【CL決勝特集①・戦術分析】不動のリバプールに対して“勝負師”ジダンの策は?2018.05.26 13:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝、レアル・マドリーvsリバプールが、日本時間26日27:45にキエフ(ウクライナ)のオリンピスキ・スタジアムでキックオフされる。前人未到の3連覇に意気込む王者マドリーと、13年ぶり6度目の優勝を目指す躍進のリバプールによる今シーズン最後のビッグマッチだ。ここでは注目の一戦のタクティカルプレビューを紹介する。

◆注目の主導権争い
▽共に世界屈指の破壊力を持つ前線の個の力を生かしたカウンターを武器とするチーム同士だ。その一方でMFクロース、MFモドリッチ、MFイスコという世界屈指のボールプレーヤーを擁するマドリーがポゼッションスタイルでも問題なく戦えるのに対して、MFヘンダーソン、MFワイナルドゥム(ジャン)、MFミルナーと運動量とハイインテンシティを売りとするリバプールはポゼッションを得意としておらず、通常であればマドリーがボールを保持してゲームをコントロールするはずだ。

▽ただ、ボールを保持すれば、マンチェスター・シティをも凌駕するプレッシングの威力を持つリバプールのフィールドでの戦いを強いられるため、ジダン監督は敢えて相手にボールを持たせて自陣深くで攻撃を撥ね返してのカウンターという策を採る可能性も十分にあるはずだ。

◆注目はジダンの選ぶ11人
Getty Images
▽前述の主導権争いと絡む話となるが、不動のリバプールに対してジダン監督の採用するゲームプランが試合の流れを作ることになるはずだ。

▽前線に多士済々のタレントを抱えるマドリーは今季の戦いで[4-3-1-2]、[4-4-2]、[4-3-3]の3つのシステムを併用しており、とりわけここ最近はイスコを起用する際に[4-3-1-2]、[4-3-3]を、FWアセンシオとMFルーカス・バスケス起用時に[4-4-2]を採用する頻度が高い。そして、イスコ起用時はプレッシングの強度が高い相手に対して、完全なボールプレーヤーである同選手のキープ力、パスセンスを生かして中盤での数的優位、サイドでの局地的な数的優位を生かしてプレスの網を掻い潜る、よりゲーム試合を意識した戦いを見せている。

▽逆に、サイドバックでも起用可能な運動量と守備力を持つバスケスと、一定の守備力とイスコに比べて推進力のあるアセンシオを起用する際には、より組織だった守備やプレッシングの強度を生かしてカウンター志向を強めている。さらに、サイドハーフのサポートを得たサイドバックの攻撃参加の頻度も高くなる特徴がある。

▽ジダン監督が相手のプレスに対して真っ向から打ち合う場合にはイスコの起用と共に前述の[4-3-1-2]、[4-3-3]を、リバプールの遅攻の精度をウィークと考えて自陣に引き入れての戦いを想定した場合はカウンター向きの[4-4-2]を採用するはずだ。

◆マドリーは後半勝負でリバプールは逃げ切りか?
Getty Images
▽一発勝負のファイナルで重要となるのが、試合途中に戦局を変えるゲームチェンジャーの存在だ。これ関してはこれまで神がかり的な采配を見せてきたジダン監督の勝負師としての才覚、選手層の厚さという意味でも明らかにマドリーに分がある。

▽負傷離脱中のMFチェンバレンやMFララナ、MFジャンのコンディション不良によって主力と控えの実力に乖離があるリバプールは、DFクラバンやDFクラインといった守備固め要員以外に効果的な交代カードが存在せず、スタメン11人のパフォーマンスがより重要となるところだ。仮に、リードを許して試合終盤に投入できるカードは経験不足のFWソランケ、パンチ力不足のFWイングスしかおらず、リバプールが勝利するためには先行逃げ切りの形に持ち込むしかないと思われる。

▽これに対して、一部ポジションを除き先発予想が難しいほど主力と控えの実力が拮抗しているマドリーは、3枚の交代枠を含めた“14人”での戦いが可能だ。とりわけ、先発に推す声もある絶好調のMFベイルはリバプールの運動量が落ち始めた後半に投入されれば、驚異的なスピードにシュートレンジの広さ、空中戦の強さと、相手守備陣に最も脅威を与える存在になりそうだ。さらに、中盤に活力を与えるMFコバチッチやDFナチョと緊急時にも自信を持ってピッチに送り出せる人材も揃っている。

コメント

関連ニュース

thumb

最終候補はC・ロナウド、モドリッチ、サラー! UEFA欧州最優秀選手賞最終候補発表

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は20日、2017-18シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞最終候補3名を発表した。 ▽昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグに参加したクラブの監督、コーチら80名とヨーロッパ各国のジャーナリスト55名によって選ばれる同賞。 ▽最終候補3名には今夏レアル・マドリーからユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが選出された。 ▽同賞を歴代最多の3度受賞しているC・ロナウドは、昨季のCLでレアル・マドリーでの3連覇に貢献。さらに、昨季CLでは15ゴールを記録し6年連続得点王という偉業を成し遂げていた。 ▽一方、そのC・ロナウドのマドリーの元同僚であるモドリッチは同じくCL3連覇に大きく貢献。さらにクロアチア代表のキャプテンとして臨んだロシア・ワールドカップ(W杯)では、同国史上最高位の準優勝に貢献し、自身も大会最優秀選手にあたるゴールデンボールを受賞していた。 ▽また、昨夏リバプールに加入したサラーはプレミアリーグで得点王となる32ゴールを記録するなど、昨シーズンの公式戦52試合で44ゴールを挙げる圧巻の活躍を披露。チームのリーグ4位フィニッシュに加え、CL準優勝に大きく貢献していた。 ▽なお、同日に発表された女子のUEFA欧州最優秀選手賞最終候補3名はヴォルフスブルクのデンマーク代表FWペルニール・ハーダー、リヨンのノルウェー代表FWアーダ・ヘーゲルベリ、リヨンのフランス代表MFアマンディーヌ・アンリが選出された。 ▽男女のUEFA欧州最優秀選手賞は8月30日にスイスのニヨンで行われるCLグループステージ抽選会の場で発表される。また、今回発表された男子のUEFA欧州最優秀選手賞の4位から10位までのランキングは以下の通り。 ◆2017-18シーズン、UEFA欧州最優秀選手賞最終候補 -.FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー&ユベントス/ポルトガル) -.MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア) -.FWモハメド・サラー(リバプール/エジプト) 4.FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/フランス) 72pt 5.FWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン) 55pt 6.FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス) 43pt 7.MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー) 28pt 8.DFラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー/フランス) 23pt 9.MFエデン・アザール(チェルシー/ベルギー) 15pt 10.DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー/スペイン) 12pt 2018.08.20 22:50 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季CL痛恨ミスから約3ヵ月…カリウス、ベシクタシュ行きへ?

▽リバプールのドイツ人GKロリス・カリウス(25)に、ベシクタシュにローンで移籍する可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じている。 ▽リバプールには今夏、ブラジル代表GKアリソン・ベッカーがGKの歴代最高額となる6250万ユーロ+出来高1000万ユーロの総額7250万ユーロ(約94億9000万円)の移籍金でローマから加入。押し出される形で、昨シーズンにメインでゴールマウスを守ったカリウスは第2GKとして扱われる見込みとなった。 ▽リバプールには現在、2013年夏にサンダーランドから加入して以来守護神を務めていたベルギー代表GKシモン・ミニョレも控えている。3人のゴールキーパーを抱えているという問題を解決するため、これまでの報道ではカリウスよりも序列が低いミニョレの移籍が取り沙汰されていた。 ▽しかし、ナポリ移籍が有力されていたミニョレは、セリエAの移籍市場が閉まるまでに退団せず。『ミラー』によると、今度はカリウスのレンタルでの獲得に関してベシクタシュがアプローチを始め、ユルゲン・クロップ監督も同選手の放出、ミニョレ残留のプランを考慮しているという。 ▽カリウスは昨シーズン、守護神としてクラブをチャンピオンズリーグ(CL)決勝まで導いた。しかし、迎えたレアル・マドリー戦で2失点に絡む信じ難いミスをしてしまう。敗戦の一因として挙げられており、そのミスは大手各紙に大きく取り上げられていた。 ▽CL決勝後、クロップ監督は「彼は脳震盪を抱えていた」「打撃によって影響を受けた。100%そうだ」などと擁護する言葉を口にしている。しかし、プレシーズンでも不調が騒がれるなど、大きく評価を落としているカリウスは、5月26日に行われた運命のマドリー戦からわずか約3ヵ月で、“CLファイナル守護神”から“放出候補”に挙げられるまでになってしまったようだ。 2018.08.20 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

セルビア代表MFグルイッチがリバプールからヘルタにレンタル移籍

▽ヘルタ・ベルリンは19日、リバプールのセルビア代表MFマルコ・グルイッチ(22)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。背番号は「15」を着用する。 ▽2016年のリバプール加入以降、これで3度目のレンタル移籍となったグルイッチは、ヘルタ・ベルリンの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「本当に嬉しいよ。ヘルタはビッグクラブだし、ブンデスリーガにはいつも憧れていた。他にもオファーがあったけど、ヘルタほど僕を欲しがっているクラブはなかった。できるだけ早く、僕がチームの助けになるところを見せたいよ」 ▽2013年にセルビアの名門レッドスターでプロデビューを果たしたグルイッチは、その後2016年にリバプールに移籍。移籍後はすぐにレッドスターやカーディフにレンタルされ、昨季の後半からはカーディフでリーグ戦13試合に出場し、プレミアリーグ昇格に貢献した。 ▽また、世代別の代表では2015年にU-20ワールドカップで優勝。ロシア・ワールドカップでもメンバーに選ばれたが出場機会なかった。 2018.08.20 01:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、ローマ&リバプールの共謀に関する調査を要求…情報提供者は耳の中の“小鳥”

▽ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、リバプールとローマに対する調査を欧州サッカー連盟(UEFA)に要求したようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽デ・ラウレンティス会長が提起しているのは、「リバプールとローマのオーナーが同一なのではないか」という問題だ。もし同一であれば、「同じ欧州の大会に参加できるクラブは、1人のオーナーにつき1つのみ」というUEFAの規約に反するとしている。 ▽今夏、移籍金6700万ポンド(約94億円)でローマからリバプールに加入したブラジル代表GKアリソンに対し、ナポリが出した6000万ユーロ(約76億円)のオファーを“あっさりと”断られたことに関して、デ・ラウレンティス会長は「私ならば1億ユーロ(約126億円)でも売らないだろう」と主張。また、昨年にはエジプト代表FWモハメド・サラーも、比較的安価な4200万ユーロ(現在のレートで約53億円)でローマからリバプールに移籍していたことから、両クラブの繋がりを疑うようになったという。 ▽デ・ラウレンティス会長は、抱いている疑念について以下のようにイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』に語っている。 「リバプールの真のオーナーがローマと同じだというのはいつも疑ってきた。数年前、小鳥が私の耳の中で囁いたんだ」 「もしそれが真実であれば、チャンピオンズリーグに彼らが同時に参戦することはできない」 ▽これに対し、ローマのゼネラル・ディレクターを務めるマウロ・バルディッソーニ氏は、以下のように反論した。 「ナポリ周辺でアウレリオ・デ・ラウレンティスが煙を焚いていることについてどう思う? 」 「もし彼がもう一度小鳥を見つけたら、私たちがバルセロナとバイエルンまでも所有していることを発見するだろうね」 ▽デ・ラウレンティス会長の発言を皮肉る形で否定したバディッソーニ氏。今回の情報をもたらしたとされる“小鳥”は、何かを隠喩したものなのだろうか。全てが謎に包まれている。 2018.08.18 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「デ・ブライネの負傷を喜ぶヤツはクソッタレ」クロップが長期離脱のマンC司令塔に同情

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、ケビン・デ・ブライネが長期離脱をしてもマンチェスター・シティの強さは変わらないと話した。<br><br>17日にプレミアリーグ王者であるマンチェスター・Cは、デ・ブライネが膝を負傷して3カ月程度離脱することを発表。昨シーズンに圧倒的な強さを見せ、独走でリーグ優勝を決めた同クラブの年間最優秀選手に輝いた司令塔の離脱は、ジョゼップ・グアルディオラ監督にとって大きな痛手になると考えられる。<br><br>デ・ブライネが離脱したことで、リバプールが今シーズンのプレミアリーグで優勝できるチャンスが上がったのではないかとイギリス『スカイスポーツ』の中で問われたクロップ監督は「このような状況の中で、彼の負傷を喜ぶようなヤツがいるとしたら、正直言ってクソッタレだね。私は彼が良くなることを祈っている」と反論した。<br><br>「私は彼のような選手を気に入っているし、私がドルトムントにいて、彼がチェルシーにいるときに彼の獲得を熱望していた。しかし、ジョゼ(・モウリーニョ)は私に彼を与えてはくれなかった」<br><br>「彼は昨シーズンやワールドカップで素晴らしいプレーを見せた。負傷したことを聞いて気の毒に思っているよ。もちろん彼らにはオプションがある。リヤド・マフレズを連れてきたし、ベルナルド・シウヴァや(フィル・)フォーデン、(イルカイ・)ギュンドアンも彼のポジションでプレーできる。マンチェスター・シティを心配する者は誰もいないだろう」<br><br>「我々は他のチームのことなど気に留めない。我々は現状の中でベストを尽くすことだけを考えている。上手く機能すると信じている」<br><br>今シーズンの優勝候補の筆頭に挙げられるリバプールとマンチェスター・C。両チームは10月7日に直接対決を迎えるが、この試合にデ・ブライネは欠場することが見込まれている。<br><br>提供:goal.com 2018.08.18 15:15 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース