インテル、CL出場権確保も“死のグループ”入りの可能性2018.05.23 06:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽苦しみながらも来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にしたインテルは、簡単にヨーロッパのトップに戻れるわけではない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がCLグループステージの組み分けを「天国と地獄」を予想した。

▽新しいレギュレーションにより、セリエAで4位になったインテルも予選なしで本大会に出ることができる。ただ、UEFAランキングに基づいてシードクラブを決めるシステムにより、インテルは強敵との対戦が避けられそうにない。

▽第1シードは前大会王者(レアル・マドリーorリバプール)、ヨーロッパリーグ王者(アトレティコ・マドリー)、そしてランキング上位6リーグの王者だ。一方でインテルはここまで出場を決めている26クラブのうちUEFAのクラブランキングが25番目となっており、第4シード扱いとなる。

▽『ガゼッタ』は、考えられる最悪のグループがバイエルン、レアル・マドリー、トッテナムだと記した。反対に理想的なグループは、ロコモティフ・モスクワ、バーゼル、ルドゴレツと考えている。ただし、これから行われるプレーオフ次第でシードクラブが変更となる可能性もあるため、シードは確定ではない。

▽それでも、インテルが第4シードとなることは揺るがない。“死のグループ”が待ち受けていても不思議ではないはずだ。抽選は8月30日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

VAR躍動!サンプvsインテルで三度ゴールが取り消しに

▽22日に行われたセリエA第5節サンプドリアvsインテルで、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が大活躍したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽前半サンプドリアの攻勢に苦しめられたインテルは43分、FKの流れからこぼれ球から、MFラジャ・ナインゴランがペナルティアーク右からゴール左隅を捉えるシュートを突き刺したが、VARによりFKの際に味方がオフサイドの判定を受けノーゴールに。さらにゴールレスのまま迎えた82分にも、ゴールライン右からの折り返しをMFクワドゥオ・アサモアが押し込んだが、折り返しの際にボールがラインから出ていたとして、ゴールは認められなかった。 ▽VARはサンプドリアにも影響。89分にFWグレゴワール・デフレルがネットを揺らすもオフサイドの判定に。 ▽結局、後半アディショナルタイムにMFマルセロ・ブロゾビッチが正真正銘のゴールを決めたインテルが1-0で辛勝。VARに苦しめられ助けられたインテルが今季2勝目を手にしている。 ▽VARは正しい判断が下せるようになる半面、試合の流れを壊しかねないとして賛否両論だ。そのため、プレミアリーグなどはVAR導入に待ったをかけており、将来的に採用される見込みとなっているものの、慎重な姿勢を示している。 2018.09.23 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スパレッティ、劇的勝利に乱れ退席処分 「カメラに叫んだのだが…」

▽インテルの指揮を執るルチアーノ・スパレッティ監督が自身の退席処分、ドラマティックな勝利に言及した。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽インテルは22日、セリエA第5節でサンプドリアと対戦。スコアに動きなく迎えた後半アディショナルタイム4分にクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチの劇的ゴールが決まり、シーズン初の2連勝を飾った。 ▽だが、スパレッティ監督は劇的な得点場面で喜びを爆発させ過ぎたため、退席処分を命じられるアクシデントも…。試合後、退席処分の理由について弁明。また、勝利という結果についても話した。 「すごく重要な得点だったのでカメラの方向に叫んだのだが、その先にいた第4審判に対する過度で感情的な侮辱行為と解釈されてしまった」 「勝ち方は、我々のキャラクターを示している。リスクもあるが、我々はインテルだ。常勝を目指すチームとして、崖っぷちに立って戦うことも必要だ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

VARに苦しんだインテル、3度目の正直で難所ルイジ・フェラリスを後半ATに攻略《セリエA》

▽インテルは22日、セリエA第5節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽前節パルマ戦を痛恨の黒星で早くも今季2敗目を喫したインテルは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦ではイカルディのファインゴール含む終盤の2発で逆転勝利し、悪い流れを断ち切った。この勢いを持続したい中、トッテナム戦のスタメンから2選手を変更。ペリシッチとデ・フライに代えてカンドレーバと負傷明けのダンブロージオを起用した。 ▽今季ナポリが0-3で沈んでいる難所ルイジ・フェラリスでの一戦。[4-2-3-1]を採用したインテルは中盤の2列目に右からポリターノ、ナインゴラン、カンドレーバと並べた。開始直後、クアリアレッラのバイシクルシュートでゴールを脅かされたインテルは、サンプドリアの圧力を受ける入りを強いられると、11分にもリネティのミドルシュートでゴールに迫られた。 ▽その後も攻撃を牽引するクアリアレッラがオンターゲットのシュートを記録していく中、劣勢のインテルは17分にナインゴランがミドルシュートでチーム初の枠内シュートを記録。 ▽前半半ば以降もサンプドリアの攻勢が続いた中、インテルは34分にヴェシーノのヘディングシュートでゴールに迫ると、43分に先制しかけた。FKの流れからルーズボールをペナルティアーク右のナインゴランがボレー。これがゴール左隅を捉えた。しかし、VARの末にオフサイドを取られ、ノーゴールとなってしまった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、開始5分にインテルがゴールに迫る。右サイドにポジションを変えたカンドレーバがボックス右から左足で放ったシュートが左ポストを直撃した。 ▽インテルが圧力をかける中、56分にはカンドレーバの右クロスにニアのイカルディがヘッド。しかし、枠の右に外れた。劣勢のサンプドリアがプラートとリネティに代えてヤンクトとバレットを投入してきたのに対し、インテルはポリターノに代えてペリシッチを投入した。 ▽すると69分にはカンドレーバの強烈なボレーシュートがGKアウデーロを強襲。さらにケイタを投入すると、72分にはペリシッチの左クロスをイカルディがヘッド。しかし、わずかに枠の左に外れてしまった。 ▽攻勢を強めるインテルは、クアリアレッラのコントロールシュートで牽制されると、終盤にかけては攻めあぐねる状況が続いた。そこで最後のカードを切り、ナインゴランに代えてボルハ・バレロを投入。83分にはCKの流れからシュクニアルがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 ▽それでも82分、ボックス右ゴールライン際から折り返したクロスをアサモアが強烈なシュートでネットを揺らす。ついに先制かに思われたが、VARの末に再びノーゴールとなってしまった。89分にはスルーパスに抜け出したデフレルにネットを揺らされたがオフサイドに救われたインテルは、追加タイム4分に劇的弾を挙げる。FKの流れからルーズボールをボックス右で拾ったブロゾビッチが胸トラップからボレーシュートを叩き込んだ。 ▽これが決勝点となってインテルが劇的勝利。VARに苦しみながらもリーグ戦今季2勝目を挙げている。 2018.09.23 05:32 Sun
twitterfacebook
thumb

イカルディの契約延長はいつに?

▽インテルはアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)の契約延長が難航しているようだ。イタリア『コリエーレ・デラ・セラ』をもとに『フットボール・イタリア』が引用して伝えた。 ▽インテルとの契約が2021年までのイカルディは、以前から契約延長が取りざたされている。しかし、妻で代理人のワンダ・ナラ氏と交渉が難航し未だ契約延長には至ってはいない。 ▽今回の報道では、インテルはイカルディに対し2023年までの契約延長と、契約解除金を1億1000万ユーロ(約144億円)から1億3000万ユーロ(約170億円)に引き上げる新契約を用意しているという。同選手に関心を持っているとされるマンチェスター・ユナイテッドなどのビッグクラブを全く寄せ付けない構えだ。 ▽しかし、インテルとイカルディ側には、希望する年俸に差がある模様。650万ユーロ(約8億円)を用意しているインテルに対し、選手サイドは800万ユーロ(約10億円)を要求しているようだ。 2018.09.20 17:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがシュクリニアルに熱視線もインテルは徹底抗戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドはインテル所属のスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(23)の獲得に動くようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『カルチョ・メルカート』の記事を引用し伝えている。 ▽ユナイテッドはセンターバックの強化を図るべく、これまでイングランド代表DFハリー・マグワイア(25)をはじめとする多くの選手に関心を寄せていたが、結局補強には成功してはいない。そのためシュクリニアルに照準を定めたようだ。 ▽『カルチョ・メルカート』によれば、ユナイテッドは既に2500万ユーロ(約32億円)のオファーを提示したが、インテルはこれを拒否。しかし、ユナイテッドはシュクリニアルに対して5000万ユーロ(約65億円)まで支払う意向があるという。 ▽また同紙によれば、インテルは守備の要であるシュクリニアルの放出を考えておらず、既に新契約に向けて動き出しているという。 ▽シュクリニアルは2017年に、2000万ユーロ(約26億)でサンプドリアから加入。加入初年度からリーグ戦38試合に出場。7シーズンぶりのチャンピオンズリーグ出場に貢献していた。 2018.09.19 22:40 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース