チャビがアル・サッドと2年の契約延長で正式合意2018.05.25 04:08 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カタールのアル・サッドは24日、元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス(38)と2020年まで契約を延長したことを発表した。3月の段階で2年の契約延長に大筋で合意していたチャビだが、今回正式な発表となった。

▽バルセロナ下部組織出身のチャビは、バルセロナで最多となる公式戦764試合に出場。バルセロナでの17シーズンでは、3度のチャンピオンズリーグ優勝と8度のリーガエスパニョーラ制覇など数多くのタイトルをもたらした。そして、2015年夏にアル・サッドに加入していた。

▽アル・サッドでの3シーズン目を終えたチャビは今季、公式戦24試合に出場して6ゴール8アシストを記録していた。昨年11月には現役引退を明言していたが、来季以降も選手としての役割を果たすのかは明かされていない。
コメント
関連ニュース
thumb

元U-19日本代表FW木下康介、シント=トロイデン入り目前か 横浜FCユース時代にはシティからオファー

シント=トロイデンが元U-19日本代表FW木下康介(24)の獲得に迫っているようだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えている。 木下は横浜FC下部組織出身。同クラブ在籍時には、自ら入団テストを打診したマンチェスター・シティからオファーを受けたが、2013年にフライブルクU-19への移籍を決断した。その後、トップに上がることはできなかったが、ドイツ4部リーグのホンブルクを経て、2017年にスウェーデン1部のハムスタッズBKに入団。同年にチームは2部に降格したが、木下は昨シーズン公式戦34試合15ゴール3アシストを記録した。 今回伝えられるところによると、ベルギーのシント=トロイデンが木下の獲得が決定的になっている模様。15日に現地に到着し、16日にメディカルチェックを受けるようだ。 日本のサービス事業大手『DMM』が経営権を保有するシント=トロイデンには現在、DF遠藤航、DF冨安健洋、DF小池裕太、MF関根貴大、MF鎌田大地が在籍。木下が加入することになれば、6人目の日本人選手となる。 2019.01.16 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

MLSに27番目の新クラブ誕生! オースティンFC、2021年から参入

メジャー・リーグ・サッカー(MLS)は15日、オースティンFCが設立され、2021シーズンから27番目のクラブとして参入することを発表した。 オースティンFCの本拠地はテキサス州のオースティン。同州にはすでにFCダラスとヒューストン・ダイナモがあり、オースティンFCは3つ目のクラブとなるが、オースティンでは主要プロスポーツリーグで初のプロチームになる。 クラブは今年から新スタジアムの建設を開始。予算は2億2500万ドル(約243億円)で、2万人収容のスタジアムになるという。 2019.01.16 11:15 Wed
twitterfacebook
thumb

カカが再婚! お相手は2015年から交際中の13歳年下美人モデル

かつてミランやレアル・マドリーなどで活躍し、ブラジル代表としてもプレーしたカカ氏(36)が、美人モデルと結婚したことを発表した。 結婚したお相手は、2015年から交際をスタートさせたカロリーナ・ディアスさん。カカ氏よりも13歳年下の美人モデルだ。 カカ氏は、2005年にカロリーネ・セリコさんと結婚し、2人の子供を授かったものの、2015年に離婚。離婚の理由はカカのメジャーリーグ・サッカーへの挑戦と言われていた。 カロリーナさんとの交際は、離婚から数カ月後だったとのこと。その後は、公の場にもツーショットで現れるなど順調に愛を育み、この度ゴールインを果たした。 カカ氏は、自身のインスタグラム(kaka)でカロリーネさんとの写真を掲載。「僕は地球上で最も幸せな男になった。僕は君に恩返しをし、世界中で最も幸せな女性にすると約束する。愛している」と熱いメッセージを綴った。 ちなみに、カカ氏は敬虔なクリスチャンで知られており、前妻のカロリーネさんとは結婚するまでお互いに純潔を守ったと公言していた。 2019.01.08 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

絶好調の本田圭佑、ハムストリング負傷で4週間離脱へ…今季ここまで5G3A

Aリーグのメルボルン・ビクトリーは3日、元日本代表MF本田圭佑が右足ハムストリング損傷と診断されたことを発表した。4週間離脱する見込み。 Aリーグ直近2試合を欠場していた本田だが、クラブの発表によると2日の検査によって判明。現在、リハビリプログラムを開始しているとのこと。 メルボルン・Vを指揮するケビン・マスカット監督は、「これはケイスケ(本田圭佑)、チームメイト、クラブ、そしてファンにとって残念なことだ」とコメントしている。 2018年8月にメルボルン・Vに加入した本田は、デビュー戦のメルボルン・シティ戦で初ゴールを記録すると、その後も絶好調を維持。ここまでリーグ戦8試合5ゴール3アシストという成績を残していただけに、チームにとっては大きな痛手となりそうだ。 2019.01.03 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

冨安、鎌田、遠藤が先発出場もオーステンデとドローで年内最終戦を終える《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽シント=トロイデンは26日、ジュピラー・プロ・リーグ第21節でオーステンデと対戦し、1-1で引き分けた。 ▽公式戦4戦未勝利のシント=トロイデンは、DF冨安健洋、MF遠藤航、MF鎌田大地の3選手が揃って先発出場。また負傷していたMF関根貴大がベンチ入りを果たした。 ▽試合は4分、ボタカのゴールで先制すると、22分にはドリブルを仕掛けた鎌田がボックス内に侵入。相手に倒されPKを獲得する。 ▽PKのキッカーは先制ゴールのボタカが務めるも、シュートはGKにセーブされてしまい、リードを広げられない。 ▽すると33分、ボックス手前からのクロスをデ・ボックがヘッド。これが決まり、1-1の同点に追いつかれる。 ▽結局その後はスコアが動かずに試合終了。シント=トロイデンは2018年最終戦を勝利で飾ることはできなかった。 ▽試合後、フル出場を果たした日本代表DF冨安健洋とPKを獲得したMF鎌田大地がコメントしている。 ◆DF冨安健洋 「早い時間帯にチャンスもかなりありましたし、2点、3点を取るチャンスもあって、そこでゲームを決められる可能性もあったと思いますが決められなかったですし、それよりも自分たちから崩れてしまった試合でした」 「良くない時の試合は、相手がどうこうというよりは自分たちで崩れていくゲームになることが多いので。1点を取ってから相手の方がボールを持つ時間は多かったと思いますし、僕らもミスが多くなっていて、相手がどうこうというより、自分たちで改善していかないとPO1にはいけないのかなと思います」 「(来年については)引き続きチームでしっかり試合に出て活躍してPO1に出るという目標があるので、そこを続けられれば自ずと代表活動にも繋がってくると思うので、ここでやれることをやろうと思っています」 ◆MF鎌田大地 「(得点を)取れない時期も来るとは思っていました。今は自分としてあまり良くないとは思いますが、そこまで焦ることなくやっていけばまた上手くやっていけると思います」 「連戦の疲れもありましたし、相手がとても警戒しているのもあるし、自分が触りたいゴール前でボールを触れていないのが原因かなと思います」 「(今年を振り返って)ここ最近の3試合はチームの結果としては良くなかったですが、今年1年という意味では僕自身の結果としては悪くないと思うし、個人的な目標が15得点なので残り試合は2試合で1点ペースで取ればいいので狙える位置にはいますし。個人的には昨年からここまで難しいシーズンを過ごしてきてなんとか盛り返せてきてるかなと思っているので、よくここまで自分の状態を戻せたという気持ちは強いです」 「もちろん、試合に出続けることがまずは大事だと思うし、試合に出続けられれば15点も狙えますし、自分のプレー内容はもっとこだわるべきかなと思っています」 ▽なお、シント=トロイデンの2019年初戦は、1月19日(金)の28時30分にホームでゲンクとのダービーを戦う。 オーステンデ 1-1 シント=トロイデン 【オーステンデ】 デ・ボック(前33) 【シント=トロイデン】 ボタカ(前4) 2018.12.27 20:50 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース