ファジアーノ岡山vs東京ヴェルディは雷雨の影響で63分に中止が決定! 代替日程は後日発表《J2》2018.05.18 21:32 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J2リーグ第15節、ファジアーノ岡山vs東京ヴェルディが18日にシティライトスタジアムで行われたが、東京Vの1点リードで迎えた63分に雷雨の影響で試合が中断。その後、協議の結果、試合中止が決定した。なお、代替日程に関しては後日発表される。

▽前節、水戸ホーリーホックに0-3で完敗して3戦勝利がない5位岡山(勝ち点25)と、レノファ山口相手にショックが残る3-4の逆転負けで4連敗の12位東京V(勝ち点18)による、再浮上のキッカケを探る両チームの一戦。

▽岡山は水戸戦から先発5人を変更。GKを一森から移籍後初出場の金山に変更したほか、3トップを赤嶺、齊藤、仲間に入れ替えた。一方、東京Vは山口戦から4選手を変更。ケガで招集外の内田や田村、畠中、カルロス・マルティネスに代わって平、井上、今季初先発の若狭、佐藤が起用された。

▽J2では初のフライデーナイト開催となった一戦。試合前から強い雨が降っていた影響でスリッピーなピッチに手を焼く東京Vに対して、立ち上がりはクロスとロングボールを効果的に使う岡山がペースを握る。10分と13分にはいずれも右サイドの齊藤からのクロスの流れでボックス内の赤嶺がヘディングシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れない。

▽すると、ここまで我慢を強いられた東京Vが20分に先制点を奪う。右サイドからのロングスローをボックス右の李栄直が落とすと、これを拾った藤本が鮮やかなダブルタッチでDFをかわしてゴール右に持ち込んで左足を振り抜く。そして、GKの手を弾いたボールがファーポストに吸い込まれた。

▽18歳藤本のプロ初ゴールで先制に成功した東京は徐々に落ち着きを取り戻していく。35分にはドウグラス・ヴィエイラのポストプレーから李栄直が中央でDFをかわしてボックス付近の渡辺にスルーパス。ここで左に持ち出した渡辺がゴール左でGKと一対一になるが、ここはGK金山の好守に阻まれ追加点とはならなかった。

▽東京Vの1点リードで折り返した試合。後半立ち上がりはビハインドを追う岡山が猛攻に打って出る。48分に末吉の左サイドからのクロスを受けた仲間がシュートを放つが、これはDF井林のブロックに遭う。さらに赤嶺や齊藤の身体を張ったポストプレーを起点に波状攻撃を仕掛けていくが、連敗阻止に向けて必死に守る相手の守備を崩し切れない。さらに63分には後半から鳴り始めた雷の影響で試合が中断に。

▽ここからより試合がヒートアップするかに思われたが、後半から鳴り始めた雷の影響で試合が中断に。その後、50分以上の中断を経るも天候の回復が見込まれなかったため協議の結果、試合が中止に。なお、代替日程や試合の再開方式に関しては後日Jリーグから発表される予定だ。
◆明治安田生命J2リーグ第15節 日程・結果
▽5/18(金)
ファジアーノ岡山 vs 東京ヴェルディ
※雷雨の影響で試合途中に中止

▽5/19(土)
《16:00》
大宮アルディージャ vs FC岐阜

▽5/20日(日)
《13:00》
ロアッソ熊本 vs 水戸ホーリーホック
《14:00》
松本山雅FC vs アビスパ福岡
大分トリニータ vs レノファ山口FC
横浜FC vs ジェフユナイテッド千葉
栃木SC vs FC町田ゼルビア
アルビレックス新潟 vs モンテディオ山形
カマタマーレ讃岐 vs ヴァンフォーレ甲府
ツエーゲン金沢 vs 徳島ヴォルティス
《17:00》
愛媛FC vs 京都サンガF.C.

コメント

関連ニュース

thumb

甲府DF今津佑太がプロA契約締結「あくなき向上心を持つ」

▽ヴァンフォーレ甲府は23日、DF今津佑太(22)とプロA契約を締結したことを発表した。 ▽今津は12日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節の栃木戦(2-1で甲府が勝利)に先発出場し、規定出場時間に到達。契約締結に際し、同選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私に携わる全ての皆様への感謝の気持ちを忘れず、あくなき向上心を持ち、チームの勝利の為に全力で戦い頑張りますので、引き続きヴァンフォーレ甲府と今津佑太をよろしくお願いします」 ▽山梨県出身の今津は、2018年に流通経済大学から甲府に加入。今シーズンはJ2リーグでここまで11試合に出場している。 2018.05.23 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

熊本、DF園田拓也が右ハムストリング肉離れで全治4週間

▽ロアッソ熊本は23日、DF園田拓也が右ハムストリング肉離れで全治4週間と診断されたことを発表した。 ▽園田は今月12日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節の横浜FC戦の試合中に負傷。今季はリーグ戦9試合に出場し1ゴールを記録していた。 2018.05.23 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

京都がジュロヴスキー体制初勝利! 首位・大分vs2位・山口は両者譲らずドロー決着!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の9試合が各地で行われた。 ▽ニンジニアスタジアムで行われた20位・愛媛FC(勝ち点10)vs最下位・京都サンガF.C.(勝ち点9)は、2-1で京都が勝利した。 ▽15日に間瀬秀一監督との契約解除を発表し、川井健太監督が就任した愛媛と、11日に布部陽功監督を解任し、ボスコ・ジュロヴスキーコーチを昇格させた京都の一戦。試合は後半に動く。京都は52分、石櫃からの右CKの流れから、こぼれ球を拾った染谷がボックス右から中央へクロスを送る。これを大野が頭で叩き込み、京都が先制に成功する。 ▽先制した京都はさらに61分、エスクデロ競飛王のパスを受けた本多がボックス左外からクロス。中央へ走り込んだ岩崎が相手DFよりも先に右足に当てると、ボールはゴール右隅へ吸い込まれた。 ▽2点のリードを許した愛媛は77分、右サイドでパスを受けた小池がゴール前へ絶妙なクロスを送り、有田のヘディングシュートで1点差に縮めた。しかし、その後愛媛に同点ゴールは生まれず、2-1で試合終了。京都がボスコ・ジュロヴスキー監督体制初勝利を飾った。 ▽大分銀行ドームで行われた首位・大分トリニータ(勝ち点30)vs2位・レノファ山口(勝ち点27)の直接対決は、2-2の引き分けに終わった。 ▽連勝中同士の首位攻防戦は、首位・大分が先制する。11分、宮阪からのCKをニアサイドに走り込んだ馬場がダイレクトシュート。グラウンダーのシュートは、寄せてきた相手DFの股を抜けてゴール左隅へと吸い込まれた。 ▽先制点を許した山口は後半開始早々、試合を振り出しに戻す。敵陣中央右でボールを受けた小野瀬がドリブルを開始。ボックス右からグラウンダーのクロスを入れると、走り込んだオナイウ阿道がワンタッチでゴール右隅に突き刺した。 ▽しかし53分、大分がすぐさま勝ち越しに成功する。後藤からのパスを受けた松本がボックス右外からグラウンダーのクロス。中央に走り込んだ後藤が潰れ、走り込んでいた馬場がダイレクトで合わせると、ボールは右ポストを叩いてゴールネットを揺らした。 ▽再び追う立場となった山口。それでも75分、三幸が敵陣中央右からクロスを送る。これは相手に防がれたが、ボックス手前へのこぼれ球を高木が右足を振りぬくと、ボールはゴール左隅へ。このゴールで試合を2-2にした山口が勝ち点1を奪取。大分は勝ち点差を広げることができなかった。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 日程・結果 ▽5/20日(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ロアッソ熊本 2</span>-1 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 アビスパ福岡 大分トリニータ 2-2 レノファ山口FC 横浜FC 3-3 ジェフユナイテッド千葉 栃木SC 0-0 FC町田ゼルビア アルビレックス新潟 0-0 モンテディオ山形 カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ヴァンフォーレ甲府</span> ツエーゲン金沢 0-0 徳島ヴォルティス 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 京都サンガF.C.</span> ▽5/18(金) ファジアーノ岡山 vs 東京ヴェルディ ※雷雨の影響で試合途中に中止 ▽5/19(土) 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC岐阜</span> 2018.05.20 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

町田FW中村祐也、左大腿ハムストリング肉離れ…復帰まで全治6〜8週間

▽FC町田ゼルビアは20日、FW中村祐也の負傷離脱を発表した。 ▽中村は13日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節のカマタマーレ讃岐戦で負傷。左大腿ハムストリング肉離れで復帰まで全治6〜8週間を要する見込みだ。 ▽中村は今シーズンのここまでJ2リーグ12試合1ゴールを記録。町田は20日に行われる今節、栃木SCとアウェイで対戦する。 2018.05.20 13:29 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢DF作田裕次に第二子 「父親として頑張っていきます」

▽ツエーゲン金沢は20日、DF作田裕次(30)に第二子が18日に誕生したことを発表した。 ▽作田は2014年から金沢でプレー。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ14試合に出場して1得点を記録している。 ▽クラブの発表を受け、作田は次のようにコメントしている。 「5月18日に第2子が誕生しました。実際に立ち会うことができて、妻の、母親のすごさを感じました。本当に妻には感謝しています。これからも選手として、父親として頑張っていきます。引き続き応援よろしくお願いします」 2018.05.20 10:56 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース