来季鹿島加入内定の順天堂大MF名古新太郎が特別指定選手に2018.05.25 13:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は25日、順天堂大学のMF名古新太郎(22)を2018年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先は、鹿島アントラーズとなる。▽名古は静岡学園高校から順天堂大学に進学。2016年から全日本大学選抜に選出されており、2017年にはユニバーシアード日本代表に選ばれて同大会の優勝に貢献している。

▽名古は3月1日に2019シーズンからの鹿島加入が内定。その際に同クラブは名古の特徴を「高い技術と戦術眼が持ち味。ゲームメイク能力に優れ、機を見て自ら得点も狙う」と紹介している。

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

シント=トロイデンDF小池裕太が鹿島に期限付き移籍加入

鹿島アントラーズは26日、DF小池裕太(22)がシント=トロイデン(ベルギー)から期限付き移籍で加入することを発表した。 アルビレックス新潟ユース出身の小池は、流通経済大学に進学した後、2016年には特別指定選手として鹿島アントラーズでプレー。昨年夏にシント=トロイデンに移籍した。2017年のユニバーシアード日本代表にもメンバー入りした経歴を持つ。今シーズンは、リーグカップ1試合の出場に留まっている。 小池は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆DF小池裕太 「シント=トロイデンVVから加入することになりました小池裕太です。またこの素晴らしいクラブでプレーできることを、嬉しく思います。鹿島アントラーズの勝利に貢献できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2019.03.26 10:16 Tue
twitterfacebook
thumb

昌子源、後輩の安西幸輝に熱いエール!「堂々とやっている姿はチームの刺激になる」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 チームの中心選手となったトゥールーズDF昌子源は、古巣鹿島アントラーズから唯一の招集および初招集となった安西幸輝や、同クラブで同僚だった西大伍について語ってくれた。 ◆昌子源(トゥールーズ/フランス) ──鹿島アントラーズで一緒にプレーした安西幸輝選手について 「(安西)幸輝は初めて呼ばれたから縮こまるんじゃなく、自分の良さを全面に出すべきだと思う。その結果ミスしても問題ないと思うし、周りに何を言われても気にする必要は無い。そういう風にやって欲しいなと」 「僕もこの間の試合ではスライディングだったりファルカオの対応だったりで、もちろんミスはあったかもしれないけど、そうやって掴んでいくものだと思う」 「(西)大伍君は試合の流れを読むのが得意で常に冷静で。時には攻撃の組み立てに参加したり、時には後ろで守ってくれたりしてくれるけど、幸輝の良さは絶対推進力。間違いなく前の選手を助けられる選手」 「僕も何度か経験ありましたけど、鹿島から一人なので、鹿島のチームメイトは見てると思う。幸輝が堂々とやっている姿はチームの刺激になる。そういう影響力がある舞台が代表だと思うので」 2019.03.25 21:49 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島DFチョン・スンヒョン、右ハムストリング損傷で韓国代表離脱…《国際親善試合》

韓国サッカー協会(KFA)は21日、鹿島アントラーズに所属するDFチョン・スンヒョンが右ハムストリング損傷のため同国代表を離脱することを発表した。なお、追加招集はしないことも併せて伝えている。 また、鹿島アントラーズは「今後については帰国後、チームドクターの再検査を受ける予定です」と説明している。 チョン・スンヒョンは2018年7月にサガン鳥栖から鹿島アントラーズに加入。今シーズンはここまで公式戦6試合に出場していた。 韓国代表は22日にボリビア代表と、26日にコロンビア代表と対戦する。 2019.03.21 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

代表初招集の安西幸輝、「攻撃姿勢」と「フレッシュさ」でアピール!《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、2日目のトレーニングを行った。 所属先の鹿島アントラーズで攻撃的な左サイドバックとして存在感を際立たせ、初のA代表入りを果たしたDF安西幸輝。トレーニング終了後、メディア陣の囲み取材を受け、代表定着に向けて持ち味の「攻撃姿勢」と「フレッシュさ」でアピールすることを誓った。 ◆安西幸輝(鹿島アントラーズ) ──レギュラー争いに入っていくためには? 「自分の特長はやっぱり攻撃。アグレッシブにやるところだと思っています。そこを全面に出していきたいです。正直、経験はないけど、その分、フレッシュさはあるので、まずは試合に出て結果を出すことが大事になってくると思っています」 ──森保ジャパンにおける左サイドバックに求められるプレーの印象とは 「コンパクトな陣形からどんどん飛び出していくサッカーという印象。中盤(2列目)の3人がどんどん前に行くので、それを追い越す動きが求められてくるのかなと思っています」 ──気持ちの高ぶりは? 「サッカーのうまい人たちとやるなかで、『試合に出て、活躍したい』という気持ちがあります。あまり興奮し過ぎると、プレーもうまくいかなくなるので、冷静な気持ちでやっていきたいです」 ──代表選手の実感は? 「あまりないですね。顔なじみがいっぱいいるので。やっぱり香川(真司)さんや乾(貴士)さんとか、一緒にプレーしたことのない選手の高いクオリティにビックリしました」 「あれが『基準』だということは誰しもがわかっていると思うので、そういうところに負けないように、やっていきたいです」 2019.03.19 20:03 Tue
twitterfacebook
thumb

伊藤翔が公式戦2試合連続2ゴール! 鹿島、札幌を3発で下し今季初のリーグ戦連勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第4節の北海道コンサドーレ札幌vs鹿島アントラーズが17日に札幌ドームで行われ、3-1で鹿島が勝利した。 ここまで2勝1敗の4位・札幌(勝ち点6)と、1勝1分け1敗の8位・鹿島(勝ち点4)が激突した。前節、清水エスパルスとのホーム開幕戦を5-2で勝利し、連勝を飾った札幌は、その一戦と同様の先発メンバーをピッチに送り込んだ。また、日本代表初選出の鈴木は、最前線を務めた。 一方、前節の湘南ベルマーレ戦を1-0で勝利した鹿島は、ミッドウィークのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第2節で山東魯能と2-2で引き分けて公式戦4試合無敗。札幌戦に向けては山東魯能戦から先発メンバーを6人変更した。チョン・スンヒョン、三竿、セルジーニョらに代えて内田、安部、土居らを起用した。また、日本代表初選出となった安西は、左サイドバックで先発した。 試合は6分、連勝中と勢いに乗るホームの札幌がいきなりゴールを脅かす。福森のクロスに鈴木が飛び込むが、ここは相手DFにクリアされる。こぼれ球を拾った菅がボックス右から左足でシュートを放つも、ここはGKクォン・スンテにキャッチされた。 このまま札幌ペースで試合が進むかと思われたが、12分にアウェイの鹿島が一瞬のスキから先制点を奪う。中盤でボールを持ったレオ・シルバが前線へスルーパス。これに伊藤が反応し、相手DFに先にボールを触られたが、体を張ってブロックしてそのままゴールへ持ち込む。最後は飛び出したGKク・ソンユンをあざ笑うループシュートで鹿島が先制に成功する。 このゴールで伊藤が勢いに乗る。23分、後方からハーフウェイライン付近左でロングパスを受けた安西がドリブルを開始する。対峙した相手を一人交わし、ボックス左手前まで持ち込むと、タイミングを見計らってボックス内へスルーパス。最後は巧みな抜け出しを見せた伊藤が左足トゥーキックでGKク・ソンユンの股を射抜いた。鹿島がリードを2-0に広げた。 2点を追う札幌も攻勢に転じる。42分、チャナティップのパスを受けた深井がボックス左外からクロス。ファーサイドの鈴木が折り返し、ゴール前のアンデルソン・ロペスがヒールシュートを放つも、これは惜しくも枠を捉えられず。45分にも菅からパスを受けた鈴木がボックス手前からミドルシュートを放つが、相手に当たってわずかにゴール左外へと外れた。 後半に入ると、札幌は代表初選出の鈴木をターゲットに反撃。しかし、鹿島のディフェンスを崩すことはできない。 すると鹿島が3点目を奪いにかかる。60分、ボックス左手前で安西がボールを拾い、ボックス内の永木がボックス左へパスを送る。これを受けたレオ・シルバがカットインから右足を振り抜いたが、シュートはわずかにゴール左外へ。さらに68分、ボックス右外でFKを獲得し、キッカー永木のクロスをファーサイドの犬飼が折り返す。最後は伊藤が飛び込むも枠を捉えることはできない。 それでも攻勢を続ける鹿島は76分、カウンターから味方のパスに右サイドを突破したレアンドロがフリーでボックス内に持ち込む。カバーに入った相手DFを冷静にかわすと、GKク・ソンユンとの一対一を制した。 一矢報いたい札幌は86分、福森の左CKをファーサイドの鈴木がヘディングシュート。これをゴール前に待ち構えていたアンデルソン・ロペスが逸らして1点を返した。しかし、反撃はここまで。 伊藤の公式戦2試合連続2ゴールとレアンドロの今シーズン初ゴールで勝利した鹿島がリーグ戦初の連勝を飾った。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad">★伊藤翔のらしいチップキック! <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=wu0k6pvsxeci1v2bk30q4i4mu" async></script> </div> 2019.03.17 16:05 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース