レーティング: バイエルン 1-3 フランクフルト《DFBポカール》2018.05.20 05:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽DFBポカール決勝、バイエルンvsフランクフルトが19日に行われ、1-3でフランクフルトが勝利し、30年ぶり5度目の優勝を飾っている。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽バイエルン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
26 ウルライヒ 5.0
好守なく3失点

DF
32 キミッヒ 6.0
レヴァンドフスキのゴールをアシスト。質の高い攻撃参加を見せた

4 ジューレ 5.5
レヴァンドフスキのゴールの起点に

5 フンメルス 5.0
2失点目の場面ではレビッチのスピードに対応できず

27 アラバ 5.5
効果的な攻撃参加は少なかった

MF
25 ミュラー 5.0
一つ惜しいヘディングシュートがあったが、スペースを消されて生きず

(→コマン 5.0)
特に流れを変えるようなプレーはなかった

6 チアゴ 5.5
負傷の影響もあってかリズムに乗ってきたところでの交代

(→トリッソ 5.0)
中盤でリズムを作ることができず

8 ハビ・マルティネス 5.5
リスク管理を徹底

11 ハメス・ロドリゲス 5.0
痛恨のボールロストから失点に関与

7 リベリ 6.0
唯一の攻め手となっていた

(→ワグナー -)

FW
9 レヴァンドフスキ 6.0
一時同点となるゴールを奪う

監督
ハインケス 5.5
集中して守るフランクフルトをこじ開ける術がなかった

▽フランクフルト採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 フラデツキー 6.0
終了間際に好守を見せた

DF
24 ダ・コスタ 6.0
リベリに何とか対応。2点目を演出

13 サルセド 6.0
ソリッドな守備を続けた

19 アブラアム 6.0
レヴァンドフスキに競り負けず

15 ヴィレムス 5.5
キミッヒの攻撃参加には苦戦もミュラーには対応

MF
27 ヴォルフ 5.5
守備のタスクはこなしたが、そこから攻撃に転じられず

(→ガシノビッチ 6.0)
最後に勝負を決めるゴール

39 マスカレル 6.0
ハメス・ロドリゲスの動きを封じる

20 長谷部誠 6.0
要所を締めた守備を続けた

6 デ・グズマン 6.0
チアゴを監視し、うまく潰した

(→ルス -)

4 レビッチ 7.0
先制点と2点目を決める

(→アラー -)

FW
17 K・ボアテング 6.0
先制点アシスト。最前線で起点に

監督
ニコ・コバチ 6.5
来季就任するバイエルン相手に完璧な試合運びを見せた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
レビッチ(フランクフルト)
▽2ゴールを奪った殊勲のレビッチ以外にMOMは考えられない。守備に追われて走力を削られていたにも関わらず、終盤の82分に見事なスプリントからゴールを奪って見せた。

バイエルン 1-3 フランクフルト
【バイエルン】
レヴァンドフスキ(後8)
【フランクフルト】
レビッチ(前11)
レビッチ(後37)
ガシノビッチ(後51)
※フランクフルトが30年ぶり優勝
コメント
関連ニュース
thumb

退団濃厚のリベリ、バイエルンの10年での成長にしみじみ「最初はCLに出られなかった」

バイエルンのフランク・リベリがUEFA公式サイトのインタビューに応じ、去就などについて語った。<br><br>リベリは2007年にバイエルンへと加入。契約は今シーズン終了で満了を迎えるため、退団もしくは現役引退がうわさされる。去就に関して35歳となったリベリは「身体が許す限りキャリアを続けたい。もちろん20歳のときのような感じではないが、まだ元気だよ」と話す。<br><br>さらに、10年以上に渡って在籍するバイエルンの成長についてこのように続けた。<br><br>「加入して最初のシーズンはチャンピオンズリーグに出られず、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)だった。それからバイエルンは再びビッグクラブとなり、今はさらに大きくなっている。この10年間で多くのことを成し遂げられたのは喜びだよ。僕も少しは今のバイエルンを作るのに貢献できたし、バイエルンも僕の成長に大きな影響を与えた。クラブとの関係は特別だよ」<br><br>また、「ここにいる間に僕はよりドイツ人のようになった。メンタリティや僕の家族はほとんどドイツ人だよ。ルーツはここだと言えるね」とドイツが第2の故郷となっていることも明かす。<br><br>キャリアをバイエルンで終えるのか。その決断には今後も注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒFWが試合で狙うバイエルンDFとは?「ズーレとはやりたくないが…」

RBライプツィヒのデンマーク代表FWユスフ・ポウルセンは、バイエルンのDFについて独自の見解を語っている。ドイツ『シュポルト1』が伝えた。<br><br>ライプツィヒは19日にバイエルンとアウェーで対戦する。リーグ戦1試合を挟むものの、現在それぞれ4位と3位につけており、上位直接対決となることは濃厚だ。スピードあふれる攻撃を持ち味とするライプツィヒだが、ポウルセンは避けたい相手を明かす。<br><br>「(ニクラス)ズーレとはやりたくないね。彼はとても1対1に強いんだ。彼がホッフェンハイムにいるときによく対戦したけど、難しかったね。とても良いセンターバックだね」<br><br>逆に対峙する相手がマッツ・フンメルスであれば、優位に立てるとも語る。その理由はやはり「スピード」にあるようだ。<br><br>「彼の裏をとれば、スピードでアドバンテージを得られる。パートナーのティモ(ヴェルナー)も同じことを言うと思うよ。バイエルンが前からプレスをかけてくれば、裏に走るチャンスも生まれるだろう。そうなれば、より遅い選手を狙うだろうね」<br><br>注目の一戦は少し先となるが、個人でのマッチアップもクローズアップされることとなりそうだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.12.11 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

「次は引退」ケガ多きキングスレー・コマンが苦悩

▽バイエルンのフランス代表FWキングスレー・コマンが、このまま負傷が続くようであれば「引退も考える」とコメントしている。『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽パリ・サンジェルマンの下部組織で育ち、ユベントスに移籍後、2015年からはバイエルンに活躍の場を移したコマン。エリート街道を走ってきた同選手は早くからフランス代表にも選ばれ、22歳ということもあり更なる成長が期待されるヤングスターだ。 ▽しかし、ここ数シーズンはケガに悩まされている。2016-17シーズンはヒザと足首の負傷で離脱。昨季は左足首の上部脛腓じん帯損傷でシーズン後半を棒に振った。さらに今季は、ブンデスリーガ第1節でその同じ個所を再負傷し、今月初めの同第13節のブレーメン戦で復帰したばかり。この間、2度の手術を行っている。 ▽そんなケガ続きのキャリアに、コマンは心を痛めている模様。次に大ケガをした場合は引退も考えるという。 「本当に苦しい1年だった。世界の終わりかと思った。こんなことはもうたくさんだよ」 「3度目の手術はもう無理だと思う。自分の足ではなくなってしまう。そのときは別の人生を考えるよ。どんな人生かは秘密だけどね」 2018.12.11 04:50 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン退団を表明のロッベン、来夏以降の去就は“オファー次第”…現役引退の可能性も

来夏のバイエルンからの退団を表明した元オランダ代表FWのアリエン・ロッベンだが、将来については「すべてがオープン」とまだ決断を下していないようだ。ドイツ誌『キッカー』 とのインタビューに応じた同選手は、現役引退の可能性も示唆している。<br><br>2009年夏にバイエルンに加入したロッベンはドイツで公式戦305試合に出場して143ゴールを記録。ブンデスリーガでは198試合で98ゴールを挙げ、3桁の大台に迫っている。元フランス代表MFのフランク・リベリらとともにバイエルンで一時代を築き、2012-2013シーズンはクラブの3冠獲得に大きく貢献した同選手は、退団後も現役生活を続けるのかとの質問に対して、このように答えた。<br><br>「まだ100%決めたわけではない。完全にやめるかもしれないよ。僕は今、どのようなチャンスがあるのかを見たい。そういう状況にいる。バイエルンを離れることは誰もが知っている。本当に100%の確信で、『これは魅力的だし、やってみたい』という気持ちにさせるオファーが届けばプレーを続ける。理想的なオファーがなかったら、引退も考えられる」<br><br>以前、中国からの誘いを断ったと明かしていたロッベン。「お金のためにアジアに向かう可能性は?」と問われると、「子供3人の家族がいるし、みんなに幸せに過ごしてほしい。それは中国や砂漠の国(中近東)に限らず、どこでも同じ。どんな決断においても家族のことを重視したい」と強調。そうなると、母国オランダへの復帰がより現実的なのだろうか。<br><br>「バイエルンを離れるといったニュースは、オランダで大きく取り上げられたからね。でも帰国に関して約束はできないと以前から話している。約束すれば、それを守らなければいけないので、故郷のクラブであるフローニンヘンとは連絡し合っている関係と話すだけにとどめてきた。いかなる形であろうと、今後も(フローニンヘンとの関係は)続くだろう。だが、今は来年のことについて、まったく何も言えないよ。すべてがオープンなんだ」<br><br>オランダ紙『フォルクスクラント』は先日、フローニンヘンやPSVなど古巣のほか、恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティやアメリカのMLS、そして日本のJリーグをロッベンの新天地候補に挙げていた。だが、来年1月に35歳の誕生日を迎えるウィングが決断を下すのはまだ先となるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 02:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ノイアー、ホームでのリーグ戦5試合ぶり白星に安堵…コバチ監督が与えた変化は?

バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、ホームで久々の勝利を挙げてホッと胸をなで下ろした。<br><br>バイエルンは8日、ブンデスリーガ第14節でニュルンベルクと対戦。ロベルト・レヴァンドフスキの2ゴールなどで3-0と勝利を飾った。バイエルンにとってはホームでのリーグ戦5試合ぶりの白星となっている。ノイアーはまずはホッとした率直な気持ちを明かした。<br><br>「今日はうまくいったし、勝利に値した。またホームで勝利することは重要だった。いい感じだよ」<br><br>また、ニコ・コバチ監督がチームに与えた変化については「多くは言えない」としつつ、次のように語った。<br><br>「僕らはポゼッションをしたかったし、ニュルンベルク相手にはそういう展開になるともわかっていた。セットプレーについても話していた。それでコーナーから先制できたね。ハーフタイムにも『このプレーを続け、集中を高く保とう』と話したよ」<br><br>なお、勝ち点3を加えたバイエルンは暫定ながら2位に立っている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.09 16:42 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース