【2017-18ブンデスリーガ・ベストイレブン】6連覇のバイエルンから6選手を選出2018.05.24 21:01 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017-18シーズンのブンデスリーガが終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆ブンデスリーガベストイレブン
GK:ウルライヒ
DF:パパスタソプーロス、ナウド、フンメルス
MF:キミッヒ、ミュラー、フォクト、ハメス・ロドリゲス
FW:ウート、レヴァンドフスキ、ベイリー

GKスベン・ウルライヒ(29歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:29(先発回数:29)/失点数:26 /出場時間:2610分
▽CLレアル・マドリー戦では敗退につながる凡ミスを犯して悪い印象を残してしまったが、リーグ戦では守護神ノイアーの代役を見事に全うしていた。決して少なくないピンチをウルライヒのセーブで救われたシーンは幾度もあった。バイエルンの優勝に間違いなく貢献した一人だった。

DFソクラティス・パパスタソプーロス(29歳/ドルトムント)
Getty Images
出場試合数:30(先発回数:28)/得点数:2/出場時間:2374分
▽ドルトムントから唯一の選出とした。大半の選手が水準以下のパフォーマンスに終わっていた中、ディフェンスリーダーであるパパスタソプーロスは、経験値の乏しいDFアカンジやDFザガドゥらを携えて奮闘していた印象だ。ただ、そのパパスタソプーロスも契約延長を固辞してアーセナル行きが濃厚と見られており、ドルトムントとしては頭の痛い問題が続く。

DFナウド(35歳/シャルケ)
Getty Images
出場試合数:34(先発回数:34)/得点数:7/出場時間:3060分
▽大ベテランの域に達したが、フルタイム出場で大車輪の活躍を見せた。テデスコ監督の下、3バックの中央を任されたナウドは、本職でないスタンブリらをうまく統率するとともに攻撃時のセットプレーで存在感を発揮。7ゴールを挙げ、チームを攻守両面で支えた。

DFマッツ・フンメルス(29歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:26(先発回数:25)/得点数:1/出場時間:2213分
▽バイエルンの守備の要として十分なパフォーマンスを発揮。例年泣かされる負傷もなくコンスタントにプレーし、チームを後方から支えた。相棒では新たにジューレと組む機会が増えたが、問題なくディフェンスラインを統率した。

MFヨシュア・キミッヒ(23歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:29(先発回数:26)/得点数:1/出場時間:2331分
▽重鎮ラームが引退した中、右サイドバックの穴を埋める以上の活躍を見せた。本職でないながら持ち前の器用さを活かして攻守にそつなくこなし、1ゴール12アシストと攻撃の起点としても十二分に機能した。

MFケビン・フォクト(26歳/ホッフェンハイム)
Getty Images
出場試合数:31(先発回数:31)/得点数:1/出場時間:2790分
▽ホッフェンハイムの守備の要。もともとはボランチが本職だが、3バックの中央を任され、期待に応えている。194cmの長身で空中戦に強いうえ、フィードも正確でナーゲルスマン監督の戦術を忠実に体現している存在だ。

MFハメス・ロドリゲス(26歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:23(先発回数:19)/得点数:7/出場時間:1623分
▽レアル・マドリーからレンタルで加入したコロンビア代表MFは、7ゴール11アシストと多くのゴールシーンに絡んだ。その創造性は王者バイエルンにおいても群を抜いており、違いを生み出せる存在だ。日本と対戦するワールドカップを前に非常に厄介な存在となっている。

MFトーマス・ミュラー(28歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:29(先発回数:22)/得点数:8/出場時間:1962分
▽アンチェロッティ体制下とは別人ではないかと思われるパフォーマンスを見せ付けた。ハインケス監督就任によって本来のゴールへの嗅覚を取り戻したミュラーは、8ゴール16アシストと大暴れ。昨季から続いていた不振が嘘のような活躍を見せた。

FWマルク・ウート(26歳/ホッフェンハイム)
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:31(先発回数:24)/得点数:14/出場時間:2176
▽ホッフェンハイムのダイナミックな攻撃を支えた立役者。推進力が売りのアタッカーはブンデスでキャリアハイとなる14ゴールをマーク。アシストも8つ決め、飛躍のシーズンとなった。ホッフェンハイムにCL出場権をもたらし、来季はシャルケでプレーする。

FWロベルト・レヴァンドフスキ(29歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:30(先発回数:24)/得点数:29/出場時間:2169分
▽好不調の波が非常に少ないゴールゲッター。コンスタントにゴールを積み重ね、バイエルンを6連覇に導いた。ハメス・ロドリゲス同様、ワールドカップでは日本の前に立ちはだかる。

MFレオン・ベイリー(20歳/レバークーゼン)
Getty Images
出場試合数:30(先発回数:25)/得点数:9/出場時間:2219分
▽本来はFWだが、ヘルリッヒ監督の下で左ウイングバックを任された。ゴールから遠ざかったはずだが、持ち前の爆発的なスピードを生かしたドリブルを駆使し、9ゴール6アシストと目に見える結果を残した。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン監督コバチ、大ベテラン“ロッベリー”に驚き「並外れていて手本」

バイエルンのニコ・コバチ監督は、アリエン・ロッベンとフランク・リベリの両ベテランに称賛の言葉を送っている。『南ドイツ新聞』が報じた。<br><br>今シーズンからバイエルンで指揮を執るコバチ監督。それぞれ35歳、34歳のリベリ、ロッベンについて驚きを隠しきれないことを認めている。<br><br>「ロッベンとリベリは並外れているし、2人ともワールドクラスだ。リーダーであり、手本だ。我々にとってとても重要な選手で、新シーズンもそうなるだろう」<br><br>さらに、ロッベンに関しては「彼については多くのことを聞いていたんだが」と前置きしつつ、予想を上回る働きを見せていることを明かす。<br><br>「ロッベンが毎日続けている練習でのハードワークは素晴らしい。本当に若い選手のお手本だ。すべてにおいて私の期待を上回っている」<br><br>そして、リベリは&ldquo;2つ目のビッグサプライズ&rdquo;だった様子。プレシーズンから大きな衝撃を与えられたようだ。<br><br>「プレシーズンの7週間で見せているエネルギーと情熱は信じられないよ。まだやれる力があるようだね。彼にはモンスターのようなメンタリティーがあり、常に前へ進んでいる」<br><br>2人は今季最初の公式戦となったDFLスーパーカップ・フランクフルト戦でそろって先発。5-0の快勝に大きく貢献していた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.08.18 20:05 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、J・ボアテング退団なら後釜はアルデルヴァイレルト?

▽バイエルンは、現在パリ・サンジェルマン(PSG)から関心を寄せられているドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)の退団に備えて後釜獲得に動こうとしているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽今夏新たなチャレンジとして移籍を考慮しているとされるJ・ボアテング。これまでPSGのほか、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が囁かれていたが、9日にプレミアリーグの移籍市場がクローズした。これにより、最近ではJ・ボアテングがPSG行きを決意したことが報じられ、移籍実現の可能性が高まっている。 ▽そんな中、バイエルンはJ・ボアテングの退団に備えてトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)を後釜としてリストアップしているようだ。 ▽アルデルヴァイレルトは、2015年にアトレティコ・マドリーからトッテナムに加入。昨シーズンはケガにも悩まされて公式戦21試合の出場にとどまった。それでも7月まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)では、6試合に出場。ベルギー代表史上初の3位入賞に貢献した。 2018.08.16 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンが酒井高&伊藤スタメンのHSVに逆転勝利!《プレシーズンマッチ》

▽プレシーズンマッチのハンブルガーSV(HSV)vsバイエルンが15日にフォルクスパルク・シュタディオン行われ、1-4でバイエルンが勝利した。HSVのDF酒井高徳は61分までプレー、MF伊藤達哉は前半のみプレーした。 ▽12日にブンデスリーガ2部第2節のザントハウンゼン戦を行ったHSVは、その試合からスタメンを6人変更。酒井高と伊藤は共にスタメンに名を連ねた。 ▽一方、12日にDFLスーパーカップ2018でフランクフルトと対戦したバイエルンは、その一戦からGKノイアーとロッベン以外のスタメン9人変更。ワグナーやコマン、ゴレツカ、ラフィーニャらがスタメンに並んだ。 ▽互いに積極的な入りを見せる中、先にチャンスを迎えたのはHSV。3分、味方のパスを受けたホルトビーがボックス中央まで持ち上がりシュートを放つが、これはGKノイアーが左足で弾く。 ▽対するバイエルンは4分、ロッベンのスルーパスでゴールエリア右まで駆け上がったワグナーがダイレクトシュート。GKミッケルが弾いたボールがそのままゴールに向かうも、ゴールライン手前で守備に戻ったDFにクリアされた。 ▽一進一退が続く中、試合が動いたのはHSV。25分、ボックス左でボールを受けたアルプが相手DFを背負いながらワンタッチではたくと、これを拾ったホルトビーがGKノイアーを引きつけラストパス。最後はネイリーがゴールに流し込んだ。 ▽先制を許したバイエルンだが30分、左サイドから仕掛けたコマンがボックス左で酒井高に倒されPKを獲得。このPKをワグナーがゴール左隅に沈めた。さらにバイエルンは、41分にもゴレツカの左クロスをワグナーが右足のヒールで合わせ、逆転に成功した。 ▽迎えた後半、1点を追うHSVは伊藤やホルトビー、GKミッケルらに代えてハイロやヤンジチッチ、GKポラースベックを投入。対するバイエルンはGKノイアー、ロッベン、アブッチァを下げてGKウルライヒ、リベリ、ジュルーを投入。 ▽立ち上がりから主導権を握るバイエルンは、59分にコマンやルディー、ゴレツカらに代えてミュラーやチアゴ、フランツケらをピッチに送り出した。すると73分、右サイドから仕掛けたフランツケのクロスをニアに走り込んだミュラーがワンタッチで流し込み、3点目を奪った。 ▽リードを広げたバイエルンは、86分にもボックス左でボールを受けたキミッヒの折り返しからミュラーがゴールネットを揺らし、試合を決定付ける4点目。結局、試合はそのまま1-4で終了。 ▽敵地で逆転勝利を収めたバイエルンは、18日にDFBポカール1回戦で4部のドロホターゼンと対戦。一方のHSVは、18日にDFBポカール1回戦で4部のエルンテブリュックと対戦する。 2018.08.16 02:56 Thu
twitterfacebook
thumb

ミュラー、レヴァンドフスキのハットに「だからこそバイエルンは彼を手放さなかった」

バイエルンに所属するドイツ代表FWトーマス・ミュラーは、ロベルト・レヴァンドフスキは絶対的な存在であることを再び示したと話している。<br><br>バイエルンは12日に行われたDFLスーパーカップでフランクフルトと対戦。この試合ではレヴァンドフスキがハットトリックを決めるなど、バイエルンが5-0と大勝を収めてシーズン最初のタイトルを獲得した。<br><br>ミュラーは試合後、昨季終盤には批判も受けたレヴァンドフスキがピッチで見事なリアクションを見せたと称賛の言葉を贈っている。<br><br>「彼は再びクオリティを見せてくれた。今さら誰に対しても力を証明する必要などないにもかかわらずね。彼は僕らにとってとても重要な存在だ。だからこそ、クラブは彼を出さなかった」<br><br>また、スーパーカップを欠場し、パリ・サンジェルマンへの移籍が近づいているともささやかれるDFジェローム・ボアテングにも言及。「僕らにはジェロームが必要」と話して残留を望んだ。<br><br>「彼はとても重要な選手だよ。フィットしていれば、彼のクオリティでプレーできるDFは世界にほとんどいないからね」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.14 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ダビド・アラバ、重傷回避 治療受けながら経過観察へ

▽バイエルンに所属するオーストリア代表DFダビド・アラバが重傷を回避した。バイエルンが13日に診断結果を発表している。 ▽アラバは、12日に行われたDFBスーパーカップのフランクフルト戦に先発。だが、左ヒザを痛め、75分に交代を余儀なくされた。 ▽だが、バイエルン側の報告によれば、検査でじん帯の損傷は確認されず、治療を受けながら経過を観察していくという。 ▽バイエルンは18日にDFBポカール1回戦でドロホターゼン・アッセルと対戦。24日にブンデスリーガ開幕節のホッフェンハイム戦を迎える。 2018.08.14 10:55 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース