【2017-18ブンデスリーガ・ベストイレブン】6連覇のバイエルンから6選手を選出2018.05.24 21:01 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017-18シーズンのブンデスリーガが終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆ブンデスリーガベストイレブン
GK:ウルライヒ
DF:パパスタソプーロス、ナウド、フンメルス
MF:キミッヒ、ミュラー、フォクト、ハメス・ロドリゲス
FW:ウート、レヴァンドフスキ、ベイリー

GKスベン・ウルライヒ(29歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:29(先発回数:29)/失点数:26 /出場時間:2610分
▽CLレアル・マドリー戦では敗退につながる凡ミスを犯して悪い印象を残してしまったが、リーグ戦では守護神ノイアーの代役を見事に全うしていた。決して少なくないピンチをウルライヒのセーブで救われたシーンは幾度もあった。バイエルンの優勝に間違いなく貢献した一人だった。

DFソクラティス・パパスタソプーロス(29歳/ドルトムント)
Getty Images
出場試合数:30(先発回数:28)/得点数:2/出場時間:2374分
▽ドルトムントから唯一の選出とした。大半の選手が水準以下のパフォーマンスに終わっていた中、ディフェンスリーダーであるパパスタソプーロスは、経験値の乏しいDFアカンジやDFザガドゥらを携えて奮闘していた印象だ。ただ、そのパパスタソプーロスも契約延長を固辞してアーセナル行きが濃厚と見られており、ドルトムントとしては頭の痛い問題が続く。

DFナウド(35歳/シャルケ)
Getty Images
出場試合数:34(先発回数:34)/得点数:7/出場時間:3060分
▽大ベテランの域に達したが、フルタイム出場で大車輪の活躍を見せた。テデスコ監督の下、3バックの中央を任されたナウドは、本職でないスタンブリらをうまく統率するとともに攻撃時のセットプレーで存在感を発揮。7ゴールを挙げ、チームを攻守両面で支えた。

DFマッツ・フンメルス(29歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:26(先発回数:25)/得点数:1/出場時間:2213分
▽バイエルンの守備の要として十分なパフォーマンスを発揮。例年泣かされる負傷もなくコンスタントにプレーし、チームを後方から支えた。相棒では新たにジューレと組む機会が増えたが、問題なくディフェンスラインを統率した。

MFヨシュア・キミッヒ(23歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:29(先発回数:26)/得点数:1/出場時間:2331分
▽重鎮ラームが引退した中、右サイドバックの穴を埋める以上の活躍を見せた。本職でないながら持ち前の器用さを活かして攻守にそつなくこなし、1ゴール12アシストと攻撃の起点としても十二分に機能した。

MFケビン・フォクト(26歳/ホッフェンハイム)
Getty Images
出場試合数:31(先発回数:31)/得点数:1/出場時間:2790分
▽ホッフェンハイムの守備の要。もともとはボランチが本職だが、3バックの中央を任され、期待に応えている。194cmの長身で空中戦に強いうえ、フィードも正確でナーゲルスマン監督の戦術を忠実に体現している存在だ。

MFハメス・ロドリゲス(26歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:23(先発回数:19)/得点数:7/出場時間:1623分
▽レアル・マドリーからレンタルで加入したコロンビア代表MFは、7ゴール11アシストと多くのゴールシーンに絡んだ。その創造性は王者バイエルンにおいても群を抜いており、違いを生み出せる存在だ。日本と対戦するワールドカップを前に非常に厄介な存在となっている。

MFトーマス・ミュラー(28歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:29(先発回数:22)/得点数:8/出場時間:1962分
▽アンチェロッティ体制下とは別人ではないかと思われるパフォーマンスを見せ付けた。ハインケス監督就任によって本来のゴールへの嗅覚を取り戻したミュラーは、8ゴール16アシストと大暴れ。昨季から続いていた不振が嘘のような活躍を見せた。

FWマルク・ウート(26歳/ホッフェンハイム)
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:31(先発回数:24)/得点数:14/出場時間:2176
▽ホッフェンハイムのダイナミックな攻撃を支えた立役者。推進力が売りのアタッカーはブンデスでキャリアハイとなる14ゴールをマーク。アシストも8つ決め、飛躍のシーズンとなった。ホッフェンハイムにCL出場権をもたらし、来季はシャルケでプレーする。

FWロベルト・レヴァンドフスキ(29歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:30(先発回数:24)/得点数:29/出場時間:2169分
▽好不調の波が非常に少ないゴールゲッター。コンスタントにゴールを積み重ね、バイエルンを6連覇に導いた。ハメス・ロドリゲス同様、ワールドカップでは日本の前に立ちはだかる。

MFレオン・ベイリー(20歳/レバークーゼン)
Getty Images
出場試合数:30(先発回数:25)/得点数:9/出場時間:2219分
▽本来はFWだが、ヘルリッヒ監督の下で左ウイングバックを任された。ゴールから遠ざかったはずだが、持ち前の爆発的なスピードを生かしたドリブルを駆使し、9ゴール6アシストと目に見える結果を残した。

コメント

関連ニュース

thumb

負傷者続出のドイツ代表、ジェローム・ボアテングがふくらはぎ負傷で離脱…《UEFAネーションズリーグ》

▽ドイツサッカー協会(DFB)は14日、ドイツ代表メンバーからバイエルンDFジェローム・ボアテングが負傷離脱したことを発表した。 ▽J・ボアテングは13日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)のオランダ代表にフル出場したが、試合後に行われた検査でふくらはぎの負傷が見つかった。 ▽DFBによれば、J・ボアテングは16日にアウェイで行われるUNLのフランス代表戦には帯同せず、所属先のバイエルンに戻るとのことだ。 2018.10.15 00:01 Mon
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキが移籍を希望した理由はバイエルンの姿勢?クラブに示したかったこととは…

バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、今夏の移籍騒動について真相を明かしている。ポーランド『Sportowe Fakty』で語った。<br><br>レヴァンドフスキは今夏、移籍を希望していると報道されながら、結局は残留に至った。最終的にはニコ・コバチ監督が説得し、納得したと伝えられている。一方で、移籍を希望していたことを認めており、クラブの姿勢に疑問を抱いていたことを挙げている。<br><br>「バイエルンで満足できないことがあり、それについて話したかった。オファーも多くのクラブから来ていたね。それがわかったとき、メディアには奇妙な雰囲気があり、クラブの間ともそうだった。だから(移籍を希望していることを)話すことに決めたんだ。&ldquo;僕に満足していない人がいるなら、出ていくこともあり得る&rdquo;と示したかったんだ」<br><br>「ただ、バイエルンの答えがどんな場合も『ノー』であることはわかっていた。どんなオファーであるかにかかわらずね」<br><br>一方で、移籍が成立しなかったことに不満も残していない。「僕は世界最高のクラブの一つにいるんだ」と話している。<br><br>「失望しているなんて言えないよ。確かにバイエルンは世界の他のトップクラブと比べると、人気は低いかもしれない。でもここで幸せでなければ、問題だよ。また大きな目標のために戦うつもりだ。シーズンは長いし、最高のレベルで戦うことができる。今は多くのことで改善が必要だけどね」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.10.12 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

チアゴが明かすバルセロナ退団の理由…ジダン就任報道は気に留めず

バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、過去のバルセロナ退団や現在のチームの苦境について語った。スペイン『カデナ・セール』が報じている。<br><br>チアゴは2013年にジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)に熱望される形でバイエルンへ加入。下部組織から過ごしたバルセロナを離れることについて「必要だった」と話している。<br><br>「バルサを離れる必要があった。国内、国外のクラブにかかわらずね。出場機会が多くなかったから、フットボールをして幸せになりたかったんだ。新たなステップ、新たな挑戦を求めていた。成長できてバルサには感謝しているが、レベルを上げるためにこういう瞬間は訪れるものだよ。バルセロナには閉じ込められていると感じていたし、どこかでレギュラーとしてプレーしたかったんだ」<br><br>また、現在バイエルンは4試合勝利なし。ジネディーヌ・ジダン氏の招へいがうわさされるなど、様々な憶測が周囲には渦巻いている。チアゴはそうしたことに触れつつ、苦境からの脱却を誓った。<br><br>「勝利を味わい、祝ってきた、家族がバイエルンにはいて、美しい伝統もある。だからこそ、負けたときには傷つくものだ。良いフィーリングを取り戻したい。選手のためだけでなく、ファンや家族のためにもね」<br><br>「ジダン就任はうわさに過ぎない。うわさはうわさだ。幸運なことにバイエルンには多くのベテランがいて、こういったことへの関わり方はわかっている。状況を変えるために努力し、前に進まなければならない」<br><br>提供:goal.com 2018.10.11 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、“ユーベ次第”でハメス獲得のチャンスか

▽マンチェスター・ユナイテッドにバイエルンでプレーするコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)の獲得機会が巡ってくるかもしれない。イギリス『Caughtoffside』がスペイン『Don Balon』の情報をもとに伝えた。 ▽昨夏にレアル・マドリーから2年間のレンタル契約でバイエルン入りしたハメス。ニコ・コバチ体制発足の今シーズンは、ここまで8試合2得点2アシストをマークしているが、3回の先発機会しか与えられていない。 ▽そうしたニコ・コバチ監督の扱い方に痺れを切らせたハメスの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏は、買い取りオプションを持つバイエルンに移籍の意思を表明。ユベントスに売り込みをかけたとみられる。 ▽ただ、先んじてユベントスに移籍金6200万ポンド(約91億8000万円)の獲得交渉を打診したジョルジュ・メンデス氏は、不調に終わった場合の策として、プレミアリーグのクラブへの売り込みも視野に入れている模様だ。 ▽そこで名前として挙がったのが、以前からハメスに対する関心が囁かれるユナイテッド。ジョルジュ・メンデス氏とも深い関係にあることから、ユナイテッドに話が舞い込んでくる可能性があるという。 2018.10.11 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、セリエA最高峰DFシュクリニアルに興味! ファン・ダイクの移籍金を上回る可能性も

▽バイエルがインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(23)の獲得を検討しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』の情報をイタリア『カルチョメルカート』が引用して伝えた。 ▽2017年にインテルに加入したシュクリニアルは、初年度の2017-18シーズンからセリエA38試合に出場し、チームの7シーズンぶりの チャンピオンズリーグ(CL)出場に貢献していた。今シーズンもここまでリーグ戦6試合に出場しており、『カルチョメルカート』は同選手をセリエAのベストディフェンダーの1人だと評している。 ▽シュクリニアルに対しては、今夏にバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティが興味を示していた。そして、今回の記事によると、今冬にはバイエルンも参戦するという。 ▽今シーズンのバイエルンは新監督としてニコ・コバチ監督を招へいしたが、ここまでのブンデスリーガ7試合4勝1分け2敗で6位に低迷。守備陣の強化を図るべく、シュクリニアルに白羽の矢を立てたようだ。 ▽シュクリニアルは現行契約を2022年まで残している。また、『トゥットスポルト』によると、インテルが見積もっている同選手の評価額は、少なくとも8000万ユーロ(約104億円)だ。この金額は、2017年冬にリバプールがサウサンプトンからオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを獲得した際の推定移籍金7500万ポンド(現在のレートで約111億円)とほぼ同等。そのため、シュクリニアルが移籍する場合は、ディフェンダーとしての移籍金世界最高額を更新するかもしれない。 2018.10.10 22:16 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース