レバークーゼン、フランクフルト守護神を獲得! 流出濃厚レノの後釜に2018.05.23 19:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは23日、フランクフルトからフィンランド代表GKルーカス・フラデツキー(28)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。

▽フランクフルトでのDFBポカール優勝を置き土産にレバークーゼンに加入することになったフラデツキーはクラブ公式サイトで新天地での意気込みを語った。

「レバークーゼンはブンデスリーガを代表するクラブであり、素晴らしい攻撃的なサッカーをみせているチーム。それに来季は欧州の舞台にも復帰するよ」

「このレベルで引き続き成長していきたいと思ったんだ。そしてこれからこのレバークーゼンは確かな成功を収めていけると確信しているよ」

▽一方、リーグ屈指のGKの獲得に成功したレバークーゼンのルディ・フェラーSDは「素晴らしいGKを迎え入れることができた。とてもうれしいよ。ルーカス・フラデツキーはブンデスリーガにおいて素晴らしいGKと認識されており、代表も含め国際舞台での経験も豊富だ。それにフランクフルトではリーダー的存在としての地位を確立していた。そのクオリティは、先日のポカール優勝でも実証されたね」と、喜びのコメントを残している。

▽チェコ生まれのフィンランド人GKのフラデツキーは母国TPSでプロキャリアをスタート。その後、エスビャウ、ブレンビーとデンマークのクラブを経て2015年にフランクフルトに加入。同クラブでは3シーズンに渡って絶対的な守護神に君臨していた。

▽また、2010年にデビューを果たしたフィンランド代表では通算36試合に出場している。

▽なお、フラデツキーの獲得を受けて、レバークーゼンで長らく正GKを務めてきたドイツ代表GKベルント・レノ(26)の退団が濃厚な情勢に。同選手にはナポリやプレミアリーグ勢からの関心が伝えられている。
コメント
関連ニュース
thumb

マドリー、ブラントに関心 条件次第で32億円で獲得可能か

レアル・マドリーが、レバークーゼンに所属するドイツ代表MFユリアン・ブラント(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 マドリーは、近年の移籍市場ではブラジル代表FWヴィニシウス(18)やスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)など若手をメインに獲得。そして、次なる若手有望株として、同クラブはブラントを注視しているようだ。 ブラントは、レバークーゼンとの契約を2022年まで残している。しかし、同クラブは現在ブンデスリーガ6位に付けており、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を得られなければ、2500万ユーロ(約32億円)で移籍可能な条項がブラントの契約に盛り込まれているという。 とはいえ、ドイツ代表MFの去就を巡っては、ドルトムントとバイエルンも興味を示しているとのこと。ここにマドリーが加わったことで、今夏に争奪戦が勃発する模様だ。 ヴォルフスブルク下部組織出身のブラントは、2014年1月にレバークーゼンに加入した。左ウイングを主戦場にボールのオン・オフに限らず卓越した攻撃センスを発揮し、今シーズンの公式戦34試合に出場で7ゴール13アシストを記録している。 2019.03.16 14:57 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ブラント獲得に向け32億円用意か

ドルトムントが、レバークーゼンに所属するドイツ代表MFユリアン・ブラント(22)の獲得に動きだす可能性があるようだ。ドイツ『ルール・ナハリヒテン』の情報をもとにポルトガル『A Bola』が伝えている。 ヴォルフスブルク下部組織出身のブラントは、2014年1月にレバークーゼンに加入した。左ウイングを主戦場にボールのオン・オフに限らず卓越した攻撃センスを発揮し、今シーズンの公式戦34試合に出場で7ゴール13アシストを記録している。 同選手の活躍もあり、レバークーゼンは現在、ブンデスリーガで勝ち点42の6位に付けている。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ボルシアMGとは勝ち点差が4となっている。だがもし、CLの出場権を逃した場合、ブラントが退団する可能性があるとメディアは主張。この状況に目を光らせているというドルトムントは2500万ユーロ(約32億円)前後の移籍金を用意しているようだ。 なお、レバークーゼンとの契約を2021年まで残すブラントには、リバプールをはじめとするプレミア勢やバイエルンなどのビッグクラブも興味を持っているようだ。 2019.03.14 19:37 Thu
twitterfacebook
thumb

原口アシストも幻弾のハノーファー、レバークーゼンに惜敗し4連敗《ブンデスリーガ》

ハノーファーは10日、ブンデスリーガ第25節でレバークーゼンをホームに迎え、2-3で競り負けた。ハノーファーのFW原口元気はフル出場、FW浅野拓磨は欠場している。 前節シュツットガルトとの残留争いを1-5と惨敗し、3連敗となった17位ハノーファー(勝ち点14)は、原口が5試合連続スタメンとなった一方、ヒザを痛めた浅野が欠場となった。 雪が降る中キックオフされた一戦。6位レバークーゼン(勝ち点39)に対し、[4-3-3]の左ウイングで先発となった原口のハノーファーは、レバークーゼンにポゼッションを譲り、ロングカウンターを狙っていく。 しかし13分、スルーパスでボックス左深くまで侵入したベイリーの折り返しをブラントに合わせられると、シュートのルーズボールをフォラントに押し込まれ、あっさり先制される。 さらに28分、防戦一方のハノーファーは追加点を奪われる。ブラントのスルーパスに反応したフォラントがボックス中央から狙ったループシュートが決まった。 厳しいハノーファーは33分、原口に決定機。味方のパスを受けてGKをかわし、ボックス右に侵入して無人のゴールへシュート。だが、雪が積もったピッチによりボールが失速。ゴールライン前で止まってしまい、無情にもゴールとはならなかった。 その後、40分に雪の影響で中断となった中、追加タイム2分、フォラントにチップキックシュートでゴールを脅かされたハノーファーは前半を2点ビハインドで終えた。 迎えた後半、51分に原口がアシストをマークする。左サイドから右足で上げた原口のクロスをジョナタスが頭で合わせてゴール右に流し込んだ。 さらに73分、ハノーファーが同点に追いつく。左サイドからのFKをヴァイダントがヘッドで合わせると、GKの弾いたルーズボールがゴール前のヴァイザーに当たってゴールに吸い込まれた。 終盤にかけてオープンな展開となる中、87分にレバークーゼンが勝ち越した。ボックス左のブラントのリターンパスをハフェルツがヘッドで押し込んだ。これが決勝点となってハノーファーは惜敗。4連敗となり、残留が益々厳しくなっている。 2019.03.11 04:11 Mon
twitterfacebook
thumb

ドイツ強豪のレバークーゼンが日本代表MF南野拓実に関心か

レバークーゼンが、ザルツブルクに所属する日本代表MF南野拓実(24)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 セレッソ大阪下部組織出身の南野は、2015年1月にザルツブルクに完全移籍で加入すると、途中出場も多い中、2015-16シーズンからは毎シーズン公式戦2桁得点を記録。今シーズンもすでに公式戦30試合で11得点と、4年連続の公式戦2桁得点を達成している。 また、2015年にデビューを飾った日本代表ではこれまで13試合で5得点。森保一体制ではブレーメンのFW大迫勇也の6得点に次いで5得点を記録している。 そんな南野に関しては先日、ボルシアMGが関心を抱いているとドイツメディアが報道。今回伝えられるところによれば、レバークーゼンも日本代表アタッカーに照準を絞っているという。 2019.03.07 14:28 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスvsバイエルン! ”エジル2世”争奪戦が勃発

ユベントスが、レバークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(19)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 レバークーゼン下部組織出身のハフェルツは、2016年10月のブレーメン戦でクラブ史上最年少となる17歳126日でトップチームデビュー。トップ下を主戦場とし、“エジル2世”とも呼ばれるドイツ期待の新星は今シーズンもここまでの公式戦32試合で12ゴール7アシストと攻撃を牽引している。 評価を急激に挙げているハフェルツに関して、各紙はバイエルンなどの複数クラブが獲得に興味を示していると報道。そして今回、新たにユベントスもし烈な争奪戦に名乗りを挙げたという。 なお、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、ハフェルツの市場価値は6500万ユーロ(約82億円)。イタリアとドイツの絶対君主が激突する中、どのクラブが獲得にこぎ着けるのか注目が集まる。 2019.03.05 15:52 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース