一時帰国中のレアンドロ、鹿島を電撃退団か…古巣グレミオに復帰の噂2018.05.21 10:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿島アントラーズに所属するブラジル人MFレアンドロ(25)に対して、古巣であるグレミオ復帰説が急浮上した。ブラジル『radio hincha』が報じている。

▽レアンドロは、2017年途中にパルメイラスから鹿島に期限付き加入。今シーズンから3年契約の完全移籍で鹿島に再加入を果たしたが、ケガの影響で出遅れ、左ヒザの検査を理由に一時帰国している。

▽だが、そのレアンドロにグレミオが関心を示している可能性があるという。そうした中、レアンドロも自身がキャリアをスタートさせたグレミオの拠点ポルト・アレグレにある代理人の事務所を訪れた模様だ。

▽なお、2013年にブラジル代表招集歴を持つレアンドロは2017年の明治安田生命J1リーグ23試合で11ゴールを記録。今シーズンはここまでJ1リーグ3試合の出場にとどまっている。

コメント

関連ニュース

thumb

札幌、都倉の土壇場弾で劇的ドロー! G大阪は宮本恒靖体制初の連勝ならず…《J1》

▽15日にパナソニックスタジアム吹田で行われた明治安田生命J1リーグ第22節のガンバ大阪(17位/勝ち点20)vsコンサドーレ札幌(5位/同31)は、1-1のドローに終わった。 ▽前節のFC東京戦を2-1で勝利して宮本恒靖監督体制初勝利を飾ったG大阪は、今節に向けてその一戦同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 ▽一方、前節C大阪と1-1で引き分けた札幌は、同試合をケガで欠場していた福森が先発復帰。また、アジア競技大会に参加している三好に代わりに都倉が起用された。 ▽連勝を目指すG大阪と、3試合ぶり白星を目指す札幌の一戦は、ホームのG大阪が先にチャンスを作る。3分、ボックス左外でFKを獲得すると、藤本がクロスを上げるもサイドに流れる。しかし、これを拾った一美が遠藤に繋ぎ、最後はボックス右手前でパスを受けた倉田が反転してシュートを放つが枠の上へ。 ▽G大阪はさらに13分、一美が高い位置でバックパスを受けたGKク・ソンユンのミスを見逃さずボックス手前でボールを奪取。高にパスをつなぎ、敵陣中央から、がら空きのゴールを狙ってシュートを放つも、ゴール右に外れた。 ▽対する札幌は14分、ボックス手前に持ち込んだチャナティップが右サイドに駆け上がっていた都倉にパス。ボックス右から中央に切れ込みシュートを放ち、GK東口が弾いたところにジェイが詰めるが、ミートせずキャッチされてしまう。 ▽ヒヤリとする場面を迎えたG大阪は16分、藤本のパスをボックス右で倉田が胸で落とし、走り込んだ遠藤がボックス内に侵攻してシュートを放つも、ポストに嫌われる。しかし、決定的なチャンスを逃した直後、遠藤とのワンツーでボックス内に切れ込んだ倉田が相手DFに倒されてPKを獲得。これを自らが左上に蹴り込み、G大阪が先制に成功する。 ▽先制点を奪われた札幌はその後、ボールを保持する時間帯が増加。36分、宮澤がボックス左の石川に浮き球を送る。これをフリーで中央にクロスをあげ、最後はチャナティップがシュートを放つが、ファビオにゴールライン上ギリギリのところでクリアされてしまい、同点ゴールとはならない。 ▽このチャンスを逃した札幌にアクシデントが襲う。37分に石川が急に座り込んでしまい、プレー続行不可能に。左足を引きずりながらピッチを後にし、菅と交代した。前半のうちに1枚交代カードを使ってしまい、嫌な流れで前半を終えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半に入ると、1-0でリードして試合を折り返したG大阪が札幌を押し込む。62分にファビオが自陣中央でインターセプトすると、アデミウソンにパスしてそのまま駆け上がる。ボックス内でリターンパスを受けゴール前に迫るもシュートは打てず。最後はこのこぼれ球を拾ったアデミウソンがシュートを放つが枠を外してしまう。 ▽攻撃の形を作れない札幌は、終盤に宮吉、小野といった攻撃的な選手を投入して、攻撃の活性化を図る。すると80分、途中出場の小野からパスを受けた福森がクロス。都倉が落とし、ボックス内浅い位置からジェイが強烈なボレーシュートを放つも、GK東口の好セーブ阻まれて同点にすることが出来ない。 ▽G大阪は逃げ切りを図るべく85分に一美に代えて藤春を投入する。 これに対して、攻勢を強める札幌は89分に都倉、宮吉が続けてゴールを狙うもどちらもGK東口の好守に防がれ1点が遠い。 ▽このまま終わるかに思われた試合は試合終了間際、ここまで猛攻を仕掛けていた札幌についに同点ゴールが生まれる。ボックス右手前でパスを受けた進藤のクロスをファーサイドの都倉がヘディングで合わせると、ボールはゴール右へと吸い込まれ、札幌が土壇場で同点に追いついた。 ▽試合はこのまま同点に終わり、G大阪は終了間際の失点で勝ち点3を取りこぼし、連勝を逃す結果に。対する札幌は土壇場で追いつくも3試合未勝利となっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.15 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋4連勝で最下位脱出!ジョー、圧巻の2Gで横浜FMを粉砕!!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第22節、横浜F・マリノスvs名古屋グランパスが15日に行われ、2*1で名古屋が勝利した。 ▽湘南ベルマーレとの神奈川ダービーを制して連敗から抜け出した横浜FM。それでも攻撃陣には波があるうえ、今夏に守備の要を2人も放出してしまった代償は大きく、得点力よりも失点の多さが目立ってしまっている状況だ。そんな中迎える今節は、仲川とオリヴィエ・ブマルを代えて、栗原と山田が先発に名を連ねた。 ▽一方の名古屋は好調だ。最下位ながらも直近3連勝を収め勝ち点を底上げ。勝てば一気に降格圏脱出も期待できるこの一戦に向けて、前節と同じスタメンを起用。4連勝を目指す。 ▽試合は早々に動く。4分、自陣からのカウンターを発動した名古屋は、ガブリエウ・シャビエルが左サイドを一気に突破。敵陣を半分過ぎたところで早いタイミングでクロスを入れると、相手に体を預けながらうまく受けたジョーが、倒れながらもシュートをねじ込んで名古屋が先制した。 ▽先制点を許した横浜FMは、得意のパスサッカーで崩しにかかるが、名古屋の統一された守備を前に攻めあぐねる時間が続く。24分にはウーゴ・ヴィエイラが自ら運んでシュートまで持ち込むが、GKランゲラックにキャッチされてしまう。37分には、山田が個人技からシュートにつなげるも枠をとらえられず。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽迎えた後半、横浜FMが試合を振り出しに戻す。49分、右サイドバックの松原が相手のチェックを見ながら少しずつ持ち上がると、マークが来ないとみるや、ボックス手前右から強烈ミドルを突き刺し、同点に追いついた。 ▽松原のJ1出場100試合を飾るメモリアル弾で追いついた横浜FMはその後も天野、扇原が次々とシュートに持ち込んでいく。名古屋は60分すぎにかけて、玉田と前田を下げて和泉と相馬を投入。ガブリエル・シャビエルを中心とした攻撃を展開するが、なかなかゴールを割ることができない。 ▽互いに攻め手を欠き、このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム。右サイド深くまで攻め込んだ相馬のクロスをジョーが頭で合わせ劇的決勝弾。ジョーの4試合連続ゴールで名古屋が勝ち越しに成功し、4連勝を収めた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.15 21:54 Wed
twitterfacebook
thumb

ハーフナー・マイク移籍後初ゴール! 湘南に4発逆転の仙台が連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第22節ベガルタ仙台vs湘南ベルマーレが、15日にユアテックスタジアム仙台で行われ、4-1で仙台が逆転勝利した。 ▽前節柏レイソルに2-0で勝利して連敗を「2」でストップさせた8位仙台(勝ち点29)は、その試合からスタメンを3名変更。板倉、中野、阿部に代えて、椎橋、西村、ハーフナーを起用した。 ▽リーグ2試合勝ちのない12位湘南(勝ち点26)も、0-1で敗北した前節の横浜F・マリノス戦からスタメンを3名変更。杉岡、高山、小川、に代えて、高橋、藤田、齊藤を起用した。 ▽試合は、12分に意外な形で動きをみせる。湘南が相手陣内左サイド深い位置でスローインを得ると、高橋がロングスローで放り込む。すると、ボックス左の菊池までボールが渡り素早くゴールを狙うが、これは右ポストに直撃。しかし、反応した動いた関口の大きなクリアがバーに当たって豪快にネットを揺らし、不運なオウンゴールとなった。 ▽しかし、直後の15分に関口が自らのミスを取り返す。ボックス手前左までドリブルで侵攻した関口は、巧みなフェイントから中央にカットイン。そのまま右足を振り抜くと、強烈なシュートがGK秋元の手を弾いて試合を振り出しに戻した。 ▽さらに32分、仙台が前半の内に引っくり返す。左サイドでボールを持ったのはまたしても関口。ボックス内に鋭いグラウンダーパスを入れると、ニアで受けた西村のトラップが乱れボールが浮き上がる。しかし、落ち際を右足で捉えると、グラウンダーのシュートがニアを射抜いて逆転弾となった。 ▽その後、仙台がショートパスを繋ぎつつ試合を進行。チャンスが減少した湘南は前半終了間際に梅崎がボックス手前シュートを放ったが、仙台DFにブロックされ得点にはならない。前半は2-1で仙台がリードして折り返しを迎えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽仙台は、ハーフタイム中に梅崎、藤田に代えて小川、松田を投入。大胆な二枚替えを敢行し、巻き返しを図る。 ▽49分、湘南が仙台ゴールを脅かす。右サイドから中央マイナス方向にグラウンダーのクロスが送られると、遅れてボックス内に入ってきた秋野がダイレクトで合わせる。しかし、シュートは枠をわずかに左へ逸れていく。 ▽それでも、湘南が流れを引き寄せかけた直後の55分に仙台がさらに突き放す。右サイドでボールを持った平岡がクロスを上げると、ボックス内中央で待ち構えていたのは長身のハーフナー。ヘディングシュートを放ち、ゴール左隅に沈めた。ハーフナーにとっては、これが移籍後初ゴールとなっている。 ▽仙台がスコアを3-1とすると、ハーフナーは65分でお役御免。仙台はこの日ベンチスタートとなっていた中野を投入し、カウンター狙いにシフトしていく。 ▽69分、仙台に更なる得点機が訪れる。湘南陣内左の石原がボックス内に浮き球のスルーパスを送ると、西村が反応。そのまま放った右足のボレーシュートは得点にこそならなかったものの、左ポストに直撃した。 ▽さらに試合終了間際の87分、仙台は左CKを獲得。クロスが上がると、ファーの蜂須賀が高い打点で合わせる。すると、GK秋元がギリギリで掻き出したかに思われたが、主審はラインを超えたと判断。仙台の4点目となった。 ▽直後に試合が終了。この結果、仙台はホームで連勝を飾った。対する湘南は、リーグ3試合連続で白星から遠ざかっている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラ</a><hr></div> 2018.08.15 21:16 Wed
twitterfacebook
thumb

瀬川祐輔技ありオーバーヘッド! 柏に敗北のFC東京は3位転落…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第22節FC東京vs柏レイソルが、15日に味の素スタジアムで行われ、1-0で柏が勝利した。 ▽2位につけるFC東京(勝ち点40)は、1-2で敗北したガンバ大阪戦からスタメンを4名変更。森重、太田、富樫、ディエゴ・オリヴェイラに代えて、丹羽、小川、永井、リンスを起用した。 ▽14位に沈む柏(勝ち点23)は0-2で敗北した前節のベガルタ仙台戦からスタメンを2名変更。パク・ジョンス、クリスティアーノに代えて、鎌田、キム・ボギョンを起用した。 ▽試合が始まると、両クラブともにテンションの高い入りを見せる。試合開始早々の1分、GK林のロングフィードに永井が追いつき、シュートを放つ。しかし、GK桐畑にセーブされ電光石火の先制弾とはならない。 ▽対する柏には、17分にビッグチャンス。伊東がディフェンスラインの裏に駆け出すと、中盤からやや長めのロングボールが供給される。それでも伊東は驚異的なスピードで追い付き、ボックス内でGK林をかわす。しかし、カバーに入った丹羽にスライディングでクリアされ、得点を奪い切ることはできなかった。 ▽その後も一進一退の攻防が続く試合は、中盤でのぶつかり合いが増していくが、お互いに積極的にゴールに迫っていく。37分にFC東京FWリンスがボックス手前中央から狙えば、直後の38分に柏MF瀬川がヘディングシュートを放つなど、五分五分の戦況で試合は推移していく。 ▽しかし、前半中に得点は生まれず。ゴールレスで均衡を保ったまま、折り返しを迎えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半も開始早々の46分にFC東京が柏ゴールに迫る。リンスとのコンビネーションから永井が俊足を生かして左サイドに抜け出す。そのままクロスを上げると、中央には再びリンス。しかし、ジャンピングボレーで合わせたシュートは枠を左に外れていく。 ▽室屋の右サイドからの上がりを中心に徐々に攻勢を強めていくFC東京は、クロスからゴールを奪おうとするが、柏の粘り強い守備に苦戦。試合は膠着した状態が続く。 ▽69分、打開したいFC東京が積極性をみせる。ショートカウンターから、ボックス手前でボールを持ったリンスが、右足を振り抜く。しかし、強烈なミドルシュートは枠を超えていく。 ▽77分、押されつつあった柏が盛り返す。右サイドでボールを持った伊東が、切れのあるフェイントをかけつつ縦に突破。クロスが上がると、ファーに位置していた瀬川が戻りながらオーバーヘッドで合わせ、先制点とした。 ▽柏にスーパーゴールが生まれた直後、FC東京はリンス、大森に代えて富樫、太田を投入。攻撃に変化を付け、まずは同点を目指していく。 ▽しかし結局、FC東京は最後までクロスの精度を欠きネットを揺らすことができず。試合は1-0で柏がリードを守ったまま、終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、FC東京は今シーズン2度目の連敗を喫し3位転落。対する柏は、敵地で勝ち点3をもぎ取ることに成功した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.15 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎F、決定機量産も好守連発GK権田の牙城崩せず…鳥栖との連勝対決をドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第22節川崎フロンターレvsサガン鳥栖が15日に等々力陸上競技場で行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽ここまで12勝3分け5敗で3位につける川崎F(勝ち点39/1試合未消化)と、5勝6分け10敗で15位につける鳥栖(勝ち点21)の一戦。前節の清水エスパルス戦を2-1で勝利して連勝を飾った川崎Fは、その一戦と同様の先発メンバーを起用した。 ▽一方、前節の浦和レッズ戦を1-0で勝利して、今シーズン初の連勝を飾った鳥栖は、その一戦から先発メンバーを1名のみ変更。前節負傷交代の吉田に代えて藤田を起用した。 ▽3連勝を狙う両者の一戦は、細かくボールをつないでいきたい川崎Fに対して、鳥栖が徹底したプレスを仕掛けて余裕を与えない立ち上がりとなる。そんな中、川崎Fは7分、ハーフウェイライン付近でボールを持ったエウシーニョがロングボールを前線へ。これをマークにつかれながら胸トラップで納めた小林悠がボックス内やや左浅い位置からシュートを放つも、これはゴール左外へと外れた。 ▽立ち上がりを経過すると、川崎Fが流動的なパスワークからチャンスを作り始める。15分、敵陣中央やや左の位置から家長のパスを受けた大島が縦パス。ボックス左手前の中村がヒールで落とすと、走り込んだ阿部が右足でシュートを放つが、わずかにゴール右外へと逸れた。 ▽川崎Fは、鳥栖にカウンターの隙を与えずに自分たちのペースで試合を進める。27分、ボックス左外でボールを受けた登里が縦への仕掛けからクロス。ボックス右浅い位置の家長が頭でゴール前右に落とすと、走り込んだ小林悠が反転シュートを放つも、ここはGK権田の正面に飛んでしまう。 ▽主導権を握っているだけに先制点が欲しい川崎Fは41分、中盤でボールを受けた守田がワンタッチでボックス左に浮き球を供給。走り込んでいた大島がワンタッチで中央に送り、ゴール前の阿部が触るも、ここはGK権田に軍配が上がる。 ▽なかなか先制点を奪えないでいると、鳥栖がセットプレーから反撃。44分、ボックス左手前でFKを獲得すると、キッカーを務めた原川がゴール前にクロスを送る。これが密集地帯の上ギリギリを超えてあわやゴールかと思われたが、GKチョン・ソンリョンが弾いて難を逃れた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽ゴールレスで折り返した試合は、後半に入っても川崎Fペースで試合が進む。52分、右サイドで中村、家長、エウシーニョが細かくつなぎ、最後は中村がボックス右手前から左足ミドルシュート。しかし、これはGK権田に正面でキャッチされる。 ▽その後も鳥栖を押し込み続ける川崎Fは60分、守田のパスカットからボックス左外の阿部にパスが渡り、阿部が右足でクロスを供給。小林悠が下がりながらの難しい体勢からゴール方向へヘディングシュートを放つも、わずかにゴール右。その1分後には阿部のスルーパスに抜け出したエウシーニョがボックス内で相手DFのスライディングをかわしてGKと一対一に。最後は左足を振り抜いたが、GK権田の体を張ったセーブに防がれてしまう。 ▽ボックス付近まで攻め込むも最後のところでGK権田に阻まれる川崎F。78分には中村のパスをエウシーニョがボックス右手前から強烈ミドル。80分には中村のスルーパスに抜け出した小林悠がシュートまで持ち込むも、ここもGK権田が立ちはだかる。 ▽どうしてもゴールが奪えない川崎Fは81分、中村に代えて齋藤を投入。すると87分にビッグチャンスが訪れる。ボックス右手前でこぼれ球を拾った大島が相手DF陣の視線を集めると、一瞬の隙を突いてボックス内へパス。これがフリーの齋藤に渡り、絶好のチャンスを迎える。しかし、右足で放ったシュートはわずかにゴール左へ。移籍後初ゴールは生まれず。 ▽試合終了間際には川崎Fが知念のFKで惜しいシュートを放つもこれもゴールネットを揺らすことなくホイッスル。試合を通して川崎Fが押し込んだものの、鳥栖のGK権田の活躍でゴールレスドロー。3連勝を目指した両者の一戦は勝ち点1を分け合う結果となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.15 21:10 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース