マスクの暴漢がリバプールサポ襲撃…2018.05.25 11:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールのサポーターが、何者かの襲撃に遭ったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。▽26日に行われるチャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリー戦に先駆けて、リバプールのサポーターたちは決戦の地・キエフに前乗り。市内中心部のレストランで食事をしていたところ、事件が起こったという。

▽『マルカ』によると、突如として20名ほどのマスクを付けた集団がリバプールサポーターのグループに攻撃。市内には警察の厳重な警戒があったが制止が間に合わなかったようで、椅子やグラスが投げつけられ負傷する事態にまで発展した。

▽試合当日には暴漢対策が行き届く見込みだと、『マルカ』は伝えている。しかし、襲撃者たちの詳細は報じられておらず、不安の残る中での大舞台となるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

ラビオ争奪戦が再加熱…イングランド勢も参戦へ

リバプールとチェルシーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)に関心を寄せているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 今シーズン限りでPSG退団が決定的なラビオに関しては、今夏にフリーでのバルセロナ加入が盛んに報じられている。しかし、PSGは少しでも移籍金を得るために安価でも売却に応じる可能性があると各紙から報じられている。 そこで、今回伝えられているのが、アーセナルやリバプール、そしてチェルシーだ。中でも、元スペイン代表MFセスク・ファブレガスをモナコに売却したチェルシーは、その後釜としてフランス代表MFに熱視線。PSGが要求しているとされる1350万ポンド(約19億円)と、高額な年俸を支払うことにやぶさかでない模様だ。 バルセロナ行きの可能性が高いと報じられていたラビオだが、ここにきて様々なクラブからの関心が伝えられている。PSG退団は確実視される中、23歳プレーメーカーは新天地をどこに選ぶのだろうか。 2019.01.16 18:59 Wed
twitterfacebook
thumb

首位・リバプールに痛手…DFアーノルド、ブライトン戦強行出場で2週間離脱へ

リバプールに所属するイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが、ヒザを負傷したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 リバプールは12日、プレミアリーグ第22節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。試合は1-0で勝利したが、フル出場したアーノルドは試合前のウォーミングアップ時に負傷していたようだ。 これによりアーノルドはケガを悪化させることに。手術は必要ないものの、最低2週間は離脱することになりそうで、19日に行われる第23節のクリスタル・パレス戦と30日に行われる第24節のレスター・シティ戦は欠場することが決定的になっている。 現在リバプールでは、DFデヤン・ロブレンやDFジョー・ゴメスが負傷中。また、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムにも負傷の可能性が浮上している。 2019.01.16 09:10 Wed
twitterfacebook
thumb

現役最高のセンターバックは? ドイツ代表DFフンメルスが回答

バイエルンに所属するドイツ代表DFマッツ・フンメルスは、リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを「現役最高のセンターバック」と考えている。<br><br>フンメルスは12日、自身の『ツイッター』でフォロワーからの質問に応じるQ&Aのサービスを実施。様々な質問に答えてサッカーファンを楽しませた。その中で、大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大好きなことなどを明かしたフンメルスは、「あなたはファン・ダイクが現役の世界最高センターバックだと思いますか?」という質問に対して、一言「そう思う」とコメントした。<br><br>フンメルスは、UEFAネーションズリーグのリーグAグループ1の第3節と第6節でドイツ代表としてオランダ代表と対戦。いずれの試合でもファン・ダイクとピッチ上で相まみえた。とりわけ、最終節では試合終了間際にファン・ダイクに同点弾を奪われ、ドイツは降格の憂き目に遭っていた。<br><br>そのほか、フンメルスはリバプールファンと思われる方からの「いつアンフィールドにやってきてくれますか?」との問いに対し、「2月19日」とコメント。移籍に関する話だったことと考えられるが、バイエルンがリバプールとチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16で対戦するアウェイ戦の日付を述べる機転の利いた返しを見せていた。<br><br>提供:goal.com 2019.01.13 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

「大きな、大きな勝利」リバプール公式戦3試合ぶりの勝利をクロップが喜ぶ

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、公式戦3試合ぶりの勝利を喜んだ。<br><br>12日に行われたプレミアリーグ第22節でリバプールは敵地でブライトン&amp;ホーヴ・アルビオンと対戦。0-0で迎えた50分、モハメド・サラーは自ら倒されて得たPKをきっちりと沈めてチームに先制点をもたらす。その後も試合を優位に進めたリバプールがこのまま1-0で勝利して、2位以下との勝ち点差を暫定で7に広げた。<br><br>3日のマンチェスター・シティ戦で今シーズンのリーグ戦で初黒星を喫したリバプールは、7日のFAカップ3回戦ウォルバーハンプトン戦にも敗れて公式戦2連敗中。そんな中、辛くも勝利を挙げたこの一戦をクロップ監督は試合後に振り返った。<br><br>「非常に難しい試合だった。大きな、大きな結果を手にできた。カウンターアタックを有効に使う守備が良く組織されたチーム相手に、我々は本当に成熟したパフォーマンスができていた。これを続けていかなくてはならない」<br><br>「前半を教訓にし、後半に特に良いプレーができていた。今日のパフォーマンスを気に入っている。フットボールのオペラではなかったが、それでも本当に良い音楽を奏でることができた」<br><br>また、この勝利で2位マンチェスター・Cや3位トッテナムにプレッシャーをかけることができたかと問われたクロップ監督は「何の意味も持たない。我々はできる限り全てのポイントを奪うだけだ。明日や月曜日には状況は変わっているはず。我々は我々の試合に勝利することだけを考えている」と主張した。<br><br>提供:goal.com 2019.01.13 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

サラーのしたたかなPK弾でリバプールが辛勝! 公式戦連敗ストップで2019年初白星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsリバプールが12日にアメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが1-0で勝利した。 2019年初戦となったマンチェスター・シティとの大一番を1-2で落とし今季リーグ戦初黒星を喫した首位のリバプール。さらに、主力を温存したFAカップではウォルバーハンプトンに敗れて今季初めての公式戦連敗となった。 バウンスバックが求められる13位のブライトンとのアウェイゲームに向けてはシティ戦から先発2人を変更。負傷のロブレンに代わってサイドバックの経験はあるものの、センターバックでのプレー経験は直近のウルブス戦が初めてだったファビーニョ、ミルナーに代わってシャキリが起用された。なお、負傷者続出のセンターバックではマティプがベンチに復帰した。 立ち上がりからボールを保持するリバプールだったが、マーレイを前線に残して9人が自陣で堅固な守備ブロックを構築する相手を前になかなか効果的な攻めを見いだせない。9分には左サイドの高い位置に侵入したロバートソンのグラウンダーの高速クロスにマネ、フィルミノと飛び込むが、わずかに合わない。 その後も中盤の低い位置やサイドを起点に相手守備攻略を目指すリバプールだが、中央をきっちり締める相手の守備をなかなかこじ開けられない。27分には右サイドへの流麗な展開からアーノルドが左足で精度の高いインスウィングのクロスを入れるが、シャキリのヘディングシュートはわずかに枠の左へ外れた。 その後も攻めあぐねる状況が続いたリバプールは結局ゴールレスで試合を折り返す。それでも、後半立ち上がりの47分にはマネのスルーパスに抜け出したサラーがボックス左から際どいシュートを放ちいきなり決定機を創出。すると、直後の50分にはボックス左から内に切り込んだサラーが後ろからグロスに手をかけられると、ここでややあっさりと倒れてPKを獲得。これを自らゴール右隅に突き刺して待望の先制点を奪った。 粘り強く守りながらもサラーの“巧さ”にしてやられたホームチームはここからリスクを冒して前に出る。サイドを起点に前線のマーレイにボールを集める中、58分には右サイド深くに侵攻したモントーヤのグラウンダークロスを中央のグロスがシュートするが、これはDFファビーニョのシュートブロックに遭う。さらに右サイドのモントーヤを起点に攻勢を強めていくが、前半同様に最後の場面で精度を欠く。 その後、ノッカール、アンドネを同時投入して前がかるブライトンに対して、リバプールはシャキリを下げてミルナーを送り込み試合を締めにかかる。そのリバプールはカウンターからフィルミノやサラー、マネらに幾度か決定的な場面が訪れるが、この日は対戦相手同様にフィニッシュの精度を欠く。それでも、試合終盤の相手のパワープレーを守備陣が身体を張った守りで凌ぎ切った。 サラーのしたたかなPKで辛勝のリバプールが公式戦の連敗をストップすると共に2019年初白星を手にした。 2019.01.13 01:58 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース