:1、アシスト数:1
▽エル・ブランコのCL連覇をけん引してきた絶対的司令塔。今季はややコンディションを維持するのに苦戦を強いられているものの、傑出した戦術眼とテクニック、勝負強さによってビッグマッチで存在感を示し続けているクロアチア代表MF。豊富な運動量と球際の強さを最大のストロングポイントとするリバプール相手の試合では、そのプレスを掻い潜るボール捌きに加えて、セカンドボールを奪い切る強さが求められる。インサイドハーフかセントラルMF、右サイドハーフのいずれでプレーするかは不明だが、マッチアップの相手は同級生であるダイナモとなる可能性が高い。トッテナム時代にも対峙した難敵相手に後れを取ることは許されない。

◆MFジェームズ・ミルナー(32歳/リバプール)
CL出場試合:10試合(先発8)、出場時間:791分
得点数:0、アシスト数:9
▽クロップスタイルを体現するダイナモ。DFロバートソンの台頭によって今季は本職のインサイドハーフに固定されている元イングランド代表は武骨なプレーでリバプールの中盤を攻守に支えている。さらに、ここまでCL史上最多となる9アシストを記録するなど、チャンスメーカーとしての才能まで開花させた。格上マドリーとの対戦でまず求められるのはモドリッチやMFクロースと相手のパスの供給源を断つことだが、持ち味のボール奪取能力と正確な右足のキックを武器に今季CL2桁アシストも狙いたい。

◆ローマ時代から凄みを増したサラーを止められるか
Getty Images
▽今回の決勝で最も注目を集めるのが、バロンドール候補にも挙がるリバプールの絶対的エース、サラーのパフォーマンス。そして、そのサラーと対峙するのがエル・ブランコの重鎮マルセロだ。奇しくもサラーの名前が広く知られることになったのは、ローマ時代の2015-16シーズンCLラウンド16でマルセロ相手に見せた圧巻のプレーだった。当時は決定力を欠き、チームを勝利に導くことはできなかったが今回はいかに。

◆DFマルセロ(30歳/レアル・マドリー)
CL出場試合:1試合(先発10)、出場時間:868分
得点数:3、アシスト数:2
▽エル・ブランコが誇る世界最高の左サイドバック。攻守両面で圧巻のパフォーマンスを披露した昨シーズンに比べてパフォーマンスを落とす今季のブラジル代表DFだが、シーズンが進むにつれてパフォーマンスを上げてきた。とりわけ、ビルドアップの局面や攻撃参加の質が高く、バイエルンとの準決勝2試合では1ゴール1アシストを記録し、チームの決勝進出に大きく貢献した。その一方で、守備の局面では軽さや緩さが目立ち、チームの大半の失点は自身のサイドを破られてのものだ。さらに、ローマ時代に対峙したサラーには2戦を通じてコテンパンにやられており、当時の圧倒的な突破力に強さと決定力まで身に着けた怪物相手に劣勢が予想される。そのため、セルヒオ・ラモスや味方とうまく連係を取りつつまずは守備の仕事を優先したい。また、攻撃面では持ち味のキック精度を武器に守備から攻撃に入れ替わる際のファーストパスで存在感を示したいところだ。

◆FWモハメド・サラー(25歳/リバプール)
CL出場試合:12試合(先発11)、出場時間:899分
得点数:10、アシスト数:4
▽メッシとC・ロナウドの聖域に割って入る怪物アタッカー。今季の公式戦51試合で44ゴールと圧倒的なスタッツを残し、プレミアリーグの賞レースを席巻したエジプト代表FW。ローマ時代の圧倒的な突破力、チャンスメーク能力に加え、憎らしいほどの決定力まで手にし、完全無欠のアタッカーに成長しつつある。ただ、前述のようにメッシとC・ロナウドの独占状態だったバロンドールレースにパフォーマンス面で完全に割って入ったサラーだが、継続性と共に劣るのはチームにタイトルをもたらす勝負強さだ。今回の一戦ではマルセロという大きな壁を相手にゴールやアシストに直結する仕事をみせたい。
コメント
関連ニュース
thumb

ベイルよ、スペイン語を学べ…元レアル・マドリー指揮官が進言

ジョン・トシャック氏がかつて指揮を執ったレアル・マドリーでプレーするウェールズ代表MFガレス・ベイルにスペイン語習得を勧めた。 ベイルは2013年夏、トッテナムからレアル・マドリーに移籍。相次ぐケガによるパフォーマンス面だけでなく、スペイン語不取得によるコミュニケーション不足もファンの信頼を勝ち取れない要因として話題に挙がる。 1989-90シーズンと1999-00シーズンの過去2度にわたり、レアル・マドリーを率いたジョン・トシャック氏は、スペイン『Onda Cero』でそのベイルについて次のように言及。スペイン語習得の必要性を説いた。 「海外移籍する場合、サポーターに敬意を払うために、言語を勉強しなければならない。ベイルはその努力が必要だ。それが彼のためになるだろう。彼はケガに悩まされているが、本当に素晴らしい選手なのだから」 なお、今シーズンもケガと付き合いながらの日々を過ごすベイルはここまで公式戦29試合12得点5アシストを記録。スペ体質もそうだが、たびたび難が指摘されるコミュニケーション面を改善するためにも、言語習得が求められる。 2019.02.17 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ソラーリ、意図的カード疑惑のS・ラモスについて「彼は誘導するような質問に答えただけ」

17日のリーガ・エスパニョーラ第24節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのジローナ戦に望む。前日会見に出席したサンティアゴ・ソラーリ監督は、意図的にイエローカードを受けたことを示唆したDFセルヒオ・ラモスを擁護している。<br><br>レアル・マドリーは、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でアヤックスとのアウェー戦に臨み、2-1で勝利した。この試合、S・ラモスは2-1でリードしていた89分にイエローカードを提示され、累積警告でセカンドレグへの出場停止が決まった。<br><br>試合後、S・ラモスは「結果を見た上で、意図的ではないと言ったら嘘になる。戦いは終わってないし相手を侮ることはないが、フットボールにおいては時にタフな決定を下さないと」とコメント。この発言は「意図的にイエローカードを受けた」とみなされ、セルヒオ・ラモスが準々決勝進出を見越した上で、あえてこの段階で累積出場停止を狙ったと捉えられた。これによりUEFAがさらに1試合の出場停止処分を科す可能性が取り沙汰されることになり、その後S・ラモスは「意図的にファウルをした」だけと釈明している。<br><br>ソラーリ監督はこの件について、S・ラモスが誘導尋問によって「意図的」という言葉を使用したとの見解を示し、メディアにも責任があることを示唆している。<br><br>「今後何が起こるか、私が考えを巡らせることはない。セルヒオは強引にファウルをしたと言った&hellip;&hellip;。あれは誘導するような質問に答えただけだ。とにかく、私たちは次の試合のことを考えるだけだよ。重要なのはジローナ戦、次にレバンテ戦だ」<br><br>ソラーリ監督はまた、2022年まで契約を延長したアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督、来季まで延長したバルセロナのエルネスト・バルベルデ監督にも触れている。<br><br>「シメオネ、バルベルデの契約延長を歓迎する。その一方で、私たちは今だけに集中しているんだ。チームはとても良い雰囲気で、良い形で練習に励めている。私は3カ月前に2021年まで契約を更新した。重要なのは日々を生きることだ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.16 23:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスがミリトン獲得を考慮 すでに視察か

ユベントス、ポルトに所属するブラジル代表DFエデル・ミリトン(20)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『RAI Sport』の情報を引用して同『カルチョメルカート』が伝えている。 ユベントスでは、センターバックを務めるDFジョルジョ・キエッリーニが34歳、DFレオナルド・ボヌッチが31歳と高齢化が進んでいる。そのため、アヤックスのオランダ代表マタイス・デ・リフト(19)の獲得を今夏の優先事項にしていることが、報じられていた。 しかし、デ・リフトの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と友好関係を駆使してユベントスが獲得を目指していた同選手には、バルセロナも熱視線。代替案として、ミリトンに切り替えることを考慮しているようだ。 具体的な動きも伝えられており、ユベントスのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるファビオ・パラティチ氏は、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのローマ戦を視察。また、ミリトンの代理人は、1月下旬にイタリアに赴いており、ユベントスとの会談も否定されていないという。 サンパウロ下部組織出身のミリトンは昨夏にポルト入り。今シーズンはセンターバックを主戦場にここまで公式戦31試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。また、昨年9月に行われたエル・サルバドル代表とのフレンドリーマッチではセレソンデビューも飾った。 なお、ミリトンの契約解除金は5000万ユーロ(約62億4000万円)となっている。ミリトンにはレアル・マドリーも関心を寄せており、いずれにしてもユベントスの若手DF獲得の道程には"スペイン2強"との衝突が待ち構えているが果たして。 2019.02.16 21:09 Sat
twitterfacebook
thumb

“イエロー誘発”疑惑のセルヒオ・ラモスが潔白主張!

レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが故意のイエローカード誘発を完全否定した。 レアル・マドリーはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でアヤックスと激突。13日に敵地で行われた1stレグに先発したセルヒオ・ラモスは2-1の先勝に貢献したが、89分に警告を受け、次戦出場停止の欠場が決まった。 だが、セルヒオ・ラモスは試合後のインタビューで「わざとじゃないと言ったら、嘘をつくことになる。それは自分で考えてやったこと」だと発言。これを受け、欧州サッカー(UEFA)が調査を始めたことが明らかになっている。 渦中のセルヒオ・ラモスはスペイン『マルカ』で、その疑惑について次のように言及。身の潔白を主張した。 ──セルヒオ、疑惑について明らかにしたいことは? 「すごく驚いているよ。あれはせざるを得なかったファウル。必然的なファウルだった。出場停止を狙ったものじゃない」 ──警告を受ければ出場停止になる事実は把握していたか? 「知っていたよ。でも、(あの場面で)選択肢はなかった。オープンな試合展開だったし、88分のカウンターはすごく危険だった」 「だからこそ、この前、『わざとじゃないと言ったら嘘をつくことになる』と話したんだ。ファウルするしかないと思ったのさ」 ──『驚いた』の意味は? 「出場停止処分を科したいのであれば、グループステージで下されていたはずだ。ローマ戦の際はすでに首位通過も決まっていたのだから」 「最終戦のCSKAモスクワ戦もそうさ。でも、その試合において、僕はメンバー外だったけどね」 2019.02.16 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

口は災いの元! アヤックス戦で故意の警告消化示唆のS・ラモスをUEFAが調査

欧州サッカー連盟は14日、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのアヤックス戦後のレアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスのコメントに関して調査を行うことを発表した。 マドリーは13日、敵地でアヤックスと対戦し2-1で辛勝。1-1のイーブンで迎えた87分にFWマルコ・アセンシオのゴールで勝ち越しに成功した中、セルヒオ・ラモスは89分にFWカスパー・ドルベリをファウルで止めて警告を受けた。 この結果、同選手は累積警告となり、3月5日に行われる2ndレグを出場停止で欠場することになった。 そして、物議を醸したのはセルヒオ・ラモスが試合後のインタビューで警告を故意にもらい、累積警告を消化する意図があったことを明かした点だ。 「結果的に、わざとじゃないと言ったら僕が嘘をつくことになる。それは自分で考えてやったことだ。相手を過小評価しているわけではないけれど、どこかで調整しなければいけない問題だった」 試合中にも戦略的なファウルの疑いがあった中、自らその事実を認めたセルヒオ・ラモスに対して、当然フェアプレーを掲げるUEFAは反応。 14日に発表された声明では、「前述の試合後にレアル・マドリーのセルヒオ・ラモスによって発せられたコメントに関して、UEFA懲戒規則第31条(3)に基づいて懲戒処分が開始された」と、同選手の発言に対する調査の開始を伝えた。 今回の調査でセルヒオ・ラモスの意図的な警告消化が認められれば、アヤックス戦の2ndレグの出場停止に加えて、さらにもう1試合の出場停止処分が科されることになる。 2019.02.15 07:10 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース