【CL決勝特集①・戦術分析】不動のリバプールに対して“勝負師”ジダンの策は?2018.05.26 13:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝、レアル・マドリーvsリバプールが、日本時間26日27:45にキエフ(ウクライナ)のオリンピスキ・スタジアムでキックオフされる。前人未到の3連覇に意気込む王者マドリーと、13年ぶり6度目の優勝を目指す躍進のリバプールによる今シーズン最後のビッグマッチだ。ここでは注目の一戦のタクティカルプレビューを紹介する。

◆注目の主導権争い
▽共に世界屈指の破壊力を持つ前線の個の力を生かしたカウンターを武器とするチーム同士だ。その一方でMFクロース、MFモドリッチ、MFイスコという世界屈指のボールプレーヤーを擁するマドリーがポゼッションスタイルでも問題なく戦えるのに対して、MFヘンダーソン、MFワイナルドゥム(ジャン)、MFミルナーと運動量とハイインテンシティを売りとするリバプールはポゼッションを得意としておらず、通常であればマドリーがボールを保持してゲームをコントロールするはずだ。

▽ただ、ボールを保持すれば、マンチェスター・シティをも凌駕するプレッシングの威力を持つリバプールのフィールドでの戦いを強いられるため、ジダン監督は敢えて相手にボールを持たせて自陣深くで攻撃を撥ね返してのカウンターという策を採る可能性も十分にあるはずだ。

◆注目はジダンの選ぶ11人
Getty Images
▽前述の主導権争いと絡む話となるが、不動のリバプールに対してジダン監督の採用するゲームプランが試合の流れを作ることになるはずだ。

▽前線に多士済々のタレントを抱えるマドリーは今季の戦いで[4-3-1-2]、[4-4-2]、[4-3-3]の3つのシステムを併用しており、とりわけここ最近はイスコを起用する際に[4-3-1-2]、[4-3-3]を、FWアセンシオとMFルーカス・バスケス起用時に[4-4-2]を採用する頻度が高い。そして、イスコ起用時はプレッシングの強度が高い相手に対して、完全なボールプレーヤーである同選手のキープ力、パスセンスを生かして中盤での数的優位、サイドでの局地的な数的優位を生かしてプレスの網を掻い潜る、よりゲーム試合を意識した戦いを見せている。

▽逆に、サイドバックでも起用可能な運動量と守備力を持つバスケスと、一定の守備力とイスコに比べて推進力のあるアセンシオを起用する際には、より組織だった守備やプレッシングの強度を生かしてカウンター志向を強めている。さらに、サイドハーフのサポートを得たサイドバックの攻撃参加の頻度も高くなる特徴がある。

▽ジダン監督が相手のプレスに対して真っ向から打ち合う場合にはイスコの起用と共に前述の[4-3-1-2]、[4-3-3]を、リバプールの遅攻の精度をウィークと考えて自陣に引き入れての戦いを想定した場合はカウンター向きの[4-4-2]を採用するはずだ。

◆マドリーは後半勝負でリバプールは逃げ切りか?
Getty Images
▽一発勝負のファイナルで重要となるのが、試合途中に戦局を変えるゲームチェンジャーの存在だ。これ関してはこれまで神がかり的な采配を見せてきたジダン監督の勝負師としての才覚、選手層の厚さという意味でも明らかにマドリーに分がある。

▽負傷離脱中のMFチェンバレンやMFララナ、MFジャンのコンディション不良によって主力と控えの実力に乖離があるリバプールは、DFクラバンやDFクラインといった守備固め要員以外に効果的な交代カードが存在せず、スタメン11人のパフォーマンスがより重要となるところだ。仮に、リードを許して試合終盤に投入できるカードは経験不足のFWソランケ、パンチ力不足のFWイングスしかおらず、リバプールが勝利するためには先行逃げ切りの形に持ち込むしかないと思われる。

▽これに対して、一部ポジションを除き先発予想が難しいほど主力と控えの実力が拮抗しているマドリーは、3枚の交代枠を含めた“14人”での戦いが可能だ。とりわけ、先発に推す声もある絶好調のMFベイルはリバプールの運動量が落ち始めた後半に投入されれば、驚異的なスピードにシュートレンジの広さ、空中戦の強さと、相手守備陣に最も脅威を与える存在になりそうだ。さらに、中盤に活力を与えるMFコバチッチやDFナチョと緊急時にも自信を持ってピッチに送り出せる人材も揃っている。
コメント
関連ニュース
thumb

マウコム、新天地最有力にリバプール?

リバプールが、バルセロナに所属するブラジル代表FWマウコム(21)を獲得する可能性があるようだ。フランス『Le10Sport』の情報を引用して大手『ESPN』が伝えている。 昨年夏に4100万ユーロ(約51億円)の移籍金でボルドーからバルセロナに加わったマウコム。その直前にはボルドーとのクラブ間合意がローマから発表されていたが急転直下のスペイン行きとなり、物議を醸した移籍オペレーションだ。 しかし、これまで移籍金に見合った活躍はできておらず、リーガエスパニョーラでの出場は7試合留まり。先発出場はわずか1試合のみだ。 そのため、残留したものの今冬には早くも移籍の噂が渦巻いていたが、伝えられていた中国勢からの関心は現在では薄れているという。こうした中で、新たに有力な移籍先として挙げられているのがリバプールだ。マウコムは依然としてバルセロナ残留を切望してはおらず、関心を示し続けているリバプールの機運は熟しつつあるのかもしれない。 2019.02.16 18:06 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ、サラーに62億円? +ディバラも!

イギリス『デイリー・メール』がイタリア『トゥットスポルト』の情報として、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(26)を巡るユベントスの動きを報じた。 イタリアの絶対的王者に君臨するユベントスは本格的にサラーを追跡。リバプールに対して、移籍金4400万ポンド(約62億1000万円)+アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)のオファーで獲得を打診したという。 サラーは2017年夏にローマからリバプールに加入して以来、得点能力が開眼。公式戦44得点のデビューイヤーに続き、今シーズンもここまで20得点(34試合)とリバプールの攻撃陣を牽引している。 そのサラーは昨年7月に5年間の新契約にサインしたが、解除条項は未設定。一方のディバラはここまで公式戦7得点を記録しているが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの登場により、エースの座を失っている。 2019.02.15 11:10 Fri
twitterfacebook
thumb

N・ケイタ&マネがヴェルナーをリバプールに勧誘

リバプールのギニア代表MFナビ・ケイタとセネガル代表FWサディオ・マネが、移籍が囁かれるライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)を勧誘している。『ESPN』が伝えている。 ライプツィヒ加入した2016-17シーズンにブンデスリーガで21得点を記録したヴェルナーは、今シーズンもここまでリーグ戦20試合で11得点を記録するなど、3シーズン連続で二桁得点をマーク。クラブとの契約が2020年までとなっているドイツ代表FWに対しては、バイエルンやリバプールなどからの関心が報じられている。 当人も「イングランド勢ではマンチェスター・ユナイテッドとリバプールがよく観るチームだ」、「タイトルを勝ち取るようなチームでプレーしたい」と語るなかで、ナビ・ケイタとマネがドイツ『Sport Bild』の取材で、ヴェルナーがリバプールに移籍すべきだと述べている。 2016年から2018年にかけてライプツィヒでともにプレーしていたナビ・ケイタは「僕たちは最高の関係を築けていた。彼は僕の最高の仲間の1人だったよ」とコメントし「彼が移籍するのであればリバプールをオススメするよ」とかつての同僚を口説いた。 また、ナビ・ケイタに同調するようにマネも「僕もリバプールに来るように説得したい。彼のプレースタイルが好きなんだ。とても力強く、素晴らしいフィニッシャーだ。大歓迎さ」と賛辞と共に、こちらも誘いの言葉を投げた。 2019.02.14 15:28 Thu
twitterfacebook
thumb

FA、ハマーズ戦で審判団批判のクロップ監督を処分!

イングランドサッカー協会(FA)は13日、先日のウェストハム戦後に審判団の判定に対して批判的なコメントを行ったリバプールのユルゲン・クロップ監督に処分を科すことを発表した。 クロップ監督が率いるリバプールは、今月4日のプレミアリーグ第25節でウェストハムと対戦し、1-1で引き分けた。試合の中で22分にFWサディオ・マネが先制点を記録した場面ではMFジェームズ・ミルナーに明らかなオフサイドがあったとして、物議を醸した一戦となった。 しかし、試合後にクロップ監督は逆にケビン・フレンド主審を含む審判団を批判。「五分五分の状態では常に相手のFKになった」、「審判がハーフタイムにオフサイドに気付いてから、奇妙なシチュエーションを見ることになった」などと語り、むしろリバプールに不利な判定があったことを主張していた。 なお、FAはクロップ監督に対する今回の処分に関して以下のような声明を発表している。 「今回の処分に関しては彼(クロップ)が2019年2月4日に行われたリバプールとウェストハムのリーグ戦後のインタビューで発したコメントに対するものであり、FA規則のE3(1)の『マッチレフェリーに対する健全性を疑う行為および暗黙のバイアスを疑う』という違反に該当する」 なお、クロップ監督には2月18日夕方まで異議申し立てを行う権利が与えられるが、仮に処分が確定した場合は罰金あるいはベンチ入り禁止処分が科される見込みだ。 2019.02.14 03:42 Thu
twitterfacebook
thumb

マネ、ユナイテッドのCL敗戦に思わずニヤリ

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネは、ライバルであるマンチェスター・ユナイテッドがチャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン(PSG)に敗れたことが嬉しかったようだ。 ユナイテッドは12日、CL・ラウンド16でPSGと対戦し0-2で敗れた。オーレ・グンナー・スールシャール監督が就任して以降、公式戦12戦目にして初黒星を喫した。 この試合を自宅で見ていたマネは、スコアが0-2となった瞬間にユナイテッドの負けを確信したのか、自身のインスタグラムのストーリーに、試合映像を「Hummm」の文字付きで投稿。ハミングが漏れてしまうほど嬉しかったようだ。さらに、続けて自分がチームメイトと楽しそうに談笑している写真も上げて、その喜びをアピールした。 リバプールは24日にプレミアリーグ第27節でユナイテッドとの対戦が控えているため、好調のまま来られることを避けたかったのだろう。だが、ユナイテッドはその前にチェルシーとのFAカップ5回戦があるため、そこでもう一度調子を上げてくるかもしれない。 2019.02.13 17:23 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース