【欧州4大リーグ日本人選手総括&評価】乾、長谷部、伊藤が奮闘も軒並み厳しいシーズンに2018.05.24 19:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州4大リーグの2017-18シーズンが終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人12選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。
★★★★★が最高、☆が最低

★岡崎慎司[レスター・シティ]
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:27(先発:17)ゴール数:6
FAカップ出場試合数:3(先発:0)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:1
評価: ★★☆☆☆

◆前半戦でキャリアハイも後半戦ノーゴール
▽レスターでの3シーズン目を終えた岡崎。前半戦では監督交代があった中、キャリアハイとなる6ゴールをマークした。2桁ゴールを目指せるペースだったが、後半戦はピュエル監督の信頼を掴めず徐々に出場機会を減らし、まさかのノーゴールに終わってしまった。4月には足首を負傷し、そのまま復帰できずにシーズンが終了。チームは残留争いに巻き込まれることはなかったが、岡崎にとっては尻すぼみの消化不良なシーズンとなってしまった。なお、今季限りでのレスター退団が濃厚との報道で活躍の場をスペインに移す模様だ。

★吉田麻也[サウサンプトン]
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:24(先発:23)ゴール数:2
FAカップ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆ディフェンスリーダー移籍で初の残留争い
▽サウサンプトンでの6シーズン目はチーム共々苦しいシーズンとなった。ディフェンスリーダーのファン・ダイクを欠いたチームは低空飛行を続け、吉田加入後では初となる残留争いに巻き込まれた。3月には監督交代もあった中、シーズン終盤にレギュラーの座を取り戻した吉田だが、残り3試合となったエバートン戦で退場するなどチームの力になりきることはできなかった。

★乾貴士[エイバル]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:34(先発:31)ゴール数:5
コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆絶対的レギュラーの座を確立
▽エイバルでの3シーズン目を迎えた乾は、絶対的レギュラーの座を確立した。不動の左サイドとして君臨した乾は、守備のタスクをこなしつつ、ゴールに絡むプレーを続けた。乾の活躍もあってエイバルはシーズン序盤の躓きをものともせず、楽々と残留。目標を果たした乾は来季、ヨーロッパリーグに出場するベティスへの移籍が濃厚となっている。

★柴崎岳[ヘタフェ]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:22(先発:12)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:0
評価: ☆☆☆☆

◆バルサ戦でゴラッソも悔しい長期離脱
▽昇格プレーオフを戦った相手のヘタフェに加入してプリメーラ初挑戦となった柴崎は、トップ下の位置で開幕スタメンの座をつかむと、第4節バルセロナ戦で強烈な左足ボレーによるゴラッソを叩き込んだ。華々しいスタートを切った柴崎だったが、そのバルセロナ戦で左足中足骨を骨折し、約2カ月半戦列を離れることになってしまった。この負傷が響き、シーズンを通してコンスタントに出場機会を得ることができなかった。チームはヨーロッパリーグ出場権争いに絡む良いシーズンを過ごしたが、柴崎にとっては悔しいシーズンとなった。

★香川真司[ドルトムント]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:19(先発:12)ゴール数:5
チャンピオンズリーグ出場試合数:5(先発:5)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:3(先発:2)ゴール数:1
評価: ★★☆☆☆
◆負傷でシーズン終盤を棒に
▽12月に就任したシュティーガー監督によってゴールにつながるプレーが増え、復調した感のあった香川。だが、2月に左足首を負傷すると、そこから復帰までにかなりの時間を要してしまった。結局、復帰できたのが最終節と、チャンピオンズリーグ出場権争いをしていたチームを助ける働きはできなかった。ワールドカップに向けて大きな不安の残るシーズンとなっている。

★大迫勇也[ケルン]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:25(先発:23)ゴール数:4
ヨーロッパリーグ出場試合数:6(先発:3)ゴール数:2
DFBポカール出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆ストライカーの役割果たせず
▽ケルンでの4シーズン目を終えた大迫は、チームを降格の危機から救うことができなかった。昨季までの点取り屋であったモデストを失ったチームの中で大迫がエースストライカーとしての役割を果たして欲しかったところだが、わずか4ゴールと失望の結果に終わってしまった。シーズン終了後、ブレーメンへの移籍が発表された。

★長谷部誠[フランクフルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:24(先発:23)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:5(先発:5)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆DFBポカール優勝
▽フランクフルトでの4シーズン目となった今季も、昨季同様にリベロでハイレベルなプレーを見せた。長谷部の安定感あるプレーによって押し上げられたチームはシーズン終盤までCL出場権争いを繰り広げ、DFBポカールでは30年ぶりの優勝を果たした。34歳と円熟味を増した長谷部に対して、クラブが1年の契約延長オファーを打診したことが、長谷部の価値を物語っている。

★鎌田大地[フランクフルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価:☆☆☆☆☆
◆何もできず
▽ここまで出場機会を得られないとは予想していなかった。鎌田の攻撃センスを持ってすればブンデスで十分に通用するかと思われたが、壁は高かったようだ。シーズン序盤にチャンスをもらったのみで、その後は見切られてしまった。来季、新監督のもとで挽回のチャンスを得られるか。

★武藤嘉紀[マインツ]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:27(先発:20)ゴール数:8
DFBポカール出場試合数:3(先発:1)ゴール数:2
評価: ★★★☆☆
◆キャリアハイの8ゴールで残留に導く
▽マインツでの3シーズン目を迎えた今季、武藤はエースストライカーの役割を果たしたと言えるだろう。ブンデス初挑戦のシーズンに記録した7ゴールを越える8ゴールを記録した武藤は、シーズン終盤の痺れる残留争いの試合でゴールに直結するプレーを連発し、チームを残留に導いた。この活躍が認められ、ワールドカップの候補メンバーにも滑り込んでいる。

★酒井高徳[ハンブルガーSV]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:26)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆2年連続キャプテンもチームは史上初の降格
▽ハンブルガーSVでの3シーズン目を迎えた酒井高は、今季もキャプテンの重責を任された。しかし、チームは低空飛行を続け、泥沼の状態が続いた。今季3人目の指揮官となったティッツ監督によって最終節まで残留の可能性を残したが、55年守った1部の舞台からついに姿を消した。そのチームのキャプテンという不名誉な称号を負った酒井高だが、降格直後に残留宣言をし、クラブへの忠誠を誓っている。

★伊藤達哉[ハンブルガーSV]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:20(先発:12)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆降格チームの希望に
▽2015年夏に柏レイソルのユースからハンブルガーSVのユースに加入した伊藤は、ギズドル監督の下、第6節レバークーゼン戦でトップチームデビュー。2人目のホラーバッハ監督には評価されなかった伊藤だが、U-21チームで指導を受けていたティッツ監督の就任によって風向きが変わる。シーズン終盤、ティッツ監督の存在によってスタメンのチャンスを得た伊藤はゴールに直結するアシストを記録し、期待に応えていった。伊藤の活躍がなければもっと早く降格が決まっていたことだろう。

★浅野拓磨[シュツットガルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:15(先発:7)ゴール数:1
DFBポカール出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆シーズン後半は戦力外に
▽アーセナルからのレンタル期間が延長となって1部に復帰したシュツットガルトに残留した浅野。シーズン前半戦は出場機会をコンスタントにもらい、ブンデス1部初ゴールも記録したが、FWゴメスが加わった後半戦は全く出場機会を得られなかった。実質戦力外の扱いを受けた浅野はハノーファーへの加入を決断した。

コメント

関連ニュース

thumb

鈴木大輔がヒムナスティック・タラゴナ退団を発表「タラゴナは第2の故郷」

▽ヒムナスティック・タラゴナのDF鈴木大輔が、自身のインスタグラム(4daisuke4)を更新。クラブを退団したことを報告し、別れの挨拶を綴った。 ▽鈴木は、星稜高校から2008年1月にアルビレックス新潟へ入団。徐々に頭角を表すと、U-23日本代表として2012年のロンドン・オリンピックに出場。その後、2013年1月に柏レイソルへと移籍すると、2016年2月にヒムナスティック・タラゴナへと移籍した。 ▽鈴木は、2年半過ごしたヒムナスティック・タラゴナを離れることについて、難しい決断だったと明かし、クラブ関係者やサポーターへの感謝の気持ちを綴った。 「まず、挨拶が遅くなってごめんなさい。僕は迎えてくれた人々に別れの挨拶をします」 「僕にとって、この特別なクラブを離れる決断をすることは、とても難しいものでした。僕に日本以外でプレーする機会をくれました」 「僕はナスティックのシャツを着れたことを誇りに思います。サッカー選手として、人間として成長できたことに感謝します。一緒に戦った仲間、テクニカルチーム、クラブの人々、困難な時期に支えてくれたふぁん、ナスティックに関わる全ての人に感謝します」 「僕はタラゴナに到着してから今日まで、とても親切にしてくれた人々のことを忘れることはありません」 「日本から着いて最初の頃、僕は不安を感じた時期がありました。毎日僕は、あなた方のサポートのお陰で、良い時間を過ごしていました」 「この「タラゴナ」の地から学んだことを生かし、これからの人生を歩みます。僕にとってタラゴナは第2の故郷であり、ナスティックは心のクラブです」 「僕は魂の底から、ナスティックの将来の成功を祈っています。ありがとうございました」 ▽鈴木は、スペイン2部で67試合に出場し1ゴール1アシストを記録。コパ・デル・レイで3試合に出場していたが、2018年7月でチームとの契約が満了を迎えていた。 2018.08.20 19:44 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の21日デビューは…メルボルン指揮官「良い練習はしていたが、先発はない」

メルボルン・ビクトリーを率いるケビン・マスカット監督は、本田圭佑ら新加入選手の先発には否定的な見方を示している。『デイリー・フットボール・ショー』が報じた。<br><br>メルボルンは21日、FFAカップラウンド16でAPIAライカート・タイガースと対戦する。本田やニック・アンセル、ゲオルグ・ニーダーマイヤーといった新戦力を今夏に加えたメルボルン。一方で、デビューさせるかどうかはまだわからないとの見方をマスカット監督は示している。<br><br>「まだ判断できていない。彼らは先週良いトレーニングをしていたけどね。どのように状態を上げたかを評価し、最終的な決断を下すだろう」<br><br>「現時点で、3人とも先発することはないだろう。トレーニングで負荷をかけているからね。しかし、帯同することに全力を注いでいる。良い練習をしており、感触も良さそうだ」<br><br>メルボルンにとってAPIAは格下となる相手。マスカット監督は「相手をリスペクトする必要がある。こういった試合では我々の態度がテストされる。だから、APIAにとって素晴らしい夜になるという幻想を抱かせないようにしないとね」と気を引き締めた。<br><br>提供:goal.com 2018.08.20 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、レアル戦フル出場は移籍への“ショーケース”か…ヘタフェ番記者「奇妙なこと」

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳は開幕戦にフル出場したものの、移籍へ突き進むと見られているようだ。<br><br>今夏、ヘタフェは柴崎の売却に前向きと報じられ、ワールドカップで活躍を見せた柴崎本人もチャンピオンズリーグに出場できるクラブに移籍する意向を示唆していた。そのため、構想外と見られていた開幕節のレアル・マドリー戦はベンチ外となるとも伝えられていた。<br><br>しかし迎えた19日、柴崎は中盤の高い位置で先発するとフル出場。周囲の予想を覆し、新シーズンのスタートを切った。すると、スペイン紙『アス』でヘタフェの番記者を務めるホセ・アントニオ ・デ・ラ・ロサ氏は「先発フル出場は奇妙なこと」とし、このように述べている。<br><br>「今日のレアル・マドリー戦は世界中から注目を浴びる試合だった、ということではないだろうか。柴崎に開かれている扉は、現時点ではドイツの市場となっている。ただし誰もヘタフェが求めるようなオファーを提示していない。これから動きがあるだろう」<br><br>ヘタフェはレアル・マドリーとのビッグマッチを移籍への&ldquo;ショーケース&rdquo;として利用。今回の試合を見たドイツ方面からの入札を待つことになりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2018.08.20 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

【先週末の海外日本人結果】遠藤、浅野、大迫らがゴール!乾はベティスでほろ苦デビュー

▽海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 ▽ベルギーリーグ第2節のデビュー戦で戦列ゴールを奪った遠藤が、第4節のベヘレン戦でもゴールを奪った。しかし、チームは2-2の引き分け。開幕から4試合連続ドローとなった。 ▽今夏、エイバルからベティスにステップアップした乾は66分に途中出場しベティスデビュー。乾中心に攻撃を試みたが、レバンテに0-3の完敗を喫した。 ▽また、ドイツではDFBポカール1回戦が行われ、浅野と大迫がそれぞれ1ゴールを記録。長谷部もフル出場を果たし、リーグ開幕に向けて準備を整えている。 ◆プレミアリーグ [レスター・シティ]岡崎慎司 H 2-0 ウォルバーハンプトン 〇 ベンチ入りせず [ニューカッスル]武藤嘉紀 A 0-0 カーディフ △ 65分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=324451">詳細ニュース</a> [サウサンプトン]吉田麻也 A 2-1 エバートン ● ベンチ入りせず ◆リーガエスパニョーラ [ベティス]乾貴士 H 0-3 レバンテ ● 66分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=324365">詳細ニュース</a> [ヘタフェ]柴崎岳 A レアル・マドリー ● フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=324657">詳細ニュース</a> ◆リーグ・アン [マルセイユ]酒井宏樹 A 4-0 ニーム 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=324650">詳細ニュース</a> ◆エールディビジ [ヘーレンフェーン]小林祐希 A 1-1 ニーム △ フル出場 [フローニンヘン]堂安律 H 0-1 ヴィレム ● フル出場 ◆トルコリーグ [ガラタサライ]長友佑都 A 1-0 ギョズテペ 〇 フル出場 ◆ベルギーリーグ [アンデレヒト]森岡亮太 H 2-0 ムスクロン 〇 77分からプレー [シント=トロイデン]遠藤航 A 2-2 ベヘレン △ 遠藤はフル出場で1得点⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=324512">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]冨安健洋 A 2-2 ベヘレン △ 富安はフル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=324512">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]関根貴大 A 2-2 ベヘレン △ 関根はベンチりも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=324512">詳細ニュース</a> [セルクル・ブルージュ]植田直通 A 3-1 ズルテ・ワレゲム 〇 77分からプレー [オイペン]豊川雄太 H 2-3 ヘント ● 66分までプレーし1得点⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=324658">詳細ニュース</a> ◆オーストリアリーグ [ザルツブルク]南野拓実 H 2-0 ハルトベルク 〇 南野はフル出場 [ザルツブルク]奥川雅也 H 2-0 ハルトベルク 〇 奥川はベンチ入りせず [ヴァッカー・インスブルック]財前淳 H 0-2 ペルテン ● ベンチ入りせず ◆ポルトガルリーグ [ポルティモネンセ]中島翔哉 A 2-0 チャベス フル出場 ◆DFBポカール [ハノーファー]浅野拓磨 A 0-6 カールスルーエ 〇 浅野は64分までプレーし1得点を記録⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=324617">詳細ニュース</a> [ハノーファー]原口元気 A 0-6 カールスルーエ 〇 原口はベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=324617">詳細ニュース</a> [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 A 0-5 コブレンツ 〇 ベンチ入りも出場せず [ブレーメン]大迫勇也 A 1-6 ヴォルムス 〇 64分までプレーし1得点 [ドルトムント]香川真司 A - グロイター・フルト ※月曜開催 [フランクフルト]長谷部誠 A 2-1 ウルム ● 長谷部はフル出場 [フランクフルト]鎌田大地 A 2-1 ウルム ● 鎌田はベンチ入りせず 2018.08.20 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

香川真司は新監督の構想外か…ドルトムントの開幕戦遠征メンバーから外れる

ドルトムントは20日、DFBポカール1回戦でグロイター・フュルトと対戦する。しかし、日本代表MF香川真司は、この遠征に帯同しなかったようだ。地元紙『ルール・ナーハリヒテン』が伝えている。<br><br>20日の国内カップ戦で、2018-19シーズンをスタートさせるドルトムント。今季からルシアン・ファーブル体制となり、2012年以来のブンデスリーガ制覇を目指して長いシーズンを戦うことになる。<br><br>しかし、重要なシーズン開幕戦で、香川がプレーすることはないようだ。『ルール・ナーハリヒテン』は「ファーブルは最初の厳しい決断を下した」とし、29歳MFが遠征メンバーから外れたことを伝えている。<br><br>ユリアン・ヴァイグルやヤコブ・ブルーン・ラーセンについては負傷の影響で外れたようだが、ヌリ・シャヒン、ダン=アクセル・ザガドゥ、そして香川については理由は明らかとなっていない。なお、負傷明けのラファエル・ゲレイロは帯同するようだ。<br><br>香川が遠征から外れた理由は明らかとなっていないが、コンディションに問題がない状態で外れたとなれば構想外の可能性もある。トルコのベジクタシュから熱心なオファーが届いているという日本代表MFは、ドルトムントを離れる可能性があるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.08.20 07:35 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース