イニエスタが来日へ、三木谷オーナーと機内で2ショット写真2018.05.24 06:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナを退団することが決まっているスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが23日、自身のツイッターを更新した。

▽ツイッターには、ヴィッセル神戸の三木谷浩史オーナーと共に飛行機内で撮った写真を掲載。そして、「友達の三木谷浩史氏と共に新しいホームに向かっている」とコメントした。

▽スペイン複数メディアによれば、イニエスタは神戸と3年契約を結び、年俸は2500万ユーロ(約32億5千万円)を受け取ると報じられている。

コメント

関連ニュース

thumb

神戸が情報漏洩疑惑の調査開始…Jリーグ規約抵触の可能性

▽ヴィッセル神戸は25日、一部報道に係る対応について発表した。 ▽神戸は、23日に埼玉スタジアム2002で行われた明治安田生命J1リーグ第27節で浦和レッズと対戦。だが、神戸のDF高橋峻希が試合前、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの欠場など先発メンバー情報を知人に漏洩したとされ、Jリーグ規約に抵触する疑いが取り沙汰されている。 ▽この一件を受け、神戸は調査開始決定を報告。調査結果等については、改めて報告することを併せて伝えている。 ▽ちなみに、神戸はその浦和戦で0-4の完敗を喫して4連敗となり、順位も9位に後退。29日に行われる次節、鹿島アントラーズをホームに迎え撃つ。 2018.09.25 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

攻撃陣躍動の浦和、イニエスタ不在の神戸に4発快勝! …リージョ監督招へい準備中神戸は4連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節の浦和レッズvsヴィッセル神戸が、23日に埼玉スタジアム2002で行われ、4-0で浦和が勝利した。 ▽9位・浦和(勝ち点35)は、2-1で勝利した前節の横浜F・マリノス戦からスタメンを1名のみ変更。マルティノスに代えて柏木を起用し、直接対決に臨んだ。 ▽リーグ3連敗中の8位・神戸(勝ち点36)は、1-2で敗北した前節のガンバ大阪戦からスタメンを6名変更。ティーラトン、アフメド・ヤセル、藤谷、アンドレス・イニエスタ、大槻、古橋に代えて、渡部、高橋、橋本、ルーカス・ポドルスキ、郷家、長沢を起用した。注目のイニエスタは欠場となった。 ▽チケットが完売し大観衆が詰めかけた試合はホームの浦和が優勢な入りを見せるが、5枚の最終ラインで対応する神戸の守備に苦しみなかなかシュートまで持ち込めない。 ▽浦和は19分にこの試合最初のビッグチャンスを迎える。左サイド高い位置でFKを獲得すると、キッカーの柏木が左足で精度の高いボールを供給。すると、ファーの槙野がドンピシャでヘディングシュートを放ったが、枠を左に外れた。 ▽神戸はここから徐々にディフェンスラインを上げて反撃を試みるが、その矢先に浦和がスコアを動かす。左サイドでボールを持った柏木のクロスが跳ね返されると、ボックス手前中央にボールがこぼれる。反応した青木が右足を振り抜くと、地を這うシュートがGKキム・スンギュの手を弾きネットを揺らした。 ▽前半中に追いつきたい神戸は、ポドルスキが低い位置まで降りてボールを捌きつつチャンスメイクを試みるが、落ち着いて対応する浦和のゴールを脅かすことはできず。31分には右サイドから藤田がロングスローを入れ長沢がボックス右深い位置からクロスを入れたものの、味方が合わせることはできずシュートに至らない。 ▽逆に、38分に浦和のカウンターが発動しボックス内左から柏木がシュートを放つなど、神戸にとって危うい時間が続く。 ▽すると42分、浦和の中盤で好パフォーマンスを発揮している柏木がエースの得点をお膳立てする。ボックス手前中央でボールを受けた柏木は、前を向くと左足を一振り。綺麗なバックスピンのかかったボールはボックス内でワンバウンドし、DF渡部の背後から飛び出した興梠が滑り込みつつ絶妙なタイミングで合わせ、リードを広げた。 ▽直後に前半が終了し、神戸は0-2のビハインドで残りの45分を迎えることに。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽後半に突入しても浦和が早々に神戸ゴールに迫る。53分、シュートのこぼれ球に対応したDF高橋がボックス右でボールコントロールをミスすると、チェックしていた武藤が奪取。そのまま角度がないところからループシュートを放ち、GKキム・スンギュの指先を掠めたボールがゴールに吸い込まれた。 ▽ボールを持たされるという様な展開が続く神戸は、54分に長沢に代えて古橋を投入。フォーメーションを[4-3-3]に変更し巻き返しを図っていく。 ▽直後には浦和の攻撃の時間が続いたものの、神戸は63分にチャンスを迎える。左CKの場面でキッカーの藤田がニアに上げると、ウェリントンが高い打点のヘディングシュートを放つ。しかし、枠を捉えることができず点差を縮めることはできない。 ▽76分、浦和の攻撃がまたしても火を吹く。ボックス右でルーズボールを拾った柏木が市度の高いクロスを供給すると、ゴール前にフリーで構えていたのは長澤。頭で合わせ、スコアを4-0とした。長澤にとってはこれが今シーズン初ゴールとなっている。 ▽結局、試合はこのままのスコアで終了。この結果、浦和はホームで連勝を飾った。吉田孝行前監督の後任にフアン・マヌエル・リージョ監督を招へいし、林健太郎アシスタントコーチが暫定指揮中の神戸は、手痛い4連敗を喫している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ、己を貫く 「イニエスタは天才。比較は無理」

▽バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの後継としての見方を嫌った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽コウチーニョは今年1月、リバプールからバルセロナに加入。今夏にヴィッセル神戸に旅立ったイニエスタとも半年間ほど共演を果たした。そして、迎えた今シーズン、コウチーニョに対してはそのイニエスタに代わるプレーメーカーとしての活躍に期待が集まっている。 ▽しかし、コウチーニョはそうした周囲の期待に嫌悪感を示した。バルセロナ加入後初となるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節のPSV戦に先立ち、出席した前日会見で次のようにコメントした。 「アンドレスは天才だ。比較は難しいよ。僕は自分のプレーに徹してできる限り多くの勝利に貢献したい」 「懸命に練習を積んでいて、試合でも全力を尽くそうと心がけている。僕の目標はあらゆる面で成長することだ」 「もし僕がアンドレス・イニエスタのような選手になることを目指しているのであれば、もっと改善していかなくちゃね」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸の新指揮官決定! ペップが崇拝するリージョ氏

▽ヴィッセル神戸は17日、フアン・マヌエル・リージョ氏(52)の監督就任を発表した。 ▽スペイン人指導者のリージョ氏は、1981年から監督業をスタートさせ、これまでレアル・ソシエダやアルメリアなど複数クラブを指揮。1995-96シーズンにサラマンカを率いた際は、リーガエスパニョーラ史上最年少監督(29歳)として注目を集めた。また、優れた戦術理論家としてだけでなく、パスワーク主体の攻撃サッカーの志向者としても知られ、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が最も影響を受けた指導者の1人としても有名だ。 ▽神戸は、2017シーズン途中から指揮を執る吉田孝行監督の下、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得を目標に今シーズンをスタート。夏にバルセロナから元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを加えたが、明治安田生命J1リーグ残り8試合の現時点で10勝6分け10敗の勝ち点36で8位にとどまっており、上位勢から遅れを取っている。 ▽これを受け、クラブは同日の午前中に吉田監督を含めたトップチームの体制変更を発表。林健太郎アシスタントコーチの暫定的な監督就任を発表したが、その同日中に新指揮官が決定した格好だ。なお、リージョ氏の就労環境が整うまで、林アシスタントコーチが暫定監督として指揮を執る。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.17 15:50 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸、吉田孝行監督が事実上の解任 アシスタントコーチの林健太郎氏を暫定指揮官に

▽ヴィッセル神戸は17日、トップチームの体制変更を発表した。 ▽吉田孝行監督(41)、ゲルト・エンゲルス ヘッドコーチ(61)、内山俊彦アシスタントコーチ(39)、公文栄次通訳兼アシスタントコーチ(41)は今後、スタッフとしてチーム強化に尽力する予定。それにより、アシスタントコーチの林健太郎氏(46)が暫定監督、アカデミースタッフのマルコス・ビベス コーチ(43)がヘッドコーチを務める。 ▽吉田監督は、2017年8月に前任のネルシーニョ氏の解任に伴い、ヘッドコーチから昇格。チームとしてAFCチャンピオンズリーグ出場権獲得を狙う今シーズンは、夏にバルセロナから元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを加えたが、明治安田生命Jリーグ残り8試合の現時点で3位のFC東京を6ポイント差で追う8位に位置している。 ▽なお、吉田監督のラストマッチになった明治安田生命J1リーグ第26節は、15日にホームで行われ、17位に甘んじるガンバ大阪を相手に1-2の逆転負け。事実上の解任となる吉田監督は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「ヴィッセル神戸に関わる全ての皆さま、日頃よりご支援、ご声援いただき誠にありがとうございます。今シーズンは ACL 出場を目標に戦っております。私の力不足で満足のいく結果を出すことができず、クラブの成長をお見せすることができず、悔しい思いで一杯です」 「私はヴィッセル神戸が大好きで、現役時代からこのクラブでタイトルを獲ることが夢でした。現役引退後も全力で向き合ってきました。このクラブはまだまだ成長して、目標を達成できるクラブだと思います。このクラブへの愛情は尽きることはありません。今後ともご声援のほど、宜しくお願いします」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.17 11:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース