【欧州4大リーグ日本人選手総括&評価】乾、長谷部、伊藤が奮闘も軒並み厳しいシーズンに2018.05.24 19:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州4大リーグの2017-18シーズンが終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人12選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。
★★★★★が最高、☆が最低

★岡崎慎司[レスター・シティ]
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:27(先発:17)ゴール数:6
FAカップ出場試合数:3(先発:0)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:1
評価: ★★☆☆☆

◆前半戦でキャリアハイも後半戦ノーゴール
▽レスターでの3シーズン目を終えた岡崎。前半戦では監督交代があった中、キャリアハイとなる6ゴールをマークした。2桁ゴールを目指せるペースだったが、後半戦はピュエル監督の信頼を掴めず徐々に出場機会を減らし、まさかのノーゴールに終わってしまった。4月には足首を負傷し、そのまま復帰できずにシーズンが終了。チームは残留争いに巻き込まれることはなかったが、岡崎にとっては尻すぼみの消化不良なシーズンとなってしまった。なお、今季限りでのレスター退団が濃厚との報道で活躍の場をスペインに移す模様だ。

★吉田麻也[サウサンプトン]
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:24(先発:23)ゴール数:2
FAカップ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆ディフェンスリーダー移籍で初の残留争い
▽サウサンプトンでの6シーズン目はチーム共々苦しいシーズンとなった。ディフェンスリーダーのファン・ダイクを欠いたチームは低空飛行を続け、吉田加入後では初となる残留争いに巻き込まれた。3月には監督交代もあった中、シーズン終盤にレギュラーの座を取り戻した吉田だが、残り3試合となったエバートン戦で退場するなどチームの力になりきることはできなかった。

★乾貴士[エイバル]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:34(先発:31)ゴール数:5
コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆絶対的レギュラーの座を確立
▽エイバルでの3シーズン目を迎えた乾は、絶対的レギュラーの座を確立した。不動の左サイドとして君臨した乾は、守備のタスクをこなしつつ、ゴールに絡むプレーを続けた。乾の活躍もあってエイバルはシーズン序盤の躓きをものともせず、楽々と残留。目標を果たした乾は来季、ヨーロッパリーグに出場するベティスへの移籍が濃厚となっている。

★柴崎岳[ヘタフェ]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:22(先発:12)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:0
評価: ☆☆☆☆

◆バルサ戦でゴラッソも悔しい長期離脱
▽昇格プレーオフを戦った相手のヘタフェに加入してプリメーラ初挑戦となった柴崎は、トップ下の位置で開幕スタメンの座をつかむと、第4節バルセロナ戦で強烈な左足ボレーによるゴラッソを叩き込んだ。華々しいスタートを切った柴崎だったが、そのバルセロナ戦で左足中足骨を骨折し、約2カ月半戦列を離れることになってしまった。この負傷が響き、シーズンを通してコンスタントに出場機会を得ることができなかった。チームはヨーロッパリーグ出場権争いに絡む良いシーズンを過ごしたが、柴崎にとっては悔しいシーズンとなった。

★香川真司[ドルトムント]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:19(先発:12)ゴール数:5
チャンピオンズリーグ出場試合数:5(先発:5)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:3(先発:2)ゴール数:1
評価: ★★☆☆☆
◆負傷でシーズン終盤を棒に
▽12月に就任したシュティーガー監督によってゴールにつながるプレーが増え、復調した感のあった香川。だが、2月に左足首を負傷すると、そこから復帰までにかなりの時間を要してしまった。結局、復帰できたのが最終節と、チャンピオンズリーグ出場権争いをしていたチームを助ける働きはできなかった。ワールドカップに向けて大きな不安の残るシーズンとなっている。

★大迫勇也[ケルン]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:25(先発:23)ゴール数:4
ヨーロッパリーグ出場試合数:6(先発:3)ゴール数:2
DFBポカール出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆ストライカーの役割果たせず
▽ケルンでの4シーズン目を終えた大迫は、チームを降格の危機から救うことができなかった。昨季までの点取り屋であったモデストを失ったチームの中で大迫がエースストライカーとしての役割を果たして欲しかったところだが、わずか4ゴールと失望の結果に終わってしまった。シーズン終了後、ブレーメンへの移籍が発表された。

★長谷部誠[フランクフルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:24(先発:23)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:5(先発:5)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆DFBポカール優勝
▽フランクフルトでの4シーズン目となった今季も、昨季同様にリベロでハイレベルなプレーを見せた。長谷部の安定感あるプレーによって押し上げられたチームはシーズン終盤までCL出場権争いを繰り広げ、DFBポカールでは30年ぶりの優勝を果たした。34歳と円熟味を増した長谷部に対して、クラブが1年の契約延長オファーを打診したことが、長谷部の価値を物語っている。

★鎌田大地[フランクフルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価:☆☆☆☆☆
◆何もできず
▽ここまで出場機会を得られないとは予想していなかった。鎌田の攻撃センスを持ってすればブンデスで十分に通用するかと思われたが、壁は高かったようだ。シーズン序盤にチャンスをもらったのみで、その後は見切られてしまった。来季、新監督のもとで挽回のチャンスを得られるか。

★武藤嘉紀[マインツ]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:27(先発:20)ゴール数:8
DFBポカール出場試合数:3(先発:1)ゴール数:2
評価: ★★★☆☆
◆キャリアハイの8ゴールで残留に導く
▽マインツでの3シーズン目を迎えた今季、武藤はエースストライカーの役割を果たしたと言えるだろう。ブンデス初挑戦のシーズンに記録した7ゴールを越える8ゴールを記録した武藤は、シーズン終盤の痺れる残留争いの試合でゴールに直結するプレーを連発し、チームを残留に導いた。この活躍が認められ、ワールドカップの候補メンバーにも滑り込んでいる。

★酒井高徳[ハンブルガーSV]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:26)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆2年連続キャプテンもチームは史上初の降格
▽ハンブルガーSVでの3シーズン目を迎えた酒井高は、今季もキャプテンの重責を任された。しかし、チームは低空飛行を続け、泥沼の状態が続いた。今季3人目の指揮官となったティッツ監督によって最終節まで残留の可能性を残したが、55年守った1部の舞台からついに姿を消した。そのチームのキャプテンという不名誉な称号を負った酒井高だが、降格直後に残留宣言をし、クラブへの忠誠を誓っている。

★伊藤達哉[ハンブルガーSV]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:20(先発:12)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆降格チームの希望に
▽2015年夏に柏レイソルのユースからハンブルガーSVのユースに加入した伊藤は、ギズドル監督の下、第6節レバークーゼン戦でトップチームデビュー。2人目のホラーバッハ監督には評価されなかった伊藤だが、U-21チームで指導を受けていたティッツ監督の就任によって風向きが変わる。シーズン終盤、ティッツ監督の存在によってスタメンのチャンスを得た伊藤はゴールに直結するアシストを記録し、期待に応えていった。伊藤の活躍がなければもっと早く降格が決まっていたことだろう。

★浅野拓磨[シュツットガルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:15(先発:7)ゴール数:1
DFBポカール出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆シーズン後半は戦力外に
▽アーセナルからのレンタル期間が延長となって1部に復帰したシュツットガルトに残留した浅野。シーズン前半戦は出場機会をコンスタントにもらい、ブンデス1部初ゴールも記録したが、FWゴメスが加わった後半戦は全く出場機会を得られなかった。実質戦力外の扱いを受けた浅野はハノーファーへの加入を決断した。
コメント
関連ニュース
thumb

鎌田大地が初代表へ! 自分らしさで勝負《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、2日目のトレーニングを行った。 所属先のシント=トロイデンでチームトップタイのリーグ戦12ゴールを挙げ、満を持して代表初招集のFW鎌田大地。合流初日のトレーニング終了後、メディア陣の囲み取材を受け、代表不参加のブレーメンに所属するFW大迫勇也の代役としてでなく、“己の特長”で勝負することを誓った。 ◆鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー) ──ベルギーで前線を務めることで1トップとしてプレーする感覚は掴めているのでは? 「向こうでプレーするようになって、ボールを受ける前の動きや、身体の入れ方は日本にいた頃よりできるようになったと思います」 ──大迫勇也のプレーを観て参考にする部分は? 「『大迫選手みたいになれ』と言われても、絶対になれないです。自分はまた全然違う(タイプ)だと思っていますし、正直、やってみないとわからないという部分の方が強いです」 ──南野拓実とプレーした場合、2トップ気味になってみたり、新たな形ができそうだが 「日本の選手は本当にうまい。細かくパスを回したりできる選手も多いので、チームでやるよりやりやすいと思っています」 ──合流してみて感想は 「初めてリオ世代の代表合宿に行くときより、気持ち的に全然楽でした。リオ世代の選手が多く、元々知っている選手もいたので」 ──冨安健洋から何か情報は 「特に何もないです。部屋に起こしに来るぐらいですね」 2019.03.19 20:02 Tue
twitterfacebook
thumb

香川真司との共演にも“自分のプレー”を! 中島翔哉「やりやすくしてもらえる(笑)」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 負傷の影響により今年1月から行われたアジアカップに参加出来なかったMF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)は、2月初めにポルティモネンセ(ポルトガル)を退団。しかし、環境をガラリと代えて臨んだ久々の代表でも、“楽しむ”という根本はブレていないようだ。 ◆MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール) ──アジアカップを開幕前に離脱し、クラブも変わり、久々の代表合宿で心機一転という気持ちはあるか 「そうですね。今回はメンバーも代わったと思うので、また違う。なんというか、みんなでより良いサッカーをしていけたらいいと思いますし、自分も楽しみながら成長していけたら良いかなと思います」 ──東京ヴェルディ出身の選手が増えましたが 「そうですね。たまたまだと思いますけど(笑)。FC東京の選手も居るので、知ってる選手が多いのは嬉しいです」 ──東京ヴェルディで培ったものあり、これだけのメンバーが選ばれるという結果に繋がっているのでは? 「そこで癖になっていることはあると思いますし、良いものは継続して、良くないものは変えてきました。技術的な部分は練習で昔からやっていたので、それは残ってるんじゃないかなと思います」 ──コロンビア代表戦、ボリビア代表戦の2試合でテーマにしていることはあるか 「まずはやっぱり自分の一番良いパフォーマンスを出すことが大事だと思いますし、それがチームのためにもなると思います。なので、それをしっかりとやって、全力でプレーして、楽しんで。相手は凄く強いチームですけど、ホームでやりますし応援してくれる人も沢山居ると思うので、良いサッカーを見せて勝てたら良いかなと思います」 ──アジアカップは映像等確認したか 「決勝とかはカタールで観てました。日本の試合も出来る限り観てましたし、カタールの試合もずっと観てたので、難しい試合になるかなというのはもちろん思っていました。ただ、日本もしっかりと決勝まで行って、色々な経験を積めたと思うので、それを今回チームとしての成長の糧に出来たらと思います」 ──クラブではアジア杯MVPのFWアルモエズ・アリと同僚だが、学ぶ点はあるか 「その選手は今ケガしているのでやっていませんが、他の選手が何人か。本当に技術が高くて運動能力もあって、上手い選手が多いですし、守備も本当に強いです。本当に学ぶ所は多いです」 ──自分の良さは発揮できているか 「成長のために行きましたし、楽しむために行ったので、チームメイトとか監督も素晴らしいので良い所を吸収出来ていると思います」 ──どの様なことが吸収出来ているか 「アジアカップでもそうでしたけど、ボールを奪うのも上手ですし、攻撃も個人でも行けるしチームでも。両方を持っているので、その部分を自分も磨きたいですし、守備でボールを奪ったりするところとか。監督からはポジションのこととかよくアドバイスを貰いますし、本当に色々なことが学べています」 ──MF香川真司とプレーするイメージは? 「今は全然考えてません。色々な選手がいますけど、自分なんかより経験があって、レベルの高い選手が沢山いるので、そこは自分のプレーをすればやりやすくしてもらえると思います(笑)。頼っていきたいなと」 ──10番を意識するか 「毎回言っていますが、そこまで番号には拘っていません。やっぱり試合で良いプレーをすることが、サッカー選手としても日本代表の選手として大事だと思っているので。番号はただの番号というだけなので、やっぱり良いプレーをしていくことが大事です」 ──移籍に関してかなりの大金が報じられたが、自分に対する価値として思うところはあるか 「お金のことは僕はそこまで気にしていません。ただ、アル・ドゥハイルが凄く欲しがってくれたというのは嬉しいです。自分にとって一番魅力的なクラブだったから選びました」 ──サッカー面ではなく生活面でカタールという国はどうか 「最高です。凄く住みやすいですし、家族も来てくれているので。奥さんと2人で幸せに暮らしています。それが一番大事ですね。それがサッカーにも繋がってきます。街の人とか、食事もそうですし、雰囲気とかも素晴らしいので。カタール・ワールドカップは凄く良いワールドカップになると思います」 ──カタール・ワールドカップを戦う上で今冬の移籍は大きいのでは? 「そこは全く気にしていないというか、そこを考えて選んだわけではありません。ただ、なるべく良いプレーをして、カタールの人たちに日本を少しでも応援してもらえたらなと思います」 2019.03.19 20:01 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯主力の昌子源、仏挑戦後初代表! 「少しでも経験を還元できれば」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は18日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、始動した。 今冬のトゥールーズ移籍後初となる代表合流であり、森保一体制下で初招集となるDF昌子源。久々の代表戦に向け、強い気持ちを口にした。 ◆昌子源(トゥールーズ/フランス) ──海外組としての初の合流だが 「まだ行って3カ月。国内に集合した感の方が強いです。自分では意識していないですけど、言葉が通じる部分が一番」 「(今回の代表だと)年齢的にちょうど真ん中ぐらいで、下の方が多いと思います。しっかりと上の年齢の人たちと下の選手のパイプ役になって、色々な話ができたら良いなと」 ──W杯組としての自覚は 「感じています。自分自身、代表で経験したことをちょっとでも還元していければなと思っています」 ──アジアカップの印象は 「僕がまだ監督の戦術を理解していないので、どうこう言えないですけど、若い選手の堂々としたプレーぶりは僕自身にも刺激になりました」 「早く一緒にやりたい気持ちはありましたが、トゥールーズで早くポジションを獲得しないと代表に呼ばれるチャンスもないということもあり、ちょっと葛藤がありました」 「呼んでいただいたので、与えられた環境で、与えられたポジションで良いプレーができたら良いと思っています」 ──時差の影響を受けての代表戦になるが 「色々なところで生かせると思っています。でも、ヨーロッパでプレーする先輩方を見てきて、時差の影響があるのに、パフォーマンスを落とさず、すぐに試合にやるというは凄いこと」 「今回、呼んでもらえたことは光栄ですし、そういう経験が初めてになる。コンディションを整えて、より注意してやっていかないといけないと思っています」 「そういう感覚、経験、チャレンジをするということは、僕自身の大事なところかなと考えています」 ──南米の強豪コロンビア戦を控えるが 「正直、W杯と同じ雰囲気だったり、同じテンションではないと思う。そのなかでも、相手が僕らをどういう立ち位置で見ているのかわからないが、僕らにとって、コロンビア戦はすごく大事な試合」 「あと僕個人の意見ですけど、W杯は10人のコロンビアにしか勝っていないですし、やっぱり11人vs11人で勝つというのが今回は大事。相手はアウェイですけど、11人のコロンビアに勝つことを大事にしたいです」 2019.03.18 20:33 Mon
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史、決意新たに…「一番下からスタートする立場」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は18日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、始動した。 香川真司と同じくロシア・ワールドカップ(W杯)ぶりの代表入りであり、森保一体制下で初招集となるデュッセルドルフのFW宇佐美貴史。26歳の年齢的にも中心選手としての責任が求められてくるなかで、「競争において一番下からスタートする立場」だと語り、覚悟を示した。 ◆宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ) ──森保ジャパンの印象は? 「僕のポジションが近いこともあって、(堂安)律や(中島)翔哉、(南野)拓実といった2列目の選手や、冨安(健洋)君の若い選手がいきいきして、エネルギッシュにプレーして、良いサッカーを展開しているなとか、客観的に観させてもらっていました」 ──離れてみて代表への思いは強まったか 「代表への思いは離れているからとか、行ったことがあるからとかじゃなく、終始強いものがあります。常に『行きたい場所』として、その思いを持ってます。なので、どういう状況に応じて気持ちが左右されることはないです」 ──年齢的に上になってきた。中心としての自覚は 「自覚っていうほど代表で実績を残せていない。年齢的にしっかり中心になってやっていかないといけないですけど、そうなれていない自分への悔しさや歯がゆさもありますし、そうならないといけない危機感もあります。代表の中心としてやっていく自覚を言えるように、もっとプレーで結果を出していかないといけないので、競争において一番下からスタートする立場だと思っています」 ──森保スタイルを観て描くプレーイメージとは 「2列目の選手があれだけ躍動しているのを見ると、そんなにポジションが固定されて、動きに制限がかかっているわけじゃなく、チームの中でしっかりボールを支配しながら前の選手が数多くボールに触れるスタイルだと思っているので、そこに自分のストロングポイントをしっかりと落としこんでいきたいです」 ──組み合わせについてのイメージとは 「組み合わせは僕が考えることじゃない。出たときに、どういう選手たちとどういうプレーができるのかっていうのは短い期間なので出たとこ勝負になってくるので、その場で無理矢理にでも合わせていかないといけないです。やったことのある選手もいるけど、やったことのない選手の方が多いので、試合の中で合わせていくしかないと思います」 ──ポジションごとのプレーイメージは 「右で出たときはシュートもそうですけど、クロスを意識します。どのチームも基本的に右利きの選手が多いので、右の視野を取りやすいです。ビルドアップの最初やアタッキングサードに入って行くまでにまず右を経由することはどこのチームでもあることだと思う。そこでつっかえてしまうと、なかなか前にいけなくなるので、右で出たときはチームが前にボールを運ぶなかで滞りなく供給できるように心がけています」 2019.03.18 20:31 Mon
twitterfacebook
thumb

香川真司が露W杯以来の代表合流! 「良いスタートを」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は18日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、始動した。 ロシア・ワールドカップ(W杯)ぶりの代表入りであり、森保一体制下で初招集となるベシクタシュのMF香川真司。30歳としても初の代表合流になったなか、トレーニング終了後に記者陣の囲み取材で新たな競争に向けて次のように語った。 ◆香川真司(ベシクタシュ/トルコ) ──森保一体制初招集。会話は? 「特に、個人的な話はしていません。ちょっとグラウンドで会話を交わしましたけど、そんなに深い話はしてないです」 ──自身の合流でもたらし得る変化とは? 「新しい体制で半年間やっていますけど、個人的には初めての合流。『次のカタールに向けて』という目で挑んでいきたいと思っていて、良いスタートを切りたいです。この2試合、アジアカップに出た選手や主力があまりいなくて、新しい選手や若手が多い。そういうメンバーのなかで厳しくタフな2試合で良い結果を残していきたいです。そこも試されていると思うので、チーム一丸となって、頑張って行きたいです」 ──次の目標への切り替えは? 「ロシアのときはロシアのことしか考えていませんでした。今は切り替えて、また新たな戦い、カタールに向けて、自分の持っているものを代表に還元しながら、みんなと戦っていきたいと思っています」 ──アピール、競争に向けて 「所属チームもそうで、競争は確実にある。高いレベルで競争し合うのは良いこと。もちろん、今まで少ながらず繋いできたものもあるので、そこはリスペクトされるべきだと思いますけど、僕は初めての合流ですし、またいちからこのチームでしっかりと結果を残していけるように頑張っていきたいです。この2試合も大事ですけど、いきなりどこまでできるかわからないところもあるので、長いスパンで過程を大事にしながらやっていきたいです」 ──30歳になり、再びW杯を目指す原動力とは 「去年の9月、10月、一貫してドルトムントで試合に出られず、呼ばれなかったこともあり、逆に9月は久しぶりにゆっくりと良いオフを過ごすことができました。でも、10月、11月になると、少しもどかしい気持ちを感じました」 「当時、ドルトムントで試合に出られていなかったので、余計にこういう場で『戦いたいな』『競争したいな』という強い気持ちが芽生えてきました。それもひとつのキッカケですし、試合に出られない時期やケガの時期も出てくると思うので、そういった面も覚悟して、この2試合で良いスタートを切っていきたいと思っています」 2019.03.18 20:30 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース