【欧州4大リーグ日本人選手総括&評価】乾、長谷部、伊藤が奮闘も軒並み厳しいシーズンに2018.05.24 19:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州4大リーグの2017-18シーズンが終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人12選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。
★★★★★が最高、☆が最低

★岡崎慎司[レスター・シティ]
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:27(先発:17)ゴール数:6
FAカップ出場試合数:3(先発:0)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:1
評価: ★★☆☆☆

◆前半戦でキャリアハイも後半戦ノーゴール
▽レスターでの3シーズン目を終えた岡崎。前半戦では監督交代があった中、キャリアハイとなる6ゴールをマークした。2桁ゴールを目指せるペースだったが、後半戦はピュエル監督の信頼を掴めず徐々に出場機会を減らし、まさかのノーゴールに終わってしまった。4月には足首を負傷し、そのまま復帰できずにシーズンが終了。チームは残留争いに巻き込まれることはなかったが、岡崎にとっては尻すぼみの消化不良なシーズンとなってしまった。なお、今季限りでのレスター退団が濃厚との報道で活躍の場をスペインに移す模様だ。

★吉田麻也[サウサンプトン]
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:24(先発:23)ゴール数:2
FAカップ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆ディフェンスリーダー移籍で初の残留争い
▽サウサンプトンでの6シーズン目はチーム共々苦しいシーズンとなった。ディフェンスリーダーのファン・ダイクを欠いたチームは低空飛行を続け、吉田加入後では初となる残留争いに巻き込まれた。3月には監督交代もあった中、シーズン終盤にレギュラーの座を取り戻した吉田だが、残り3試合となったエバートン戦で退場するなどチームの力になりきることはできなかった。

★乾貴士[エイバル]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:34(先発:31)ゴール数:5
コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆絶対的レギュラーの座を確立
▽エイバルでの3シーズン目を迎えた乾は、絶対的レギュラーの座を確立した。不動の左サイドとして君臨した乾は、守備のタスクをこなしつつ、ゴールに絡むプレーを続けた。乾の活躍もあってエイバルはシーズン序盤の躓きをものともせず、楽々と残留。目標を果たした乾は来季、ヨーロッパリーグに出場するベティスへの移籍が濃厚となっている。

★柴崎岳[ヘタフェ]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:22(先発:12)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:0
評価: ☆☆☆☆

◆バルサ戦でゴラッソも悔しい長期離脱
▽昇格プレーオフを戦った相手のヘタフェに加入してプリメーラ初挑戦となった柴崎は、トップ下の位置で開幕スタメンの座をつかむと、第4節バルセロナ戦で強烈な左足ボレーによるゴラッソを叩き込んだ。華々しいスタートを切った柴崎だったが、そのバルセロナ戦で左足中足骨を骨折し、約2カ月半戦列を離れることになってしまった。この負傷が響き、シーズンを通してコンスタントに出場機会を得ることができなかった。チームはヨーロッパリーグ出場権争いに絡む良いシーズンを過ごしたが、柴崎にとっては悔しいシーズンとなった。

★香川真司[ドルトムント]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:19(先発:12)ゴール数:5
チャンピオンズリーグ出場試合数:5(先発:5)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:3(先発:2)ゴール数:1
評価: ★★☆☆☆
◆負傷でシーズン終盤を棒に
▽12月に就任したシュティーガー監督によってゴールにつながるプレーが増え、復調した感のあった香川。だが、2月に左足首を負傷すると、そこから復帰までにかなりの時間を要してしまった。結局、復帰できたのが最終節と、チャンピオンズリーグ出場権争いをしていたチームを助ける働きはできなかった。ワールドカップに向けて大きな不安の残るシーズンとなっている。

★大迫勇也[ケルン]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:25(先発:23)ゴール数:4
ヨーロッパリーグ出場試合数:6(先発:3)ゴール数:2
DFBポカール出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆ストライカーの役割果たせず
▽ケルンでの4シーズン目を終えた大迫は、チームを降格の危機から救うことができなかった。昨季までの点取り屋であったモデストを失ったチームの中で大迫がエースストライカーとしての役割を果たして欲しかったところだが、わずか4ゴールと失望の結果に終わってしまった。シーズン終了後、ブレーメンへの移籍が発表された。

★長谷部誠[フランクフルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:24(先発:23)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:5(先発:5)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆DFBポカール優勝
▽フランクフルトでの4シーズン目となった今季も、昨季同様にリベロでハイレベルなプレーを見せた。長谷部の安定感あるプレーによって押し上げられたチームはシーズン終盤までCL出場権争いを繰り広げ、DFBポカールでは30年ぶりの優勝を果たした。34歳と円熟味を増した長谷部に対して、クラブが1年の契約延長オファーを打診したことが、長谷部の価値を物語っている。

★鎌田大地[フランクフルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価:☆☆☆☆☆
◆何もできず
▽ここまで出場機会を得られないとは予想していなかった。鎌田の攻撃センスを持ってすればブンデスで十分に通用するかと思われたが、壁は高かったようだ。シーズン序盤にチャンスをもらったのみで、その後は見切られてしまった。来季、新監督のもとで挽回のチャンスを得られるか。

★武藤嘉紀[マインツ]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:27(先発:20)ゴール数:8
DFBポカール出場試合数:3(先発:1)ゴール数:2
評価: ★★★☆☆
◆キャリアハイの8ゴールで残留に導く
▽マインツでの3シーズン目を迎えた今季、武藤はエースストライカーの役割を果たしたと言えるだろう。ブンデス初挑戦のシーズンに記録した7ゴールを越える8ゴールを記録した武藤は、シーズン終盤の痺れる残留争いの試合でゴールに直結するプレーを連発し、チームを残留に導いた。この活躍が認められ、ワールドカップの候補メンバーにも滑り込んでいる。

★酒井高徳[ハンブルガーSV]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:26)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆2年連続キャプテンもチームは史上初の降格
▽ハンブルガーSVでの3シーズン目を迎えた酒井高は、今季もキャプテンの重責を任された。しかし、チームは低空飛行を続け、泥沼の状態が続いた。今季3人目の指揮官となったティッツ監督によって最終節まで残留の可能性を残したが、55年守った1部の舞台からついに姿を消した。そのチームのキャプテンという不名誉な称号を負った酒井高だが、降格直後に残留宣言をし、クラブへの忠誠を誓っている。

★伊藤達哉[ハンブルガーSV]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:20(先発:12)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆降格チームの希望に
▽2015年夏に柏レイソルのユースからハンブルガーSVのユースに加入した伊藤は、ギズドル監督の下、第6節レバークーゼン戦でトップチームデビュー。2人目のホラーバッハ監督には評価されなかった伊藤だが、U-21チームで指導を受けていたティッツ監督の就任によって風向きが変わる。シーズン終盤、ティッツ監督の存在によってスタメンのチャンスを得た伊藤はゴールに直結するアシストを記録し、期待に応えていった。伊藤の活躍がなければもっと早く降格が決まっていたことだろう。

★浅野拓磨[シュツットガルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:15(先発:7)ゴール数:1
DFBポカール出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆シーズン後半は戦力外に
▽アーセナルからのレンタル期間が延長となって1部に復帰したシュツットガルトに残留した浅野。シーズン前半戦は出場機会をコンスタントにもらい、ブンデス1部初ゴールも記録したが、FWゴメスが加わった後半戦は全く出場機会を得られなかった。実質戦力外の扱いを受けた浅野はハノーファーへの加入を決断した。
コメント
関連ニュース
thumb

【ブンデス第16節プレビュー】前節アシスト記録の宇佐美が首位ドルトムントに挑戦

▽週末に行われた前節はドルトムントとバイエルンが揃って勝利し、9ポイント差が維持された。年内残り2試合となった迎える第16節は火曜と水曜に開催され、デュッセルドルフの宇佐美が首位ドルトムントと対戦する。 ▽前節ブレーメン戦をアルカセルとロイスのゴールで競り勝って6連勝としたドルトムント(勝ち点39)は、前半戦首位ターンを確定させた。接戦を制する勝負強さを見せつけている中、連勝を7に伸ばして年内最終戦となる2位ボルシアMG戦に臨めるか。 ▽一方、前節フライブルク戦を宇佐美が先制アシストを含む2ゴールを演出して勝利したデュッセルドルフ(勝ち点12)は最下位を脱出して16位に浮上。首位相手に宇佐美は引き続きゴールに絡むプレーを見せられるか。 ▽原口と浅野が先発したハノーファーを4発粉砕して3連勝とした3位バイエルン(勝ち点30)は、4位ライプツィヒ(勝ち点28)とホームで対戦する。ここ3試合で5ゴールを挙げている好調レヴァンドフスキを軸にチーム状態が安定してきたバイエルンだが、前節マインツに4-0と快勝している2ポイント差のライプツィヒを下して連勝を4に伸ばし、ドルトムントを追走できるか。 ▽大迫が途中出場したもののドルトムントに惜敗した9位ブレーメン(勝ち点21)は、6位ホッフェンハイム(勝ち点23)とホームで対戦する。ここで勝利できれば順位を逆転でき上位に踏みとどまれるブレーメンだが、大迫は先発に復帰し、チームを勝利に導く活躍を見せられるか。 ▽2試合連続揃って先発となった原口と浅野だったが、前節バイエルン戦では共に守備に追われ存在感を見せることはできなかった。チームも大敗して最下位に沈んだ中、12位フライブルク相手に原口と浅野はチームを苦境から脱する働きを見せられるか。 ▽その他、負傷により欠場となった長谷部の5位フランクフルト(勝ち点26)は10位マインツ(勝ち点19)とのホーム戦を、ここ2試合ベンチ入りも出場機会のないニュルンベルクの久保は、2位ボルシアMGと対戦する。 ◆ブンデスリーガ第16節 ▽12/18(火) 《26:30》 ボルシアMG vs ニュルンベルク 《28:30》 ヘルタ・ベルリン vs アウグスブルク デュッセルドルフ vs ドルトムント ヴォルフスブルク vs シュツットガルト ▽12/19(水) 《26:30》 シャルケ vs レバークーゼン 《28:30》 バイエルン vs ライプツィヒ フライブルク vs ハノーファー ブレーメン vs ホッフェンハイム マインツ vs フランクフルト 2018.12.18 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデン指揮官が代表落選の鎌田大地の心境明かす「とてもがっかりしていた」

シント=トロイデンのマーク・ブライス監督は、日本代表に招集されなかった鎌田大地ががっかりしていることを明かした。<br><br>今夏にフランクフルトからベルギー・ジュピラーリーグのシント=トロイデンに加入した鎌田。移籍後から好調を維持し、ここまでリーグ戦12試合に出場して10ゴールを記録するなど驚異的なペースでゴールを量産する。<br><br>先日にはベルギーメディアが鎌田の活躍を特集して「リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドをも上回るペースで得点を挙げている」と称賛。22歳の同選手のこの活躍は日増しに注目を集め、1月にアジアカップを戦う日本代表にもサプライズで招集されるのではないかとも期待されていた。<br><br>しかし、チームメイトの遠藤航や冨安健洋とは対照的に森保一監督は鎌田を代表に呼ばない決定を下した。この落選を受け、その後に同選手と言葉を交わしたブライス監督は、ベルギー『Het Belang van Limburg』で日本人FWの心境を明かした。<br><br>「ダイチはメンバーから外れたことにとてもがっかりしていた。印象的な活躍を続けている彼は論理的に考えてメンバーにふさわしい。しかし、彼が代表に呼ばれなかったことに我々はハッピーだ。この決定が平等ではなかったと思わせるだけの活躍を彼が見せてくれると願っている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 13:41 Tue
twitterfacebook
thumb

宮市亮は“アニマル”!?ザンクト・パウリ指揮官はウィングのフィジカルに唖然

ザンクト・パウリFW宮市亮は15日に行われたブンデスリーガ2部第17節で今季2ゴール目をマーク。マルクス・カウチンスキ監督は「彼はどんどん良くなっている」と同選手の好調を喜んだ。<br><br>2015年夏にアーセナルから加わった宮市だが、ドイツの地では両ひざの前十字じん帯断裂に見舞われるなど試練が続くことに。今シーズンに入ってから昨年12月にザンクト・パウリ指揮官に就任したカウチンスキ監督の下で初めてプレー。復帰戦となった第6節インゴルシュタット戦ではいきなり決勝ゴールを決め、3試合連続でスタメン出場を果たしたフュルト戦で今季2ゴール目を挙げている。<br><br>クラブの公式ウェブサイトによれば、カウチンスキ監督はその試合での宮市のパフォーマンスに「彼は本当に良い試合を見せたし、どんどん良くなっている。試合やリズムが彼に好影響を及ぼしているようだね」と言及。また数試合でベンチスタートとしたことについては「我々は彼に、この数週間、数カ月間にわたって慎重に調整させてきたが、それが今につながっているんだ」と満足気に説明した。<br><br>地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』によると、宮市はフュルト戦で終了間際に交代となるまで、33と最多のスプリント回数、そして34.5km/hと両チームトップの最高スピードを記録。カウチンスキ監督は「リョウは筋肉の塊。彼はアニマルだ」と宮市のフィジカルを絶賛したという。一方、宮市本人は「僕にとって完璧な1日」と喜ぶも、「でも長い間離脱していたので、まだ100%じゃないですよ」と話している。<br><br>なお同紙はその自信に満ちた発言を受け、「ザンクト・パウリにとっては朗報。対戦相手のサイドバックにとって(宮市のコメントは)脅しにさえ聞こえるかもしれない」とも伝えている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.17 22:34 Mon
twitterfacebook
thumb

【先週末の海外日本人結果】吉田麻也がアーセナル撃破に貢献!

▽海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 ▽サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也は16日に行われたプレミアリーグ第17節のアーセナル戦にセンターバックとしてフル出場。セットプレーからゴールに迫り、インターセプトでチーム3得点目のキッカケを作るなど、3カ月半ぶりの勝利に貢献した。 ◆プレミアリーグ [レスター・シティ]岡崎慎司 A 0-1 クリスタル・パレス ● 89分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=338437">詳細ニュース</a> [ニューカッスル]武藤嘉紀 A 1-0 派ダースフィールド ○ ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=338439">詳細ニュース</a> [サウサンプトン]吉田麻也 H 3-2 アーセナル ○ フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=338611">詳細ニュース</a> ◆リーガエスパニョーラ [ヘタフェ]柴崎岳 H 1-0 ソシエダ ○ 69分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=338419">詳細ニュース</a> [ベティス]乾貴士 A 3-1 エスパニョール ○ ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=338621">詳細ニュース</a> ◆ブンデスリーガ [ドルトムント]香川真司 H 2-1 ブレーメン ○ ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=338448">詳細ニュース</a> [ブレーメン]大迫勇也 A 1-2 ドルトムント ● 73分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=338448">詳細ニュース</a> [フランクフルト]長谷部誠 H 2-1 レバークーゼン ○ ベンチ入りせず [ニュルンベルク]久保裕也 A vs ボスニアMG ※火曜日開催 [ハノーファー]浅野拓磨 H 0-4 バイエルン ● 62分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=338431">詳細ニュース</a> [ハノーファー]原口元気 H 0-4 バイエルン ● フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=338431">詳細ニュース</a> [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 H 2-0 フライブルク ○ フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=338433">詳細ニュース</a> ◆リーグ・アン [マルセイユ]酒井宏樹 H vs ボルドー ※延期 [ストラスブール]川島永嗣 A 1-2 スタッド・ランス ● ベンチ入りも出場せず ◆エールディビジ [ヘーレンフェーン]小林祐希 H 2-3 ユトレヒト ● フル出場 [フローニンヘン]堂安律 H 1-2 エメン ● フル出場 ◆トルコリーグ [ガラタサライ]長友佑都 A 1-1 イスタンブール・バシャクシェヒル △ フル出場 ◆オーストリアリーグ [ザルツブルク]南野拓実 H 5-1 ザンクト・ペルテン ○ ベンチ入りも出場せず [ヴァッカー・インスブルック]財前淳 H 0-0 ヴォルフスベルガー △ ベンチ入りせず ◆ポルトガルリーグ [ポルティモネンセ]中島翔哉 H 3-1 アポロン・リマソル ○ フル出場 ◆ベルギーリーグ [シント=トロイデン]遠藤航 A 0-2 ロケレン ● 後半からプレー [シント=トロイデン]鎌田大地 A 0-2 ロケレン ● フル出場 [シント=トロイデン]冨安健洋 A 0-2 ロケレン ● フル出場 [シント=トロイデン]関根貴大 A 0-2 ロケレン ● ベンチ入りせず [シント=トロイデン]小池裕太 A 0-2 ロケレン ● ベンチ入りせず [アンデルレヒト]森岡亮太 A 1-2 セルクル・ブルージュ ● フル出場 [オイペン]豊川雄太 H 1-0 ロイヤル・エクセル・ムスクロン ○ 76分までプレー [セルクル・ブルージュ]植田直通 H 2-1 アンデルレヒト ○ フル出場 2018.12.17 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安律の理想的な移籍先は?フローニンヘン指揮官が回答「ポテンシャルは間違いない」

フローニンヘンのダニー・バイス監督は、堂安律を称賛しつつ、去就について言及した。オランダ『Voetbal International』が伝えている。<br><br>今季からフローニンヘンで7番を背負い、公式戦17試合すべてに出場する堂安。ここまで4ゴール2アシストと結果も残しており、欧州で評価を高めている。<br><br>そんな20歳の日本代表MFには、マンチェスター・シティを始め世界各国のビッグクラブが獲得に動いているという。先日には、オランダ名門のアヤックスが、移籍の噂されるハキム・ツィエフの理想的な後継者としてオファーを送るとも伝えられている。<br><br>争奪戦が加熱する中、バイス監督は堂安の去就についてコメント。選手の成長のためには、アヤックスが理想的な移籍先と考えているようだ。<br><br>「ツィエフが去った場合、彼はその代わりを務めることができるだろう。ドウアンは現時点では劣るかもしれないが、ポテンシャルがある。彼は良くなっていくだけだ。特に、周りに良い選手がいればね」<br><br>また、20歳の日本代表MFをオランダ代表の名選手たちと比較している。<br><br>「私はユース時代、ロビン・ファン・ペルシーやジョルジニオ・ワイナルドゥムとプレーしていた。あえて言うならば、ドウアンは同年齢の彼らと同じレベルにあると思う」<br><br>来年1月のアジアカップ参加のため、しばしクラブの活動からは離脱することになる堂安。欧州中の注目を集める20歳の去就は、どうなるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.12.17 07:45 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース