朗報! 宮市亮、前十字じん帯に問題なし! 「来季に向けて頑張ります!!」2018.05.25 13:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザンクト・パウリに所属する元日本代表FW宮市亮が負傷の診断結果を報告している。

▽2015年夏にアーセナルからザンクト・パウリに移籍した宮市は、加入直後に左ヒザ前十字じん帯を断裂。続く昨年6月末にも右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負った。そうした中、今年3月末にテストマッチで実戦復帰し、4月28日にはBチームの一員として昨年5月以来の公式戦出場を果たしたものの、13分に右ひざを負傷交代。その後のMRI検査で右ヒザ前十字じん帯を断裂した可能性が高いことが判明し、関節鏡での診査のために7日に帰国していた。

▽そんな中、宮市は25日にインスタグラム(ryo381)を更新し、検査の結果、前十字靭帯は断裂しておらず、炎症が起きていただけだったことを報告。来シーズンでの復活に向けて準備していくことを明かした。

「日頃から応援して下さる皆様、私事で毎度お騒がせしてすみませんが、日本での検査の結果、幸いなことに前十字じん帯は切れておらず、再建したじん帯の周りに少し炎症が起きていただけでした。沢山のメッセージ本当にありがとうございました! 来シーズンに向けて引き続き頑張ります!!」

コメント

関連ニュース

thumb

宮市亮が不死鳥のごとく完全復活! 1年4カ月ぶりの復帰戦でいきなり決勝弾を記録《ブンデスリーガ2部》

▽FW宮市亮の所属するザンクト・パウリは21日、敵地でブンデスリーガ2部第6節でインゴルシュタットと対戦し、1-0で勝利した。なお、宮市は70分に途中出場し、82分に今季初ゴールを記録した。 ▽3連敗中のザンクト・パウリと前節0-6の大敗を喫したインゴルシュタットの一戦は立ち上がりから拮抗した展開が続きゴールレスで後半に突入する。迎えた後半、流れを変えたいアウェイチームは70分、2度の右ヒザ前十字じん帯断裂で長期離脱が続いていた宮市を約1年4カ月ぶりにピッチへ送り出す。 ▽すると、77分に相手が退場して数的優位を手にしたザンクト・パウリは82分に先制点を奪う。ゼヒルのロングフィードが相手最終ラインの裏に出ると、これに絶妙なタイミングで飛び出したのは宮市。自慢の快足を飛ばしてDF2枚を振り切ると、最後は飛び出したGKより先にバウンドしたボールを頭で合わせ、無人のゴールへ流し込んだ。 ▽そして、不死鳥のごとく蘇った宮市の復帰弾を守り切ったザンクト・パウリは敵地で1-0の勝利を収め連敗をストップした。 ▽なお、2016年5月15日のカイザースラウテルン戦以来、約2年4カ月ぶりとなるゴールを記録した宮市だが、奇しくも21日開催の明治安田生命J3リーグ第24節、ザスパクサツ群馬vsグルージャ盛岡では実弟であるFW宮市剛の決勝点によって盛岡が1-0で勝利していた。 2018.09.22 03:56 Sat
twitterfacebook
thumb

宮市亮は宿敵とのダービーに間に合う? ザンクト・パウリ監督「あと1~2試合をこなせば…」

ブンデスリーガ2部に所属するザンクト・パウリのFW宮市亮は先日のテストマッチで1ゴールを決めてアピール。マルクス・カウチンスキ監督はドイツ紙『ビルト』で、まだ自身の下でプレーしたことがない日本人ウィングを公式戦でも起用する可能性を示唆した。<br><br>2015年にアーセナルから加わって以降、両ひざの前十字じん帯を断裂するなど長期離脱を繰り返した宮市だが、コンディションを上げてきたようだ。2軍にあたるU-23チームでも2試合にフル出場を果たし、6日には4部FSVフランクフルトとの練習試合にも左ウィングでスタート。すると、16分には右ウィングのトルコ人FWジェン・シャヒンからのクロスに頭で合わせて、チーム2点目をマークした。宮市は、72分までプレーして2-1の勝利に貢献するなど、存在感を見せている。<br><br>昨年12月からザンクト・パウリで指揮を執っているカウチンスキ監督も同選手の復帰を喜んでいる。テストマッチで好調なプレーを見せた宮市とシャヒンのプレーについて、「彼ら2人から良い印象を受けた」と語ると、ウィングにおけるポジション争いについて「タフな戦いとなるだろう」と、激化を歓迎する様子をうかがわせている。<br><br>トップでの最後の出場が昨年4月に遡る宮市についてはこのように続けた。<br><br>「彼のサッカーを見ていると、中期的には(ポジションを)勝ち取るだろうと思う。あと1~2試合をこなし、フィットネスが万全となればチャンスを与えるつもりだよ」<br><br>なお、ザンクト・パウリは30日に行われるブンデスリーガ2部第8節でハンブルガーSVとの7年ぶりのダービーが待っている。宮市はプライベートでも交流があるDF酒井高徳やFW伊藤達哉が所属する宿敵との対戦に間に合うかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.10 21:12 Mon
twitterfacebook
thumb

「正直、サッカー人生が終わったと思った」負傷時の心境を語る宮市亮、支えとなった存在は…

ブンデスリーガ2部のザンクト・パウリに所属するFW宮市亮は戦列に戻りつつある。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』で、重傷による精神的なダメージを乗り越えるにあたって支えとなった存在について明かした。<br><br>2015年夏にアーセナルからザンクト・パウリに渡った宮市は加入直後に左ヒザ前十字じん帯を断裂すると昨年6月末には今度は右ヒザの前十字じん帯を断裂。今年4月には2軍の試合で右ヒザを痛め、再び重傷を負ったと懸念されたが、後に負傷はより軽度であったことが判明した。<br><br>長期離脱を繰り返してきた宮市だが、「正直、サッカー人生が終わったと思いました」と右ヒザ前十字じん帯の再断裂の可能性を伝えられたときの心境を告白。だが、そこから這い上がるにあたって、とある選手の存在が大きかったようだ。<br><br>宮市はグーグルを通じて同じくブンデスリーガ2部でプレーするボーフムのDFパトリック・ファビアンについて知ったという。「勇気づけられました。自分に『僕にもそれができる』と言い聞かせましたね」とヒザ十字じん帯の断裂を4回経験したにも関わらず今でも現役生活を続けている30歳のストーリーに試練を乗り越える力を与えられたことを明かした。<br><br>なお、宮市は6日に行われた4部FSVフランクフルトとのテストマッチに先発出場し、72分までプレー。2-1で勝利を収めた中で、16分に決勝弾をマークした。すでにU-23チームで2試合にフル出場を果たしているウィングは再びトップチームの公式戦に出場する日も近いようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.08 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

戦列復帰が迫る宮市亮、地元紙でHSVとのダービーに言及「高徳さんとは友達ですが…」

ブンデスリーガ2部のザンクト・パウリに所属するFW宮市亮は、トップチームでの公式戦復帰が迫っているようだ。地元紙『ハンブルガー・アーベントブラット』が伝えている。<br><br>ひざの十字じん帯の断裂など重傷を負い、長期離脱を繰り返してきた宮市。しかし、ここ数週間では、2軍にあたるU-23チームの一員として2試合にフル出場を果たし、トップチームの戦列に復帰する日も見えてきた。マルクス・カウチンスキ監督も先日、大きな期待を口にしたと伝えられるウイングは笑顔で地元紙の取材に応じ、心境を語った。<br><br>「1年前は病院のベッドに縛り付けられていた状況でしたが、今は再びサッカーをプレーしています。もう言葉はないですね。最初はキャリアが終わったとも考えましたけど、そこから戻れることを信じるようになりました。グーグルで何度も十字じん帯を断裂しても戻ってきた選手の例を検索し、それが支えになりましたね」<br><br>ザンクト・パウリは6日にFSVフランクフルトとのテストマッチを予定。昨年5月にトップチーム最後の公式戦に出場した宮市はこのように続ける。<br><br>「あれからもうだいぶ時間が経ってしまいましたからね。カムバックに関してはまだ具体的な日付を設定していませんし、自分を追い込むようなことはしていません。U-23の試合に出場して、疲れも相当ありましたけど、今は1分でも多くの出場が前進につながっていると思います」<br><br>宮市はもちろん、30日に行われる第8節、ハンブルガーSV(HSV)とのダービーでの出場を熱望。&ldquo;宿敵&rdquo;クラブに所属するDF酒井高徳やFW伊藤達哉について「僕たち3人は良い友達関係ですよ」と親しい仲であることを明かすと、「伊藤くんの成長ぶりはすごいですよね」とコメント。日本代表にも選ばれた若手への称賛の言葉を惜しまなかった。だが、右サイドバックの酒井とはマッチアップする可能性があるだけに、「高徳さんとは友達ですが、対戦となればピッチでやっつけなければいけませんね」と冗談を交えながら語った。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.06 22:13 Thu
twitterfacebook
thumb

宮市亮、復帰戦翌日の試合にも45分間出場…順調な回復ぶりに同僚も歓喜「本当にうれしい」

7日、ドイツ4部フレンスブルク戦とのテストマッチで実戦復帰を果たしたザンクト・パウリFW宮市亮は、8日にはデンマーク強豪ブレンビーとのプレシーズンマッチにも出場。試合後のコメントをドイツ紙『ビルト』が紹介した。<br><br>昨夏6月に右ひざの前十字じん帯を断裂で長期離脱を余儀なくされた宮市は、4月末の2軍のリーグ戦で公式戦復帰。その一戦では13分に右ひざを痛めた様子で負傷交代を強いられ、再び重傷を負ったことが懸念されていた。しかし、一旦帰国した宮市はインスタグラムで「幸いなことに前十字靭帯は切れておらず、再建した靭帯の周りに少し炎症が起きていただけでした」と報告。新シーズンに向けて6月25日に始動したクラブに戻り、数日間の個人練習を経て先日からはチーム練習を再開していたところだ。<br><br>そして、そんな宮市は7日の試合(6-1)で後半開始から45分間プレーし、実戦復帰を果たすと、翌日にコペンハーゲンで行われたブレンビー戦(0-3)にもハーフタイムから出場。試合後、『ビルト』に対して「プレーできてうれしいです。問題ないです。痛みも感じませんでした」とコメント。この試合ではセンターFWとして起用されたことについて「通常はウィングでプレーするので、僕の通常のポジションではなかったですね。なので、少し難しかったです。でも一生懸命やれました」と手応えをつかんだ様子で語った。<br><br>一方、マルクス・カウチンスキ監督は「我々はメニュー毎、ドキドキしていたので、まず彼に何もなかったことを喜んでいる」と安堵した様子をうかがわせつつ、「彼にとって、プレーするのは良いこと。今日の45分間もね。ミラクルを期待しているわけではない。彼は良い動きを見せてくれた」と言及。「スプリントや突破の最後の局面ではまだ足りない部分がある。だが、それは問題ない」と時間を与える構えを強調した。<br><br>チームメイトたちもまた、宮市がピッチに立っていることに歓喜を覚えている模様。DFフィリップ・ツィーライスは「リョウがプレーしていることを僕やほかのみんながどれだけ喜んでいるか、言葉すら見つからないよ。昨シーズン、彼が十字じん帯を断裂したといったニュースには、ショックを受けたね。でも彼のプレーする姿を見れることを、僕たちは本当にうれしく思っている。みんなリョウがどれほど苦しんできたのか知っているからね」とチームメイトの復帰への喜びを語った。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.09 18:50 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース