ファジアーノ岡山vs東京ヴェルディは雷雨の影響で63分に中止が決定! 代替日程は後日発表《J2》2018.05.18 21:32 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J2リーグ第15節、ファジアーノ岡山vs東京ヴェルディが18日にシティライトスタジアムで行われたが、東京Vの1点リードで迎えた63分に雷雨の影響で試合が中断。その後、協議の結果、試合中止が決定した。なお、代替日程に関しては後日発表される。▽前節、水戸ホーリーホックに0-3で完敗して3戦勝利がない5位岡山(勝ち点25)と、レノファ山口相手にショックが残る3-4の逆転負けで4連敗の12位東京V(勝ち点18)による、再浮上のキッカケを探る両チームの一戦。

▽岡山は水戸戦から先発5人を変更。GKを一森から移籍後初出場の金山に変更したほか、3トップを赤嶺、齊藤、仲間に入れ替えた。一方、東京Vは山口戦から4選手を変更。ケガで招集外の内田や田村、畠中、カルロス・マルティネスに代わって平、井上、今季初先発の若狭、佐藤が起用された。

▽J2では初のフライデーナイト開催となった一戦。試合前から強い雨が降っていた影響でスリッピーなピッチに手を焼く東京Vに対して、立ち上がりはクロスとロングボールを効果的に使う岡山がペースを握る。10分と13分にはいずれも右サイドの齊藤からのクロスの流れでボックス内の赤嶺がヘディングシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れない。

▽すると、ここまで我慢を強いられた東京Vが20分に先制点を奪う。右サイドからのロングスローをボックス右の李栄直が落とすと、これを拾った藤本が鮮やかなダブルタッチでDFをかわしてゴール右に持ち込んで左足を振り抜く。そして、GKの手を弾いたボールがファーポストに吸い込まれた。

▽18歳藤本のプロ初ゴールで先制に成功した東京は徐々に落ち着きを取り戻していく。35分にはドウグラス・ヴィエイラのポストプレーから李栄直が中央でDFをかわしてボックス付近の渡辺にスルーパス。ここで左に持ち出した渡辺がゴール左でGKと一対一になるが、ここはGK金山の好守に阻まれ追加点とはならなかった。

▽東京Vの1点リードで折り返した試合。後半立ち上がりはビハインドを追う岡山が猛攻に打って出る。48分に末吉の左サイドからのクロスを受けた仲間がシュートを放つが、これはDF井林のブロックに遭う。さらに赤嶺や齊藤の身体を張ったポストプレーを起点に波状攻撃を仕掛けていくが、連敗阻止に向けて必死に守る相手の守備を崩し切れない。さらに63分には後半から鳴り始めた雷の影響で試合が中断に。

▽ここからより試合がヒートアップするかに思われたが、後半から鳴り始めた雷の影響で試合が中断に。その後、50分以上の中断を経るも天候の回復が見込まれなかったため協議の結果、試合が中止に。なお、代替日程や試合の再開方式に関しては後日Jリーグから発表される予定だ。
◆明治安田生命J2リーグ第15節 日程・結果
▽5/18(金)
ファジアーノ岡山 vs 東京ヴェルディ
※雷雨の影響で試合途中に中止

▽5/19(土)
《16:00》
大宮アルディージャ vs FC岐阜

▽5/20日(日)
《13:00》
ロアッソ熊本 vs 水戸ホーリーホック
《14:00》
松本山雅FC vs アビスパ福岡
大分トリニータ vs レノファ山口FC
横浜FC vs ジェフユナイテッド千葉
栃木SC vs FC町田ゼルビア
アルビレックス新潟 vs モンテディオ山形
カマタマーレ讃岐 vs ヴァンフォーレ甲府
ツエーゲン金沢 vs 徳島ヴォルティス
《17:00》
愛媛FC vs 京都サンガF.C.
コメント
関連ニュース
thumb

東京V、カザフスタンからEL出場経験者のセルビア人FWネマニャ・コイッチを獲得

東京ヴェルディは16日、カザフスタンのFCオルダバスからセルビア人FWネマニャ・コイッチ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ネマニャ・コイッチは、セルビアのラド・ベオグラードでプロキャリアをスタート。パルチザン・ベオグラード、イスタンブールスポルなどを経て、2018年7月にFCオルダバスに加入した。加入以降はリーグ戦13試合3ゴールを記録していた。 なお、ラド・ベオグラードとパルチザン・ベオグラード時代には、チャンピオンズリーグ予選とヨーロッパリーグを経験している。 東京Vでのプレーが決定したネマニャ・コイッチは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ここに来られて大変嬉しく思います。東京ヴェルディは、J1にいるクラブだと思っています。自分はJ1に昇格するためにきました。一緒に良い成績を出すために、お互い助け合ってJ1に昇格しましょう」 2019.01.16 11:09 Wed
twitterfacebook
thumb

J1復帰へ! 柏新体制発表も伊東純也の去就は未定、復帰の古賀太陽が「4」、小林祐介が「5」を着用

柏レイソルは15日に新体制発表会を開き、2019シーズンにおける各選手の背番号を発表した。 2018シーズンはAFCチャンピオンズリーグを戦うこともあり、大型補強を敢行したものの、開幕から調子をつかめず、2度の監督交代もありながら17位でシーズン終了。J2へと降格した。 1年でのJ1復帰を目指す今シーズンは、ネルシーニョ監督が復帰。MF栗澤僚一(現役引退)、DF中山雄太(→ズヴォレ/オランダ)、DF鈴木大輔(→浦和レッズ)、MF細貝萌(→ブリーラム・ユナイテッド/タイ)など一部選手がチームを去ったものの、主力選手の大半が残留。また、V・ファーレン長崎からDF田上大地、京都サンガF.C.からDF染谷悠太、ヴィッセル神戸からDF高橋峻希、浦和レッズからMF菊池大介、清水エスパルスからMF村田和哉らを補強した。 背番号は新加入の田上が「3」、染谷が「15」、高橋が「33」、菊池が「38」、村田が「30」を着用。また、助っ人のMFガブリエルが「19」、MFヒシャルジソンが「35」を着ける。 なお、日本代表としてアジアカップに出場しているFW伊東純也に関しては、去就が決定次第発表とのことだ。 <span style="font-weight:700;">◆2019シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.桐畑和繁 16.滝本晴彦 21.猿田遥己 23.中村航輔 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.鎌田次郎 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">田上大地</span>☆←(V・ファーレン長崎)※完全移籍 4.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">古賀太陽</span>☆←(アビスパ福岡)※復帰/背番号変更「26」 6.高木利弥 13.小池龍太 15.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">染谷悠太</span>☆←(京都サンガF.C.)※完全移籍 20.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">上島拓巳</span>☆←(中央大学)※新加入 22.パク・ジョンス 24.宮本駿晃 29.中川創 33.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">高橋峻希</span>☆←(ヴィッセル神戸)※完全移籍 34.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">杉井颯</span>☆←(柏レイソルU-18)※昇格 <span style="font-weight:700;">MF</span> 5.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">小林祐介</span>☆←(湘南ベルマーレ)※復帰/背番号変更「25」 7.大谷秀和 8.小泉慶 10.江坂任 17.手塚康平 19.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガブリエル</span>☆←(フラメンゴ/ブラジル)※期限付き移籍 25.田中陸 30.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">村田和哉</span>☆←(清水エスパルス)※完全移籍 35.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヒシャルジソン</span>☆←(セアラ/ブラジル)※完全移籍 36.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">山田雄士</span>☆←(柏レイソルU-18)※昇格 38.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">菊池大介</span>☆←(浦和レッズ)※完全移籍 <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.クリスティアーノ 11.山崎亮平 18.瀬川祐輔 26.オルンガ 2019.01.15 23:08 Tue
twitterfacebook
thumb

東京VのGK武田博行、関西1部のFCティアモ枚方に完全移籍「今年こそ昇格を果たしてください」

東京ヴェルディは15日、GK武田博行(35)が関西1部のFCティアモ枚方に完全移籍することを発表した。 武田は2017年にセレッソ大阪から東京ヴェルディに期限付き移籍。翌年に完全移籍を果たしたが、昨シーズンは公式戦での出場はなかった。 枚方への完全移籍が決定した武田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「報告が遅くなりましてすいません!2年間ヴェルディでプレーさせていただきましたが、試合に出ることができずに終わるのは非常に残念な思いです。でもチームのみんな、サポーターの皆様と一緒に戦い、プレーオフまでいけたことは最高の思い出です。今年こそはヴェルディに関わる皆様の力を結集して、念願の昇格を果たしてください。2年間ありがとうございました」 2019.01.15 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

東京V、DF比嘉祐介の契約満了を発表

東京ヴェルディは15日、DF比嘉祐介(29)の契約満了を発表した。 横浜F・マリノス、京都サンガF.C.でプレーした比嘉は、ジェフユナイテッド千葉を経て、2018年に東京ヴェルディに完全移籍。昨シーズンは天皇杯1試合の出場にとどまった。 2019.01.15 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿児島MF松下年宏が現役引退…「17年間もプレーさせて頂いたのは僕の財産」

鹿児島ユナイテッドFCは15日、MF松下年宏(35)の現役引退を発表した。 松下は2002年に鹿児島実業高校からガンバ大阪に入団して、プロキャリアをスタート。その後、2006年に期限付き移籍でアルビレックス新潟に期限付き移籍し、完全移籍を果たした2009年にはリーグ全試合に出場した。その後、2010年にFC東京に完全移籍し、ベガルタ仙台での3年間のプレーを経て、2014年に横浜FCに。2017年からは地元・鹿児島でプレーしていた。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに1試合、天皇杯に1試合出場した。 キャリア通算では、J1で234試合15ゴール、J2で74試合9ゴール、J3で15試合1ゴール、国内カップ戦で42試合4ゴールを記録した。 現役引退を決断した松下は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、現役を引退する事を決意しました。子供のころに夢みたJリーグの舞台で、17年間もプレーさせて頂いたことは、僕の財産です。ガンバ大阪、アルビレックス新潟、FC東京、ベガルタ仙台、横浜FC、鹿児島ユナイテッドFC…それぞれのチームで応援、サポートして下さった全ての方々に感謝致します。サッカーを通して学んだ事や経験を糧に、次の舞台でも全力で魂を込めて精進していきたいと思います」 「17年間、本当にありがとうございました。僕に関わってくださったすべての方に、心から感謝を込めて」 2019.01.15 16:20 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース