超ワールドサッカー

バレンシア、インテルからコンドグビアを完全移籍で獲得! 32億円の買取OPを行使2018.05.24 21:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは24日、インテルからレンタル移籍で加入していたフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(25)の買い取りオプションを行使し完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となり、契約解除金は8000万ユーロ(約102億8000万円)に設定された。

▽なお、スペイン『アス』の伝えるところによれば、買い取りの費用は2500万ユーロ(約32億1000万円)となった模様だ。

▽2015年にモナコから3000万ユーロ(約38億5000万円)でインテルに加入したコンドグビアは、公式戦84試合に出場し3ゴールを記録した。だが、戦術的なセリエAのスタイルに順応できず、時折見せる集中力を欠いた軽いプレーが批判の的となり、昨夏にバレンシアへ買い取りオプション付きのレンタルで放出されていた。

▽しかし、今季のバレンシアではマルセリーノ・ガルシア・トラル監督の下、キャプテンのMFダニエル・パレホと共に[4-4-2]のセントラルMFのレギュラーを務めると、リーグ戦31試合に出場し4ゴール4アシストを記録。持ち味の強靭なフィジカルとダイナミズムを攻守両面で遺憾なく発揮し、チームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献した。

コメント

関連ニュース

thumb

ヘタフェ柴崎岳、バレンシア戦で5試合ぶりベンチ外…今季出場3試合のみ

10日のリーガ・エスパニョーラ第12節で、ヘタフェは本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスにバレンシアを迎える。同チームMF柴崎岳は、ベンチ外となった。<br><br>スペイン屈指の強豪を迎えるヘタフェだが、招集メンバーに柴崎の名前はなかった。日本代表MFがベンチ外となったのは5試合ぶり。<br><br>柴崎は今季、リーガで2試合(先発1試合途中出場1試合)、コパ・デル・レイ(途中出場)で1試合の出場にとどまるなど、厳しい日々を過ごしている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.10 23:45 Sat
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが移籍後CL初得点も、ユナイテッドが敵地で土壇場逆転劇!ユベントス今季初黒星《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節、ユベントスvsマンチェスター・ユナイテッドが7日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-1でユナイテッドが逆転勝利を収めた。 ▽ここまで3戦全勝のユベントス。第3節では最少得点での勝利となったものの、ユナイテッド相手にスコア以上の差を見せて見事に勝利を収めた。リーグ戦を見ても好調でここまで10勝1分け。公式戦全体で白星を並べている。引き分け以上でグループ突破が決まる今節、直近のリーグ戦のカリアリ戦からスタメンを4選手変更。ボヌッチやキエッリーニ、ディバラ、C・ロナウドらが先発に名を連ねた。 ▽一方、グループステージではここまで1勝1分け1敗のユナイテッドは、前回のユベントス戦の敗戦からリーグ戦では2連勝と立ち直りを見せた。中でもマルシャルは絶好調で、自身キャリア初となるリーグ戦4試合連続ゴール中。リーグのボーンマス戦から先発が2名が変更となったがマルシャルは先発出場。その他、スモーリングやエレーラ、サンチェス、リンガードらが起用された。 ▽ファーストシュートはユベントス。5分にディバラの浮き球のパスを収めたC・ロナウドがボックス右からシュートを放つがリンデロフの身体に当たりボールは外へ。 ▽ユナイテッドも8分にピッチ中央でC・ロナウドからボールを奪い攻撃に転じる。相手の守備が整う前にマルシャルがボックスの外から狙っていったが、DFのブロックに遭う。 ▽その後の主導権はユベントスが握る。ディバラやクアドラードが自由にポジションチェンジし相手の守備をかく乱。前半半ばには、左右に振った後、最後はボックス手前からピャニッチがシュートに持っていく。 ▽一方のユナイテッドは前線の機動力を生かして攻撃を仕掛ける。すると30分過ぎにサンチェスがゴール正面でFKを獲得。自ら直接狙ったが壁に激突してしまう。その直後、ユベントスは相手のCKからカウンターに転じ、ケディラがシュートに持ち込むがGKデ・ヘアの正面に。 ▽流動的な攻撃を見せるユベントスは34分、ボックス右のクアドラードのシュートがマティッチに当たってゴールに向かうが、守護神デ・ヘアがファインセーブ。さらにその後、C・ロナウドの右からの折り返しをボックス中央のケディラがダイレクトシュート。しかしこれは左ポストに嫌われてしまった。 ▽守勢を強いられるユナイテッドは前半終盤にポグバが強引にシュートに持ち込むがノーチャンス。逆にその直後にC・ロナウドに危険な場面を作られたが、前半はなんとか無失点に抑えた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、まずは絶好調男マルシャルのボックス手前左からのシュートでユナイテッドが先制パンチ。直後にユベントスもボックス右端からディバラが強烈なシュートを放つとこれがクロスバーを直撃。互いにアグレッシブな入りを見せる。 ▽後半に入ってユナイテッドも少しずつ盛り返してきたかに思われていたが、迎えた65分、この男がユベントスに得点をもたらす。ボヌッチからのロングボールにC・ロナウドが反応。リンデロフをスピードを振り切り、後方からのボールをダイレクトでインサイドステップで丁寧に合わせてネットを揺らした。 ▽新エースのスーパーゴールで先制したユベントスは67分にはピャニッチが決定機を迎えるが、シュートはGKデ・ヘアがファインセーブ。さらに73分にもピャニッチがチャンスになるも、シュートを枠に飛ばすことはできなかった。 ▽俄然勢いがついてきたユベントス。74分にはカウンターからクアドラードにビッグチャンス。C・ロナウドからの横パスをダイレクトで狙ったが大きくふかしてしまった。 ▽その後、ユナイテッドは先に代えていたラッシュフォードに加えマタとフェライニを投入。するとこの交代が試合を動かす。 ▽86分、ユナイテッドはボックス手前左よりの位置でFKを獲得。これをマタが直接決めて、土壇場で同点に追いついた。 ▽だが、試合はこれで終わりではなかった。後半アディショナルタイムに突入する90分、敵陣左サイドでFKを獲得したユナイテッド。ヤングが右足でゴール前に放り込むと、これがゴール前の混戦でアレックス・サンドロのオウンゴールを誘いアウェイのユナイテッドが逆転に成功した。 ▽劇的な幕切れとなった試合は、試合後にモウリーニョが軽く一悶着を起こすシーンもあったものの、見事な逆転劇を演じたユナイテッドがユベントスに今季の公式戦初黒星を与えた。 ▽グループHのもう一試合、バレンシアvsヤング・ボーイズの一戦は、3-1でバレンシアが勝利した。 ▽試合はサイドを主体に攻めるバレンシアが先制する。14分、味方とのコンビネーションから右サイドを突破したソレールがクロスを送ると、これが左ポストを弾いてゴール前へ。そのボールにいち早く反応したサンティ・ミナが押し込んで幸先の良いスタートを切った。 ▽バレンシアは37分にエンサメにGKの股を抜かれ一時同点に追い付かれるも、その5分後に再び右サイドからソレールのクロスにサンティ・ミナが飛び込んで追加点。1点リードで後半へ向かった。 ▽後半開始早々にバレンシアが3点目を記録する。56分、ゴールキックを繋いだバレンシアは、ロドリゴ・モレノのパスからソレールが右サイドを突破。ボックス右に侵入し、そのままゴールに流し込んだ。 ▽その後はバレンシアが試合の主導権を握り相手の反撃を許すことなく試合終了。 ▽この結果、グループHは勝ち点「9」でユベントスが首位、同「7」でユナイテッド、同「5」でバレンシアが続き、ヤング・ボーイズは勝ち点「1」で決勝トーナメント進出の可能性は潰えた。 2018.11.08 07:04 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシア、主将パレホが1カ月アウトでCLユベントス戦など欠場へ

▽バレンシアのスペイン代表MFダニエル・パレホが1カ月ほど戦列を離れるようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ▽パレホは27日に行われたリーガエスパニョーラ第10節のビルバオ戦でフル出場するも、その試合で腹筋を痛めたとのことだ。今後1カ月戦列を離れるとなると、チャンピオンズリーグ(CL)ではヤング・ボーイズ戦とユベントス戦を欠場することになる他、リーガエスパニョーラでは3試合ほど欠場する可能性が見込まれる。 ▽現在、リーガエスパニョーラで14位に沈み、CLでは3位につけるバレンシアにとって主将の戦線離脱は痛手となる。 2018.10.31 01:02 Wed
twitterfacebook
thumb

“元”フランス代表コンドグビアが中央アフリカ代表デビュー!「僕の夢だった」

▽バレンシアMFジェフリー・コンドグビア(25)が12日に、中央アフリカ代表デビューを果たした。 ▽フランス出身のコンドグビアはこれまで各世代のフランス代表を経験。2013年にフル代表にも選出されこれまで5試合に出場していたものの、自身のルーツである中央アフリカ代表への鞍替えを申告。出場した5試合は全て国際親善試合であったため要求は認められることになった。 ▽そしてこの度、コンドグビアはコートジボワール代表とのアフリカ・ネーションズカップ予選に出場。試合は0-4で敗れたものの、キャプテンとして90分間プレーした。 ▽試合後、コンドグビアは中央アフリカ代表デビューを以下のように振り返った。フランス『フランス・フットボール』が伝えている。 「みんなは僕が中央アフリカ代表でプレーしたいと思っていたことを知らなかっただろう。これは僕の夢だった」 「親戚や友達、家族はそうじゃなかった。彼らは賛成してくれなかった。それは僕のキャリアやフランス代表なら成し遂げられた何かが惜しかったからじゃないかな。僕はずっと自分の気持ちを押し殺してきたんだ」 ▽リールの下部組織出身のコンドグビアはセビージャやモナコ、インテルを経て2017年夏にバレンシアにレンタル移籍。今シーズンから完全移籍で加入し、ここまで公式戦7試合に出場している。 2018.10.16 00:01 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシア、出身地によってチケット販売を拒否…大きな論争に

バレンシアが出身場所によってチケット販売を拒否したことで、大きな論争となっている。スペイン『アス』が報じた。<br><br>問題が生じたのは、14日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部B(実質3部)のバレンシア・メスタージャ(バレンシアBチーム)対エルクレスのダービーだ。試合会場のパテルナ(収容人数3000人)のチケット販売所では身分証明が求められ、エルクレスが拠を構えるアリカンテの出身者が販売を拒否された。拒否された人数は、約80人にのぼっている。<br><br>これを受けたエルクレスのカルロス・パロディ会長は「出身地で人を差別してはならない」と表明。「バレンシアの回答を待つ」としながら、その回答が不十分である場合には法的手段に出る構えを見せている。『アス』曰く、出身地によるチケット販売の拒否はスペインのスポーツ法とバレンシアの興行場法 に違反している可能性があるとのことだ。<br><br>これに対してバレンシアは、アリカンテ出身者にチケットを販売しなかったことが「警備上」の観点による決定だったと主張している模様。またエルクレスに対してはアウェーチケットとして275枚を用意していたものの、200枚しか受け取らなかったことも強調しているという。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.15 23:59 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース