バレンシア、インテルからコンドグビアを完全移籍で獲得! 32億円の買取OPを行使2018.05.24 21:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは24日、インテルからレンタル移籍で加入していたフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(25)の買い取りオプションを行使し完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となり、契約解除金は8000万ユーロ(約102億8000万円)に設定された。

▽なお、スペイン『アス』の伝えるところによれば、買い取りの費用は2500万ユーロ(約32億1000万円)となった模様だ。

▽2015年にモナコから3000万ユーロ(約38億5000万円)でインテルに加入したコンドグビアは、公式戦84試合に出場し3ゴールを記録した。だが、戦術的なセリエAのスタイルに順応できず、時折見せる集中力を欠いた軽いプレーが批判の的となり、昨夏にバレンシアへ買い取りオプション付きのレンタルで放出されていた。

▽しかし、今季のバレンシアではマルセリーノ・ガルシア・トラル監督の下、キャプテンのMFダニエル・パレホと共に[4-4-2]のセントラルMFのレギュラーを務めると、リーグ戦31試合に出場し4ゴール4アシストを記録。持ち味の強靭なフィジカルとダイナミズムを攻守両面で遺憾なく発揮し、チームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献した。
コメント
関連ニュース
thumb

エスパニョールとスコアレスのバレンシア、 マルセリーノの不満が話題に「夜の試合の方がボールスピード速いのに…」

18日のリーガ・エスパニョーラ第24節で、本拠地メスタージャでのエスパニョール戦をスコアレスドローで終えたバレンシアだが、試合後にマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が口にした言葉が話題となっている。<br><br>シーズン序盤の不調から抜け出し、チャンピオンズリーグ圏内を狙えるほどの勢いを見せ始めたバレンシアだが、最近は停滞気味。エスパニョール戦では決定機を決め切れず、3試合連続となるドローゲームを演じた。<br><br>この試合後、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督が口にしたのは、キックオフ時間への不満だった。曰く、夕方と夜の試合で、ボールスピードが異なるものになるのだという。<br><br>「24節まで戦ってきて、その内10節が4時15分キックオフだ。ボールスピードが速くなる夜の試合は、私たちには割り振られないか、割り振られるのはごくわずかなチームなんだよ。言い訳にしたくないのだがね」<br><br>スペイン『マルカ』はこの発言について、「マルセリーノの奇妙な不満」と紹介。現地サポーターは「マルセリーノの言い訳も、ついにここまで来たか」などの感想を述べている。<br><br>なおバレンシアは現在、勝ち点32で9位に位置。チャンピオンズリーグ圏内とは勝ち点5差となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.18 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ホアキンの直接CK弾などベティス2点先行もガメイロ躍動のバレンシアが劇的ドローに持ち込む《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝1stレグ、ベティスvsバレンシアが7日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、2-2のドローに終わった。 共にエスパニョール、ヘタフェを延長戦の末に退けたベティスと、バレンシアによる決勝進出を懸けた準決勝初戦。ホームのベティスはホアキン、グアルダードの重鎮コンビを起用するなど、カップ戦で正GKのロブレスを除き主力を起用した。 一方、バレンシアもGKにジャウメを起用した以外、ロドリゴ・モレノやパレホ、ガライなど主力を起用した。 互いに慎重な入りを見せた中、ホームのベティスにいきなりアクシデント発生。足を痛めたバルトラがプレー続行不可能となり、ハビ・ガルシアが10分に緊急投入された。 ディフェンスリーダーの負傷離脱でややバタつくホームチームに対して、ここからバレンシアの攻勢が続いていく。28分にはボックス内でソレールのパスを受けたロドリゴがゴール右隅にシュートを飛ばすが、これはGKロブレスがビッグセーブ。さらに、この流れで得たCKからサンティ・ミナが決定的なヘディングシュートを放つが、これもロブレスの好守に遭った。 ロブレスの連続セーブでピンチを凌いだベティスは30分を過ぎてようやく試合をコントロールし始める。34分には巧みに相手を左右に揺さぶり、カナレスの右からの折り返しをゴール左のグアルダードが左足で合わすが、これはわずかに枠の右。それでも、前半終了間際の45分には右CKの場面でショートコーナーからカナレスがファーサイドへ絶妙なクロスを供給。これをゴールラインギリギリでシドネイが頭で折り返すと、最後はゴール前のロレンが頭で流し込んだ。 ベティスの1点リードで折り返した試合は、後半もバレンシアが押し込む立ち上がりに。しかし、集中した守備でこれを凌いだホームチームが意外な形から追加点を奪う。 54分、左CKの場面でキッカーのホアキンが、ニアを空けてGKもクロスへの飛び出しを強く意識したバレンシアのセットプレー守備を確認してインスウィングの鋭いボールを蹴り込む。これを必死で戻ったGKジャウメがゴールライン上で掻き出したかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ゴールラインを割ったとの判定でゴールが認められた。 ホアキンの珍しい直接CK弾によって痛恨の2失点目を喫したバレンシアは58分にコクラン、サンティ・ミナを下げてコンドグビア、ガメイロを同時投入。 ここから一気に攻勢を強めたバレンシアは70分に1点を返す。相手陣内高い位置でのパレホのボール奪取からボックス左に抜け出したガメイロが折り返すと、これをゴール前に走り込んだチェリシェフがワンタッチで流し込んだ。 この1点でより開かれた展開となった中、このまま逃げ切りたいベティスはロレンに代えて移籍後初出場となるヘセ・ロドリゲス、負傷明けのジュニオル・フィルポを下げてフランシス・ロドリゲスを投入する。 前回ラウンドの劇的な逆転突破を自信に攻勢を続けるバレンシアは89分に絶好機。カウンターからボックス右に抜け出したガメイロからのクロスをチェリシェフが頭で合わす。だが、この決定的なヘディングシュートはクロスバーを叩く。 この決定機逸で万事休すと思われたが、この試合で抜群の存在感を示していたガメイロがチームを救う。92分、自陣からの長い縦パスを中央で受けたガメイロは左を並走するロドリゴに預けてゴール前に全力疾走。そして、ロドリゴからの絶妙な折り返しをDFシドネイ、GKロブレスよりわずかに早く触ってゴールに流し込んだ。 この直後に試合はタイムアップを迎え、直近のバルセロナ戦とは逆に0-2のビハインドから追いついたバレンシアが2つのアウェイゴールを持ち帰り、28日にメスタージャで行われる2ndレグに向けて優位な立場に立った。 2019.02.08 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシアの10番パレホ、新契約にサイン!

バレンシアは4日、スペイン代表MFダニエル・パレホ(29)との契約更新を発表した。 レアル・マドリー育成出身のパレホは、卓越したボールコントロールや、正確なプレースキックが魅力の10番プレーヤー。2008年にQPRでプロデビュー後、レアル・マドリーやヘタフェを経由して、2011-12シーズンからバレンシアに活躍の場を移した。 その後は現在に至るまでバレンシアの主力として活躍を続け、今シーズンもここまで公式戦30試合6得点4アシスト。キャプテンマークを巻くなど信頼も厚く、2018年3月にスペイン代表から初招集を受け、アルゼンチン代表戦でA代表デビューを果たした。 なお、新たな契約期間は2022年6月30日まで。契約解除金は5000万ユーロ(約62億8000万円)となる。 2019.02.04 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ラ・マシア出身の“芸術家”アレーニャは指揮官に感謝「凄く気分が良かった」

バルセロナに所属するU-21スペイン代表MFカルレス・アレーニャ(21)が、指揮官の抜擢に感謝している。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナのラ・マシア(寮)で育ったアレーニャは、クラブの次代を担うとされる攻撃的ミッドフィルダーの逸材だ。昨年末のトップチーム昇格からは長期離脱の影響もあり中々チャンスを得ることが出来ていなかったが、第20節レガネス戦(バルセロナが3-1で勝利)で初のリーガエスパニョーラ先発入りを果たすと、第22節バレンシア戦でもMFアルトゥールを抑えてスタメンに抜擢された。 試合結果は、FWメッシの活躍により0-2のビハインドから追い付いて引き分けに持ち込む苦しいものとなったが、66分までプレーしたアレーニャは印象的なパフォーマンスを披露。『マルカ』は、周囲と連携しながら中盤をコントロールする姿を“芸術家”と高評価している。 試合後のインタビューに応じたアレーニャは、悔しさをにじませつつも出場機会を得られることの喜びを口にした。 「僕は交代させられたことに驚いていないし、(エルネスト・バルベルデ)監督がチャンスをくれて幸せだよ。あれは監督が決めることで、僕はピッチに足を踏み入れる度に満足している」 「とてもやりやすく感じた。このチームをよく知っているしね。素晴らしい試合をしたと思う」 「凄く気分が良かったんだけど、チームが勝たなければどんなプレーをしたかは重要じゃない」 「入りは少し大人しかったけど、チームの姿勢は完璧だった。(ホームに)戻ってきても勝利に値したという奇妙な感覚を持ちつつ、この試合を消化しているよ」 2019.02.03 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:バルセロナ 2-2 バレンシア《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第22節、バルセロナvsバレンシアが2日にカンプ・ノウで行われ、2-2のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190203_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 テア・シュテーゲン 6.0 失点はいずれもノーチャンス。止めるべきシュートをきっちり防ぎマイボール時も安定したプレー DF 2 N・セメド 6.0 PKを奪取するなど積極的な攻撃参加でサイドアタックをけん引。守備も粘り強く対応 (→ジョルディ・アルバ 5.5) 投入直後から攻撃を活性化させたが、試合終盤はややプレー精度を欠いた 3 ピケ 5.5 自身に大きなミスはなかったが、ブスケッツ不在の中で急造ディフェンスラインを締めきれず 24 ヴェルメーレン 5.0 相手の鋭いカウンターに対してポジショニングや判断の悪さを露呈。後半にはロドリゴにあっさりとかわされる場面も 20 セルジ・ロベルト 5.5 攻撃ではポスト直撃の決定機や良い攻撃参加もあったが、前半は痛恨のPK献上など慣れない左サイドでの守備で苦戦 MF 21 アレーニャ 5.5 最終ラインと前線の繋ぎ役としてまずまず機能。ただ、攻撃から守備の切り替えや球際のバトルで後手を踏んだ (→アルトゥール 5.5) 無難に試合に入ったが、目立ったプレーは少なかった 4 ラキティッチ 6.0 ブスケッツと同じ役目を期待するのは酷だが、1失点目の場面では不用意にスペースを空けて失点の一因に。ただ、攻撃の場面ではいつも通りの存在感 22 ビダル 6.0 引き気味なメッシやコウチーニョに代わって前線に顔を出してシンプルなワンタッチプレーで攻撃に変化を加えた FW 10 メッシ 6.5 リーガ8試合連続となる今季21点目を奪取。1失点目は自身のロストからだったが、それを補って余りある2ゴールの活躍ぶり 9 スアレス 6.0 ゴールこそなかったが、質の高いポストワークでチャンスメークに絡んだ 7 コウチーニョ 5.5 決定機に絡むなど徐々に調子は上がってきているが、やはり決定的な仕事がほしい (→マウコム -) 監督 バルベルデ 5.5 出場停止のブスケッツはしょうがないとしてもターンオーバーが機能せず、痛恨の勝ち点逸に ▽バレンシア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190203_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 ネト 6.0 失点はいずれも致し方なし。持ち味の反応速度を生かしたショットストップでチームを助けた DF 21 ピッチーニ 6.0 相手サイドバックの攻撃参加に手を焼くが、中央の危険なスペースはきっちり潰した 24 ガライ 5.5 メッシやスアレスのコンビプレーに翻弄されたが、ボックス内では泥臭い対応で奮闘 5 ガブリエウ 5.5 後半は自陣に押し込められた中、球際の強さを生かして粘りの対応を続けた 15 ラト 5.0 やや軽い対応でPK献上。最終ラインのほかのメンバーとは異なり、ポジショニングや対人対応でソリッドさを欠く MF 18 ヴァス 6.5 勇敢な飛び出しでPK奪取。献身的な守備に加えて、攻撃への切り替えの速さも素晴らしかった 17 コクラン 6.0 パレホと共にバイタルエリアでフィルター役を完遂 (→コンドグビア 5.5) 守備面でまずまずの奮闘 10 パレホ 6.5 PKから1ゴール。先制点の起点となるなど守備の一対一の対応も抜群だった 11 チェリシェフ 5.5 前半はポスト直撃のシュートなどカウンターの局面で存在感。後半は守備に忙殺される FW 9 ガメイロ 6.0 らしい駆け引きからの抜け目ないフィニッシュで貴重な先制点を奪取。ただ、ピケとの接触で頭部を打って無念の負傷交代… (→フェラン・トーレス 5.5) 幾度か仕掛ける場面もあったが、守備のサポートに奔走 19 ロドリゴ・モレノ 6.5 先制点をアシスト。ヴェルメーレンとのマッチアップで優位に立ち貴重な攻め手となった (→サンティ・ミナ -) 監督 マルセリーノ 6.0 ガメイロ起用が当たるなど首位チーム相手のアウェイゲームで勝ち点1を持ち帰る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! パレホ(バレンシア) 2点差から試合を振り出しに戻した相手の10番の活躍も見事だったが、攻守両面でその難敵と互角以上に渡り合ったバレンシアの背番号10をMOMに選出。リーガ屈指の万能型MFという評価に相応しいパフォーマンスだった。 バルセロナ 2-2 バレンシア 【バルセロナ】 メッシ(前39[PK]) メッシ(後19) 【バレンシア】 ガメイロ(前24) パレホ(前32[PK]) 2019.02.03 05:05 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース