バレンシア、インテルからコンドグビアを完全移籍で獲得! 32億円の買取OPを行使2018.05.24 21:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは24日、インテルからレンタル移籍で加入していたフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(25)の買い取りオプションを行使し完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となり、契約解除金は8000万ユーロ(約102億8000万円)に設定された。

▽なお、スペイン『アス』の伝えるところによれば、買い取りの費用は2500万ユーロ(約32億1000万円)となった模様だ。

▽2015年にモナコから3000万ユーロ(約38億5000万円)でインテルに加入したコンドグビアは、公式戦84試合に出場し3ゴールを記録した。だが、戦術的なセリエAのスタイルに順応できず、時折見せる集中力を欠いた軽いプレーが批判の的となり、昨夏にバレンシアへ買い取りオプション付きのレンタルで放出されていた。

▽しかし、今季のバレンシアではマルセリーノ・ガルシア・トラル監督の下、キャプテンのMFダニエル・パレホと共に[4-4-2]のセントラルMFのレギュラーを務めると、リーグ戦31試合に出場し4ゴール4アシストを記録。持ち味の強靭なフィジカルとダイナミズムを攻守両面で遺憾なく発揮し、チームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献した。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、マルセリーノ監督との契約を2020年まで延長!

▽バレンシアは18日、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督(52)と2020年6月30日までの契約延長で合意したことを発表した。 ▽マルセリーノ監督は、スポルティング・ヒホンやセビージャ、ビジャレアルの指揮官を歴任。昨シーズンからバレンシアの指揮官に就任していた。 ▽すると、昨シーズンのバレンシアは開幕から好調を示し、最終的には4位でシーズンを終了。2年連続12位に終わっていたチームを見事に立て直し、3年ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得していた。 2018.07.18 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、ゲデス獲得へ会長&オーナー&CEOが団結

▽バレンシアのアニル・マーシー会長が、昨シーズンまでレンタルで加入していたポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)の買い取りに意欲を示している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽パリ・サンジェルマン(PSG)からのレンタルでバレンシアに加入したゲデスは、昨シーズンの公式戦40試合6ゴール11アシストを記録。数字以外の部分でも目を見張るパフォーマンスを披露し、クラブのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献していた。 ▽当然ながら、バレンシアはチームに完全にフィットしたゲデスの獲得を早くから画策。しかし、以前の報道によるとPSG側はゲデスに最高8000万ユーロ(約105億円)の市場価値が生じると判断しており、最終的に5000万ユーロ(約66億円)前後での獲得を狙うバレンシアからしてみれば、かなり高額だ。バレンシアとの良好な関係を崩したくないPSGは、4000万ユーロ(約53億円)から交渉の席につく考えを示しているそうだが、難航は免れないだろう。 ▽それでも、『マルカ』の17日の記事によると、マーシー会長がマテウ・アレマニーCEO、オーナーを務めるピーター・リムとトリノで会談を持ち、ゲデスをトップターゲットに据えることを確認したという。 ▽また、マーシー会長は会談直後と見られる16日に自身ツイッターアカウント(@anilmurthy1903)を更新し、「私たちは、ピーター・リムと仕事をしている。彼はどの会話、どのミーティングでも、同じようにバレンシアの未来に対する責任感を示してくれる人物だ」と投稿。資金面に影響を及ぼすリム氏と、ポジティブなすり合わせが行えたことを示唆している。 2018.07.18 14:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘタフェがバレンシアからセルビア代表MFマクシモビッチを獲得

▽日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェは16日、バレンシアのセルビア代表MFネマニャ・マクシモビッチ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの6年間で、移籍金は550万ユーロ(約7億2000万円)とのことだ。 ▽2017年夏にカザフスタンのアスタナからバレンシアに移籍したセントラルMFを本職に右MFでもプレー可能なマクシモビッチは2017-18シーズン、リーガエスパニョーラで15試合に出場、コパ・デル・レイで6試合に出場していた。 ▽セルビア代表としてはこれまで5試合に出場。ロシア・ワールドカップには候補メンバーまでは選出されていたが、最終メンバーには残れなかった。 ▽新シーズン、ヘタフェに残留することになった場合、レギュラー獲りを目指す柴崎にとっては新たなライバルの加入となった。 2018.07.17 03:44 Tue
twitterfacebook
thumb

オサスナがバレンシア期待の若手DFナチョ・ビダルをフリーで獲得

▽オサスナは13日、バレンシアからDFナチョ・ビダル(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。メディカルチェックご正式契約を結ぶ。 ▽N・ビダルは、バレンシアの下部組織出身で、2017年7月にトップチームへと昇格。リーガエスパニョーラでデビューを果たすも、7試合の出場に終わり、1ゴールを記録。コパ・デル・レイで2試合に出場していた。 ▽なお、移籍金はかからず、契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。また、バレンシアがN・ビダルに対する将来の経済的便益の50%を持つこととなる。なお、契約解除条項として3000万ユーロ(約39億4500万円)が設定されている。 2018.07.14 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ロペテギ、代表の教え子ロドリゴの獲得を希望か

▽レアル・マドリーを率いるフレン・ロペテギ監督がバレンシアのスペイン代表FWロドリゴ・モレーノ(27)の獲得をクラブにリクエストしているようだ。スペイン『カデナ・セール』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに旅立ったマドリーでは、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表MFガレス・ベイルにも退団の可能性が指摘されており、前線の刷新が見込まれている。 ▽その中で新指揮官に就任したロペテギ監督は、スペイン代表の教え子であるロドリゴの獲得を希望しているようだ。 ▽レアル・マドリー・カスティージャに在籍経験のあるロドリゴは、ベンフィカを経て2014年にバレンシアに加入。昨シーズンはマルセリーノ・ガルシア・トラル新監督の下でレギュラーポジションを掴むと、リーグ戦37試合で16ゴールを挙げる、印象的な活躍を披露した。 ▽そのロドリゴにはアトレティコ・マドリー、ナポリも関心を示している一方、バレンシアが今季のチャンピオンズリーグに出場可能なことから残留を希望しているとの報道も出ている。 2018.07.14 02:12 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース