【CL決勝特集①・戦術分析】不動のリバプールに対して“勝負師”ジダンの策は?2018.05.26 13:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝、レアル・マドリーvsリバプールが、日本時間26日27:45にキエフ(ウクライナ)のオリンピスキ・スタジアムでキックオフされる。前人未到の3連覇に意気込む王者マドリーと、13年ぶり6度目の優勝を目指す躍進のリバプールによる今シーズン最後のビッグマッチだ。ここでは注目の一戦のタクティカルプレビューを紹介する。

◆注目の主導権争い
▽共に世界屈指の破壊力を持つ前線の個の力を生かしたカウンターを武器とするチーム同士だ。その一方でMFクロース、MFモドリッチ、MFイスコという世界屈指のボールプレーヤーを擁するマドリーがポゼッションスタイルでも問題なく戦えるのに対して、MFヘンダーソン、MFワイナルドゥム(ジャン)、MFミルナーと運動量とハイインテンシティを売りとするリバプールはポゼッションを得意としておらず、通常であればマドリーがボールを保持してゲームをコントロールするはずだ。

▽ただ、ボールを保持すれば、マンチェスター・シティをも凌駕するプレッシングの威力を持つリバプールのフィールドでの戦いを強いられるため、ジダン監督は敢えて相手にボールを持たせて自陣深くで攻撃を撥ね返してのカウンターという策を採る可能性も十分にあるはずだ。

◆注目はジダンの選ぶ11人
Getty Images
▽前述の主導権争いと絡む話となるが、不動のリバプールに対してジダン監督の採用するゲームプランが試合の流れを作ることになるはずだ。

▽前線に多士済々のタレントを抱えるマドリーは今季の戦いで[4-3-1-2]、[4-4-2]、[4-3-3]の3つのシステムを併用しており、とりわけここ最近はイスコを起用する際に[4-3-1-2]、[4-3-3]を、FWアセンシオとMFルーカス・バスケス起用時に[4-4-2]を採用する頻度が高い。そして、イスコ起用時はプレッシングの強度が高い相手に対して、完全なボールプレーヤーである同選手のキープ力、パスセンスを生かして中盤での数的優位、サイドでの局地的な数的優位を生かしてプレスの網を掻い潜る、よりゲーム試合を意識した戦いを見せている。

▽逆に、サイドバックでも起用可能な運動量と守備力を持つバスケスと、一定の守備力とイスコに比べて推進力のあるアセンシオを起用する際には、より組織だった守備やプレッシングの強度を生かしてカウンター志向を強めている。さらに、サイドハーフのサポートを得たサイドバックの攻撃参加の頻度も高くなる特徴がある。

▽ジダン監督が相手のプレスに対して真っ向から打ち合う場合にはイスコの起用と共に前述の[4-3-1-2]、[4-3-3]を、リバプールの遅攻の精度をウィークと考えて自陣に引き入れての戦いを想定した場合はカウンター向きの[4-4-2]を採用するはずだ。

◆マドリーは後半勝負でリバプールは逃げ切りか?
Getty Images
▽一発勝負のファイナルで重要となるのが、試合途中に戦局を変えるゲームチェンジャーの存在だ。これ関してはこれまで神がかり的な采配を見せてきたジダン監督の勝負師としての才覚、選手層の厚さという意味でも明らかにマドリーに分がある。

▽負傷離脱中のMFチェンバレンやMFララナ、MFジャンのコンディション不良によって主力と控えの実力に乖離があるリバプールは、DFクラバンやDFクラインといった守備固め要員以外に効果的な交代カードが存在せず、スタメン11人のパフォーマンスがより重要となるところだ。仮に、リードを許して試合終盤に投入できるカードは経験不足のFWソランケ、パンチ力不足のFWイングスしかおらず、リバプールが勝利するためには先行逃げ切りの形に持ち込むしかないと思われる。

▽これに対して、一部ポジションを除き先発予想が難しいほど主力と控えの実力が拮抗しているマドリーは、3枚の交代枠を含めた“14人”での戦いが可能だ。とりわけ、先発に推す声もある絶好調のMFベイルはリバプールの運動量が落ち始めた後半に投入されれば、驚異的なスピードにシュートレンジの広さ、空中戦の強さと、相手守備陣に最も脅威を与える存在になりそうだ。さらに、中盤に活力を与えるMFコバチッチやDFナチョと緊急時にも自信を持ってピッチに送り出せる人材も揃っている。
コメント
関連ニュース
thumb

アンチェロッティ、ファン・ダイクの危険タックルに「ビデオを見ればレッド」

▽ナポリを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、11日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループC最終節リバプール戦での判定に不満を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が指揮官のコメントを伝えた。 ▽決勝トーナメント進出を懸けた3位のリバプール(勝ち点6)、首位のナポリ(勝ち点9)によるグループC最大の大一番。試合は前半34分にFWモハメド・サラーのゴールで先制に成功したリバプールが、試合終盤のナポリの猛攻をGKアリソン・ベッカーのビッグセーブで凌ぎ、1-0で勝利。この結果、同時刻開催で勝利したパリ・サンジェルマンが首位通過、リバプールが2位通過を果たし、ナポリは3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)に回ることになった。 ▽ただ、同試合では前半立ち上がりの13分にリバプールDFヴィルヒル・ファン・ダイクがナポリFWドリエス・メルテンスに見舞ったハードチャージに関する判定がひとつのターニングポイントになった。 ▽同場面ではルーズボールに反応したファン・ダイクがスライディングでクリアを試みた際、先にボールに触ったものの、後方で反応していたメルテンスの左脛の内側に足裏を見せたハードチャージを見舞った。幸い、メルテンスに大きなケガはなかったが脛の骨折やヒザ、足首のじん帯を損傷する可能性もある非常に危険なプレーだったと言わざるを得なかった。 ▽結局、主審はファン・ダイクが先にボールを触っていたとの判断からイエローカードの掲示に留まったが、試合後の公式会見に出席したアンチェロッティ監督はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が用いられれば、退場の可能性が高かったとの持論を展開した。 「ビデオで確認すれば、レッドカードだった」 「VARに関する大きくの議論があるが、VARがチャンピオンズリーグに来るのはあまりに遅すぎた」 ▽一方、ファウルの当事者となったファン・ダイクは自身のプレーの正当性を主張している。イギリス『インデペンデント』がオランダ代表DFのコメントを伝えた。 「それは全く悪いチャレンジだったとは思っていない。不運なことに私は彼と接触してしまったが、自分に彼を傷つける意図やあのような接触を意図していなかった」 「僕はボールにチャレンジしていたし、スリッピーなピッチで滑った結果、彼に接触してしまった。ただ、それもフットボールのひとつの側面だ」 ▽今回のプレーに関しては識者の間でも意見が分かれる難しい判断だったが、ナポリ側とすれば、同選手の退場か否かで試合の流れが大きく変わっていたと考えており、VARの有無を含めて少し不公平な判定と感じたようだ。 ▽なお、欧州サッカー連盟(UEFA)は先日にCL決勝トーナメントからのVAR導入を発表している。 ◆危険なプレーに間違いはないが… https://twitter.com/tancredipalmeri/status/1072818266563862528 2018.12.12 23:17 Wed
twitterfacebook
thumb

「彼がまたしてもやってくれた」ミルナーがナポリ撃破&グループ突破の立役者サラーを絶賛

リバプールのMFジェームズ・ミルナーは、チームを勝利に導く決勝点を奪ったFWモハメド・サラーを称えた。<br><br>11日に行われたチャンピオンズリーグ グループC最終節でリバプールはホームでナポリと対戦。グループリーグ突破のためにこの試合での勝利が絶対条件のリバプールは、サラーが34分に挙げた1点を守り抜き、1-0で勝利する。この結果、勝ち点9でナポリと並ぶも、総得点の差で上回り、リバプールが2位で決勝トーナメント進出を決めた。<br><br>試合後、サラーのゴールをアシストしたミルナーは『BTスポーツ』でナポリとの一戦を振り返った。「彼らは本当に良いチームで、いつも厳しい戦いになる。でも、僕たちのパフォーマンスは本当に良かったと思うし、前線からバックまで全員が良い守備をしなければならないと理解していた」<br><br>そして、先日のボーンマス戦でもハットトリックを達成するなど調子が上向くエースを称賛した。「彼は勝者で、ワールドクラスの選手だ。僕たちのために彼はまたしてもやってくれた」<br><br>また、DFアンドリュー・ロバートソンは、ナポリに押され気味な状態が続いていた中で好セーブを見せ、チームを窮地から救った守護神のアリソンへ賛辞を送った。<br><br>「良いスタートを切らなければならなかったし、実際に僕たちはそのようにできた。0-0の場面から、彼らは失うものがないような勢いでプレーしていた。それでも、アリソンの信じられないようなセーブに助けられた。そして、1-0になってからは僕たちは自信を持ってプレーでき、最終的にはクリーンシートを達成した。僕たちがこの試合を通してやり切ったことを誇らしく思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: リバプール 1-0 ナポリ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC最終節、リバプールvsナポリが11日に行われ、1-0でリバプールが勝利した。この結果、リバプールが2位での決勝トーナメント進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 アリソン 6.0 最後のミリクのゴール至近距離からのシュートをストップ DF 66 アーノルド 6.0 高い位置を取って圧力をかけ続けた (→ロブレン -) 32 マティプ 6.0 的確なカバーリングを続けた 4 ファン・ダイク 6.5 インシーニェとメルテンスを潰した 26 ロバートソン 6.5 アーノルドと共に高い位置を維持して攻撃に厚みを加えた MF 5 ワイナルドゥム 6.0 球際で負けることがなかった 14 ヘンダーソン 6.0 中盤をコントロール。ミドルシュートでゴールにも迫る 7 ミルナー 6.5 先制点アシスト。豊富な運動量で攻守に顔を出した (→ファビーニョ -) FW 11 サラー 6.5 さすがの打開力で先制点奪取 9 フィルミノ 6.0 前線で起点となり、守備でも貢献 (→N・ケイタ -) 10 マネ 6.0 決定機を幾つも外したが、脅威は与えていた 監督 クロップ 6.5 スコア以上にナポリを圧倒して逆転での決勝トーナメント進出 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 オスピナ 5.5 防げるシュートは止めていた DF 19 マクシモビッチ 5.0 守備に重点もマネに翻弄された 33 アルビオル 5.5 大崩れせず耐えていた 26 クリバリ 5.5 失点場面はサラーにやられたが、それ以外はソリッドだった 6 マリオ・ルイ 4.5 非常に軽い対応でサラーに交わされ1失点目に関与 (→グラム 5.5) マリオ・ルイよりは効果的に攻撃に絡んだ MF 7 カジェホン 5.0 守備に追われた。79分のチャンスを決めたかった 5 アラン 5.0 珍しく球際で負けていた 17 ハムシク 5.0 相手の中盤に押され続けた 8 ファビアン・ルイス 5.0 攻撃面でもっと仕事をしたかった (→ジエリンスキ 5.0) 違いを生めなかった FW 24 インシーニェ 5.0 守備を献身的にしていたが、ボールが来なかった 14 メルテンス 5.0 ファン・ダイクのタックルを足首に受けた影響か、ほぼ何もできず (→ミリク 5.5) 最後のチャンスを決めていれば… 監督 アンチェロッティ 5.5 完敗の内容。ただ、厳しいグループで最後まで可能性を残したことを評価 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サラー(リバプール) ▽ハードワークを続けたミルナーも素晴らしかったが、決勝点を決めたサラーを選出。直近の試合でハットトリックした勢いを持ちこんだ。 リバプール 1-0 ナポリ 【リバプール】 サラー(前34) 2018.12.12 07:07 Wed
twitterfacebook
thumb

サラー弾のリバプール、ナポリを圧倒して逆転での2位通過!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC最終節、リバプールvsナポリが11日に行われ、1-0でリバプールが勝利した。この結果、リバプールが2位での決勝トーナメント進出を決めている。 ▽前節パリ・サンジェルマン戦を1-2と落として2連敗となり3位転落となったリバプール(勝ち点6)は、逆転での決勝トーナメント進出のためには1-0の勝利か、2点差以上での勝利が必要な状況。そのリバプールは4-0と快勝した3日前のボーンマス戦のスタメンから3選手を変更。マネやヘンダーソン、アーノルドらがスタメンに戻った。 ▽一方、前節ツルヴェナ・ズヴェズダ戦を3-1と快勝した首位ナポリ(勝ち点9)は、0-1以外の1点差での敗戦でも突破できる中、4-0と圧勝した直近のフロジノーネ戦のスタメンから7選手を変更。温存されたメルテンスやカジェホン、GKオスピナらがスタメンに戻った。 ▽オープンな展開で立ち上がっていった一戦。リバプールは7分にサラーが、ナポリは8分にハムシクがそれぞれ決定的なシーンを迎えるも決めきれない。それでも、9分にミルナーのヘディングシュートでゴールに迫ったリバプールが攻勢を強めていく。 ▽22分にはアーノルドの右クロスをマネがボレーで合わせてネットを揺らすも、わずかにオフサイド。それでも34分、ミルナーのスルーパスを受けたサラーがマリオ・ルイとクリバリを立て続けに交わしてボックス右深くまで進入。右足でGKオスピナの股間を抜くシュートを決めきって先制した。 ▽1-0のまま終われば勝ち抜けとなるリバプールは、ハーフタイムにかけてもナポリに何もさせず、前半を終えた。 ▽迎えた後半開始6分、リバプールはショートカウンターからサラーがボックス右に侵入してシュートに持ち込む決定機を演出。そのリバプールが引き続きナポリを圧倒していくと、57分にフィルミノがヘディングシュートで、61分にヘンダーソンがミドルシュートで追加点に迫っていく。 ▽防戦一方のナポリは67分にメルテンスを諦めてミリクを、さらにマリオ・ルイに代えてグラムを投入。1-0での逃げ切りを狙って自陣に引き始めたリバプールに対し、ナポリが圧力をかけていく展開となる。 ▽しかし、リバプールは74分にサラーがスルーパスに抜け出してGKと一対一となれば、77分にもロングカウンターの流れからマネがシュートと牽制。 ▽いずれもGKオスピナのファインセーブで凌いだナポリは、79分にビッグチャンス。インシーニェの左クロスをファーサイドのカジェホンがシュート。しかし、枠の上に外してしまった。そして追加タイム2分のミリクのシュートをGKアリソンが防いで1-0で試合を締めたリバプールが逆転での2位通過を決めている。一方、敗れたナポリはPSGがツルヴェナに勝利したため3位に転落し、ヨーロッパリーグへ回ることとなった。 2018.12.12 07:06 Wed
twitterfacebook
thumb

「リバプールが翻意した」リヨン会長が突如破談したフェキルの移籍交渉舞台裏を告白

リヨン会長のジャン=ミシェル・オラス氏は、ナビル・フェキルのリバプール移籍が破談した舞台裏について明かした。<br><br>今夏、ワールドカップのフランス代表メンバーに名を連ねていたフェキルは、大会前にリバプール移籍に大きく近づく。一部では再三合意報道が出回ったが、残りわずかの段階で破談。フランス代表FWが膝に問題を抱えており、その影響でメディアカルチェックをパスできなかったとも報じられていたが、どうやら事実は異なるようだ。<br><br>10日、『RMC』に対してオラス会長はフェキルの移籍が破談した原因について口を開いた。「最終段階になって、移籍に合意していたリヨンとリバプール間だけではなく、選手側も含めて合意には至らなかった。リバプールに心変わりがあったことも事実だ。ナビルはワールドカップに行かなくてはならなかったからタイトなスケジュールだったこともあり、交渉を打ち切ることを決めた。ナビルも納得した」<br><br>「(メディカルチェックをパスできなかったという破談理由は)リバプール側が利用した言い訳の1つであると思う。しかし、私個人としてはそれが本当の理由だとは思えない」<br><br>また、オラス会長はフェキルが今でも他のクラブから関心を持たれていることを認めるも、1月の移籍市場で放出する可能性はほとんどないと強調した。「フェキルが冬に退団するかって? 彼が出たがっているとは思わない。特にチャンピオンズリーグのグループリーグを突破した場合にナビルが出て行くことを想像できない」<br><br>「仮に彼が移籍を望むなら、再び他のクラブと交渉することになるだろう。しかし、1月に彼が出て行くことは考えられない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 22:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース