レバークーゼン、フランクフルト守護神を獲得! 流出濃厚レノの後釜に2018.05.23 19:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは23日、フランクフルトからフィンランド代表GKルーカス・フラデツキー(28)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。

▽フランクフルトでのDFBポカール優勝を置き土産にレバークーゼンに加入することになったフラデツキーはクラブ公式サイトで新天地での意気込みを語った。

「レバークーゼンはブンデスリーガを代表するクラブであり、素晴らしい攻撃的なサッカーをみせているチーム。それに来季は欧州の舞台にも復帰するよ」

「このレベルで引き続き成長していきたいと思ったんだ。そしてこれからこのレバークーゼンは確かな成功を収めていけると確信しているよ」

▽一方、リーグ屈指のGKの獲得に成功したレバークーゼンのルディ・フェラーSDは「素晴らしいGKを迎え入れることができた。とてもうれしいよ。ルーカス・フラデツキーはブンデスリーガにおいて素晴らしいGKと認識されており、代表も含め国際舞台での経験も豊富だ。それにフランクフルトではリーダー的存在としての地位を確立していた。そのクオリティは、先日のポカール優勝でも実証されたね」と、喜びのコメントを残している。

▽チェコ生まれのフィンランド人GKのフラデツキーは母国TPSでプロキャリアをスタート。その後、エスビャウ、ブレンビーとデンマークのクラブを経て2015年にフランクフルトに加入。同クラブでは3シーズンに渡って絶対的な守護神に君臨していた。

▽また、2010年にデビューを果たしたフィンランド代表では通算36試合に出場している。

▽なお、フラデツキーの獲得を受けて、レバークーゼンで長らく正GKを務めてきたドイツ代表GKベルント・レノ(26)の退団が濃厚な情勢に。同選手にはナポリやプレミアリーグ勢からの関心が伝えられている。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナルがドイツ代表GKレノを獲得! 「CLの舞台に返り咲きトロフィーを獲得するために貢献したい」

▽アーセナルは19日、レバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽なお、契約に関する詳細は明かされていないが、ドイツ『キッカー』は移籍金は2500万ユーロ(約32億円)程度になり、レノ自身は2023年までの5年契約にサインしたと伝えている。 ▽アーセナル加入が決定したレノはクラブ公式サイトで意気込みを語った。 「いまはとても良い気分だよ。アーセナルとの契約にサインできたことを光栄に思うし、ここでプレーすることは自分にとって夢だったんだ」 「このクラブの歴史やファン、クラブのクオリティーは本当に素晴らしいと思う。そして、アーセナルがチャンピオンズリーグの舞台に返り咲き、いくつものトロフィーを獲得するために貢献したいんだ」 「このクラブに関してはティエリ・アンリやイェンス・レーマン、ハイバリー・スタジアム、アレクサンデル・フレブといった存在をすぐに思い浮かべるね。特に、フレブはシュツットガルトでプレーしていたときから知っているし、僕は彼と同じ道を歩んでいくことになるね」 ▽一方、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーに続く今夏2人目の補強に成功したウナイ・エメリ監督は、「ベルント・レノがチームに加わったことを嬉しく思うよ。彼はクオリティーと経験を持ったゴールキーパーだ。ベルントがアーセナルを選んでくれたことに興奮しているし、プレシーズンに共に仕事ができることを楽しみにしている」と、新守護神獲得に満足感を示した。 ▽2011年8月にシュツットガルトからレンタルでレバークーゼンに加入し、3カ月で完全移籍を勝ち取ったレノ。以降、7シーズンに渡って守護神としてチームを支え続け、ブンデスリーガでの233試合を含む公式戦304試合に出場。今シーズンも公式戦38試合に出場して12度のクリーンシートを達成した。 ▽また、通算6キャップを誇るドイツ代表ではロシア・ワールドカップの予備登録メンバーに選出されていたものの、本大会のメンバー入りは逃していた。 ▽アトレティコ・マドリーやナポリから関心を寄せられてきたとされるレノだが、昨シーズンの低調なパフォーマンスで限界説も伝えられる元チェコ代表GKペトル・チェフ(35)の後釜という形でアーセナルの正GK就任を目指す。 2018.06.20 05:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、待望のチェフ後任獲得へ…レバークーゼンGKレノ、19日にも5年契約にサイン

▽レバークーゼンに所属するドイツ代表GKベルント・レノ(26)のアーセナル移籍が迫っているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽アトレティコ・マドリーやナポリから関心を寄せられてきたとされるレノ。しかし、昨シーズン元チェコ代表GKペトル・チェフ(35)の加齢によるパフォーマンスの低下が目立ち、後任を探し続けてきたアーセナルが獲得を目前にしているという。 ▽伝えられるところによると、レノは火曜日(19日)にもメディカルチェックを行い、アーセナルと5年契約にサインする見込み。移籍金は約2500万ユーロ(約32億円)になると報じられている。一方、レバークーゼンは5月にフランクフルトからフィンランド代表GKルーカス・フラデツキー(28)をフリートランスファーで獲得。すでに後釜を確保している状態だ。 ▽2011年8月にシュツットガルトからレンタルでレバークーゼンに加入し、3カ月で完全移籍を勝ち取ったレノ。以降、守護神としてチームを支え続け、今シーズンも公式戦38試合に出場して12度のクリーンシートを達成した。 2018.06.19 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーが20歳のジャマイカ人ウインガーに興味…バイエルン&シティとの獲得レースに参戦へ

▽前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を目指すレアル・マドリー。今夏の移籍市場では、若手ウインガーに注目しているようだ。『ESPN』が報じた。 ▽マドリーが関心を寄せているのは、レバークーゼンのMFレオン・ベイリー。20歳のウインガーだ。 ▽ジャマイカ出身のベイリーは、バイエルンやマンチェスター・シティなども獲得に興味。バイエルンは6000万ユーロ(約78億5500万円)を支払う予定のようだ。 ▽マドリーは、今夏ウェールズ代表MFガレス・ベイルの売却を考えており、代役としてベイリーの獲得を目指すようだ。 ▽ベイリーは今シーズンのブンデスリーガで、30試合に出場し9ゴール6アシストを記録。DFBポカールでは4試合で3ゴールを記録していた。 2018.05.21 23:23 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルンがベイリー獲得に向けて78億円を用意…ライバルからの引き抜きに動く

今シーズン、レバークーゼンのレオン・ベイリーは大ブレイクを果たしたが、同選手獲得に向けて、ドイツの盟主バイエルンが動きを見せているようだ。<br><br>『ESPN』が報じたところによると、バイエルンはベイリー引き抜きに動いており「バイエルンは6000万ユーロ(約78億円)のオファーで打診している」と伝えた。<br><br>また「ベイリーにはチェルシーも関心を示しているが、所属するレバークーゼンは契約解除金の高騰を狙って防御の姿勢を見せている」と続け、ベイリーが移籍市場の人気銘柄になっていると強調した。<br><br>過去にもブンデスリーガのライバルチームから有力選手を次々に獲得してきたバイエルン。今季、公式戦34試合12ゴール6アシストとレバークーゼンで結果を残しているベイリーを、次なる照準として定めているようだ。また、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドなどプレミア勢も含めた&ldquo;ベイリー争奪戦&rdquo;は激化の様相を呈しており、引き続きその動向が注目される。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.19 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

一歩届かなかったレバークーゼン、CL出場権獲得ならず《ブンデスリーガ》

▽レバークーゼンは12日、ブンデスリーガ最終節でハノーファーをホームに迎え、3-2で勝利した。 ▽前節ブレーメン戦を引き分け、3試合勝利のない5位レバークーゼン(勝ち点52)は同勝ち点で並ぶ4位ホッフェンハイムが3位ドルトムントと戦う中、勝利して逆転でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指した。 ▽何も懸かっていない13位ハノーファー(勝ち点39)に対し、レバークーゼンは3分にあっさり先制する。アランギスのロングフィードを受けたアラリオがボックス左に侵入して左足ボレー。意表を突いたシュートがゴールに吸い込まれた。 ▽さらに2分後、バウムガルトリンガーがボックス左で仕掛けたところでマイアーに倒されPKを獲得。しかし、キッカーのヴェンデウはゴール右に外し、追加点とはならない。それでも攻勢を緩めないレバークーゼンは9分にアランギスが意表を突いたロングシュートを狙うと、18分に加点した。オストルツォレクのバックパスミスをカットしたアラリオがGKをかわしてシュートを流し込んだ。 ▽2点をリードしたレバークーゼンは23分、バウムガルトリンガーが負傷してコールとの交代を強いられる。それでもハーフタイムにかけても主導権を握り続け、アランギスのミドルシュートやハフェルツのシュートで3点目に迫り、後半へ折り返した。 ▽後半もアラリオのヘディングシュートでゴールに迫ったレバークーゼンは55分に3点目を決める。L・ベンダーのスルーパスを受けたブラントがGKとの一対一を決めた。 ▽73分にはホッフェンハイムがドルトムントに2点差を付けたことから4位に滑り込むにはあと2点が必要となったレバークーゼンは、アランギスに代えてベララビを投入して攻勢に出る。 ▽すると82分、ベララビがロングボールに抜け出してボックス右で相手DFに倒されてPKと判定される。しかし、VARの末に取り消されると、集中が切れてしまい、追加タイム1分にはフュルクルクにゴールを許して万事休す。5位でシーズンを終え、CL出場権獲得はならなかった。 2018.05.13 00:53 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース