京都U-18のMF財前淳、オーストリア1部昇格クラブと3年契約2018.05.24 11:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽ヴァッカー・インスブルック(オーストリア)は23日、京都サンガF.C.U-18のMF財前淳(18)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は3年となる。

▽福岡県出身の財前は攻撃的MF。ヴァッカー・インスブルックは今シーズンの2部を優勝で飾り、来シーズンから1部に昇格するクラブだ。

▽クラブのゼネラルマネージャーを務めるアルフレッド・ヘルトナーグル氏は「彼は欧州でチャンスを求めていた若くて、才能があるプレーヤー。トップチームの一員となるが、まず2軍で新しい環境に慣れていき、出場機会を得ることもできる」と話している。

コメント

関連ニュース

thumb

トリノ、下部組織出身のU-21イタリア代表FWと2023年まで契約延長

▽トリノは25日、U-21イタリア代表FWシモーネ・エデラ(21)と契約延長したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 ▽エデラは、右サイドを主戦場に2列目の複数ポジションをこなす左利きのアタッカー。2016年にトリノのプリマヴェーラからトップチームに昇格したエデラだが、昨季は経験を積むためにベネツィアやパルマの下部リーグへレンタル移籍。 ▽トリノに復帰した今季は、セリエAで14試合、コッパ・イタリアに3試合に出場していた。 ▽また、各年代のイタリア代表に選出されているエデラは、今年3月にU-21イタリア代表デビューを飾ると、これまで2試合に出場している。 2018.06.26 00:43 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、パパスタソプーロスの後釜にマインツDFディアロを獲得か

▽ドルトムントがマインツのU-21フランス代表DFアブドゥ・ディアロ(22)の獲得に手待っているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ▽ドルトムントでは、守備の要を長年務めてきたギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスが今夏にアーセナルへ移籍。その穴埋めとして、マインツで今季リーグ戦27試合に出場したディアロをリストアップ。 ▽ディアロには、ドルトムント以外にもリヨンが獲得に動いていたが、今回の『レキップ』の報道によれば、ディアロはすでに両チームの監督と会談を行い、ドルトムントへの移籍を選択したようだ。 ▽また同紙によれば、ディアロの移籍金は3000万ユーロ(約38億5000万円)ほどとなり、ドルトムントは5年契約を準備しているという。 ▽モナコの下部組織出身のディアロは、2014年12月に行われたリーグ・アン第18節のマルセイユ戦でトップチームデビュー。2015-16シーズンはベルギーのズルテ・ワレヘムへレンタルで加入。翌シーズンはモナコに復帰したが、出場機会に恵まれず、2017年の夏にマインツへ移籍した。 ▽マインツでは、開幕からレギュラーに定着するとブンデスリーガ27試合に出場2ゴール2アシストをマーク。DFBポカールでも3試合に出場していた。 2018.06.24 03:05 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタ、ローマから逸材レフティFWトゥッミネッロを獲得!

▽アタランタは22日、ローマからU-21イタリア代表FWマルコ・トゥッミネッロ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽なおローマの発表によると、移籍金は500万ユーロ(約6億4000万円)となるが、今後トゥッミネッロが500万ユーロ以上の移籍金で他クラブに移籍した場合、その50パーセントを受け取る契約となる。 ▽また、ローマは今後2年間、同選手の買戻しオプションを有しており、1年目終了時に1300万ユーロ(約16億6000万円)、2年目終了時に1500万ユーロ(約19億2000万円)で買い戻すことができる。 ▽トゥッミネッロはローマの下部組織出身で、2016年1月に行われたセリエA第18節のキエーボ戦でトップチームデビュー。裏への抜け出しやシュート感覚に優れるレフティストライカーは昨シーズン、プリマヴェーラのローマU-19でプレーし、コッパ・イタリア・プリマヴェーラとスーペルコッパ・プリマヴェーラの制覇に大きく貢献した。 ▽今シーズンはクロトーネに1年間のレンタル移籍で加入し、ヒザの前十字じん帯断裂の重傷で長期離脱を強いられた中、リーグ戦10試合に出場し3ゴールを記録していた。 2018.06.23 16:37 Sat
twitterfacebook
thumb

元バルサ守護神V・バルデスが指導者キャリアをスタート! スペイン5部クラブのユースチーム監督に

▽バルセロナで活躍した元スペイン代表GKのビクトル・バルデス氏(36)が指導者としてのキャリアをスタートする。マドリードの地域リーグに所属するEDモラタラスは22日、同氏がフベニールA(U-19チーム)の監督に就任することを発表した。 ▽バルセロナ下部組織出身のバルデスは、2003-04シーズンから正守護神の座を掴むと、以降10シーズンに渡ってカタルーニャの名門のゴールマウスを守り続けた。そして、2014年に愛するバルセロナを去ったバルデスは、マンチェスター・ユナイテッド、スタンダール・リエージュ、ミドルズブラを経て2017年8月に現役引退を発表した。 ▽現在は2人のパートナーと共同で設立したテレビ製作会社『Crazy4fun』の共同経営者を務める一方、ラウール・ゴンサレス氏やチャビ・エルナンデス氏やシャビ・アロンソ氏などかつての同僚と共にスペイン・サッカー連盟が元代表選手やトップリーグで10年以上活躍した人物のために用意しているエリートコースに進み、コーチングライセンス取得に向けた講習の真っ最中だ。 ▽なお、バルデス氏がユースチームの監督に就任するEDモラタラスは、2006年に設立されたマドリード自治州に本拠地を置く地域リーグ(スペイン5部)のクラブだ。 2018.06.23 15:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマがボローニャからイタリア人GKミランテを獲得

▽ローマは22日、ボローニャのイタリア人GKアントニオ・ミランテ(34)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年間で、移籍金は400万ユーロ(約5億1000万円)となっている。 ▽ユベントスに在籍経験のあるミランテは、クロトーネやシエナ、サンプドリアへのレンタル移籍を経て、2009年夏にパルマに移籍。パルマで正GKとして活躍すると、2015年夏にボローニャへ移籍。ボローニャでも正GKを務め、在籍3年間で公式戦90試合に出場。2017-18シーズンはセリエAで33試合に出場していた。 ▽同日、ボローニャではローマから第2GKを務めていたポーランド代表GKウカシュ・スコルプスキを獲得していた。 ▽なお、ローマにとってミランテは、MFアンテ・チョリッチ、DFイバン・マルカノ、MFブライアン・クリスタンテ、FWユースティン・クライファートに次ぐ今夏5人目の補強選手となっている。 2018.06.23 05:35 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース