【欧州4大リーグ日本人選手総括&評価】乾、長谷部、伊藤が奮闘も軒並み厳しいシーズンに2018.05.24 19:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州4大リーグの2017-18シーズンが終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人12選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。
★★★★★が最高、☆が最低

★岡崎慎司[レスター・シティ]
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:27(先発:17)ゴール数:6
FAカップ出場試合数:3(先発:0)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:1
評価: ★★☆☆☆

◆前半戦でキャリアハイも後半戦ノーゴール
▽レスターでの3シーズン目を終えた岡崎。前半戦では監督交代があった中、キャリアハイとなる6ゴールをマークした。2桁ゴールを目指せるペースだったが、後半戦はピュエル監督の信頼を掴めず徐々に出場機会を減らし、まさかのノーゴールに終わってしまった。4月には足首を負傷し、そのまま復帰できずにシーズンが終了。チームは残留争いに巻き込まれることはなかったが、岡崎にとっては尻すぼみの消化不良なシーズンとなってしまった。なお、今季限りでのレスター退団が濃厚との報道で活躍の場をスペインに移す模様だ。

★吉田麻也[サウサンプトン]
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:24(先発:23)ゴール数:2
FAカップ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆ディフェンスリーダー移籍で初の残留争い
▽サウサンプトンでの6シーズン目はチーム共々苦しいシーズンとなった。ディフェンスリーダーのファン・ダイクを欠いたチームは低空飛行を続け、吉田加入後では初となる残留争いに巻き込まれた。3月には監督交代もあった中、シーズン終盤にレギュラーの座を取り戻した吉田だが、残り3試合となったエバートン戦で退場するなどチームの力になりきることはできなかった。

★乾貴士[エイバル]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:34(先発:31)ゴール数:5
コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆絶対的レギュラーの座を確立
▽エイバルでの3シーズン目を迎えた乾は、絶対的レギュラーの座を確立した。不動の左サイドとして君臨した乾は、守備のタスクをこなしつつ、ゴールに絡むプレーを続けた。乾の活躍もあってエイバルはシーズン序盤の躓きをものともせず、楽々と残留。目標を果たした乾は来季、ヨーロッパリーグに出場するベティスへの移籍が濃厚となっている。

★柴崎岳[ヘタフェ]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:22(先発:12)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:0
評価: ☆☆☆☆

◆バルサ戦でゴラッソも悔しい長期離脱
▽昇格プレーオフを戦った相手のヘタフェに加入してプリメーラ初挑戦となった柴崎は、トップ下の位置で開幕スタメンの座をつかむと、第4節バルセロナ戦で強烈な左足ボレーによるゴラッソを叩き込んだ。華々しいスタートを切った柴崎だったが、そのバルセロナ戦で左足中足骨を骨折し、約2カ月半戦列を離れることになってしまった。この負傷が響き、シーズンを通してコンスタントに出場機会を得ることができなかった。チームはヨーロッパリーグ出場権争いに絡む良いシーズンを過ごしたが、柴崎にとっては悔しいシーズンとなった。

★香川真司[ドルトムント]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:19(先発:12)ゴール数:5
チャンピオンズリーグ出場試合数:5(先発:5)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:3(先発:2)ゴール数:1
評価: ★★☆☆☆
◆負傷でシーズン終盤を棒に
▽12月に就任したシュティーガー監督によってゴールにつながるプレーが増え、復調した感のあった香川。だが、2月に左足首を負傷すると、そこから復帰までにかなりの時間を要してしまった。結局、復帰できたのが最終節と、チャンピオンズリーグ出場権争いをしていたチームを助ける働きはできなかった。ワールドカップに向けて大きな不安の残るシーズンとなっている。

★大迫勇也[ケルン]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:25(先発:23)ゴール数:4
ヨーロッパリーグ出場試合数:6(先発:3)ゴール数:2
DFBポカール出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆ストライカーの役割果たせず
▽ケルンでの4シーズン目を終えた大迫は、チームを降格の危機から救うことができなかった。昨季までの点取り屋であったモデストを失ったチームの中で大迫がエースストライカーとしての役割を果たして欲しかったところだが、わずか4ゴールと失望の結果に終わってしまった。シーズン終了後、ブレーメンへの移籍が発表された。

★長谷部誠[フランクフルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:24(先発:23)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:5(先発:5)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆DFBポカール優勝
▽フランクフルトでの4シーズン目となった今季も、昨季同様にリベロでハイレベルなプレーを見せた。長谷部の安定感あるプレーによって押し上げられたチームはシーズン終盤までCL出場権争いを繰り広げ、DFBポカールでは30年ぶりの優勝を果たした。34歳と円熟味を増した長谷部に対して、クラブが1年の契約延長オファーを打診したことが、長谷部の価値を物語っている。

★鎌田大地[フランクフルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価:☆☆☆☆☆
◆何もできず
▽ここまで出場機会を得られないとは予想していなかった。鎌田の攻撃センスを持ってすればブンデスで十分に通用するかと思われたが、壁は高かったようだ。シーズン序盤にチャンスをもらったのみで、その後は見切られてしまった。来季、新監督のもとで挽回のチャンスを得られるか。

★武藤嘉紀[マインツ]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:27(先発:20)ゴール数:8
DFBポカール出場試合数:3(先発:1)ゴール数:2
評価: ★★★☆☆
◆キャリアハイの8ゴールで残留に導く
▽マインツでの3シーズン目を迎えた今季、武藤はエースストライカーの役割を果たしたと言えるだろう。ブンデス初挑戦のシーズンに記録した7ゴールを越える8ゴールを記録した武藤は、シーズン終盤の痺れる残留争いの試合でゴールに直結するプレーを連発し、チームを残留に導いた。この活躍が認められ、ワールドカップの候補メンバーにも滑り込んでいる。

★酒井高徳[ハンブルガーSV]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:26)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆2年連続キャプテンもチームは史上初の降格
▽ハンブルガーSVでの3シーズン目を迎えた酒井高は、今季もキャプテンの重責を任された。しかし、チームは低空飛行を続け、泥沼の状態が続いた。今季3人目の指揮官となったティッツ監督によって最終節まで残留の可能性を残したが、55年守った1部の舞台からついに姿を消した。そのチームのキャプテンという不名誉な称号を負った酒井高だが、降格直後に残留宣言をし、クラブへの忠誠を誓っている。

★伊藤達哉[ハンブルガーSV]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:20(先発:12)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆降格チームの希望に
▽2015年夏に柏レイソルのユースからハンブルガーSVのユースに加入した伊藤は、ギズドル監督の下、第6節レバークーゼン戦でトップチームデビュー。2人目のホラーバッハ監督には評価されなかった伊藤だが、U-21チームで指導を受けていたティッツ監督の就任によって風向きが変わる。シーズン終盤、ティッツ監督の存在によってスタメンのチャンスを得た伊藤はゴールに直結するアシストを記録し、期待に応えていった。伊藤の活躍がなければもっと早く降格が決まっていたことだろう。

★浅野拓磨[シュツットガルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:15(先発:7)ゴール数:1
DFBポカール出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆シーズン後半は戦力外に
▽アーセナルからのレンタル期間が延長となって1部に復帰したシュツットガルトに残留した浅野。シーズン前半戦は出場機会をコンスタントにもらい、ブンデス1部初ゴールも記録したが、FWゴメスが加わった後半戦は全く出場機会を得られなかった。実質戦力外の扱いを受けた浅野はハノーファーへの加入を決断した。

コメント

関連ニュース

thumb

香港の傑志所属、中村祐人が香港代表入りを明言…16日インドネシア代表戦でデビューも

香港リーグの傑志でプレーする中村祐人が13日、自身のSNSで中国国籍を取得し、香港代表から招集を受けたことを明らかにしている。<br><br>香港代表は16日にインドネシア代表との親善試合が控えており、早ければこの試合で中村はピッチに立つ可能性があるという。中村は自身の公式SNSで次のように述べ、香港代表としての意気込みを示している。<br><br>「帰化して香港人になりました。そして16日に行われるインドネシアとの親善試合に香港代表として招集されました。香港サッカーの更なる発展のために全力で戦っていきます!これまで応援してくださった皆様、ありがとうございました。これからも温かく見守って頂けると幸いです。」(原文ママ)<br><br>1987年生まれ、現在31歳の中村は浦和の下部組織育ちで、青山大を経て2009年に香港一部のTSWペガサスに加わった。その後ポルティモネンセ(ポルトガル)、公民、南華足球隊、和富大埔を経て今年から傑志に在籍。同チームではリバプールやユベントスに在籍経験のある元マリ代表MFモハメド・シソコとともにプレーしていた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.14 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

W杯経験のDF酒井宏樹、同サイドでコンビを組む堂安律について「自分が合わせる感じ」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は14日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向け、さいたま市内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)がメディア陣による取材に応対。右サイドでの関係性や、新たな代表チームについて語った。 ◆DF酒井宏樹(マルセイユ) 「特に僕のポジションは受け手なので、試合ごとに色々なタイプの選手が出てきて、サッカーのスタイルが変われば新たな攻撃のスタイルが出てきて、毎日毎日試行錯誤しています。だから、目標というのは、1試合1試合ですね。楽しいですし、充実しています」 ──チームとしては2試合連続で無失点ですが、次無失点だと記録更新のようですが 「記録は全く頭に無いです。守備陣としてゼロに抑えるのは、目標というよりはマストなことです。ただ、失点するときはします。前の2チームとは精度が違うので、全力でケアしたいです」 ──縦関係はメンバーが変わってくるが、堂安と組むとしたらイメージは 「僕が生かすことはあまりないかなと思います。彼が先頭を切って勝負して、自分が合わせる感じですね。前の選手が堂々としていた方が、相手の守備、受ける側としては混乱するかなと思います。サイドバックが舵を握っている縦関係ではないですね」 2018.10.14 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

MF原口元気、ウルグアイ戦で目指すことは「どれだけ表現できるか」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は14日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向け、さいたま市内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF原口元気(ハノーファー/ドイツ)がメディア陣による取材に応対。パナマ代表戦でコンビを組んだMF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)とMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)との違いや、ウルグアイ戦への意気込みを語った。 ◆MF原口元気(ハノーファー) ──トップ下が南野選手で、これまでの香川選手とは違うが、どう感じているか 「比べてないからなんとも言えないですが、あまり気にしていないです。誰と組むということは。考えすぎても…。なるべくそれが自然に出るように、練習から落とし込んでいます。誰と組むとか、特徴を考える必要はあるけど、考えて形を作ると遅いです」 「ミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ監督/北海道コンサドーレ札幌)の練習の時からそうだけど、パッと全員が同じイメージを共有できないといけないです。そういった練習はしているので、これからも数多くそういったシーンは出てくるんじゃないかなと思います」 ──ウルグアイ代表戦に向けてはどういったことを目指すか 「相手どうこうではないです。強いのは理解しているし、良い相手ということは理解しているけど、今自分たちがやっていることをどれだけ表現できるかだと思います。もちろん勝ちたいし、勝ちに行きますが、それよりも今やっていることをどれだけ表現できるか。その方が大事かなと思います」 「それが形になればいいし、ならないんであれば、試合中から色々工夫をしなくてはいけないです。森保さんが言うように、臨機応変に。試合中に自分たちでどうしていこうか。ワールドカップを戦っていても、感じました。そういった対応力というのは、出していかないといけないなと思います」 2018.10.14 19:35 Sun
twitterfacebook
thumb

新エースは俺だ! 2戦連発の南野拓実「青山さんのおかげ」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は12日、新潟県のデンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で完勝した。 ▽先月の代表活動に続くゴールで再び新エースに名乗りを上げたMF南野拓実は試合後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対。自身の得点に結びつけたMF青山敏弘のパスに感謝した。 ◆MF南野拓実(ザルツブルク) ──試合を振り返って 「3得点で、無失点で勝てたことが良かった」 ──ゴールに向かう意識が際立っていたが 「なかなか攻撃の形が掴めず、簡単なミスから危ない場面から作ってしまった。でも、その中で1点が取れれば楽になると思って、そういうチャンスがあれば逃さず、(自分で)決めようという考えがあった」 ──中盤に降りてボールに絡むシーンについて 「スペースはあったので、あそこでボールを受けて前を向くことがリズムを作る1つのキッカケになると思ったし、自分のリズムを作るためにもという意味もあった」 ──ゴールシーンについて 「ターンはイメージ通りではなかったけど、何とか前を向けて、ゴールに繋げることができて良かった。良いパスを届けてくれた青山(敏弘)さんのおかげ」 「ああいう風に相手の間に立ってボールを受けることは僕のやりたいプレーの1つ。練習からそれのイメージを共有をしてきいた。シュートも余裕を持って落ち着いて相手GKを見ながら打つことができた」 2018.10.12 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司にガラタサライ関心報道

▽レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司(32)にガラタサライ移籍の可能性が急浮上した。トルコ『Haber Turk』が報じた。 ▽2015年夏にレスター・シティ入りした岡崎。その加入初年度にプレミアリーグ優勝を経験したが、近年は故障にも苛まれ、今シーズンのプレミアリーグでここまで4回の途中出場にとどまっている。その岡崎は今シーズン限りでレスターとの契約が満了の見込み。そのため、去就が慌ただしくなりつつある。 ▽その中、日本代表で同僚のDF長友佑都も籍を置くガラタサライがファティ・テリム監督の意向を受け、岡崎に関心。既にコンタクトを図ったという。なお、現在の岡崎であれば、推定200万ユーロ(約2億5000万円)で契約可能とみられる。 ▽年齢的に古巣の清水エスパルスを含め、2010年以来のJリーグ帰還にも期待が集まり始める岡崎。ガラタサライ側はモロッコ代表MFユネス・ベルアンダを売却して獲得に乗り出す気概だというが、果たして…。 2018.10.11 12:30 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース