バレンシアのFWゲデス買取費用は64億円? 2018.05.25 13:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアがレンタル加入中のポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)をパリ・サンジェルマン(PSG)から買い取るためには、5000万ユーロ(約64億円)を工面する必要がありそうだ。フランス『レキップ』の情報を基にスペイン『アス』が伝えた。

▽ゲデスは、昨年の冬に移籍金3000万ユーロ(現在のレートで約38億円)でベンフィカからPSGに移籍。出場機会確保のため昨年9月にバレンシアにレンタル加入すると、序盤から目覚ましいパフォーマンスを披露して今シーズンは公式戦38試合6ゴール11アシストの数字を残し、クラブのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献した。

▽当然ながら、バレンシアはチームに完全にフィットしたゲデスの獲得を早くから画策。PSG側もファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反の回避を目指しており、幾人かの選手の売却を迫られている状況のため、利害関係は一致している。

▽しかし、PSGはワールドカップでの活躍次第でゲデスに8000万ユーロ(約103億円)の市場価値が生じると目論んでいるようで、この金額はバレンシアの想定よりも相当に高いものだ。

▽とはいえ、PSG側も良好な関係を崩したいとは考えていないようで、バレンシア側の提示しようとしている4000万ユーロ(約51億円)から交渉の席に座る構えである模様。バレンシア側も最終的には5000万ユーロ(約64億円)での決着を見込んでいるであろうことを、『アス』は伝えている。

コメント

関連ニュース

thumb

ファビーニョが“親友”ムバッペをリバプールに勧誘?「今季はPSGでプレーすると話したけれど…」

リバプールのファビーニョは、モナコ時代のチームメイト、キリアン・ムバッペと再び同じチームでプレーすることを望むと明かした。<br><br>ワールドカップのブラジル代表のメンバーから外れたファビーニョは今夏、2013年からプレーするモナコを離れ、4500万ユーロ(約57億円)でリバプールに移籍。新天地での活躍が期待される同選手は、ロシアでの大会でフランス代表の戴冠に貢献したムバッペとアンフィールドで一緒にプレーしたいと考えているようだ。<br><br>「彼はすでに新シーズンもパリ・サンジェルマンでプレーすると話したが、僕は彼がここにやって来るように説得しようと考えている」<br><br>2016-17シーズン、ファビーニョとムバッペはモナコの17年ぶりのリーグ・アン制覇やチャンピオンズリーグでのベスト4進出など、快進撃の中軸としてチームに貢献。その後、フランス代表FWはパリ・サンジェルマンへと引き抜かれたが、両選手は依然として良い関係を保てているようだ。<br><br>「僕がリバプールに移籍したとき、キリアンは祝福のメッセージを送ってくれた。残念ながら僕には彼のワールドカップでの活躍を祝うチャンスはなかった。フランスが成し遂げたことはファンタスティックで、この2年間ムバッペがプロ選手としてやってきたことも素晴らしい限りだ。チャンスがあれば早いうちに彼を祝福したいね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.21 16:26 Sat
twitterfacebook
thumb

ブッフォン加入のPSG、GKコーチもイタリア人に

▽ユベントスを退団したGKジャンルイジ・ブッフォンを獲得したパリ・サンジェルマン(PSG)が、GKコーチにジャンルカ・スピネッリ氏を迎えたことを発表した。 ▽スピネッリ氏は2014年からイタリア代表でコーチを務めており、すでにブッフォンを指導した経験がある人物。最近までアントニオ・コンテ氏のスタッフとして、チェルシーでGKコーチを務めていた。 ▽チェルシーの守護神ティボー・クルトワが信頼を寄せたというGKコーチは、PSGのGK陣をレベルアップさせられるだろうか。 2018.07.21 05:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ご本人登場! “ネイマールチャレンジ”が大盛り上がり

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、自らを揶揄する“ネイマール・チャレンジ”をネタにしている。自身インスタグラム(neymarjr)上に投稿した内容が、スペイン『マルカ』に報じられた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)に、ブラジル代表のエースとして臨んだネイマール。大会前には“ネイマールの大会”になるのではないかとも議論されていたが、チームを頂きまで導くことはできず。ベルギー代表に敗れてベスト8で姿を消した。 ▽ネイマールは今大会で2ゴールを記録していたが、国民の期待を満たすことはできず。活躍した場面ではなく、相手と接触した際の審判への過剰なアピールが多く取り上げられ、SNS上には“ネイマール・チャレンジ”と題した叫びながら床を転げ回る動画が溢れている。 ▽当然ながら、そういった動画はネイマールのプレーを揶揄したものであり、選手当人であれば不快に思うようなものだろう。しかし、ネイマールは自ら“ネイマール・チャレンジ”を行い、自身のインスタグラムに動画を投稿した。 ▽動画の中では、子供の集団と共に本人が登場。ネイマールが「飛んで! ヒット! ファール! 」と叫び、子供たちが床を転げ回る様子が撮影されている。その内容を満面の笑みでやり通しているネイマールは、やはり通常とはかなり異なるメンタルを有しているに違いない。 ▽なお、『マルカ』によれば、ネイマールはW杯で14分以上の時間をピッチで転げ回ることに費やしていた模様。PKやFKを貰うために選手が過剰に倒れ込むことは多々あるが、演技であることがこれだけ公となっているネイマールが大げさな演出をする意味は、果たしてどこにあるのだろうか。 2018.07.20 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール、PSG残留を高らかに 「僕は残る」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)が残留を宣言した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽現フットボール界におけるベストプレーヤーの1人として注目を集めるネイマール。昨夏にPSG入りを果たしたばかりだが、今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに手放したレアル・マドリー行きの噂が後を絶えない。 ▽しかし、ロシア・ワールドカップ後初めて公の場に登場したネイマールは、『Fox Sports』のインタビューで去就について次のように応えたという。 「僕は残る。PSGとの契約もあって、新しい挑戦や高い目標のために、ここを選んだ。移籍なんて考えていない。成功することしかね。次から次に噂が飛び交っているけど、周りのみんなは僕がどれほどPSGのことを考えているのかを知っている」 2018.07.20 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ、年俸13億円でPSGと個人合意か…

▽ミラン退団の可能性があるイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(31)がパリ・サンジェルマン(PSG)と個人合意に至ったようだ。イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えた。 ▽昨夏にユベントスからミランに加わり、キャプテンシーとプレーでチームの根幹を担ったボヌッチ。どうやら以前から移籍先候補として有力視されているPSG行きが実現しようとしているようだ。 ▽『コリエレ・デロ・スポルト』よると、ボヌッチの代理人を務めるアレッサンドロ・ルッチ氏はPSGの首脳陣と会談を行い、年棒1000万ユーロ(約13億円)で基本合意したという。現在は、ミラン側がPSGから移籍金4000万ユーロ(約52億円)の獲得オファーを待っている状態のようだ。、 ▽なお、ボヌッチにはPSGのほかにマンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、チェルシーのプレミアリーグ勢が関心を示しているとみられる。 2018.07.20 00:50 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース