ボローニャがドナドーニ監督の退任を発表、3シーズン連続で残留に導く2018.05.25 05:21 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボローニャは24日、ロベルト・ドナドーニ監督(54)の退任を発表した。▽2015年10月にボローニャの監督に就任したドナドーニ監督は、3シーズン連続でチームを残留に導き、一定の結果を残していた。そのドナドーニ監督に対してジョーイ・サプート会長は次のように公式サイトでコメントした。

「私はドナドーニを優秀な監督と見ていた。彼とそのコーチたちはクラブへの献身さを持ち、重要な貢献を果たしくれた。だが、ここで3年を過ごし、サイクルが終わったと感じた。今後の彼のキャリアが最高のものであることを願っている」

▽なお、後任は現在セリエBのヴェネツィアで指揮を執り、セリエA昇格プレーオフを戦っているフィリッポ・インザーギ監督が濃厚とのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

今季ボローニャ就任のインザーギ監督、次節最下位・キエーボ戦未勝利なら解任か

▽ボローニャを率いるフィリッポ・インザーギ監督(45)が解任に危機に瀕しているようだ。『フットボールイタリア』が『コリエレ・ディ・ボローニャ』を引用して伝えた。 ▽今シーズンボローニャは、3シーズン連続でセリエA残留に導いたロベルト・ドナドーニ監督との契約満了を迎え、新たにインザーギ監督を招へい。2016-17シーズンには当時セリエCのヴェネツィアをセリエB昇格、2017-18シーズンには同チームを昇格プレーオフに導いたインザーギ監督だが、ボローニャでの今シーズンはセリエA第11節終了時点で、わずか2勝しか挙げられず17位に位置している。 ▽9月中旬にもリーグ4戦未勝利で解任の可能性が浮上したインザーギ監督。今回伝えられるところによると、11日に行われるセリエA第12節で最下位・ボローニャに勝利できなかった場合、同監督の解任の可能性が一気に高まることになるようだ。 2018.11.07 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

尊敬の念ゼロ…ラミがミラン時代の恩師インザーギを揶揄

▽マルセイユに所属するフランス代表DFアディル・ラミがミラン時代の恩師であるフィリッポ・インザーギ現ボローニャ監督を揶揄した。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ラミは、2014年冬から2015年夏までミランでプレー。インザーギ監督とは2014年夏から共闘したが、反りが合わず、2015年夏にセビージャに旅立った。 ▽現在32歳のラミは、フランス『レキップ』で将来的な指導者転身について問われると、不仲が取り沙汰されたインザーギ監督を痛烈に皮肉りながらその可能性を認めた。 「その考え(指導者転身)はあるよ。良い監督になるんじゃないかな。おそらくマルセイユじゃないかもだけどね」 「幸運なことに、僕は監督に恵まれてきた。ルディ(・ガルシア)、ディディエ・デシャン、ウナイ・エメリ、ローラン(・ブラン)、クラレンス・セードルフ…」 「彼らの姿を見ていて簡単な仕事じゃないと感じたよ。でも、フィリッポ・インザーギが僕にもできることを教えてくれた。彼に礼を言うよ」 2018.09.29 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ディバラの今季初弾などでユベントスが開幕6連勝《セリエA》

▽ユベントスは26日、セリエA第6節でボローニャとのホーム戦に臨み、2-0で快勝した。 ▽前節フロジノーネ戦をC・ロナウドのリーグ戦2試合連続ゴールで開幕5連勝としたユベントスは、週末にナポリ戦を控える中、フロジノーネ戦のスタメンから6選手を変更。マンジュキッチやキエッリーニ、GKシュチェスニーらをベンチスタートとし、GKペリンやバルザーリ、ベナティアらバックアッパーを起用した。 ▽前節ローマを下して今季初勝利を飾ったボローニャに対し、ボヌッチを3バックのセンターに据え、C・ロナウドとディバラの2トップでスタートしたユベントスは開始1分過ぎにカンセロのミドルシュートでオンターゲットを記録すると、11分に先制した。 ▽ボヌッチのロングフィードのルーズボールをボックス中央のマテュイディが右足でシュート。これはGKに弾かれるも、ルーズボールをボックス右のディバラが右足ボレーで押し込んだ。 ▽ディバラの今季初ゴールで先手を取ったユベントスは続く16分、ディバラの左クロスをファーサイドのC・ロナウドが折り返し、ゴールエリア左に詰めていたマテュイディが蹴り込んで追加点を奪い切った。 ▽2点をリードしたユベントスがその後も主導権を握ると、27分にはボックス右で仕掛けたC・ロナウドが枠内シュートを浴びせる。35分にはファルチネッリにコントロールシュートを打たれるも枠を外れ、前半を2点のリードで終えた。 ▽迎えた後半もペースを渡さないユベントスは、60分にカンセロがカットインシュートでGKを強襲すれば、79分のクレイチーの直接FKはGKペリンがセーブ。終盤の追加タイム2分にはC・ロナウドのお膳立てからジャンに決定機が訪れたが、GKスコルプスキの好守に阻まれ、2-0のまま勝利。開幕6連勝として次節ナポリとの大一番を迎えることとなった。 2018.09.27 06:17 Thu
twitterfacebook
thumb

低調ローマがピッポ・インザーギ率いるボローニャに今季初得点&初勝利献上…泥沼の公式戦5戦勝利なし…《セリエA》

▽セリエA第5節、ボローニャvsローマが23日にスタディオ・レナト・ダッラーラで行われ、ホームのボローニャが2-0で勝利した。 ▽開幕戦のトリノ戦での勝利以降、取りこぼしが目立つローマは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦も敵地で0-3の完敗。公式戦4試合未勝利と厳しい状況の中でボローニャとのアウェイゲームに臨んだ。ディ・フランチェスコ監督は必勝が求められるこの一戦に向けて先発5人を変更。コラロフ、ザニオーロ、エンゾンジ、エル・シャーラウィ、ジェンギズ・ユンデルに代わってマルカノ、クリスタンテ、ペッレグリーニ、ペロッティ、移籍後初先発のクライファートが起用された。 ▽互いに様子見の入りとなった中、ローマは開始9分に最初の決定機を創出。左CKの場面でペッレグリーニのクロスをファーで競り勝ったファシオが頭で合わすが、これは古巣対戦のGKスコルプスキの好守に遭う。直後の10分にはデ・ロッシのスルーパスに抜け出したクライファートがボックス右から右足を振り抜くが、これも好守に遭う。 ▽立ち上がりの決定機を逸したローマはその後、サンタンデールを起点にカウンターを狙うボローニャの反撃に遭い、ゴール前であわや先制点献上というピンチも招く。19分にはペロッティが得意のカットインからの右足シュートで再びゴールに迫るが、元同僚が守るゴールをこじ開けられない。 ▽前半半ばから終盤にかけてはボローニャが盛り返したことで拮抗した展開が続く。だが、36分にはセットプレーの流れから左サイドのデ・マイオが入れたクロスをボックス右で回収したマッティエッロが鋭いカットインから左足の見事なシュートをゴール左隅に突き刺し、ホームチームが待望の今季リーグ戦初ゴールを奪った。 ▽一方、相手のファインゴールで先手を許したローマはすぐさま反撃。42分には右CKからファシオが続けてヘディングシュート、前半アディショナルタイムには相手DFとGKの連係ミスを突いたゴール前のペッレグリーニに絶好の同点機が訪れるも、いずれも決め切れず前半を1点ビハインドで終えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽迎えた後半も引いた相手に苦戦するローマは54分にクリスタンテを下げてパストーレを投入する。だが、59分には波状攻撃で攻め切れず相手にロングカウンターを許すと、ファルチネッリのスルーパスに抜け出したサンタンデールにボックス内での一対一を許し、痛恨の2失点目を喫した。 ▽勝ち点3奪取に向けて暗雲立ち込めるローマは失点直後にクライファートを下げてジェンギズ、65分にはファシオを下げてコラロフを投入し、早々に交代カードを使い切る。ここからフロレンツィの右サイドを起点に猛攻を仕掛けていくが、フロレンツィやゼコの決定的なシュートはことごとく古巣対戦のスコルプスキに阻まれる。逆に、不用意なボールロストから前がかりな最終ラインの背後を突かれてあわや3失点目というピンチを幾度となく招く。 ▽その後もリスクを冒して前に出るものの、5バックとハードワークする中盤に中央を固められて崩しの形を見いだせないローマは一矢報いることも叶わず、0-2で完敗。フィリッポ・インザーギ率いるボローニャに今季初ゴールと初勝利を献上したローマは今季2敗目で泥沼の公式戦5試合未勝利となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 00:08 Mon
twitterfacebook
thumb

ナインゴランのデビュー弾など後半に3発のインテルが今季初勝利《セリエA》

▽インテルは1日、セリエA第3節でボローニャとのアウェイ戦に臨み、3-0で勝利した。 ▽前節トリノ戦では2点をリードしながらも後半に追いつかれて開幕2試合未勝利スタートとなったインテルは、トリノ戦のスタメンから3選手を変更。ヴルサリコ、ヴェシーノ、直前に筋肉を痛めたイカルディに代えてケイタ、ガリアルディーニ、移籍後初出場となるナインゴランを起用した。 ▽今季からインザーギ監督を迎えたボローニャに対し、ナインゴランをトップ下に据える[4-2-3-1]で臨んだインテルが圧力をかける入りとなる。 ▽しかし9分にピンチ。CKの流れからヘランデルのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKハンダノビッチが好守で凌いだ。 ▽その後も敵陣でボールを保持したインテルだったが、ボローニャの守備ブロックを崩すことができない。追加タイム1分にようやくナインゴランの強烈なボレーシュートでゴールに迫ったインテルだったが、低調なまま前半を終えた。 ▽後半もインテルがボールを持つ展開となるも、単調なパスワークに終始し、ボローニャの守備網を攻略することができない。 ▽それでも66分、インテルが待望の先制点を挙げる。ポリターノのパスを受けたボックス中央のナインゴランがトラップからゴール左へシュートを蹴り込んだ。 ▽ナインゴランのデビュー弾で先制したインテルは、74分にサンタンデールのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、わずかに枠を外れて助かると、78分にナインゴランを下げてヴェシーノを投入し逃げ切りを図った。 ▽すると82分、左サイドのペリシッチのグラウンダークロスに途中出場のカンドレーバが詰めてインテルが加点。勝負を決定付けると85分にはヴェシーノのパスを受けたボックス左のペリシッチがDFを交わしてシュートを蹴り込み、3-0としてタイムアップ。今季初勝利を飾っている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.02 02:54 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース