レーティング:ラツィオ 2-3 インテル《セリエA》2018.05.21 05:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA最終節、ラツィオvsインテルが20日に行われ、2-3でインテルが勝利した。この結果、インテルが来季のCL出場権を獲得している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ラツィオ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ストラコシャ 5.5
好飛び出しでピンチを凌ぐ場面もあったが、3失点

DF
27 ルイス・フェリペ 5.5
立ち上がりの決定機逸する。守備面はまずまず

3 デ・フライ 5.5
来季インテル加入濃厚の中で出場を志願し安定していたが、PKを献上

(→ナニ )

26 ラドゥ 5.0
ミスパスから失点に関与。やや不安定だった

(→バストス -)

MF
77 マルシッチ 6.0
先制点演出。推進力あるドリブルを見せた

96 ムルジャ 5.0
攻守に存在感が希薄だった

6 ルーカス・レイバ 6.0
中盤をコントロール

21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.0
先制点演出。攻撃面でアクセントを付けた

19 ルリッチ 5.5
好スルーパスで2点目を演出も退場で帳消しに

FW
10 フェリペ・アンデルソン 6.0
2点目を奪取。攻撃を牽引した

17 インモービレ 5.5
負傷明けもキレのある動きでチャンスメークを担う

(→J・ルカク -)

監督
S・インザーギ 5.5
逃げ切れず悔しい敗戦。CL出場を目前で逃した

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ハンダノビッチ 5.5
防げるシュートは止めていた

DF
7 カンセロ 5.5
さほど攻撃に絡めず

37 シュクリニアル 6.0
ソリッドにプレー。今季のフルタイム出場完遂

25 ミランダ 6.0
安定感あるプレーだった

33 ダンブロージオ 6.0
一時同点となるゴールを挙げる。集中していた

(→ラノッキア -)

MF
87 カンドレーバ 5.0
存在感がなかった

(→エデル 5.0)
さほどボールに絡めず

11 ヴェシーノ 6.0
流れの中では良いプレーができていなかったが、値千金の決勝点を挙げる

8 ラフィーニャ 5.0
一定のキープ力は見せたが、怖さはなかった

(→カラモー 5.0)
アクセントを付けるには至らず

77 ブロゾビッチ 5.5
ルリッチを退場に追い込み、ヴェシーノのゴールをアシスト

44 ペリシッチ 5.5
カンドレーバに比べれば突破の脅威はあった

FW
9 イカルディ 6.0
22分の決定機を逸したが、PKを決めて帳消しに。インモービレと並んで得点王に

監督
スパレッティ 6.0
最後まで諦めず勝利を目指した結果が出た

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
イカルディ(インテル)
▽ラツィオ陣営の方がパフォーマンスは良かったため、MOMの選出は悩ましいところだが、PKを決めてチームに勢いをもたらしたインテルのエースFWを選出。

ラツィオ 2-3 インテル
【ラツィオ】
OG(前9)
フェリペ・アンデルソン(前41)
【インテル】
ダンブロージオ(前29)
イカルディ(後33[PK])
ヴェシーノ(後36)

コメント

関連ニュース

thumb

ナインゴランのインテル移籍確定! 本人が認める

▽ローマに所属する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(30)がインテル移籍を認めた。『ESPN』が伝えた。 ▽既報によれば、ナインゴランのインテル行きは移籍金2400万ユーロ(約30億6000万円)に加えて、DFダビデ・サントンとMFニコロ・ザニーロの2選手を譲渡する形で成立。今週中の発表が見込まれている。 ▽渦中のナインゴランは、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に対して、インテル行きの真相を次のように明かしたという。 「ローマの色とファン、すべての瞬間は、僕の心の中にずっと残る。全力を尽くしてきた素晴らしいシーズンを終えて、僕はローマを離れる」 「去る決断は僕の意思じゃない。クラブの決断だ。僕はリスペクトする」 「インテルは本気で僕を求めてくれた。彼らに感謝したい。(ルチアーノ・)スパレッティと再び仕事ができる。彼は素晴らしい指導者。再会を嬉しく思う」 2018.06.23 08:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ、カンセロ獲得が決定的! 48億円で合意か

▽バレンシアに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(24)のユベントス移籍が決定的な様相だ。 ▽『イタリア・スカイ・スポーツ』など複数メディアによれば、バレンシアは当初、カンセロの完全移籍額として4000万ユーロ(約51億円)を要求。だが、ユベントスはこのたび、移籍金3800万ユーロ(約48億5000万円)で合意に達したという。カンセロは昨夏、インテルにローン移籍。主に右サイドバックとして、セリエAの26試合に出場して1得点4アシストを記録した。 ▽5月まで有効な3500万ユーロ(約44億7000万円)の買取オプションを保有していたインテルだが、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)の足かせがあり、行使を断念。バレンシアも財政的な問題で選手の売却を迫られているとみられる。 2018.06.22 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ナインゴランのインテル移籍、今週中に「30億+2選手」で決着

▽『イタリア・スカイ・スポーツ』など複数メディアは21日、ローマに所属する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(30)のインテル移籍を報じた。 ▽伝えられるところによれば、ナインゴランのインテル行きは移籍金2400万ユーロ(約30億6000万円)に加えて、DFダビデ・サントンとMFニコロ・ザニーロの2選手を譲渡する形で成立に至った模様だ。 ▽ナインゴランは、2014年1月からローマでプレー。今シーズンもローマの中盤で主軸を担い、チャンピオンズリーグ4強入りに貢献するなど、抜群の存在感を誇った。なお、この取引は今週末までに完了予定だ。 2018.06.22 09:55 Fri
twitterfacebook
thumb

長友佑都ら放出予定のインテル、右SB補強リストは3人?

▽日本代表DF長友佑都の放出が近づいている様子のインテルは、新たにサイドバック探しを始めている。イタリア『スカイ』は、マンチェスター・ユナイテッドのマッテオ・ダルミアンとアトレティコ・マドリーのシメ・ヴルサリコ、そしてチェルシーのダヴィデ・ザッパコスタがターゲットだと伝えた。 ▽長友のほかにもジョアン・カンセロを手放し、さらにダヴィデ・サントン放出も噂されているインテルは、サイドバックの人員が足りなくなる可能性がある。そのため、この夏に動く必要がありそうだ。 ▽ただ、まだ交渉は初期の段階なのかもしれない。ザッパコスタはこの報道について「インテルが関心を持ってくれているというならうれしいよ。でも、何も知らないんだ。僕が考えているのはチェルシーのことだけさ」とコメントした。 ▽インテルは良い右サイドバックを見つけることができるだろうか。 2018.06.22 00:35 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディの将来のカギを握るのはネイマール!?

▽イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』は、インテルFWマウロ・イカルディの去就が意外なスターに影響されるとした。 ▽そのスターとは、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールだ。 ▽記事によると、インテルはイカルディの残留を願っている。妻で代理人のワンダ・ナラが反対の見解を述べることはあるとしても、拒否できないオファーがない限りは残留するとした。 ▽その否定できないオファーがあるとすれば、レアル・マドリーからである。チャンピオンズリーグ3連覇を達成したスペインの白い巨人は、以前からネイマールの獲得が噂されている。これが実現すれば、インテルのエースに手を出す可能性は消えるという考えだ。 ▽インテルの主将は、今後もイタリアでプレーするのか。今後の動向に注目だ。 2018.06.18 04:10 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース