【CL決勝特集①・戦術分析】不動のリバプールに対して“勝負師”ジダンの策は?2018.05.26 13:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝、レアル・マドリーvsリバプールが、日本時間26日27:45にキエフ(ウクライナ)のオリンピスキ・スタジアムでキックオフされる。前人未到の3連覇に意気込む王者マドリーと、13年ぶり6度目の優勝を目指す躍進のリバプールによる今シーズン最後のビッグマッチだ。ここでは注目の一戦のタクティカルプレビューを紹介する。

◆注目の主導権争い
▽共に世界屈指の破壊力を持つ前線の個の力を生かしたカウンターを武器とするチーム同士だ。その一方でMFクロース、MFモドリッチ、MFイスコという世界屈指のボールプレーヤーを擁するマドリーがポゼッションスタイルでも問題なく戦えるのに対して、MFヘンダーソン、MFワイナルドゥム(ジャン)、MFミルナーと運動量とハイインテンシティを売りとするリバプールはポゼッションを得意としておらず、通常であればマドリーがボールを保持してゲームをコントロールするはずだ。

▽ただ、ボールを保持すれば、マンチェスター・シティをも凌駕するプレッシングの威力を持つリバプールのフィールドでの戦いを強いられるため、ジダン監督は敢えて相手にボールを持たせて自陣深くで攻撃を撥ね返してのカウンターという策を採る可能性も十分にあるはずだ。

◆注目はジダンの選ぶ11人
Getty Images
▽前述の主導権争いと絡む話となるが、不動のリバプールに対してジダン監督の採用するゲームプランが試合の流れを作ることになるはずだ。

▽前線に多士済々のタレントを抱えるマドリーは今季の戦いで[4-3-1-2]、[4-4-2]、[4-3-3]の3つのシステムを併用しており、とりわけここ最近はイスコを起用する際に[4-3-1-2]、[4-3-3]を、FWアセンシオとMFルーカス・バスケス起用時に[4-4-2]を採用する頻度が高い。そして、イスコ起用時はプレッシングの強度が高い相手に対して、完全なボールプレーヤーである同選手のキープ力、パスセンスを生かして中盤での数的優位、サイドでの局地的な数的優位を生かしてプレスの網を掻い潜る、よりゲーム試合を意識した戦いを見せている。

▽逆に、サイドバックでも起用可能な運動量と守備力を持つバスケスと、一定の守備力とイスコに比べて推進力のあるアセンシオを起用する際には、より組織だった守備やプレッシングの強度を生かしてカウンター志向を強めている。さらに、サイドハーフのサポートを得たサイドバックの攻撃参加の頻度も高くなる特徴がある。

▽ジダン監督が相手のプレスに対して真っ向から打ち合う場合にはイスコの起用と共に前述の[4-3-1-2]、[4-3-3]を、リバプールの遅攻の精度をウィークと考えて自陣に引き入れての戦いを想定した場合はカウンター向きの[4-4-2]を採用するはずだ。

◆マドリーは後半勝負でリバプールは逃げ切りか?
Getty Images
▽一発勝負のファイナルで重要となるのが、試合途中に戦局を変えるゲームチェンジャーの存在だ。これ関してはこれまで神がかり的な采配を見せてきたジダン監督の勝負師としての才覚、選手層の厚さという意味でも明らかにマドリーに分がある。

▽負傷離脱中のMFチェンバレンやMFララナ、MFジャンのコンディション不良によって主力と控えの実力に乖離があるリバプールは、DFクラバンやDFクラインといった守備固め要員以外に効果的な交代カードが存在せず、スタメン11人のパフォーマンスがより重要となるところだ。仮に、リードを許して試合終盤に投入できるカードは経験不足のFWソランケ、パンチ力不足のFWイングスしかおらず、リバプールが勝利するためには先行逃げ切りの形に持ち込むしかないと思われる。

▽これに対して、一部ポジションを除き先発予想が難しいほど主力と控えの実力が拮抗しているマドリーは、3枚の交代枠を含めた“14人”での戦いが可能だ。とりわけ、先発に推す声もある絶好調のMFベイルはリバプールの運動量が落ち始めた後半に投入されれば、驚異的なスピードにシュートレンジの広さ、空中戦の強さと、相手守備陣に最も脅威を与える存在になりそうだ。さらに、中盤に活力を与えるMFコバチッチやDFナチョと緊急時にも自信を持ってピッチに送り出せる人材も揃っている。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール、2年前に逃したナポリMFジエリンスキ獲得に84億円用意か

▽リバプールが、ナポリに所属するポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(24)の獲得に再び動く可能性があるようだ。イギリス『エクスプレス』の情報をもとにスペイン『fichajes』が伝えた。 ▽2016年夏に保有権元であるウディネーゼからナポリに加入したジエリンスキは、加入初年度から公式戦47試合でボランチながら6ゴール7アシストと躍動。今シーズンは右サイドを主戦場とし、公式戦10試合で2ゴールを記録している。 ▽今回伝えられるところによると、ナポリは今シーズン終了後にジエリンスキの契約解除金を1億3000万ユーロ(約168億円)に引き上げることを検討しているという。そのため、2016年にナポリとのジエリンスキ争奪戦に敗れていたリバプールが、バイアウト価格が設定される前に再アタックを画策しているようだ。 ▽リバプールはジエリンスキ獲得に対し、6500万ユーロ(約84億円)を用意している模様。しかし、ナポリを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督は同選手を最重要選手の1人としているため獲得交渉は難航しそうだ。 2018.10.16 16:02 Tue
twitterfacebook
thumb

「ダイアーはリバプールのレジェンド」 リバプールファンがスペイン戦でトッテナムDFを絶賛?

▽トッテナムに所属するイングランド代表DFエリック・ダイアーが15日に行われたスペイン代表戦で見せた“あるプレー”をリバプールファンが絶賛した。イギリス『Caught offside』がリバプールファンのSNS上のリアクションを伝えている。 ▽UEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4、スペインvsイングランドが15日に行われ、イングランドが3-2で勝利した。同試合では前半にFWラヒーム・スターリングの2ゴールと、FWマーカス・ラッシュフォードのゴールで3点を先行したイングランドが後半のホームチームの反撃を凌ぎ切って見事に今大会初勝利を飾っていた。 ▽同試合で[4-3-3]のアンカーポジションに入ったダイアーは、持ち味の球際の強さを生かしたソリッドな守備とシンプルなボール捌きをみせ、中盤に安定感をもたらすなど上々のパフォーマンスだった。 ▽しかし、今回リバプールファンが絶賛したプレーは前半にスペイン代表DFセルヒオ・ラモス相手に見せたハードタックルだった。自陣ボックス内で味方からのバックパスを受けたセルヒオ・ラモスに対して、ダイアーは猛然とプレッシャーをかけてやや大きくなったトラップ際に強烈なタックルを敢行。そのタックルはきっちりボールを捉えたものの、ついでにセルヒオ・ラモスの身体を巻き込み厳しいチャレンジとなった。 ▽そして、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝でエースFWモハメド・サラーを負傷退場に追いやったレアル・マドリーDFを目の敵とするリバプールファンは、ダイアーのこのハードチャージを絶賛。「彼はリバプールのレジェンド」、「リバプールとエジプトのナイト」、「このプレーで一気に彼のファンになった」、「アンフィールドの新たなアイドルが現れた」など、称賛のコメントがSNS上から発信された。 ◆リバプールファンは爽快? https://twitter.com/CheapPanini/status/1051910641433399296 2018.10.16 13:58 Tue
twitterfacebook
thumb

サラー、ファン・ダイクに続きマネも代表戦で負傷か

▽リバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネが、左手負傷したようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ▽マネは、13日に行われたアフリカ・ネーションズカップ(ANC)予選第3節のスーダン代表戦にフル出場していたが、その試合で相手選手と接触した際に、左手を負傷。 ▽『レキップ』によれば、マネは軽傷のようですでに病院で治療を受けたという。なお、セネガル代表は今後、16日にANC予選第4節でスーダンとの再戦を行う。 2018.10.16 03:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ドイツ戦で先制弾のファン・ダイク、肋骨のケガでベルギー戦を欠場か

▽リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが16日に行われるベルギー代表との国際親善試合を欠場するようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽オランダ代表として13日に行われたUEFAネーションズリーグのドイツ代表にに臨んだファン・ダイク。30分には右CKのセカンドボールを頭で押し込み、先制点となるゴールを記録するなど、3-0での勝利に貢献した。 ▽ドイツ戦をフル出場したファン・ダイクだが、『BBC』によれば試合後の検査で肋骨の負傷が発覚。これを受け、オランダサッカー協会は16日の親善試合でファン・ダイクを起用しない方針のようだ。 ▽また、リバプールではエジプト代表に参加していたFWモハメド・サラーも筋肉系の故障で検査を受けるなど、主力選手の負傷が相次いでいる。 2018.10.15 00:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ドイツに3発快勝も冷静なオランダ代表MFワイナルドゥム「他チームを見るべきではない」

▽リバプールに所属するオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムは、他国との比較に全く興味が無いようだ。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽オランダ代表に招集されたワイナルドゥムは、13日に行われたUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦に出場。試合は、ワイナルドゥムのほか、DFヴィルヒル・ファン・ダイク、FWメンフィス・デパイのゴールで3-0と勝利していた。 ▽ドイツ相手に3ゴールを挙げて快勝し、ネーションズリーグ初勝利を挙げたオランダだが、ワイナルドゥムはオランダをドイツやフランスと比べるべきではないと語った。 「僕たちは今どの立ち位置か分からない。他のチームを見るべきではないね」 「僕たちは次の試合に集中し、その後にどの位置にいるかは言えるだろう。僕たちは全てを捧げ、ベストを尽くすべきだと思う」 「『僕たちはこのレベルに居るよ』と言っても、良いことは何もないよ」 ▽オランダ代表は、16日にベルギー代表との国際親善試合を戦う。 2018.10.14 15:22 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース