ユーベ退団のブッフォン、PSGが獲得に本気!? 10億円&主将の座を用意か2018.05.18 22:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの獲得に真剣だという。イタリア『プレミアム・スポルト』が伝えている。

▽40歳のブッフォンは、17日に会見を開き、今季限りでユベントスを退団すると発表した。現役引退会見になるともみられていたが、今後については来週決めると述べるにとどまっている。

▽現役続行の可能性をほのめかしたブッフォンに対して、PSGは関心を強めている模様。2年間で800万ユーロ(約10億500万円)のサラリーを用意しているだけでなく、すぐにキャプテンの座も任せるという条件を出しているとのことだ。

▽フランスで圧倒的な強さを見せるPSGは、チャンピオンズリーグでのタイトルを切望している。素晴らしいキャリアを過ごしてきたブッフォンは、チャンピオンズリーグ決勝を3度戦ったがビッグイヤーを掲げたことはない。目標は同じに見えるが、実現の可能性はあるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

アーノルド、過去の“意外な? ”難敵を明かす「CR7よりもネイマールよりも…」

▽リバプールに所属するイングランド代表DFトレント・アレキサンダー=アーノルドが、これまでの対戦で苦労した相手について語っている。イギリス『タイムズ』でのインタビューを、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽昨シーズン、リバプールの右サイドバックとして大ブレイクを果たしたアーノルド。クラブのチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に貢献し、ロシア・ワールドカップ(W杯)でも準決勝進出の躍進を果たしたイングランド代表の一員となった。 ▽著しい成長を続けるアーノルドが、『タイムズ』のインタビューで「最も難しかったアタッカー」について語り、ある意外な名前を挙げた。 「(ウィルフリード・)ザハが最も難しかったと言えるだろう」 「身体能力だ。ボールを彼から奪うことができない。タックルするのが難しくて、速く、スキルフルで得点できる。それらを備えいる試合の勝者だ」 「ネイマールや(クリスティアーノ・)ロナウドはとても知的なプレーヤーで、人々は彼らのやり口を知っているね。様々な動きをする。だが、彼らが僕らに対してボールを多く握ったことはない」 「明らかにザハはロナウドやネイマールのレベルにはない。しかし、僕にとっては多分ザハが一番難しかった」 ▽今夏、クリスタル・パレスとの契約を2020年6月30日まで延長したコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ。一時はマンチェスター・ユナイテッドへの完全移籍を果たし、復帰後もチェルシーなどへの関心が盛んに報じられた人気銘柄だ。今シーズンは、ここまでプレミアリーグ7試合に出場し、3ゴール1アシストを記録している。 2018.10.21 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

エメリ告白…絶好調・ラカゼットは「PSG時代から獲得を考えていた選手」

▽アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督が、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(27)について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2017年夏にクラブレコードとなる移籍金5200万ポンド(現在のレートで約76億円)でリヨンからアーセナルに加入したラカゼット。パリ・サンジェルマン(PSG)からウナイ・エメリ監督が就任した今シーズンは、プレミアリーグ開幕3試合でベンチスタートと将来に不安がよぎるスタートだった。しかし、第4節から先発出場を果たすと、同試合を含めた直近5試合で4ゴール2アシストを記録。リーグ戦6連勝の立役者となっている。 ▽そんな中、PSG時代に師弟関係にあったウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、ブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペら強力攻撃陣とラカゼットとの比較を求められたエメリ監督がコメント。すると、PSG時代にラカゼットの獲得を希望していたことを明かした。 「彼らとは異なるタイプの選手だし、比較することはとても難しいよ」 「ただ、一つ例をあげるとすれば、私がPSGに就任した時からラカゼットの獲得を考えていた。彼のクオリティ、特徴が好きでね。周りの人にも『この選手はPSGでプレーするだけのクオリティがある』と言っていたんだ。しかし、彼はリヨンにいたから話し合いの場を設けたり、サインすることは簡単ではなかった」 「昨シーズンは彼にとってプレミアリーグでの初のシーズンだった。リーグ・アンとは違うものであり、ポジションもリズムも違った。メンタルの問題ではない。彼は素晴らしいメンタリティを持っている。多くのチャンスをゴールに結びつけることができ、とても効果的だ」 「ただ、彼にはプレミアリーグ、そしてこのリズムにより適応し、継続してもらう必要がある。我々は今シーズン彼がもうワンステップ上のレベルに達すると思っている。我々はとても幸せだ。しかし、あえて伝えることがあるとすれば、『歩みを止めるな』ということだね」 「トレーニングでも試合でも止まってはならない。最高のパフォーマンスを見つけ、それを続けなくてはならない。90分どの瞬間もね。彼は今それをしているところだよ」 2018.10.21 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマール、移籍報道を否定「テレポートは使えない」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)が、退団報道を否定した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽昨夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約288億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。しかし、今年冬頃からレアル・マドリー行きの噂が囁かれ、最近ではバルセロナ復帰説も噴出していた。 ▽そんな中、スペイン『SER Catalunya』に対してバルセロナのジョルディ・カルドネル副会長が「誰も彼を連れ戻す議論はしていない」とコメント。再獲得についての動きを完全否定していた。 ▽さらに先日、ネイマールは自身インスタグラム上(neymarjr)にショートビデオを投稿。報道を批判しつつパリでの生活に満足していることを示し、以下のように述べた。 「僕はスーパーマンになりたい」 「けど、1度に2つの場所に居ることはできない。テレポートは使えないんだ」 2018.10.21 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマールの復帰説、バルサ副会長が一刀両断…

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)のバルセロナ復帰はなさそうだ。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽昨夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億2000万円)でバルセロナからPSG入りを果たしたネイマール。先日、現行契約に2019年夏から有効な2億2000万ユーロ(約282億6000万円)の解除条項があり、2020年夏以降であれば移籍金2億ユーロ(約256億9000万円)以下で移籍可能との話題が挙がった。 ▽そうした中で、古巣バルセロナが再獲得に乗り出す可能性も取り沙汰されたが、それは真実ではないという。バルセロナで副会長を務めるジョルディ・カルドネル氏は、スペイン『SER Catalunya』で注目を集めるネイマールの復帰説について次のようにコメントした。 「バルセロナの経営陣にネイマールを連れ戻す話題はない。誰もね。したがって、その質問は答えられないものだ」 「彼はここを去った人間だ。彼を連れ戻すのであれば、今頃、我々の間で議論されているはず。しかし、そんな話は誰もしていない」 2018.10.20 09:10 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーもカンテをターゲットに?

▽レアル・マドリーがチェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)に目を光らせているようだ。スペイン『アス』がフランス『Le 10Sport』を情報源に報じた。 ▽カンテはレスター・シティのプレミアリーグ初制覇に貢献した2015-16シーズン終了後、5年契約でチェルシーに移籍。すぐさま定位置を掴み取り、プレミアリーグやFAカップ優勝に貢献するなど、今や不動のレギュラーに君臨する。 ▽そのカンテを巡り、パリ・サンジェルマンが動向を追っているとみられるが、ここにレアル・マドリーも加わった様子。守備的MFとして代えの効かないブラジル代表MFカゼミロの負担を減らすべく、カンテの獲得に興味を示しているという。 ▽なお、最近の報道で流失を避けたいチェルシーの新契約締結に向けた動きも囁かれているカンテ。今後も動向から目が離せない。 2018.10.20 08:30 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース