長友佑都、イニエスタの神戸入り秒読みに「まじ日本来るのか」2018.05.24 10:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都がスペイン代表アンドレス・イニエスタ(34)の来日報道を受け、心境を明かした。

▽イニエスタは今シーズン限りでバルセロナを退団。新天地として、一時中国行きが盛んに取り沙汰されたが、イニエスタ自身が23日にツイッターを通じて、楽天株式会社の代表取締役会長兼社長を務める三木谷浩史氏との航空機内での2ショット写真と共に「友人とともに新しい家へ向かっている」と記したことで、ヴィッセル神戸入りが決定的な情勢だ。

▽そうした中、長友は24日、ツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。「イニエスタまじ日本来るのか。これ相当凄いことだよ。マスコミのみなさんにはガンガンJリーグ露出して盛り上げて頂きたい。ただただイニエスタのプレーを見たい衝動にかられる。これがスターなんやな」とツイートした。
コメント
関連ニュース
thumb

G大阪育ちのDF初瀬亮が完全移籍で神戸へ! 2017年にA代表初招集

▽ヴィッセル神戸は17日、U-21日本代表DF初瀬亮(21)の完全移籍加入を発表した。 ▽G大阪ユース出身の初瀬は、左右遜色なくこなせる攻撃的なサイドバック。2015年に2種登録選手としてトップチーム入りすると、翌年に正式昇格した。2017年は明治安田生命J1リーグ19試合に出場。EAFF E-1サッカー選手権に臨む日本代表の初招集を受けた。だが、J1リーグ10試合の出場にとどまった今年は課題の守備面で改善の兆しがなく、トップチームで出番が減り、U-23の一員としてJ3リーグを主戦場にした。 ▽育ったG大阪を離れ、さらなる成長を求めて神戸移籍を決断した東京五輪世代の初瀬は両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆ヴィッセル神戸 「ヴィッセル神戸のサポーターの皆様、この度加入することになりました初瀬亮です。ヴィッセル神戸の為に全身全霊で闘いたいと思います。そしてタイトル、ACL出場権獲得のために頑張ります。ヴィッセル神戸に関わる全ての皆様宜しくお願いします」 ◆ガンバ大阪 「ガンバ大阪に関わる全ての皆様に感謝しかありません。自分としてもすごく悩みに悩んだ選択です。色々な声はありますが、これはサッカー選手である以上付き物だと思います。しかし、ガンバで過ごしてきた日々は自分にとっての宝物です!」 「こけら落としのデビュー戦は今でも鮮明に覚えています! 僕はガンバの温かいサポーターが大好きです! もっと成長した姿を届けれればと思っています! ジュニアユース、ユース、トップ含めて9年間お世話になりました!有難うございました!」 2018.12.17 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

仙台が神戸MF松下佳貴を完全移籍で獲得「持っている力のすべてを捧げたい」

▽ベガルタ仙台は17日、ヴィッセル神戸のMF松下佳貴(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽松下は、阪南大学在籍時に特別指定選手として神戸に登録。2016年に正式に入団した。4シーズン在籍した松下は、明治安田生命J1リーグで通算46試合に出場し1得点、ルヴァンカップで通算13試合に出場。天皇杯は7試合に出場していた。 ▽今シーズンは、選手補強などもあった影響で、リーグ戦9試合、カップ戦4試合、天皇杯1試合の出場に終わっていた。松下は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ベガルタ仙台 「ヴィッセル神戸から加入することとなりました松下佳貴です。ベガルタ仙台という素晴らしいチームの一員になれることをうれしく思います。チームの勝利のために、自分の持っている力のすべてを捧げたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆ヴィッセル神戸 「この度、ベガルタ仙台に移籍することになりました。プロサッカー選手としてヴィッセル神戸でスタートできたことを誇りに思います。そして今の自分があるのはヴィッセル神戸に関わる全ての方のおかげです。なかなかチームに貢献できず悔しく、不甲斐ない気持ちもありますが、この環境が自分を成長させてくれたと思います」 「今シーズンでチームを離れますが今まで以上に成長できるように頑張ります。特別指定選手時代を含めると約3年半本当にお世話になりました。ありがとうございました」 2018.12.17 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸MF小林成豪が大分に完全移籍! 今季は山形で34試合12ゴール

▽ヴィッセル神戸は17日、MF小林成豪(24)が大分トリニータに完全移籍することを発表した。 ▽神戸下部組織出身の小林は関西学院大学に進学後、2016年に神戸に入団。今シーズンはモンテディオ山形に育成型期限付き移籍で加入し、明治安田生命J2リーグで34試合12ゴールを記録した。 ▽大分への完全移籍が決定した小林は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ジュニアユースからの8年間ありがとうございました。神戸で育ってきたので寂しい気持ちはありますが、感謝の気持ちと神戸の誇りをもってこれからもプレーしていきます。ヴィッセル神戸に関わる全てのみなさん、本当にありがとうございました」 2018.12.17 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿】イニエスタ到来に沸くも消化不良の1年…鬼才リージョの下で来季はバルサ化進むか《ヴィッセル神戸》

▽優勝争いから残留争いまで手に汗を握る接戦、熱戦が続いた2018シーズンの明治安田生命J1リーグ。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブの通信簿(トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価)をお届けする。第9弾は10位のヴィッセル神戸を総括! <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181216_vissel_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽開幕前に「アジア・ナンバーワンを狙う」、「バルセロナを目指す」という大きな野望が語られ、今夏バルセロナで活躍した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの獲得で世界的な注目を集めた中、最終順位はJ1参入プレーオフ出場圏内と勝ち点4差の10位という期待外れの結果となった。 ▽昨シーズン途中から指揮を執った吉田孝行監督の下で継続路線でシーズンをスタートしたチームはエースのFWルーカス・ポドルスキを最大限に生かすべく[4-4-2]の布陣で序盤戦を戦うが、サイドハーフやポドルスキの相棒を固定し切れず、バルセロナのようにボール、ゲームを支配するスタイルを構築できなかった。それでも、前半戦に関しては中断期間を挟んで3連勝を飾り、連敗も一度もなしと粘り強い戦いを見せていた印象だ。 ▽そして、後半戦からはイニエスタら新戦力の到来と共にシステムをバルセロナ風の[4-3-3]や[4-3-2-1]に変更するが、第24節の横浜F・マリノス戦から第28節の鹿島アントラーズまで今季最長となる5連敗を経験。この連敗をキッカケに吉田監督を更迭し、パスサッカーの権化と評されるスペイン人指揮官のファン・マヌエル・リージョ新監督を招へい。その初陣となったV・ファーレン長崎戦でようやく連敗をストップすると、残り5試合ではGK前川黛也の抜擢、DF伊野波雅彦の中盤起用など、来季を見据えた新スタイルへの転換を図った中、自力残留という最低限の結果を残して激動のシーズンを締めくくった。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span> MF三田啓貴(28) 明治安田生命J1リーグ32試合出場(先発30試合)/6得点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181216_vissel_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽今季新加入ながらMF藤田直之と共に各ポジションでメンバーを固定し切れなかったチームを主力として支え、チーム最多の6ゴールを記録した。背番号変更でイニエスタに気分よくプレーさせたピッチ外での貢献も評価したいところだ。今季ベガルタ仙台から加入した28歳のレフティは、チームが[4-4-2]、[4-3-3]、[4-3-2-1]と複数のシステムを併用した中、セントラルMFを主戦場に右サイドハーフや左ウイングバックと複数ポジションでプレー。 ▽豊富な運動量と正確なパス、オフ・ザ・ボールの動き出しを武器に守備では藤田と共に攻撃志向の強いチームを粘り強いプレーで支え、攻撃では前線の味方をシンプルに使いつつ、持ち味の積極的な飛び出しで厚みを加えた。とりわけ、イニエスタが加入した後半戦では抜群のキープ力とパスセンスを誇る元スペイン代表を起点に前線への絶妙な飛び出しで決定機に絡む場面が増えていた。来季に向けては元スペイン代表FWダビド・ビジャの加入により、今季後半から着用した背番号7から新背番号への変更が見込まれるが、大物2選手に対するピッチ外での絶妙なアシストと共にピッチ内でも今季1アシストから大幅なアシスト増にも期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度《C》</span>※最低E~最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181216_vissel_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽今年5月に世界屈指の司令塔イニエスタの獲得で世界中を驚かせるなど移籍市場の話題を集めたものの、チーム全体の補強に関しては効果的とは言い難いものとなった。 ▽開幕前の補強ではチームMVP級の活躍を見せた三田、高校サッカー界屈指のMFとして加入しその片鱗を見せつけたMF郷家友太(青森山田高校)、左サイドバックの主力として活躍したDFティーラトン・ブンマタン(ムアントン・ユナイテッド)の3選手が及第点の活躍を見せた一方、3年ぶりの復帰となったMFチョン・ウヨン(重慶力帆)は副将を任されながらもシーズン途中にアル・サッドに移籍し、得点力向上のために獲得したFWウェリントン(アビスパ福岡)はわずか5ゴールと期待外れの結果に終わった。 ▽ただ、今夏の補強に関してはFW渡邉千真とのトレードで獲得したFW長沢駿(ガンバ大阪)こそ期待外れに終わったものの、ピッチ内外で違いを見せつけたイニエスタを始め、J2から引き抜いたDF大崎玲央(徳島ヴォルティス)、FW古橋亨梧(FC岐阜)はいずれも主力に定着し、J1残留に貢献している。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価《D》</span>※最低E~最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181216_vissel_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽シーズン開幕前に「アジア・ナンバーワン」、「バルセロナ化」を声高に叫んで臨んだシーズンだったが、昨季の9位(勝ち点44)とほぼ同じ10位(勝ち点45)という戦績、リージョ新監督が就任するまで新たなプレースタイルを構築できなかったことを考えると、消化不良の1年と表現せざるを得ない。 ▽それでも、三木谷浩史オーナーの下でイニエスタ、リージョ監督という、「バルセロナ化」に向けた重要なピースを揃え、来季にはバルセロナでイニエスタと共にプレーした元スペイン代表FWダビド・ビジャの加入が決定。さらに、今冬の移籍市場ではリージョ監督の目指すパスサッカーを実現するための大幅なメンバー変更も想定されており、クラブとしてのビジョンは明確だ。 ▽その一方で、稀代の戦術家としての評価を確立しながらも目立った実績を残せていないスペイン人指揮官の下でスタイルと結果を両立できるかは甚だ疑問だ。さらに、ポジショナルプレーに馴染みのない日本人選手たちが指揮官の難解な戦術、イニエスタ、ビジャらが求めるプレー水準に追いつけなければ、今季同様に難しいシーズンを過ごす可能性もあるはずだ。 2018.12.16 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ハーフナー・マイクが仙台と期限付き移籍満了…新天地はタイ・バンコクへ

▽ベガルタ仙台は16日、FWハーフナー・マイク(31)の期限付き移籍期間が満了を迎えたことを発表した。 ▽横浜F・マリノスの下部組織からプロデビューを果たしたハーフナー・マイクは、2012年にオランダのフィテッセへ移籍し、それから5年間海外でプレーした。2017年のヴィッセル神戸加入で日本に戻ると、今季は7月から仙台に期限付き移籍していた。 ▽仙台では明治安田生命J1リーグで6試合に出場し、8月の湘南ベルマーレ戦で初ゴールを記録。しかし、それが唯一のゴールとなった。 ▽同日にタイのバンコク・ユナイテッドへの期限付き移籍も発表されたハーフナー・マイクは、仙台の公式サイトで別れの言葉を告げている。 「短い期間でしたが、お世話になりました。これからは違う道を歩むことになりますが、ベガルタ仙台で得た経験を生かして、プレーを続けていきたいと思います。半年間、応援ありがとうございました」 2018.12.16 18:17 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース