長友佑都が美酒に酔う! ガラタサライが3年ぶり21回目の優勝《トルコ・スーパーリーグ》2018.05.20 08:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライがトルコ・スーパーリーグ優勝を成し遂げた。

▽ガラタサライは19日、最終節でギョズテペのホームに乗り込み、1-0で勝利した。長友は左サイドバックとしてフル出場を果たしている。

▽引き分け以上で自力優勝が決まるガラタサライ。立ち上がりからアグレッシブな入りを見せたが、ギョズテペもタイトな戦いを披露したことで、緊迫して展開となる。

▽それでも、ゴールレスで迎えた66分、エースのゴミスがPKのチャンスを獲得。これをゴミス自ら決め切り、ガラタサライがついに均衡を破る。

▽その後、相手の反撃を受けたガラタサライだが、逃げ切りに成功。3年ぶり21回目のリーグ優勝を果たした。

ギョズテペ 0-1 ガラタサライ
【ガラタサライ】
ゴミス(後21[PK])

コメント

関連ニュース

thumb

長友佑都の移籍交渉は難航…「合意はまだ」とガラタサライが発表

▽日本代表DF長友佑都の移籍の話が進んでいないようだ。現地時間16日、ガラタサライがクラブ公式SNSを更新した。 ▽2017/18シーズン後半戦、インテルからのレンタルでガラタサライに加わった長友は、新天地で定位置を獲得。現在は完全移籍についての話し合いが続いているが、金額面でなかなか合意に達していない。 ▽トルコメディアは先日、長友の移籍交渉が頓挫した模様だと報じたが、状況は確かに良くないようだ。 ▽ガラタサライは16日、「長友佑都についての合意はまだありません。選手、そしてクラブと合意に達した際は、クラブの公式サイトで発表します」とSNSに記し、取引が進んでいないことを伝えた。 ▽最終的にはガラタサライへ行くものとみられていた長友だが、交渉の難航は深刻なのかもしれない。 2018.06.17 04:40 Sun
twitterfacebook
thumb

スイス戦完敗の長友佑都「僕の経験はあてにならない」《国際親善試合》

▽日本代表は8日、国際親善試合のスイス代表戦に臨み、0-2で敗れた。 ▽試合後、DF長友佑都がメディア陣のインタビューに応対。2010年の南アフリカ大会で下馬評を覆す16強進出に貢献した長友だが、「僕の経験はあてにならない。自分自身、コンディションを含めて自信はある。でも、その自信も一瞬にして失望に変わるのがワールドカップ」と、刻々と迫るロシア・ワールドカップ開幕を前にチームの現状に焦りの色を滲ませた。 ◆DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ) ──試合を振り返って 「冷静さを含めて、チーム全体で(ボールを)持てなくなると厳しくなる」 ──戦いが定まっていない印象だが 「チームとして固まる以前に勝てていない。それだけに、監督もどういった戦術で行くかどうか迷いが少なからずあると思う。だからこそ、監督が色々な選手を試したい状況になっている」 「この前のガーナ戦も今日の試合も良い試合ができず、選手がアピールできていないということ。選手がそういう状況にさせている。それを僕ら選手が受け止めないといけない」 ──自身の経験が今のチームにバランスをもたらせるのでは 「僕の経験はあてにならない。自分自身、コンディションを含めて自信はある。でも、その自信が一瞬にして失望に変わるのがワールドカップ。そればっかりは…僕の経験をどれだけ生かせるのかという難しさを感じている」 「心の底にあるものはぶれないけど、6カ月も勝てていないとなると、正直答えが出てこない。でも、続けるしかない。やれることをやるしかないという思いがある」 2018.06.09 19:48 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、シャヒン売却へ

▽ドルトムントは、トルコ代表MFヌリ・シャヒン(29)の売却を決めたようだ。『フットボールイタリア』が伝えている。 ▽契約を2019年6月までとしているシャヒンだが、ドルトムントは契約を延長しない意向のようで、今夏での売却に向けた動きを進めているようだ。 ▽シャヒンはドルトムント出身で2010-11シーズンにはブンデスリーガ優勝に貢献。この活躍から2011年夏にはレアル・マドリーに移籍するが、超巨大クラブのプレッシャーからか本来の実力を示すことが出来ず、出場した試合は10試合のみ。12-13シーズンにはレンタル移籍でリバプールに加入するも、ここでも調子が上がらず13-14シーズンは古巣ドルトムントにレンタル。2014年夏には完全移籍でドルトムントに復帰した。 ▽2度目のドルトムントではほとんどのシーズンをケガで棒に振った。今季は開幕から万全の状態で挑んだが、リーグ戦出場は18試合のみ。フル出場は10試合だけだった。 ▽今年9月に30歳を迎えるシャヒンだが、経験豊富なトルコ代表MFには引く手数多のようで、ローマやリバプール、ガラタサライが興味を示しているという。契約が残り1年となっていることから、安価での獲得が見込まれている。 2018.06.03 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

天国と地獄を知る長友佑都「どれだけまとまれるか。それに尽きる」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は30日、日産スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に臨み、0-2で敗れた。 ▽DF長友佑都が試合後のミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。「課題とできた部分がすごく見つかった」と試合を振り返り、「結局、チームなんでね。どれだけまとまれるか。それに尽きる」と語った。 ◆DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ) ──試合を振り返って 「課題とできた部分がすごく見つかった。僕自身は、このチームに短い時間で良くなる確信を得たし、可能性を感じた。もちろん、W杯はもっと厳しいということはわかっている。可能性を感じるシステム、チームだなと思う」 ──自身は過去2大会、天国と地獄を経験してきた。若手にどう伝えていきたいか「初戦で決まる。全ての雰囲気も変わってくる。初戦でどういう戦うを見せられるか。ただ、W杯という舞台は重圧やプレッシャーもあって、本当に簡単なものじゃない。2014年のブラジルでは、それにのまれてしまった」 「若い選手には、“そんなに甘くない舞台で世界だよ”と伝えたい。プレッシャーをかけるわけじゃないけど、気を引き締めておかないと、想像以上の重圧と相手のレベルを痛感すると思う」 ──過去2大会と比較して今大会に向けた心境の違いは 「僕もたくさん経験させてもらってきたので、すごく落ち着いている。ブラジルのときは“やってやる”という気持ちしかなかったけど、今は強い気持ちとその中に冷静さがあるなと感じている。どんな状況でもぶれない軸ができたと思っていて、すごく良い状態」 ──2010年大会は突貫工事で結果を出した。やり方を変えるときに必要なこととは 「結局、チームなんでね。どれだけまとまれるか。それに尽きると思う。南アフリカで今のような状況を経験してみて、批判されながらも岡田さんの決断についていく強い気持ちがチームを1つにした」 「正直、ブラジル大会の方がみんな、海外経験が豊富で、個々のレベルもあったかもしれないけど、結局はチームだなと。今の状況は難しいが、今日の試合で出た課題も、ポジティブなものもあった。僕自身、南アフリカのときのようなチーム一丸となるところに辿り着けると思っている」 2018.05.31 01:30 Thu
twitterfacebook
thumb

DF長友佑都、チームに残る遺伝子を西野戦術へ「落とし込めれば最高のチームになる」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は25日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ)が取材に応対。数多くの監督の下で取り組んできたスタイルの良い部分を西野朗監督の戦術に落とし込むことができれば「最高のチームになる」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF長友佑都</span>(ガラタサライ/トルコ) <span style="font-weight:700;">──西野さんから話があったようだが</span> 「全員が揃ったということで、選考がある中でもまずはチームのために一丸とならなくてはいけない、そしてガーナ戦で最高の試合ができるようにやれることを全てやって行くという話でした」 <span style="font-weight:700;">──チームの作り方として今までのことを生かしながら変化もつけるという意味で3バックを使うという話もあったが</span> 「自分自身キャリアの中でたくさんの監督を経験させてもらい、代表では岡田(武史)さんから始まってザック(アルベルト・ザッケローニ)さん、(ハビエル・)アギーレさん、ハリル(ヴァイッド・ハリルホジッチ)さん、今回で西野(朗)さんと、それぞれに教わったものは心に残っています。チーム自体にも遺伝子というのは残っていると思います。その良い部分はしっかりと生かしながら、西野さんの考えや戦術に落とし込めていけたら最高のチームになるのではないかと自分自身では思っています」 <span style="font-weight:700;">──まずやらなくてはいけないことはチームの約束事か</span> 「まずそこですね。僕自身が守備の選手ということもありますけど、チームが一丸となってどこでボールを取りに行くのか、どういう連動をみせていくのか、ということはしっかりと話し合わなくてはいけません。それができずに混乱してしまうと、良い攻撃もできません。まずはその確認が必要だと思います」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカ大会の時にやり方を変えた際守備は早く形になったような気がするが</span> 「岡田さんは取られた後の守備にこだわっていました。今も強いですけど、当時はバルサが最強で前線の選手も取られたら取り返すということをやっていて、岡田さんの時もそれを意識してやっていました」 <span style="font-weight:700;">──西野監督になっても今までやってきたことを一貫させていく形か</span> 「そうですね。岡田さんの時の戦術は今でも思い出しますし、残っています。そういうところも今回のサッカーにも生かせるんじゃないかなと思っています。ただ、まだ西野さんから戦術の話は受けてないですし、西野さんの考えもあると思います」 2018.05.25 23:55 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース