チャビがアル・サッドと2年の契約延長で正式合意2018.05.25 04:08 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カタールのアル・サッドは24日、元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス(38)と2020年まで契約を延長したことを発表した。3月の段階で2年の契約延長に大筋で合意していたチャビだが、今回正式な発表となった。

▽バルセロナ下部組織出身のチャビは、バルセロナで最多となる公式戦764試合に出場。バルセロナでの17シーズンでは、3度のチャンピオンズリーグ優勝と8度のリーガエスパニョーラ制覇など数多くのタイトルをもたらした。そして、2015年夏にアル・サッドに加入していた。

▽アル・サッドでの3シーズン目を終えたチャビは今季、公式戦24試合に出場して6ゴール8アシストを記録していた。昨年11月には現役引退を明言していたが、来季以降も選手としての役割を果たすのかは明かされていない。

コメント

関連ニュース

thumb

“クロアチアサッカー界のガン”マミッチがボスニアで逮捕!

▽“クロアチアサッカー界のフィクサー”といわれた前ディナモ・ザグレブ会長のズドラフコ・マミッチ容疑者(58)が14日にボスニア・ヘルツェゴヴィナの警察によって逮捕された。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽クロアチアとボスニア・ヘルツェゴヴィナの二重国籍を持つマミッチは、代理人業を通じてクロアチアサッカー界に入り込むと、2003年にディナモ・ザグレブの会長に就任。ディナモ・ザグレブではクラブ経営に取り組む傍ら代理人業を継いだ息子を操り、多くの若手に違法な条件での契約を結ばせたこと。自身の息がかかった選手の移籍金を釣り上げるため、クロアチア代表の監督選考や選手選考にまで介入するなど、クロアチアサッカー界を牛耳った。 ▽その後、2015年にはDFデヤン・ロブレン(現リバプール)のリヨン移籍、MFルカ・モドリッチ(現レアル・マドリー)移籍の際に「売却時の50パーセントの移籍金を選手側に分割する」との契約条項を盛り込ませ、選手側にはその受け取りを自身に譲渡するように脅しをかけた横領事件によって逮捕された。また、アーセナルやシャフタールで活躍したFWエドゥアルドに対して、生涯年俸の20パーセントを自身に手数料として支払うとの違法契約まで結ばせ、この一件でも逮捕されていた。 ▽今月6日には前述のロブレンとモドリッチが絡んだ横領、脱税事件の裁判がクロアチアで行われ、マミッチには懲役6年半の判決が下されていたものの、マミッチは同裁判に出席しておらず、ボスニア・ヘルツェゴヴィナに逃げていた。 ▽だが、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ警察はクロアチアからの要請に応える形でマミッチの身柄を確保し、クロアチアの検察に引き渡すようだ。 2018.06.14 22:09 Thu
twitterfacebook
thumb

パト、新恋人をおしゃれ(?)に公開「僕たちは火打ち石」

▽元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトが、新恋人を公開した。 ▽かつてミランで活躍したパトは、現在バカンス中でイタリアを訪れている。その彼は自身のインスタグラムで、美女との2ショット写真を公開した。 「僕たちのハートはまさにファイアストーン(火打ち石)。ぶつかり合えば、愛を奏でる。愛の火花が飛び散り、世界が明るくなる」 ▽なんとも詩的な投稿だが、それも当然。ノルウェーの人気DJカイゴの『ファイアストーン』という曲の一節なのだ。 ▽パトは投稿の最後に、恋人のインスタグラムアカウントを付けた。気になるお相手の名前はダニエル・ヌードソンさん。28歳のカナダ人モデルだ。 2018.06.11 06:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ氏、日本代表DF長友佑都を絶賛「真のプロフェッショナルだ」

前日本代表監督ヴァイッド・ハリルホジッチ氏が、長友佑都を称賛している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。<br><br>1月のマーケットで、7年過ごしたインテルからガラタサライへ今季終了までの期限付き移籍で加入した長友。加入以来リーグ戦12試合連続で先発し、3アシストをマークするなど3シーズンぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。<br><br>本人はガラタサライへの移籍を望んでおり、両チームは完全移籍に向けて交渉を進めていると見られている。<br><br>ハリルホジッチ氏はトルコメディアの電話取材で、そんな31歳DFへ惜しみない賛辞を送っている。<br><br>「ガラタサライは彼のような選手を加えられたのは幸運だよ。このチャンスを逃してはならない。ナガトモは、多くのものをもたらしてくれる。クオリティがあり、&ldquo;プロフェッショナル&rdquo;というトルコフットボールに欠けているものを持っている」<br><br>「彼が異なる環境、試合に適応できたことに驚きはないよ。インテルで長年過ごしてきたからね。彼の持つ経験は、ガラタサライにとって役に立つ。すでにチャンピオンの1人だからね」<br><br>これまで日本代表として104試合に出場してきた長友。これまでワールドカップも2度経験し、常にチームの要として活躍してきた。本大会直前まで指導してきたハリルホジッチ氏も、長友のプロ意識には感心していたようだ。<br><br>ロシア大会で、自身3度目のW杯を戦う長友。チームを勝利に導く活躍を見せることが出来るだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.06 08:05 Wed
twitterfacebook
thumb

トルコ主将トスンが試合中にファンと口論…首切りのジェスチャーで退場に

エバートンに所属するトルコ代表FWジェンク・トスンがサポーターと揉めて退場を命じられた。<br><br>1日に行われた国際親善試合でトルコはチュニジアと対戦。この試合に先発で出場したトスンは、54分にPKを沈めてトルコに先制点をもたらす。しかし、直後に失点して1-1で迎えた59分、同選手はチームのベンチ裏のスタンドから観戦するサポーターと口論に発展した。<br><br>チームメイトやスタッフの制止を振り切り、興奮の納まらないトスンはサポーターに向かって罵声や首切りのジェスチェーを浴びせる。すると、ピッチに戻って試合を再開しようとした同選手に対してレフェリーがレッドカードを提示。トルコは後半の大部分を10人で戦いうことを余儀なくされ、試合は2-2で終わった。<br><br>トルコのメディアによると、この試合を観戦していたトスンの父親にサポーターが投げたとみられる発煙筒の一部が当たったようで、それに対してトルコのキャプテンを務める同選手は憤慨したと報じた。試合後、トスンはメディアを通じて謝罪している。<br><br>「父が口論になっているのを見かけた。なぜそのようなことに発展したかわからないが、彼らは間違っていると言っただけだ。ただ、脅迫めいた振る舞いは僕のやるべきことではなかった。人間性はフットボールよりも大切だ。あってはならないジェスチャーだった。謝りたい。このようなことは二度としないと約束する」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.02 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

現地紙「新たな森岡を望んでいる」森岡亮太が古巣ベフェレンに残したインパクトとは?

2017-18シーズン、森岡亮太はベルギーのワースラント・ベフェレンに加入し、ジュピラー・リーグ初挑戦ながら大ブレイクを果たし、加入から半年でアンデルレヒトにステップアップを果たした。ワースラント・ベフェレンにとって、森岡退団の影響は大きかったようだ。<br><br>ベルギーメディア『voetbalnieuws』は「ワースラント・ベフェレンは新しい森岡を待ち焦がれている」という見出しで、次のように報じた。<br><br>「ベフェレンはシーズン序盤から健闘を見せ、一時は5位まで浮上。しかし、指揮官後退や主軸を引き抜かれた影響もあり、その後失速していった。最終的にはレギュラーシーズンを12位で終え、ヨーロッパリーグ・プレーオフではA組の5位という結果に。これはまさに&ldquo;失望のシーズン&rdquo;になったと言える」<br><br>その一方で、18-19シーズンからクロアチア出身の有望株カルロ・ルリッチを獲得したことについて触れ、「この22歳の青年はセリエAのサンプドリアにも在籍した。森岡亮太がベフェレンを高みに導いたように、クラブ側は日本人MFと同じシナリオを望んでいる」と紹介。新司令塔ルリッチが、森岡のような活躍をしてくれることに期待を寄せた。<br><br>森岡は17-18シーズンの前半戦、ワースラント・ベフェレンでリーグ戦24試合出場、7ゴール11アシストの成績を残した。この活躍を受けてアンデルレヒトに引き抜かれる運びとなったが、ワースラント・ベフェレンにとって、半年間在籍した森岡の活躍ぶりは&ldquo;突出した成功例&rdquo;として記憶されているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.06.02 12:20 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース