長谷部フル出場のフランクフルトがバイエルンを下して30年ぶり5度目の優勝《DFBポカール》2018.05.20 05:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽DFBポカール決勝、バイエルンvsフランクフルトが19日に行われ、1-3でフランクフルトが勝利し、30年ぶり5度目の優勝を飾っている。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。

▽準決勝でレバークーゼンに6発圧勝して2年ぶりに決勝に進出したバイエルンは、今季の大半をケガで棒に振った守護神ノイアーがシーズン最終戦でベンチに入った。

▽一方、シャルケに辛勝して2年連続決勝に進出したフランクフルトは、リーグ戦で4試合の出場停止を受けた長谷部が[4-1-4-1]の中盤アンカーで先発となった。

▽フランクフルトがアグレッシブに立ち上がった中、バイエルンは8分にボックス手前左で得たFKから決定機を演出。レヴァンドフスキが直接狙ったシュートがバーを直撃した。

▽しかし11分、良い入りをしていたフランクフルトが先制する。ハメス・ロドリゲスからレビッチがボールを奪ってショートカウンターに転じると、K・ボアテングのスルーパスを受けたレビッチがペナルティアーク中央からがゴール左へシュートを蹴り込んだ。

▽追う展開となったバイエルンは17分、FKからミュラーが際どいヘディングシュートを浴びせれば、25分には相手CKの流れからロングカウンターに転じ、ゴールエリア左のレヴァンドフスキがチップキックシュートを狙うも枠を捉えきれない。

▽前半半ば以降、1トップのK・ボアテングを残して[4-1-4]の強固な守備ブロックを自陣に形成するフランクフルトのディフェンスをバイエルンは崩しきれず、1点ビハインドのままハーフタイムに入った。▽後半もバイエルンが押し込む展開とすると、53分に同点とする。ジューレのスルーパスをボックス右ゴールライン際まで走り込んだキミッヒの折り返しをレヴァンドフスキが押し込んだ。

▽その後、チアゴに代えてトリッソ、ミュラーに代えてコマンを投入して攻撃に変化を付けたバイエルンは、80分にようやくゴールに迫る。右CKからファーサイドのフンメルスがヘッド。しかし、シュートはバーを直撃してしまう。

▽するとフランクフルトが勝ち越しに成功する。ダ・コスタのロングボールに抜け出したレビッチがバイエルンの両センターバックに走り勝ってボックス右に侵入。チップキックシュートでGKウルライヒを破った。

▽痛恨の失点を喫したバイエルンは、リベリに代えてワグナーを投入すると、追加タイム3分に決定機。CKの流れからワグナーがシュートを浴びせたが、GKフラデツキーにセーブされた。

▽すると追加タイム6分、フランクフルトが勝負を決定付ける。相手CKを跳ね返したロングカウンターからガシノビッチが独走。パワープレーでGKウルライヒが上がっていたため、がら空きとなっていたゴールに蹴り込んだ。

▽直後にタイムアップを迎え、フランクフルトが勝利。30年ぶり5度目のDFBポカール優勝を飾っている。なお、優勝したフランクフルトにはヨーロッパリーグ出場権が与えられる。
コメント
関連ニュース
thumb

長谷部vs久保が実現! フランクフルトが貫録勝利でCL圏内に肉薄!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第26節、フランクフルトvsニュルンベルクが17日に行われ、1-0でフランクフルトが勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、ニュルンベルクのFW久保裕也は83分まで出場している。 前節デュッセルドルフ戦を途中出場アラーのドッペルパックで終わってみれば3-0と快勝した5位フランクフルト(勝ち点43)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のインテル戦を1-0と勝利し、ベスト8進出を決めた。そのインテル戦でもリベロの位置で好プレーを見せた長谷部が引き続き3バックの中央で先発となった。 一方、前節ホッフェンハイム戦を1-2と競り負けて19戦勝利なしとなった最下位ニュルンベルク(勝ち点13)は、5試合連続先発となった久保が[4-3-3]の右ウイングでスタートした。 試合は開始3分、ニュルンベルクにビッグチャンス。左クロスに反応したゴール前でフリーのベーレンスがヘッド。だが、枠の上に外してしまった。 緩い入りを見せてしまったフランクフルトだったが、徐々にポゼッションを高めて試合をコントロールしていくと、18分にCKの流れからヨビッチがオンターゲットのヘディングシュートを放った。 これはゴールライン上にいた相手DFに阻まれたが、その後もフランクフルトが押し込む展開とする中、31分に先制した。ヨビッチの絶妙なスルーパスをボックス左で受けたコスティッチのクロスを、流れの中で上がっていたヒンテレッガーが流し込んだ。 立ち上がりのチャンス以降、守勢に回っていたニュルンベルクは久保のポジションを左ウイングに移すも、攻撃の形を作れない状況が続く。 するとフランクフルトは36分、コスティッチのシュートがバーに直撃すれば、44分には右クロスにパシエンシアが合わせたシュートがGKを強襲するなど、フランクフルトが一方的な展開とした中、1-0で前半を終えた。 迎えた後半もフランクフルトが攻勢に出る流れとなる中、53分にCKの流れから久保が可能性のある左足ミドルを浴びせたが、58分にはパシエンシアがバー直撃のヘディングシュートを放って主導権を渡さない。 63分にパシエンシアに代えてアラーを投入したフランクフルトは、直後にアラーがボレーシュートで追加点に迫ると、73分にもコスティッチがボックス左から決定的なシュートを放っていった。 なかなか追加点を奪いきれないフランクフルトは、ヨビッチに代えて負傷明けのレビッチを投入。一方のニュルンベルクは83分に久保を交代させた。 その終盤、88分にレビッチがディフェンスライン裏を取ってネットを揺らしたフランクフルトだったが、VARの末にオフサイドを取られ、やはり追加点が遠い。 それでもニュルンベルクを1-0でシャットアウトしたフランクフルトが、4連勝としてチャンピオンズリーグ出場圏内の4位ボルシアMGに1ポイント差としている。 2019.03.18 01:25 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、アビダル氏らがヨビッチを視察 獲得へ前進か

バルセロナが、ベンフィカからフランクフルトにレンタル移籍しているセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)獲得へ前進しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 セルビアの名門ツルヴェナ・ズヴェズタで育ったヨビッチは、2016年2月にベンフィカに移籍し、2017年夏以降はフランクフルトに武者修行に出ている。昨シーズンはリーグ戦22試合で8ゴールという成績だったが、今シーズンここまでの公式戦35試合で22ゴール7アシストとブレイク。特に、ブンデスリーガでは15ゴールで得点ランキング2位に付けている。 この新星の将来を巡っては、レアル・マドリーやバイエルン、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナルなどからの関心が報じられており、特にバルセロナからの興味は長期間継続されている。 そして、今回の報道によれば、バルセロナで交渉を担当するペップ・セグラ氏、エリック・アビダル氏、ラモン・プラネス氏が、14日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦インテルvsフランクフルトを視察。ヨビッチの状態を確認するとともに、フランクフルト上層部の人物数人とコンタクトを取ることを目的としていたようだ。 バルセロナは、32歳とベテランの域に差し掛かっているウルグアイ代表FWルイス・スアレスの後釜を探している。ヨビッチであれば、これからの2シーズン程はスアレスと共存出来る可能性を持ち、バルセロナのスタイルを学んだ上で、次代のストライカーとしての役割を担えると考えているようだ。 2019.03.16 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

準々決勝組み合わせ決定! アーセナルがナポリと激突、長谷部フランクフルトはベンフィカと対戦《EL》

15日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝の組み合わせ抽選会が行われた。 ディナモ・キエフを2戦合計8-0で粉砕した優勝候補チェルシーは、スラビア・プラハと対戦が決まった。また、チェルシーとライバル関係にあるもう一つの有力チーム、レンヌに競り勝ったアーセナルはナポリとの対戦が決まった。 そして、ビジャレアルとバレンシアによる同国対決が実現した一方、インテルを2戦合計1-0で下してドイツ勢唯一の国際大会生き残りとなった元日本代表MF長谷部誠擁するフランクフルトは、ベンフィカとの顔合わせが決まっている。 なお、今大会は準々決勝の対戦カードを決めると共に準決勝の組み合わせ抽選会も実施。確定した今後のスケジュールは以下のとおり。 ◆スケジュール ・準々決勝 ▽1stレグ:4月11日、2ndレグ:4月18日 アーセナル(イングランド) vs ナポリ(イタリア)…[1] バレンシア(スペイン) vs ビジャレアル(スペイン)…[2] フランクフルト(ドイツ) vs ベンフィカ(ポルトガル)…[3] チェルシー(イングランド) vs スラビア・プラハ(チェコ)…[4] ・準決勝 ▽1stレグ:5月2日、2ndレグ:5月9日 [1]の勝者 vs [2]の勝者…[5] [3]の勝者 vs [4]の勝者…[6] ・決勝 ▽5月30日 [5]の勝者 vs [6]の勝者 [@バクー・オリンピックスタジアム/アゼルバイジャン] 2019.03.15 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第26節プレビュー】長谷部フランクフルトvs久保ニュルンベルク開催

前節は勝ち点で並ぶドルトムントとバイエルンが揃って勝利したものの、バイエルンが6発大勝したことでドルトムントを得失点差で上回り、バイエルンがついに首位に浮上した。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは3位ライプツィヒ(勝ち点46)が引き分けた中、4位ボルシアMG(勝ち点46)、5位フランクフルト(勝ち点43)、6位レバークーゼン(勝ち点42)が揃って勝利し、激しさが増している。迎える第26節、長谷部フランクフルトvs久保ニュルンベルクの日本人対決が開催される。 前節デュッセルドルフ戦を、途中出場アラーのドッペルパックで終わってみれば3-0と快勝したフランクフルト。リーグ戦3連勝としてCL出場権争いにしっかりと留まっているチームは、木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)のインテル戦を圧倒して1-0と勝利。ドイツ勢唯一の生き残りとしてベスト8に進出して見せた。ボランチでの起用から再びリベロでの起用に戻っている長谷部も、引き続き攻守に存在感を放っているが、久保擁するニュルンベルク攻撃陣を抑え込み、チームに更なる連勝をもたらせるか。 一方、前節ホッフェンハイム戦では一時同点に追いつきながらもクラマリッチのドッペルパックに沈み、19戦勝利なしとなった最下位ニュルンベルク(勝ち点13)。4試合連続で先発となった久保は左MFで守備を献身的にこなしたものの、やはり攻撃面での迫力不足は否めなかった。長谷部が守備を統率するフランクフルト相手に久保は違いを見せられるか。 ヴォルフスブルクに6発圧勝し、ついに首位に浮上したバイエルン(勝ち点57)は、13位マインツ(勝ち点30)とのホーム戦を戦う。水曜に行われたCLリバプール戦では1-3と力負けし、心身共にダメージを負ったが、切り替えてブンデス7連覇へ邁進できるか。 前節シュツットガルト戦を終盤のアルカセル弾などで勝ち切ったドルトムントは、得失点差によりバイエルンに首位の座を明け渡した。そのドルトムントは土曜に10位ヘルタ・ベルリン(勝ち点35)とのアウェイ戦に臨むが、日曜に試合を行うバイエルンにプレッシャーをかける勝利を飾れるか。 レバークーゼン戦では原口がアシストを記録したものの、雪によって本来であればゴールとなっていたはずのシュートが阻まれ、2-3と惜敗して4連敗となった17位ハノーファー(勝ち点14)。そのハノーファーは15位アウグスブルク(勝ち点22)とのアウェイ戦に臨むが、5ポイント差の16位シュツットガルトに迫るための勝利を手にできるか。 その他、前節出場機会のなかった11位デュッセルドルフ(勝ち点31)の宇佐美は、7位ヴォルフスブルク(勝ち点39)とのアウェイ戦で出場のチャンスを窺い、復帰が迫っている9位ブレーメン(勝ち点36)の大迫は6位レバークーゼン(勝ち点42)とのアウェイ戦でベンチスタート予想となっている。 ◆ブンデスリーガ第26節 ▽3/15(金) 《28:30》 ボルシアMG vs フライブルク ▽3/16(土) 《23:30》 アウグスブルク vs ハノーファー シャルケ vs ライプツィヒ ヴォルフスブルク vs デュッセルドルフ シュツットガルト vs ホッフェンハイム 《26:30》 ヘルタ・ベルリン vs ドルトムント ▽3/17(日) 《21:30》 レバークーゼン vs ブレーメン 《23:30》 フランクフルト vs ニュルンベルク 《26:00》 バイエルン vs マインツ 2019.03.15 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

EL8強が出揃う! ロンドン勢にナポリが順当突破! 長谷部フランクがインテル撃破でドイツ唯一の希望に

14日にヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16が終了した。この結果、準々決勝に進出する8チームが決定した。 優勝候補がうまくバラける形となった今回のラウンド16。 優勝候補ではチェルシーがウクライナの名門ディナモ・キエフ相手にFWオリヴィエ・ジルーとMFカラム・ハドソン=オドイの2戦連続ゴールなどによって1stレグで3-0、2ndレグで5-0の快勝を収めて優勝候補に相応しい勝ち上がりを見せた。 また、MF南野拓実を擁するザルツブルクと対戦したナポリはホームで地力の差を見せ付ける3-0の先勝を収めると、2ndレグではザルツブルクに終盤に粘られて1-3の敗戦を喫したものの、2試合を通じて危なげない試合運びをみせ、突破を決めた。なお、南野は初戦で途中出場、第2戦で先発出場を果たして見せ場は作った。 一方、セビージャ時代にEL3連覇を成し遂げたウナイ・エメリ監督率いるアーセナルは、退場者を出した敵地での初戦を1-3で落とす苦しい状況に。それでも、得意のホームではFWピエール・エメリク=オーバメヤンの2ゴール1アシストの活躍によって鮮やかな逆転突破を飾った。 また、チャンピオンズリーグ(CL)で全チームが敗退したドイツ勢唯一の希望となったMF長谷部誠を擁するフランクフルトは、優勝候補のインテルと対戦。ホームでの初戦をGKケビン・トラップのPKストップによってゴールレスドローで凌ぐと、難所ジュゼッペ・メアッツァではFWルカ・ヨビッチが挙げた虎の子の1点を長谷部を中心とする守備陣が見事なパフォーマンスで守り切って番狂わせを起こすとともに、ドイツ勢の威厳を保った。 また、ELに無類の強さを見せるスペイン勢3チームではリーグ戦で残留争いに巻き込まれているビジャレアルがゼニト相手に安定した戦いぶりで快勝した一方、国内リーグでヨーロッパ出場権を争うバレンシアとセビージャは明暗分かれることに。バレンシアが2ndレグの後半アディショナルタイムにFWゴンサロ・ゲデスの劇的ゴールで逆転での突破を決めた一方、セビージャは延長戦までもつれ込んだスラビア・プラハ戦で一度は勝ち越しに成功も、延長後半終盤に与えたオウンゴールでまさかの敗退となった。 その他ではディナモ・ザグレブを延長戦の末に破ったベンフィカが8強進出を決めている。 なお、準々決勝の組み合わせ抽選会は15日にスイスのニヨンで行われ、1stレグは4月11日、2ndレグは同月18日に行われる予定だ。 EL準々決勝進出チーム一覧およびラウンド16の結果一覧は以下の通り。 ◆EL準々決勝進出チーム チェルシー(イングランド) アーセナル(イングランド) フランクフルト(ドイツ) ナポリ(イタリア) ビジャレアル(スペイン) バレンシア(スペイン) ベンフィカ(ポルトガル) スラビア・プラハ(チェコ) ◆ELラウンド16結果 FCクラスノダール AGG:2-3 バレンシア ザルツブルク AGG:3-4 ナポリ ディナモ・キエフ AGG:0-8 チェルシー ベンフィカ AGG:3-1 ディナモ・ザグレブ ビジャレアル AGG:5-2 ゼニト インテル AGG:0-1 フランクフルト アーセナル AGG:4-3 レンヌ スラビア・プラハ AGG:6-5 セビージャ 2019.03.15 07:50 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース