不遇のダルミアン、ユベントス移籍へ2018.05.21 21:04 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスが、マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(28)の獲得に成功したようだ。カルチョメルカートがイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。

▽ダルミアンは2015年にトリノから加入。1年目の2015-16シーズンはリーグ戦28試合に出場したものの、徐々にその数を減らしていき、今季はリーグ戦出場は8試合のみ。完全に戦力外とみなされていた。

▽そんな中、右サイドバックの補強を目指すユベントスがイタリア代表DFに興味。記事によれば、両クラブ間ですでに合意済みのようで、ユベントスにとって今夏最初のDFの補強となる見込みだ。

▽なお、移籍金はトリノからユナイテッドに加入した時と同額の1300万ユーロ(約17億円)程度になるとみられている。ダルミアンには、ミランやナポリ、ローマといったイタリアクラブが注目していたようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

欠席のメッシとC・ロナウド、カペッロにキレられる…

▽フットボール界で長らく指導者を務めるファビオ・カペッロ氏がアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)の欠席に怒った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽国際サッカー連盟(FIFA)は24日、ロンドンでザ・ベストFIFAアワード2018を開き、各賞受賞者を発表。ここ10年にわたり、C・ロナウドとメッシの連続受賞が続く最注目のFIFA男子最優秀選手賞には、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが輝いた。 ▽この授賞式に多くのノミネート選手が出席したが、長らくフットボール界の2大看板に君臨するメッシとC・ロナウドの姿はなかった。カペッロ氏は、そうした行動に対して次のように苦言を呈した。 「FIFAとフットボール界に失敬だ」 「彼らは勝者であり続けるが故に、その座を失うことにビビっているのかもね」 「勝とうが、負けようが、良い振る舞いをしなくてはいけない」 2018.09.25 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「過去8年間で最強」キエッリーニ、C・ロナウド加入で戦力アップのユーベに自信

ユベントスに所属するDFジョルジョ・キエッリーニが23日のフロジノーネ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。キエッリーニは今季のユベントスが近年においても最強であると自負した。<br><br>ユベントスは23日、セリエA第5節においてフロジノーネとアウェーで対戦した。イタリア王者は、昇格組のフロジノーネのゴールをなかなかこじ開けられずにいたが、81分、FWクリスティアーノ・ロナウドが先制点を挙げると、後半アディショナルタイムにFWフェデリコ・ベルナルデスキが追加点を決め、2-0で勝利した。主将のキエッリーニは、試合を振り返った。<br><br>「今日は注意深く、冷静に集中して、良い試合ができた。相手は守備を固めており、難しい試合だった。こうなると無理にプレーしようとして、無駄なファウルをしてしまうものだ。それでも僕らの前線のクオリティを考えれば、0-0で試合が終わることは難しいだろう。今日はFWの選手たちがよくやってくれた」<br><br>続いてキエッリーニは、C・ロナウドや今シーズン、まだ無得点のFWパウロ・ディバラについて言及し、賛辞を贈った。<br><br>「ロナウドはこれからゴールを量産してくれるだろう。彼は想像していた通りだよ。今日は、ディバラが重要な役割を果たしてくれたと思う。FKを獲得してくれたおかげで、一息つくことができた。彼はユベントスにとって本当に特別だよ。僕らにとっては、去年よりも今日の方が良かった。ゴール数で評価されてしまうが、ピッチにいる僕らにとっては違う。彼は重要な選手だよ」<br><br>■近年で最強のユベントスと自負C・ロナウドが加入したユベントスは、史上最強との呼び名も高いが、キエッリーニは過去を振り返り、レジェンドの名前を挙げて、持論を展開した。<br><br>「(ファビオ)カンナヴァーロや(アンドレア)ピルロ、(アレッサンドロ)デル・ピエロや(ジャンルイジ)ブッフォンら、偉大なマエストロを同僚に持つことができた。彼らはどんな練習においても、上達しようという意欲を持っていた。僕らもそれに倣わなければならない。これが本当のカギだと思う。守備では光栄に(リリアン)テュラム、カンナヴァーロと一緒にプレーした。サッカーは進化しているので、カンピオーネたちと比較するのは難しいが、今のユーベはここ8年間では最強だと思う」<br><br>提供:goal.com 2018.09.24 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「彼が100%の状態でなければ」アッレグリ、不振ディバラにフィットネスの改善を要求

▽ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、今シーズンここまで無得点のアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラについて言及した。イタリア『スカイ』が伝えている。 ▽ユベントスは23日、セリエA第5節でフロジノーネと対戦。3トップの右で先発したディバラはフル出場するも自身にゴールは生まれず。それでもチームは2-0で勝利している。 ▽ここまでセリエAで4試合出場するも未だゴールがないディバラ。これに対してアッレグリ監督は、「不安を感じる必要はない」と語りつつも、フィットネスの改善を求めた。 「ディバラに関しては、プレーし続ける必要があるね。彼のベストな状態はランによって作られるということは常に言ってきた」 「今日は良いプレーもあった。しかし、まだまだプレーしなくてはならない。彼のテクニックとドリブルはチームを助けてくれる。フィットネスが上がればもっと良くなるだろうね」 「ディバラは現在のパフォーマンスに不安を感じる必要はないよ。世界で最高な選手の1人になる可能性もある選手だ。ただ、もし彼が100パーセントの状態でなければ、他の選手の方が速いんだ」 2018.09.24 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ、レロイ・ザネを注視…シティの設定価格は190億超!

▽ユベントスがマンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネ(22)に目を光らせているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長は、今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得に成功したが、早くもその後釜探しに着手。別ポジションになるが、ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サビッチのほか、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペと共に候補の1人として、レロイ・ザネを注視しているという。 ▽しかし、ユベントスはレロイ・ザネ獲得に向けた動きは、近々にというわけではない様子。今夏にC・ロナウド獲得に大金を投下した直後に、シティの1億5000万ユーロ(198億3000万円)に及ぶ高額な価格設定に応じることは難しく、来夏以降の獲得挑戦を視野に入れているとのことだ。 ▽レロイ・ザネは、2016年夏にシャルケからシティに加入。ロシア・ワールドカップ出場こそ逃したが、移籍2年目の昨シーズンのプレミアリーグで32試合10得点の活躍を披露するなど、切れ味鋭いウィンガーとして評価を高めた。今シーズンになり、ジョゼップ・グアルディオラ監督との軋轢も取り沙汰されるが、果たして…。 2018.09.24 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドのリーグ戦2試合連続弾などで辛勝のユベントスが開幕5連勝《セリエA》

▽ユベントスは23日、セリエA第5節でフロジノーネとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽前節サッスオーロ戦ではC・ロナウドの移籍後初ゴールを含むドッピエッタで勝利し、開幕4連勝としたユベントスは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバレンシア戦をC・ロナウドが退場となった中、PK2本で2-0の勝利を収めた。そのバレンシア戦のスタメンから5選手を変更。ボヌッチやマテュイディ、負傷したケディラらに代えてディバラやクアドラード、ジャンらが先発となった。 ▽ここまで1分け3敗で未勝利のフロジノーネに対し、3トップに右からディバラ、マンジュキッチ、C・ロナウドと並べ、中盤アンカーにピャニッチ、インサイドにジャンとベンタンクールを並べる[4-3-3]で臨んだユベントスが立ち上がりから押し込むと、7分に決定機。マンジュキッチが競り合ってルーズとなったボールをゴールエリア左のC・ロナウドが左足でプッシュ。しかし、GKスポルティエッロの好守に阻まれた。 ▽その後も押し込むユベントスは13、20分とC・ロナウドが枠内シュートを浴びせてゴールに近づくも、5バックを敷いてスペースを埋めるフロジノーネを崩し切ることはできない。 ▽前半半ば以降は全くチャンスを作れず、フロジノーネのカウンターを受けるシーンも散見されるなどペースをつかめずに前半をゴールレスで終えた。 ▽後半も押し込んだユベントスだったが、前半同様に打開できないことで56分にベンタンクールに代えてベルナルデスキを投入。攻撃の枚数を増やして圧力をかけると、63分に決定機。左サイドを崩した流れからゴールエリア左のC・ロナウドがヒールシュートに持ち込むも、GKスポルティエッロの好守に阻まれた。 ▽70分には直前に投入されていたカンセロの右クロスにマンジュキッチがヘッドで合わせるチャンスを迎えたが、枠の上に外してしまう。 ▽それでも81分、ピャニッチがシュートを打ったルーズボールに反応したボックス中央のC・ロナウドがオフサイドトラップをかいくぐって左足でねじ込み、ユベントスが待望のゴールをこじ開けた。 ▽C・ロナウドのリーグ戦2試合連続ゴールで均衡を破ったユベントスは、試合終了間際の追加タイム4分、ロングカウンターからベルナルデスキが加点して2-0で勝利。格下に苦しみながらも開幕5連勝としている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 05:26 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース