【2017-18ブンデスリーガ・ベストイレブン】6連覇のバイエルンから6選手を選出2018.05.24 21:01 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017-18シーズンのブンデスリーガが終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆ブンデスリーガベストイレブン
GK:ウルライヒ
DF:パパスタソプーロス、ナウド、フンメルス
MF:キミッヒ、ミュラー、フォクト、ハメス・ロドリゲス
FW:ウート、レヴァンドフスキ、ベイリー

GKスベン・ウルライヒ(29歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:29(先発回数:29)/失点数:26 /出場時間:2610分
▽CLレアル・マドリー戦では敗退につながる凡ミスを犯して悪い印象を残してしまったが、リーグ戦では守護神ノイアーの代役を見事に全うしていた。決して少なくないピンチをウルライヒのセーブで救われたシーンは幾度もあった。バイエルンの優勝に間違いなく貢献した一人だった。

DFソクラティス・パパスタソプーロス(29歳/ドルトムント)
Getty Images
出場試合数:30(先発回数:28)/得点数:2/出場時間:2374分
▽ドルトムントから唯一の選出とした。大半の選手が水準以下のパフォーマンスに終わっていた中、ディフェンスリーダーであるパパスタソプーロスは、経験値の乏しいDFアカンジやDFザガドゥらを携えて奮闘していた印象だ。ただ、そのパパスタソプーロスも契約延長を固辞してアーセナル行きが濃厚と見られており、ドルトムントとしては頭の痛い問題が続く。

DFナウド(35歳/シャルケ)
Getty Images
出場試合数:34(先発回数:34)/得点数:7/出場時間:3060分
▽大ベテランの域に達したが、フルタイム出場で大車輪の活躍を見せた。テデスコ監督の下、3バックの中央を任されたナウドは、本職でないスタンブリらをうまく統率するとともに攻撃時のセットプレーで存在感を発揮。7ゴールを挙げ、チームを攻守両面で支えた。

DFマッツ・フンメルス(29歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:26(先発回数:25)/得点数:1/出場時間:2213分
▽バイエルンの守備の要として十分なパフォーマンスを発揮。例年泣かされる負傷もなくコンスタントにプレーし、チームを後方から支えた。相棒では新たにジューレと組む機会が増えたが、問題なくディフェンスラインを統率した。

MFヨシュア・キミッヒ(23歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:29(先発回数:26)/得点数:1/出場時間:2331分
▽重鎮ラームが引退した中、右サイドバックの穴を埋める以上の活躍を見せた。本職でないながら持ち前の器用さを活かして攻守にそつなくこなし、1ゴール12アシストと攻撃の起点としても十二分に機能した。

MFケビン・フォクト(26歳/ホッフェンハイム)
Getty Images
出場試合数:31(先発回数:31)/得点数:1/出場時間:2790分
▽ホッフェンハイムの守備の要。もともとはボランチが本職だが、3バックの中央を任され、期待に応えている。194cmの長身で空中戦に強いうえ、フィードも正確でナーゲルスマン監督の戦術を忠実に体現している存在だ。

MFハメス・ロドリゲス(26歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:23(先発回数:19)/得点数:7/出場時間:1623分
▽レアル・マドリーからレンタルで加入したコロンビア代表MFは、7ゴール11アシストと多くのゴールシーンに絡んだ。その創造性は王者バイエルンにおいても群を抜いており、違いを生み出せる存在だ。日本と対戦するワールドカップを前に非常に厄介な存在となっている。

MFトーマス・ミュラー(28歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:29(先発回数:22)/得点数:8/出場時間:1962分
▽アンチェロッティ体制下とは別人ではないかと思われるパフォーマンスを見せ付けた。ハインケス監督就任によって本来のゴールへの嗅覚を取り戻したミュラーは、8ゴール16アシストと大暴れ。昨季から続いていた不振が嘘のような活躍を見せた。

FWマルク・ウート(26歳/ホッフェンハイム)
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:31(先発回数:24)/得点数:14/出場時間:2176
▽ホッフェンハイムのダイナミックな攻撃を支えた立役者。推進力が売りのアタッカーはブンデスでキャリアハイとなる14ゴールをマーク。アシストも8つ決め、飛躍のシーズンとなった。ホッフェンハイムにCL出場権をもたらし、来季はシャルケでプレーする。

FWロベルト・レヴァンドフスキ(29歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:30(先発回数:24)/得点数:29/出場時間:2169分
▽好不調の波が非常に少ないゴールゲッター。コンスタントにゴールを積み重ね、バイエルンを6連覇に導いた。ハメス・ロドリゲス同様、ワールドカップでは日本の前に立ちはだかる。

MFレオン・ベイリー(20歳/レバークーゼン)
Getty Images
出場試合数:30(先発回数:25)/得点数:9/出場時間:2219分
▽本来はFWだが、ヘルリッヒ監督の下で左ウイングバックを任された。ゴールから遠ざかったはずだが、持ち前の爆発的なスピードを生かしたドリブルを駆使し、9ゴール6アシストと目に見える結果を残した。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー、ハドソン=オドイ慰留に巨額サラリー提示へ!

チェルシーが、U-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の慰留に向けて高額サラリーを準備しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 イングランド屈指の若手として注目を集めているハドソン=オドイ。しかし、チェルシーで出場機会を掴む難しさから移籍が取り沙汰されており、バイエルンが獲得に接近していることが伝えられている。バイエルンは4度のオファーを提示し、提示される移籍金は3500万ポンド(約50億円)にまで到達。また、選手当人もバイエルン行きに前向きであると見られている。 流出寸前という状況だが、慰留に努めるチェルシーは新契約を準備。その契約では、基本週給5万ポンド(約700万円)+出来高2万ポンド(約280万円)で計7万ポンド(約980万円)というサラリーが設定されており、10代のプレミアリーグの選手の中ではかなり高額なものとなる。 しかし、このオペレーションが順調に進んでいるとは伝えられていない。今回がチェルシーからの最終オファーともされているが、ハドソン=オドイは変わらずバイエルンであればより出場機会を増加させられると考えているようで、給与以上にその点を重視しているとのこと。記事は、チェルシーが“マンモス・ディール”を成立させるためには出場時間の保証が必要になるだろう、と締められている。 2019.01.18 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第18節プレビュー】後半戦再開! ドルトとバイエルンは難敵とのアウェイ戦

約1カ月のウインターブレイクを経て、ブンデスリーガの後半戦が金曜に再開される。前半戦最終戦となったボルシアMGとの上位決戦を制したドルトムントは、5連勝締めとした2位バイエルンとの勝ち点差6をキープして2018年を終えた。後半戦のスタートとなる迎える第18節、ドルトムントとバイエルンはいずれも難敵とのアウェイ戦を戦う。 まずは4位ライプツィヒ(勝ち点31)とのアウェイ戦に臨む首位ドルトムント(勝ち点42)から。前節ボルシアMG戦では前々節デュッセルドルフ戦での痛恨の敗戦を引きずらずに勝利を取り戻して前半戦を終えたドルトムント。良いムードでウインターブレイクを過ごせた中、引き続きアカンジとザガドゥを負傷で欠くセンターバックに本職中盤のヴァイグルが起用される見込みだが、スピードに秀でるライプツィヒのヴェルナーを止めることはできるか。 続いて金曜に7位ホッフェンハイム(勝ち点25)とのアウェイ戦に臨む2位バイエルン(勝ち点36)。5連勝でドルトムントの追撃態勢に入っている中、ロッベリーは負傷で不在となるが、存在感を高めてきているニャブリとコマンが彼らの穴を埋める働きをこなせれば、後半戦も白星スタートを切れるはずだ。連勝を伸ばし、ドルトムントにプレッシャーをかけたい。 左足太ももを痛めて前半戦残り3試合を欠場した6位フランクフルト(勝ち点27)の長谷部だが、11位フライブルク(勝ち点21)との後半戦初戦は先発復帰予想となっている。チームは長谷部不在の間、1勝1分け1敗で6失点とやや安定感を欠いており、長谷部の復帰によって復調したいところ。後半戦白星スタートとなるか。 2018年終盤、宇佐美の活躍もあって3連勝とし、急浮上した14位デュッセルドルフ(勝ち点18)は、15位アウグスブルク(勝ち点15)とのアウェイ戦に臨む。残留を争うライバルとの直接対決となるが、アジアカップに招集されなかった宇佐美は先発予想。引き続きチームの勝利に貢献するようなプレーを期待したい。 最下位と苦しいニュルンベルクはヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨むが、久保はベンチスタート予想。そしてハノーファーvsブレーメンは大迫と原口がアジアカップ参戦中のため欠場となり、浅野は負傷欠場予想となっている。 ◆ブンデスリーガ第18節 ▽1/18(金) 《28:30》 ホッフェンハイム vs バイエルン ▽1/19(土) 《23:30》 ハノーファー vs ブレーメン アウグスブルク vs デュッセルドルフ シュツットガルト vs マインツ フランクフルト vs フライブルク レバークーゼン vs ボルシアMG 《26:30》 ライプツィヒ vs ドルトムント ▽1/20(日) 《23:30》 ニュルンベルク vs ヘルタ・ベルリン 《26:00》 シャルケ vs ヴォルフスブルク 2019.01.18 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし

マンチェスター・シティは、ドルトムントに向かったMFジェイドン・サンチョやレアル・マドリーに移籍したブラヒム・ディアスに続きFWラビ・マトンドも失うことになるかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』によると、快速ウィングはブンデスリーガ行きを望んでいるという。<br><br>昨年9月に18歳の誕生日を迎えたマトンドは2016年夏にカーディフ・シティからシティのアカデミーに移籍。2017年夏にはU-18チーム、昨年夏からはU-23チームの一員となり、リザーブスリーグの11試合では6ゴールを記録している。<br><br>しかしシティ最速の選手とも言われるアタッカーは、昨年11月に行われたアルバニアとの国際親善試合でウェールズA代表としてのデビューを果たすも、いまだにジョゼップ・グアルディオラ監督の下では起用されていない。イギリス紙『サン』では先日、クラブが提示していた2020年までの契約の延長を拒否したとも伝えられていたところだ。<br><br>そんなマトンドの獲得に国内のエヴァートンやサウサンプトンのほか、ドルトムントやバイエルン、ボルシアMGやRBライプツィヒ、ホッフェンハイムとドイツ勢が乗り出しているようだ。『シュポルト・ビルト』によると、そのなかで選手が優先する移籍先は今夏に退団する可能性が伝えられるベルギー代表MFトルガン・アザールの後釜を探すボルシアMGだという。<br><br>ドルトムントで今季大ブレイク中のサンチョ(18)が成功例となり、アーセナルから期限付きでホッフェンハイムに向かったFWリース・ネルソン(19)もリーグ戦13試合6ゴールと活躍中のブンデスリーガ。シティが移籍金1000万ユーロ(約12億5000万円)を求めるとされるマトンドも、ドイツでプロキャリアの道を歩み始めることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.17 22:08 Thu
twitterfacebook
thumb

チャビ、キミッヒ絶賛でバルサに推薦!?

アル・サッドでプレーする元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが、バイエルンに所属するドイツ代表DFヨシュア・キミッヒを絶賛している。イギリス『Four Four Two』がドイツ『ビルド』を引用して伝えている。 2015年にライプツィヒからバイエルンに加入したキミッヒ。頭脳的なプレーに加えて、右サイドバックやセントラルMFを高いレベルでこなすことができることから「元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム氏の後継者」とも評されている。今シーズンはブンデスリーガ前半戦を全試合スタメン出場し、公式戦26試合1ゴール10アシストを記録するなど、不調に陥ったチームの復調に貢献。すでにバイエルンやドイツ代表で欠かせない選手だ。 そんなキミッヒを元バルセロナのチャビが注目。クラブ・代表チームの中心選手と語り、「バルセロナにとって完璧な選手になる」と断言した。 「僕はバルセロナ前監督のグアルディオラとキミッヒについて話したことがある」 「それまで彼のことを聞いたことはなかったけど、それ以来僕は彼のキャリアを追っているんだ。ジョシュアは、バイエルンとドイツ代表の中心選手で、将来を担っていく選手だね」 「どんなポジションでもプレーすることが可能。バルセロナにとって完璧な選手になるよ」 「僕はキャリアの中で、バルセロナに適した選手を探し、見続けていたんだ。フィリップ・ラームがまさにそうだよ。ヨシュア・キミッヒもバルセロナで問題なくプレー出来るし、上手くフィットするだろうね」 2019.01.17 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、バイエルン移籍を“禁止”?主力選手のライバルへの流出を阻止か

今後しばらくドルトムントに所属する選手がバイエルンに渡ることはないかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が伝えた。<br><br>2013年にはMFマリオ・ゲッツェ、翌年にはFWロベルト・レヴァンドフスキ、2016年にはDFマッツ・フンメルスをバイエルンに引き抜かれてきたドルトムント。これら主力選手の流出も響き、2011-12シーズン以降はリーグタイトルから遠ざかる一方で、バイエルンには昨夏までブンデスリーガ6連覇と1強状態を築き上げられている。<br><br>だが、これからはリーグタイトルを巡ってバイエルンと張り合えるためにドルトムント幹部は内部でとある決断を下したようだ。『シュポルト・ビルト』はその例として、アメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが移籍を要請したところ、幹部は最終的にはバイエルン以外への移籍のみを許す条件で移籍を容認したことを挙げている。レンタルバックという形で今シーズンいっぱいはドルトムントに残り、夏にはチェルシーに加入が決定した同選手だが、バイエルン移籍の選択肢は与えられていなかったとのことだ。<br><br>ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は昨年11月、3-2で勝利を収めたバイエルン戦後に『スカイ』で「うちの選手の1人が来年、バイエルン・ミュンヘンのユニフォームを着ることは除外できるだろう。これに関しては手を打っている。うちには(選手との契約には)契約解除条項は存在しない」と強調。今後新選手はドルトムントに加入する時点から、契約満了前のバイエルン行きはないと見ても良いのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.17 07:43 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース