鎌田大地がフランクフルトの売却候補に?2018.05.25 21:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトに所属するMF鎌田大地(21)に移籍の可能性が浮上した。ドイツ『hessenschau』が報じている。

▽鎌田は2017年夏、サガン鳥栖からフランクフルトに移籍。来シーズンからバイエルンを率いるニコ・コバチ監督の下、プレシーズン当初こそ順調な滑り出しを見せたものの、シーズンが進むに連れて序列が落ち、ベンチメンバーにすら入れない状況となり、最終的に公式戦わずか4試合の出場と苦戦した。

▽伝えられるところによれば、その鎌田は現時点でMFダニー・ブルーム(27)、MFマルク・シュテンデラ(22)、MFアマネ・バルコク(20)と共に、来シーズンからフランクフルトの指揮を執るアディ・ヒュッター監督(48)の構想からも外れている模様。DFBポカールを制したクラブにとって、新シーズンに向けた補強を画策する傍ら、その4名を売却候補としてみなしているという。

コメント

関連ニュース

thumb

長谷部誠、今季リーグ戦初先発も勝利逃し「結果には満足できない」

フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠は、ドローに満足しない姿勢を示している。ドイツ『sge4ever』が報じた。<br><br>フランクフルトは22日、ブンデスリーガ第4節でRBライプツィヒと対戦。長谷部は今シーズンのリーグ戦で初の先発出場を飾ったが、試合は1-1のドローに終わった。ボランチとしてフル出場した長谷部は「もちろん結果には満足していません」と話し、このように続けている。<br><br>「前半はとても良かったですが、後半は少し苦労しました。最終局面で決定的なチャンスを作ることはできましたが、それを活かせませんでした。それを決めていれば、3ポイントを獲得できていましたね」<br><br>また、アディ・ヒュッター監督は「両チーム最後まで勝利を目指したが、ドローに終わった」とシンプルに試合を振り返っている。<br><br>ここまでリーグ戦で1勝と、13位につけるフランクフルト。いまだヒュッター監督の下で明確なスタイルを見つけることができておらず、ポイントの獲得に苦労しているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.24 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部がリーグ戦初先発のフランクフルト、ライプツィヒに追いつかれドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、フランクフルトvsライプツィヒが23日に行われ、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽ここまで1勝2敗のフランクフルトは、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のマルセイユ戦では10人になりながらも2-1で勝利を収めた。その試合でフル出場した長谷部がリーグ戦初先発となった。 ▽一方、1勝1分け1敗のライプツィヒは、ELザルツブルクとの姉妹対決を2-3で敗れた。波に乗れない中、ザルツブルク戦で温存されたヴェルナーやフォルスベリ、ウパメカーノらが先発に戻った。 ▽EL出場チーム同士の一戦、長谷部が3バックの中央で先発したホームチームのフランクフルトがポゼッションを握る展開で立ち上がっていく。すると26分、ディフェンスライン裏を取ったヨビッチの右クロスにアラーがヘディング。これはGKグラーチのセーブに阻まれるも、ルーズボールに詰めたジェルソン・フェルナンデスが押し込んだ。 ▽ここから畳みかけにかかるフランクフルトは28分、ヨビッチが再びディフェンスライン裏を取ってシュートに持ち込むも、GKグラーチの好守に阻まれた。さらに30分、ヨビッチのヒールパスからボックス内に侵入したジェルソン・フェルナンデスがGKを強襲するシュートを浴びせたが、ゴールを割るには至らず1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、反撃を狙うライプツィヒが53分にPKを獲得する。フォルスベリの浮き球パスでボックス右に侵入したライマーがヘディングで折り返すと、コスティッチのハンドを誘った。このPKをフォルスベリが決めてライプツィヒが試合を振り出しに戻す。 ▽直後にもフォルスベリがボレーシュートでゴールに迫ったライプツィヒが攻勢に出る中、劣勢のフランクフルトは69分、ヨビッチに代えて負傷明けのレビッチを投入。 ▽そのフランクフルトが終盤にかけては攻勢に転じると、87分に決定機。しかし、コスティッチの左クロスにレビッチがダイレクトで合わせたシュートはGKグラーチの好守に阻まれ、1-1でタイムアップ。長谷部がリーグ戦初先発となったフランクフルトだったが、痛み分けに終わっている。 2018.09.24 03:09 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部と酒井宏の対決は実現せず、長谷部フル出場のフランクフルトが10人になりながらもマルセイユに逆転勝利《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループH第1節、マルセイユvsフランクフルトが20日に行われ、1-2でフランクフルトが勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はベンチ入りも出場せず、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽ラツィオ、アポロン・リマソルが同居するグループH。昨季EL準優勝でリーグ・アン4位のマルセイユと、昨季DFBポカール優勝のフランクフルトの一戦。マルセイユの酒井がベンチスタートとなった一方、フランクフルトの長谷部がDFLスーパーカップ以来となる先発となった。 ▽長谷部が[4-3-3]の右インサイドMFでスタメンとなった試合は、開始3分に動く。B・サールのパスを受けたトヴァンが右サイドゴールライン際から折り返し、オカンポスがボレーで合わせ、マルセイユが先制した。 ▽6分にラミが足を負傷してプレー続行不可能となったマルセイユはグスタボを投入。そのマルセイユが流れを引き寄せると、9分にジェルマンがヘディングシュートを浴びせるもGKトラップの好守に阻まれる。 ▽さらに29分、相手のバックパスが短くなったところをジェルマンがカットしてGKと一対一となったが、シュートはトラップにセーブされてしまう。一方的な展開としていたマルセイユは40分、パイエの右足アウトにかけた絶妙パスに反応したボックス右のトヴァンがシュートに持ち込むも、GKトラップにセーブされ、前半を1点のリードで終えた。 ▽後半からガシノビッチに代えてN・ミュラーを投入したフランクフルトは、52分に試合を振り出しに戻す。右CKからニアのルーカス・トロがヘディングシュートを決めた。 ▽レアル・マドリーから移籍のルーカス・トロの加入後初ゴールで同点としたフランクフルトだったが、59分にヴィレウムスがパイエを削って2枚目のイエローカードを受け、退場となってしまった。 ▽退場後、デ・グズマンに代えてファレットを投入したフランクフルトは、[4-4-1]で対応。そのフランクフルトは劣勢の中73分、N・ミュラーがプレを強襲するシュートを浴びせてけん制した。 ▽終盤にかけても自陣に引いたフランクフルトがマルセイユの攻撃を凌ぐと、89分に逆転ゴールが生まれる。相手のミスパスをカットした流れから左サイドのファレットのクロスを受けたボックス内のヨビッチが右足でシュートを突き刺した。 ▽これが決勝点となって2-1でタイムアップ。10人となったフランクフルトが劇的な逆転勝利を収めている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 03:48 Fri
twitterfacebook
thumb

アルカセルのブンデスデビュー弾など3ゴールを奪ったドルトムントがフランクフルトを撃破! 香川と長谷部は共に出場せず…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第3節のドルトムントvsフランクフルトが14日に行われ、3-1でドルトムントが勝利した。ドルトムントの日本代表MF香川真司はベンチ外。フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽開幕から無敗のドルトムントが、前節AT弾で敗戦を喫したフランクフルトをホームに迎えた一戦。前節のハノーファー戦をゴールレスで終えたドルトムントは、その試合からヴィツェルに代えて今季初スタメンとなるヤコブ・ラーセンを起用。また、今夏にバルセロナから加入したアルカセルが初のベンチ入り、香川はベンチ外となった。 ▽一方のフランクフルトは、前節のブレーメン戦からスタメンを3人変更。ニコライ・ミュラーやサルセド、ヴィレムスに代えてファビアン、ファレット、エンディカを起用。長谷部が今季リーグ戦初のベンチ入りとなった。 ▽立ち上がりからボールを保持するドルトムントは、9分にピシュチェクの右クロスからニアに走り込んだM・フィリップがゴールに迫るも、シュートは枠を捉えられず。攻め切れない展開が続くドルトムントは26分、相手の鋭いカウンターからファビアンにボックス付近まで攻め込まれる。 ▽その後も主導権を握り切れないホームチームだったが、36分にセットプレーから先手を取る。ヴォルフの左CKをゴール前に走り込んだディアロがヘディングシュート。一度は相手GKに阻まれたが、再びディアロがゴールに押し込んだ。 ▽迎えた後半も立ち上がりから一進一退の展開となる。すると、フランクフルトのヒュッター監督はジェルソン・フェルナンデスとファビアンを下げてデ・グズマンとヨビッチを投入。対するドルトムントは、67分にM・フィリップを下げてアルカセルをピッチに送り出した。 ▽すると、この交代で功を奏したのはフランクフルト。68分、デ・グズマンのロングスルーパスが相手DFに引っかかると、このロストボールをボックス右付近で拾ったダ・コスタのクロスをアラーが上体を倒しながらのボレーシュートで流し込み、同点に追いついた。 ▽同点弾を許したドルトムントは、69分にデラネイを下げてヴィツェルを投入。すると、72分にヴィツェルのサイドチェンジを受けたサンチョがボックス右から仕掛けると、鋭い切り返しで相手DFをかわしクロス。これをファーサイドで受けたヴォルフがワントラップからシュートをゴールに突き刺した。 ▽勝ち越しに成功したドルトムントは、88分にもボックス右から仕掛けたサンチョの落としをアルカセルのダイレクトシュート。相手DFにディフレクトしたシュートはゴール左に突き刺さった。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。アルカセルのブンデスデビュー弾など3ゴールで完勝のドルトムントが、開幕からの無敗記録を継続している。 2018.09.15 05:40 Sat
twitterfacebook
thumb

長谷部誠、今季リーグ戦出場なしで「もちろん満足していない」…欠場は戦術的な理由とも

フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠は、ここまでの現状に満足していないようだ。ドイツ誌『キッカー』が報じた。<br><br>長谷部は今シーズンのリーグ戦で出場はなし。開幕前のドイツ・スーパーカップ、DFBポカール1回戦では最後方で先発したものの、ともに敗れている。ただし、出場機会が訪れていないのは結果が影響したものではない。<br><br>長谷部はブンデスリーガ第1節のフライブルク戦を風邪で欠場。さらに、第2節のブレーメン戦からアディ・ヒュッター監督は4-2-3-1の布陣に変更し、最後尾にはよりクラシカルなCBを置いた。長谷部はMFとみなされた上で、戦術的な理由によりベンチを外れることとなっている。<br><br>長谷部はこの現状に「満足していないですが、監督とはたくさん話をしていますし、問題はありません」としつつ、「フランクフルトでの4年間では常にスタメンだったので」とポジション奪取に意欲を燃やしている。<br><br>引退を発表したことで、日本代表からの招集がなかったことに関しては「12年間で移動がないこの時期というのは初めてでした」と新鮮な思いを口にしている。次節、フランクフルトはドルトムントと対戦するが、ヒュッター監督はどのような決断を下すことになるのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.09.11 06:26 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース