2部降格のストークがランバート監督との契約解除を発表2018.05.19 01:14 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ストーク・シティは18日、ポール・ランバート監督(48)と双方合意の下で契約解除したことを発表した。

▽マーク・ヒューズ監督体制5年目となりスタートした今シーズンのストークは、プレミア第22節を終了した時点で5勝12敗5分けで18位と低迷。6日に行われたFAカップ3回戦でも、イングランド4部に相当するコベントリー・シティを相手に1-2で敗戦し、直後に同監督の解任を発表。

▽そして、これまでノリッジやアストン・ビラ、ブラックバーンの監督を歴任し、昨季はプレミアシップ(イングランド2部)に所属したウォルバーハンプトンを指揮していたランバート監督を2年半で招へい。

▽18位と低迷したチームの立て直しを期待されたランバート監督だが、就任後はリーグ戦25試合でわずか2勝と結果を残せず。最終的に7勝19敗12分けの19位で来シーズンのプレミアシップ降格が決定していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ウェストハム、最古参コリンズとエブラの退団を発表

▽ウェストハムは24日、元ウェールズ代表DFジャームズ・コリンズ(34)と、元フランス代表DFパトリス・エブラ(37)の退団を発表した。 ▽コリンズは2005年からウェストハムに在籍する最古参。2009年から3シーズンの間だけアストン・ビラに移籍したが、その後再び復帰。通算10年もの間、ハマーズを支えてきた。クラブでは通算214試合に出場。ウェールズ代表では50試合に出場した大ベテランだった。 ▽ウェストハムは公式ツイッターで、「ジンジャー・ペレ(コリンズの愛称)の代わりは2度と現れない。本当にありがとう。君の未来が最高のものになりますように」とエールを送っている。 ▽また、今年2月に加入したエブラの退団も決定。昨年マルセイユを解雇されてフリーとなっていたエブラは、マンチェスター・ユナイテッドに在籍した2014年以来のプレミア復帰を果たした。ウェストハムではリーグ戦5試合に出場した。 2018.05.24 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシア、インテルからコンドグビアを完全移籍で獲得! 32億円の買取OPを行使

▽バレンシアは24日、インテルからレンタル移籍で加入していたフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(25)の買い取りオプションを行使し完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となり、契約解除金は8000万ユーロ(約102億8000万円)に設定された。 ▽なお、スペイン『アス』の伝えるところによれば、買い取りの費用は2500万ユーロ(約32億1000万円)となった模様だ。 ▽2015年にモナコから3000万ユーロ(約38億5000万円)でインテルに加入したコンドグビアは、公式戦84試合に出場し3ゴールを記録した。だが、戦術的なセリエAのスタイルに順応できず、時折見せる集中力を欠いた軽いプレーが批判の的となり、昨夏にバレンシアへ買い取りオプション付きのレンタルで放出されていた。 ▽しかし、今季のバレンシアではマルセリーノ・ガルシア・トラル監督の下、キャプテンのMFダニエル・パレホと共に[4-4-2]のセントラルMFのレギュラーを務めると、リーグ戦31試合に出場し4ゴール4アシストを記録。持ち味の強靭なフィジカルとダイナミズムを攻守両面で遺憾なく発揮し、チームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献した。 2018.05.24 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

マインツ、2部カイザースラウテルンからオーストリア人DFを獲得

▽マインツは23日、ブンデスリーガ2部のカイザースラウテルンからオーストリア人DFフィリップ・ムウェネ(24)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年となる。 ▽母国オーストリア・ウィーンからシュツットガルトの下部組織を経て2016年にカイザースラウテルンに加入したムウェネはケニアにルーツを持つ元U-21オーストリア代表DF。本職の右サイドバックに加え、左サイドバックや右サイドハーフでもプレー可能なサイドのスペシャリストは、今季のブンデスリーガ2部で31試合に出場し4ゴール6アシストの数字を残していた。 2018.05.24 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

フライブルク、2部降格ケルンから主力CBハインツを獲得!

▽フライブルクは23日、ケルンからドイツ人DFドミニク・ハインツ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は23に決定。契約期間に関する詳細は明かされていない。 ▽今シーズンのブンデスリーガを最下位で終えたケルンは、来シーズンの2部降格が決定。そして、クラブは2部降格時に有効な他クラブへの移籍が可能となる契約条項を盛り込んでおり、今回ハインツはそのオプションを行使する形でフライブルクに移籍することになった。 ▽カイザースラウテルンでプロデビューを飾ったハインツは2015年にケルンに完全移籍で加入した。ケルンでは公式戦108試合に出場し3ゴールを記録。188cmの恵まれた体躯に加え、左サイドバックでもプレー可能な精度の高い左足を兼備する同選手は総合力の高いセンターバックとしてハノーファーやフランクフルトからも関心を示されていた。 2018.05.24 14:07 Thu
twitterfacebook
thumb

来季セリエA復帰のエンポリ、ポーランド人DFを獲得!

▽来シーズンからセリエAに復帰するエンポリは23日、ポーランドのアルカ・グディニアからポーランド人DFミハル・マルチャニク(23)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなるが、更なる契約延長オプションが付随している。 ▽アルカ・グディニアの下部組織出身のマルチャニクは186cmのセンターバック。U-21ポーランド代表にも招集歴がある同選手は今季のリーグ戦35試合に出場し3ゴール1アシストの数字を残していた。 2018.05.24 14:06 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース