【CL決勝特集①・戦術分析】不動のリバプールに対して“勝負師”ジダンの策は?2018.05.26 13:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝、レアル・マドリーvsリバプールが、日本時間26日27:45にキエフ(ウクライナ)のオリンピスキ・スタジアムでキックオフされる。前人未到の3連覇に意気込む王者マドリーと、13年ぶり6度目の優勝を目指す躍進のリバプールによる今シーズン最後のビッグマッチだ。ここでは注目の一戦のタクティカルプレビューを紹介する。

◆注目の主導権争い
▽共に世界屈指の破壊力を持つ前線の個の力を生かしたカウンターを武器とするチーム同士だ。その一方でMFクロース、MFモドリッチ、MFイスコという世界屈指のボールプレーヤーを擁するマドリーがポゼッションスタイルでも問題なく戦えるのに対して、MFヘンダーソン、MFワイナルドゥム(ジャン)、MFミルナーと運動量とハイインテンシティを売りとするリバプールはポゼッションを得意としておらず、通常であればマドリーがボールを保持してゲームをコントロールするはずだ。

▽ただ、ボールを保持すれば、マンチェスター・シティをも凌駕するプレッシングの威力を持つリバプールのフィールドでの戦いを強いられるため、ジダン監督は敢えて相手にボールを持たせて自陣深くで攻撃を撥ね返してのカウンターという策を採る可能性も十分にあるはずだ。

◆注目はジダンの選ぶ11人
Getty Images
▽前述の主導権争いと絡む話となるが、不動のリバプールに対してジダン監督の採用するゲームプランが試合の流れを作ることになるはずだ。

▽前線に多士済々のタレントを抱えるマドリーは今季の戦いで[4-3-1-2]、[4-4-2]、[4-3-3]の3つのシステムを併用しており、とりわけここ最近はイスコを起用する際に[4-3-1-2]、[4-3-3]を、FWアセンシオとMFルーカス・バスケス起用時に[4-4-2]を採用する頻度が高い。そして、イスコ起用時はプレッシングの強度が高い相手に対して、完全なボールプレーヤーである同選手のキープ力、パスセンスを生かして中盤での数的優位、サイドでの局地的な数的優位を生かしてプレスの網を掻い潜る、よりゲーム試合を意識した戦いを見せている。

▽逆に、サイドバックでも起用可能な運動量と守備力を持つバスケスと、一定の守備力とイスコに比べて推進力のあるアセンシオを起用する際には、より組織だった守備やプレッシングの強度を生かしてカウンター志向を強めている。さらに、サイドハーフのサポートを得たサイドバックの攻撃参加の頻度も高くなる特徴がある。

▽ジダン監督が相手のプレスに対して真っ向から打ち合う場合にはイスコの起用と共に前述の[4-3-1-2]、[4-3-3]を、リバプールの遅攻の精度をウィークと考えて自陣に引き入れての戦いを想定した場合はカウンター向きの[4-4-2]を採用するはずだ。

◆マドリーは後半勝負でリバプールは逃げ切りか?
Getty Images
▽一発勝負のファイナルで重要となるのが、試合途中に戦局を変えるゲームチェンジャーの存在だ。これ関してはこれまで神がかり的な采配を見せてきたジダン監督の勝負師としての才覚、選手層の厚さという意味でも明らかにマドリーに分がある。

▽負傷離脱中のMFチェンバレンやMFララナ、MFジャンのコンディション不良によって主力と控えの実力に乖離があるリバプールは、DFクラバンやDFクラインといった守備固め要員以外に効果的な交代カードが存在せず、スタメン11人のパフォーマンスがより重要となるところだ。仮に、リードを許して試合終盤に投入できるカードは経験不足のFWソランケ、パンチ力不足のFWイングスしかおらず、リバプールが勝利するためには先行逃げ切りの形に持ち込むしかないと思われる。

▽これに対して、一部ポジションを除き先発予想が難しいほど主力と控えの実力が拮抗しているマドリーは、3枚の交代枠を含めた“14人”での戦いが可能だ。とりわけ、先発に推す声もある絶好調のMFベイルはリバプールの運動量が落ち始めた後半に投入されれば、驚異的なスピードにシュートレンジの広さ、空中戦の強さと、相手守備陣に最も脅威を与える存在になりそうだ。さらに、中盤に活力を与えるMFコバチッチやDFナチョと緊急時にも自信を持ってピッチに送り出せる人材も揃っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントスがリバプール退団のジャン獲得を発表、契約は4年

▽ユベントスは21日、リバプールを退団したドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。移籍金は発生していない。 ▽2014年にレバークーゼンからリバプールに加入したジャンは、様々なポジションをこなしつつ徐々にレギュラーに定着。セントラルMFを主戦場に、4年間在籍したリバプールでは公式戦通算167試合に出場し、14ゴール12アシストを記録していた。2017-18シーズンは終盤に背中を負傷してチームを離脱していたが、5月26日に行われたレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝(1-3で敗北)に途中出場するなど、公式戦38試合6ゴール5アシストの成績を残していた。 ▽ユベントスへの移籍が決まったジャンはユベントスのインスタグラムで次のようにコメントした。 「正式にユベントスのプレーヤーとなった。ここに来るのが待ち切れなかったよ。僕は勝利を求めている。フォルツァ、ユーベ!」 2018.06.21 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェラード率いるレンジャーズ、リバプールからDFジョン・フラナガンを獲得

▽レンジャーズは21日、リバプールの元イングランド代表DFジョン・フラナガン(25)を2年契約で獲得したことを発表した。 ▽リバプールのアカデミー出身のフラナガン。本職が右サイドバックでありながら左でもプレー可能で、2011年のデビュー以降公式戦51試合に出場した。近年ではバーンリーやボルトンにレンタル移籍。今冬加入したボルトンではリーグ戦9試合に出場。そして、今月8日にリバプールからの退団が発表されていた。 ▽5月にスティーブン・ジェラード新監督が就任したレンジャーズは、すでに積極補強を進めており、これが7人目の新加入選手となった。これまでにバーンリーのカナダ代表MFスコット・アルフィールドやブライトン&ホーヴ・アルビオンのスコットランド代表DFコナー・ゴールドソン、同クラブからはさらに今年1月からレンタル加入していたスコットランド代表FWジェイミー・マーフィーを買い取りオプションを行使して獲得。また、ハル・シティからは元スコットランド代表GKアラン・マクレガーを獲得。7年ぶりのレンジャーズ復帰を果たしている。 2018.06.21 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシがサラー獲得をクラブに進言! 今夏最大のビッグディールなるか

▽バルセロナがリバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(25)獲得に動き出したようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)の獲得に動いていたバルセロナだが、グリーズマンは先日にアトレティコ残留を明言し、最終的に獲得交渉は空振りに終わった。 ▽この状況を受けてクラブは同選手に代わる補強選手として同じレフティのサラーをリストアップ。『ミラー』はスペイン方面からの情報として、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが今夏の移籍市場でサラーを獲得するよう、クラブに進言していると伝えた。 ▽また、先日にはバルセロナがすでにサラーの代理人とコンタクトを取っているとの報道も出ており、今後移籍に向けた交渉が本格的にスタートする模様だ。 ▽なお、イギリスの大手ブックメイカー『Ladbrokes』の関係者は先日、「今夏、サラーがリバプールを離れる場合、レアル・マドリーとバルセロナの一騎打ちになるはずだ。そして、勝者はバルセロナになる可能性が高い」と、今後の見通しに関して語っていた。 ▽昨夏、ローマからリバプールに加入し1年目でプレミアリーグの個人タイトルを総なめにしたサラーの移籍金に関しては最低1億ポンド(約147億円)が必要となる模様だ。 2018.06.17 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル行きとうわさのマネ、将来は分からないが「リヴァプールでとてもハッピー」

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネは、レアル・マドリー移籍が取り沙汰される中、リバプールで幸せだと強調した。<br><br>2016年にサウサンプトンからリバプールに加入したマネは、以降2シーズンでコンスタントに活躍を残し、今季はモハメド・サラーとロベルト・フィルミーノとともに攻撃陣をけん引し、チャンピオンズリーグ(CL)決勝に進出に貢献。セネガル代表としても活躍した同選手は、2002年大会以来4大会ぶりのワールドカップ出場権を母国にもたらした。<br><br>この活躍を受け、先日からスペインのメディアが報じるようにレアル・マドリーが獲得に関心を寄せ、移籍成立間近まで近づいていたマネだが、リバプールとの契約を全うする考えをオーストリア『Salzburger Nachrichten』に示した。<br><br>「リバプールでとてもハッピーで、僕の契約はさらに3年間残っている。しかし、将来何が起きるかは誰にも分からない。僕はトロフィー獲得を求めている。特にCLのタイトルを取りたい」<br><br>今季のマネは、CL決勝でレアル・マドリーに屈してあと一歩のところで悲願のビッグイヤー獲得を逃した。この敗戦を乗り越えるのは相当厳しいものだったと認めた同選手だが、今はセネガル代表として迎える、2018FIFAワールドカップ・ロシアのことだけに集中している。<br><br>「正直言って、あの敗戦を簡単に拭い去ることはできなかった。チーム全体がCLのタイトルを目指したが、あの日はレアル・マドリーが優れたチームだった。僕たちは世界のベストチームに負けたんだ。でも、今はセネガルでプレーする時が来て、良いワールドカップにしたいと思う。それが今僕が考えていることだ」<br><br>マネを擁するセネガル代表は、19日にポーランド代表、24日に日本代表、28日にコロンビア代表と対戦する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.14 18:52 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月12日は、ブラジル代表の至宝、絶頂期を迎えるバルサ史上最高額のゲームメーカー

◆フィリペ・コウチーニョ・コレイア 【Profile】 国籍:ブラジル 誕生日:1992/6/12 ポジション:MF クラブ:バルセロナ 身長:171㎝ 体重:68kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月12日は、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョだ。 ▽現在バルセロナに所属するコウチーニョ。バスコ・ダ・ガマでプロデビューする前から欧州のビッグクラブから関心が寄せられ、2010年にインテルに移った。2012年1月から半年間はエスパニョールにレンタル移籍。その1年後の2013年1月に、リバプールに完全移籍することに。移籍金は800万ユーロだった。 ▽リバプールでの活躍は目覚ましく、加入した2012-13シーズンの半年間だけで13試合3ゴール7アシストを記録した。その後も中心選手として活躍したコウチーニョはゴール・アシストを量産。公式戦201試合で54ゴール45アシストという成績を残した。 ▽そして今年1月、1億2000万ユーロに出来高4000万ユーロというクラブ史上最高額の移籍金でバルセロナに完全移籍。18試合で8ゴール5アシストと、ここでも実力を存分に発揮した。第37節のレバンテ戦ではハットトリックを達成している。 ▽2日後に迫ったロシア・ワールドカップのブラジル代表メンバーにも選出され、今まさに絶頂期を迎えているコウチーニョ。2002年以来の優勝に導くのはコウチーニョかもしれない。 ※誕生日が同じ主な著名人 アンネ・フランク(『アンネの日記』著者) 宮本浩次(ミュージシャン/エレファントカシマシ) 松井秀樹(元メジャーリーガー) トーマス・セーレンセン(サッカー選手/メルボルン) 釈由美子(女優) ディエゴ・ミリート(元サッカー選手) 杉原杏璃(グラビアアイドル) 丸高愛実(グラビアアイドル) 2018.06.12 07:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース