レーティング:ラツィオ 2-3 インテル《セリエA》2018.05.21 05:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA最終節、ラツィオvsインテルが20日に行われ、2-3でインテルが勝利した。この結果、インテルが来季のCL出場権を獲得している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ラツィオ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ストラコシャ 5.5
好飛び出しでピンチを凌ぐ場面もあったが、3失点

DF
27 ルイス・フェリペ 5.5
立ち上がりの決定機逸する。守備面はまずまず

3 デ・フライ 5.5
来季インテル加入濃厚の中で出場を志願し安定していたが、PKを献上

(→ナニ )

26 ラドゥ 5.0
ミスパスから失点に関与。やや不安定だった

(→バストス -)

MF
77 マルシッチ 6.0
先制点演出。推進力あるドリブルを見せた

96 ムルジャ 5.0
攻守に存在感が希薄だった

6 ルーカス・レイバ 6.0
中盤をコントロール

21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.0
先制点演出。攻撃面でアクセントを付けた

19 ルリッチ 5.5
好スルーパスで2点目を演出も退場で帳消しに

FW
10 フェリペ・アンデルソン 6.0
2点目を奪取。攻撃を牽引した

17 インモービレ 5.5
負傷明けもキレのある動きでチャンスメークを担う

(→J・ルカク -)

監督
S・インザーギ 5.5
逃げ切れず悔しい敗戦。CL出場を目前で逃した

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ハンダノビッチ 5.5
防げるシュートは止めていた

DF
7 カンセロ 5.5
さほど攻撃に絡めず

37 シュクリニアル 6.0
ソリッドにプレー。今季のフルタイム出場完遂

25 ミランダ 6.0
安定感あるプレーだった

33 ダンブロージオ 6.0
一時同点となるゴールを挙げる。集中していた

(→ラノッキア -)

MF
87 カンドレーバ 5.0
存在感がなかった

(→エデル 5.0)
さほどボールに絡めず

11 ヴェシーノ 6.0
流れの中では良いプレーができていなかったが、値千金の決勝点を挙げる

8 ラフィーニャ 5.0
一定のキープ力は見せたが、怖さはなかった

(→カラモー 5.0)
アクセントを付けるには至らず

77 ブロゾビッチ 5.5
ルリッチを退場に追い込み、ヴェシーノのゴールをアシスト

44 ペリシッチ 5.5
カンドレーバに比べれば突破の脅威はあった

FW
9 イカルディ 6.0
22分の決定機を逸したが、PKを決めて帳消しに。インモービレと並んで得点王に

監督
スパレッティ 6.0
最後まで諦めず勝利を目指した結果が出た

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
イカルディ(インテル)
▽ラツィオ陣営の方がパフォーマンスは良かったため、MOMの選出は悩ましいところだが、PKを決めてチームに勢いをもたらしたインテルのエースFWを選出。

ラツィオ 2-3 インテル
【ラツィオ】
OG(前9)
フェリペ・アンデルソン(前41)
【インテル】
ダンブロージオ(前29)
イカルディ(後33[PK])
ヴェシーノ(後36)

コメント

関連ニュース

thumb

【セリエA第6節プレビュー】火曜にインテルvsフィオレンティーナ

▽先週末に行われたチャンピオンズリーグ(CL)後の前節、強豪勢は格下と対戦し、ユベントス、ナポリ、インテル、ラツィオが順当に勝利した一方、ミランが引き分け、ローマが敗戦した。迎える第6節はミッドウィークに行われ、強豪は引き続き格下との対戦が組まれている。 ▽まずは開幕6連勝の懸かるユベントスから。フロジノーネ戦では5バックを敷く相手の堅守に苦しみながらも、チャンピオンズリーグ(CL)で退場したC・ロナウドが鬱憤を晴らすリーグ戦2試合連続ゴールで5連勝スタートとした。そのユベントスは水曜にボローニャとのホーム戦を戦うが、前節ローマを下して今季初勝利を挙げたF・インザーギ監督率いるチームを撃破して開幕6連勝とし、次節ナポリとの大一番を迎えられるか。 ▽インシーニェのドッピエッタでトリノに快勝したナポリは、パルマとのホーム戦に臨む。CLツルヴェナ・ズヴェズダ戦のゴールレスドローを引きずらずに快勝してリーグ戦2連勝としたナポリは、次節にユベントスとの大一番を控える中、ジェルビーニョ擁するパルマ撃破となるか。 ▽難所ルイジ・フェラリスでのサンプドリア戦をCLに続く後半追加タイム弾で辛勝して今季2勝目を挙げたインテルは、火曜にフィオレンティーナとホームで対戦する。サンプドリア戦では前半の劣勢を凌ぎ、後半の反撃が試合終了間際に実を結ぶ格好となった。これでトッテナム戦に続き、公式戦2連勝と結果が出始めている中、3勝1分け1敗と好スタートを切ったフィオレンティーナを下して勢いを持続できるか。 ▽イグアインに公式戦3試合連続ゴールが生まれたものの、後半追加タイム被弾に沈んでアタランタに2-2の引き分けに持ち込まれたミランは、木曜にエンポリとのアウェイ戦に臨む。勝ち試合を引き分けに持ち込まれ、これでリーグ戦2試合連続ドローと躓いているミランだが、2連敗中のエンポリは必勝の相手となる。しっかりと勝ち切って今季2勝目を挙げたい。 ▽インモービレのドッピエッタなどで4-1と快勝してリーグ戦3連勝としたラツィオは、ウディネーゼとのアウェイ戦に臨む。次節にローマとのダービーを控える中、4連勝としてダービーに臨みたい。 ▽最後にボローニャにまさかの敗戦を喫してディ・フランチェスコ監督の立場が危うくなっているローマは、フロジノーネとのホーム戦に臨む。ユベントス相手に堅守を披露した相手にすっきりと勝利し、ラツィオとのダービーに臨めるか。 ◆セリエA第6節 ▽9/25(火) 《27:30》 インテル vs フィオレンティーナ ▽9/26(水) 《26:00》 ウディネーゼ vs ラツィオ 《28:00》 アタランタ vs トリノ ナポリ vs パルマ ユベントス vs ボローニャ カリアリ vs サンプドリア ローマ vs フロジノーネ ジェノア vs キエーボ ▽9/27(木) 《26:00》 SPAL vs サッスオーロ 《28:00》 エンポリ vs ミラン 2018.09.25 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

次戦へ意気込みも欠席の可能性のスパレッティ「申し訳ないが私は感情的なタイプなので」

インテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティが24日、セリエA第6節インテル対フィオレンティーナ戦の前日記者会見に出席し、意気込みを語った。<br><br>チャンピオンズリーグのトッテナム戦、セリエA前節のサンプドリア戦で勝利し、ようやく本領を発揮しだしたインテルだが、25日にはフィオレンティーナをホームに迎える。だが指揮官はサンプドリア戦で審判に抗議を行ったことで1試合の資格停止処分を命じられており、インテルの申し立てが認められなければベンチに座ることができない。<br><br>「こういったことが起きて申し訳なく思う。私は感情的なタイプなので、時々、一線を越えてしまうことがある。大騒ぎをしてしまうこともあるし、黙っていることができない」<br><br>インテルは今シーズン、ホームのジュゼッペ・メアッツァでパルマに0-1で敗れ、トリノとは2-2のドローになるなど、勝ち点を取りこぼしている。しかし指揮官は2連勝中のチームに勢いを感じている。<br><br>「これまでホームで数ポイントを逃してしまった。だがその後、チームは継続性、気迫といった面においてかなり前進して、2連勝することができた。だが今、これに満足してはならない。(現在9位の)順位表を何とかしないとね。調子も良いし、ポイントを獲得しなければならない。フィオレンティーナ戦は簡単ではないだろう。優秀な指揮官がいるが、彼のことは私もよく知っている。現代的なサッカーをするチームであり、ホームタウンのフィレンツェでも受け入れられている。通常は歯に衣着せぬ発言が多い町だが、今のチームは市民に愛されている。こういう時、フィオレンティーナは強い。それでも我々も強いチームであり、スタジアムを満員にして反撃したい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.25 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

VAR躍動!サンプvsインテルで三度ゴールが取り消しに

▽22日に行われたセリエA第5節サンプドリアvsインテルで、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が大活躍したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽前半サンプドリアの攻勢に苦しめられたインテルは43分、FKの流れからこぼれ球から、MFラジャ・ナインゴランがペナルティアーク右からゴール左隅を捉えるシュートを突き刺したが、VARによりFKの際に味方がオフサイドの判定を受けノーゴールに。さらにゴールレスのまま迎えた82分にも、ゴールライン右からの折り返しをMFクワドゥオ・アサモアが押し込んだが、折り返しの際にボールがラインから出ていたとして、ゴールは認められなかった。 ▽VARはサンプドリアにも影響。89分にFWグレゴワール・デフレルがネットを揺らすもオフサイドの判定に。 ▽結局、後半アディショナルタイムにMFマルセロ・ブロゾビッチが正真正銘のゴールを決めたインテルが1-0で辛勝。VARに苦しめられ助けられたインテルが今季2勝目を手にしている。 ▽VARは正しい判断が下せるようになる半面、試合の流れを壊しかねないとして賛否両論だ。そのため、プレミアリーグなどはVAR導入に待ったをかけており、将来的に採用される見込みとなっているものの、慎重な姿勢を示している。 2018.09.23 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スパレッティ、劇的勝利に乱れ退席処分 「カメラに叫んだのだが…」

▽インテルの指揮を執るルチアーノ・スパレッティ監督が自身の退席処分、ドラマティックな勝利に言及した。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽インテルは22日、セリエA第5節でサンプドリアと対戦。スコアに動きなく迎えた後半アディショナルタイム4分にクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチの劇的ゴールが決まり、シーズン初の2連勝を飾った。 ▽だが、スパレッティ監督は劇的な得点場面で喜びを爆発させ過ぎたため、退席処分を命じられるアクシデントも…。試合後、退席処分の理由について弁明。また、勝利という結果についても話した。 「すごく重要な得点だったのでカメラの方向に叫んだのだが、その先にいた第4審判に対する過度で感情的な侮辱行為と解釈されてしまった」 「勝ち方は、我々のキャラクターを示している。リスクもあるが、我々はインテルだ。常勝を目指すチームとして、崖っぷちに立って戦うことも必要だ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

VARに苦しんだインテル、3度目の正直で難所ルイジ・フェラリスを後半ATに攻略《セリエA》

▽インテルは22日、セリエA第5節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽前節パルマ戦を痛恨の黒星で早くも今季2敗目を喫したインテルは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦ではイカルディのファインゴール含む終盤の2発で逆転勝利し、悪い流れを断ち切った。この勢いを持続したい中、トッテナム戦のスタメンから2選手を変更。ペリシッチとデ・フライに代えてカンドレーバと負傷明けのダンブロージオを起用した。 ▽今季ナポリが0-3で沈んでいる難所ルイジ・フェラリスでの一戦。[4-2-3-1]を採用したインテルは中盤の2列目に右からポリターノ、ナインゴラン、カンドレーバと並べた。開始直後、クアリアレッラのバイシクルシュートでゴールを脅かされたインテルは、サンプドリアの圧力を受ける入りを強いられると、11分にもリネティのミドルシュートでゴールに迫られた。 ▽その後も攻撃を牽引するクアリアレッラがオンターゲットのシュートを記録していく中、劣勢のインテルは17分にナインゴランがミドルシュートでチーム初の枠内シュートを記録。 ▽前半半ば以降もサンプドリアの攻勢が続いた中、インテルは34分にヴェシーノのヘディングシュートでゴールに迫ると、43分に先制しかけた。FKの流れからルーズボールをペナルティアーク右のナインゴランがボレー。これがゴール左隅を捉えた。しかし、VARの末にオフサイドを取られ、ノーゴールとなってしまった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、開始5分にインテルがゴールに迫る。右サイドにポジションを変えたカンドレーバがボックス右から左足で放ったシュートが左ポストを直撃した。 ▽インテルが圧力をかける中、56分にはカンドレーバの右クロスにニアのイカルディがヘッド。しかし、枠の右に外れた。劣勢のサンプドリアがプラートとリネティに代えてヤンクトとバレットを投入してきたのに対し、インテルはポリターノに代えてペリシッチを投入した。 ▽すると69分にはカンドレーバの強烈なボレーシュートがGKアウデーロを強襲。さらにケイタを投入すると、72分にはペリシッチの左クロスをイカルディがヘッド。しかし、わずかに枠の左に外れてしまった。 ▽攻勢を強めるインテルは、クアリアレッラのコントロールシュートで牽制されると、終盤にかけては攻めあぐねる状況が続いた。そこで最後のカードを切り、ナインゴランに代えてボルハ・バレロを投入。83分にはCKの流れからシュクニアルがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 ▽それでも82分、ボックス右ゴールライン際から折り返したクロスをアサモアが強烈なシュートでネットを揺らす。ついに先制かに思われたが、VARの末に再びノーゴールとなってしまった。89分にはスルーパスに抜け出したデフレルにネットを揺らされたがオフサイドに救われたインテルは、追加タイム4分に劇的弾を挙げる。FKの流れからルーズボールをボックス右で拾ったブロゾビッチが胸トラップからボレーシュートを叩き込んだ。 ▽これが決勝点となってインテルが劇的勝利。VARに苦しみながらもリーグ戦今季2勝目を挙げている。 2018.09.23 05:32 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース