スパーズの若手逸材がドイツに流出! U-19イングランド代表MFがボルシアMGに移籍2018.05.18 21:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボルシアMGは18日、トッテナムからU-19イングランド代表MFキーナン・ベネット(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。

▽イングランド人の父親とドイツ人の母親を持つベネットはトッテナム生え抜きの左利きのウイング。トップチームでのプレー経験はないものの、今シーズンのプレミアリーグ2(リザーブリーグ)では22試合に出場し7ゴール4アシストを記録。高い身体能力と左足の精度に加え、左サイドの全ポジションをカバーするユーティリティー性を武器にイングランドとドイツの年代別代表でもプレーしていた。

▽近年、イングランドではウェストハムMFリース・オックスフォード(ボルシアMG)、エバートンFWアデモラ・ルックマン(RBライプツィヒ)がレンタルで、マンチェスター・シティFWジェイドン・サンチョ(ドルトムント)が完全移籍でブンデスリーガに参戦しており、ベネットもその流れに乗っかる形となった。

コメント

関連ニュース

thumb

おたくも前科ありますが…リバプールが若手逸材への不正接触疑惑のボルシアMGとの親善試合をキャンセル

▽リバプールが自クラブの若手選手への不正接触疑惑があるボルシアMGに対して、今夏に予定されていたフレンドリーマッチをキャンセルしたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、近年イングランドの若手獲得に積極的なボルシアMGはリバプールのU-18イングランド代表FWリアン・ブリュースター(18)の引き抜きを画策し、クラブの許可なく不正な形で接触を図ったという。 ▽そして、これを確認したリバプールのスタッフがボルシアMGに対して抗議を行うと共に、今夏に予定されていたフレンドリーマッチもキャンセルしたようだ。 ▽リバプール生え抜きのブリュースターは、昨年行われたFIFA U-17ワールドカップで大会得点王を獲得する活躍でイングランド代表の優勝に大きく貢献したクラブ期待の若手だ。 ▽なお、今回ボルシアMGの対応に激怒しているリバプールだが、昨年4月には当時ストーク・シティのアカデミーに在籍していた12歳の選手を引き抜いた際に、違反行為を働き10万ポンド(約1400万円)の罰金および2年間の補強禁止処分を科されている。 ▽また、昨夏には当時サウサンプトンに在籍していたオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクに対して、サウサンプトンの許可なしに不正なアプローチを行ったことで、謝罪に追い込まれる騒動も起こしていた。 ▽もちろん、今回の一件に関しては不正なアプローチを行ったボルシアMGに非があることは明白だが、少し強硬すぎる態度にも見える。 2018.05.20 22:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ブッフォンのユーベ退団に“因縁”のボルシアMGがSNSでナイスリアクション

▽17日にイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)が今季限りでのユベントス退団を発表した。そのブッフォン退団発表を受けて、“因縁”のボルシアMGがSNSでリアクションを見せた。 ▽ブッフォンは2001年にパルマからユベントスに加入し、ここまで17年間のキャリアを通じて公式戦通算655試合に出場。セリエAで9回、コッパ・イタリアで4回優勝を経験してきた。しかし、同選手は17日に今季限りでユベントスを退団することを発表した。 ▽そのブッフォンの発表を受けて、ボルシアMGがSNSでリアクションを見せた。ブッフォンは幼少期にボルシアMGのファンで、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージではその憧れのクラブと初対戦。さらに、試合後にブッフォンはボルシアMGのゴール裏を訪れ、ホームサポーターに対して自身のGKグローブとボルシアMGのタオルマフラーを交換してほしいとお願い。だが、ブッフォンがボルシアMGのファンだったことを知らなかったサポーターはこの申し出を固辞。その後、事実を知ったサポーターはブッフォンに謝罪を行うと共に、事情を知ったクラブ側から同選手に対してタオルマフラーを贈った因縁があった。 ▽そして、ボルシアMGの公式ツイッター(@borussia_en)は17日、「ブッフォン(@gianluigibuffon)が“ユベントスでの”ラストゲームだってさ」というコメントと共に、『A GERMAN TEAM(ボルシア・メンヒェングラートバッハが英語での表記が難しいことから自虐のニックネーム)』と書かれたタオルマフラーを掲げるブッフォンの画像を投稿した。 ▽さらに、それから数時間後にはアメリカの『家賃がクソ高すぎる党』の代表でお馴染みのジミー・マクミランの画像と共に「我々のクラブがすでにブッフォンと契約したと思っている人たちの数がクソ多すぎる」と投稿。ブッフォン加入を期待するサポーターへの注意も忘れなかった。 ▽現在、ブッフォンはユベントス退団以降の去就を明らかにしておらず、自身が幼少時に憧れたボルシアMGにも“ワンチャン”があるかもしれない。 2018.05.18 15:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表に痛手…シュティンドルが足首負傷でW杯欠場決定…

▽ボルシアMGは29日、ドイツ代表MFラース・シュティンドルが左足首のじん帯結合部の損傷によって手術を受けることを発表した。今回のケガで3カ月ほどの離脱が見込まれる同選手はロシア・ワールドカップ(W杯)欠場が決定した。 ▽シュティンドルは28日に行われたブンデスリーガ第32節のシャルケ戦で前半終盤に足首を痛めて負傷交代を余儀なくされた。その翌日に行われた精密検査の結果、今季中の復帰と共にW杯出場が絶望的となった。 ▽シュティンドルはクラブ公式サイトを通じて、「このタイミングでの負傷は正直厳しいものだよ。シーズンの最も重要な局面でチームに貢献できず、僕のワールドカップの夢も終わった」と複雑な心境を明かした。 ▽ボルシアMGのキャプテンとして活躍するシュティンドルは、昨年のコンフェデレーションズカップでドイツ代表デビューを飾ると、3ゴールを挙げる活躍をみせ、同大会の優勝に貢献。ここまで代表通算11試合に出場し4ゴールを記録しており、重要なバックアッパーとしてW杯本大会での活躍も期待されていた。 2018.04.29 21:37 Sun
twitterfacebook
thumb

テア・シュテーゲン、少年時代はFWだった! GK転向のきっかけは"チームメイトの鼻血"

▽バルセロナに所属するドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンには、少年時代にGKへ転向するあるきっかけがあったようだ。ドイツ『キッカー』がアメリカ『ザ・プレイヤーズ・トリュビューン』でのインタビューを引用して伝えている。 ▽ボルシアMGの下部組織出身で、2009年にトップチーム昇格を果たしたテア・シュテーゲン。2011-12シーズンに名実ともに正GKの座を確立すると、バイエルンの2度の撃破に貢献するなどしてブンデスリーガ4位躍進と、チャンピオンズリーグ出場権の獲得に貢献した。 ▽2014年5月にバルセロナ入りしたテア・シュテーゲンは同時期にドイツ代表デビューも飾る。すでにクラブで数多くのタイトル獲得も経験し、今シーズンもここまで公式戦42試合に出場して23回のクリーンシートを達成している。 ▽今や世界屈指のGKと呼ばれるまでに成長したテア・シュテーゲンだが、少年時代にはFWでプレーしていたようだ。そんな少年がGKに転向したのにはある出来事があったようだ。以下のように明かしている。 「鼻血がきっかけで僕はゴールキーパーになったんだ」 「10歳の頃、僕が所属していたボルシアMGのアカデミーにはいつも鼻血を出すやつがいたんだ。なぜか分からないんだけどね。彼はチームのゴールキーパーで、試合中にも鼻血を出したことがあったんだ」 「誰かをGKに交代で入れる必要があったんだけど、誰もやりたがらないから僕がやることになってしまったんだよ」 「その時僕はゴールを決めることの方が好きだったんだ。それがサッカーをしていた理由でもある。決めた時本当に幸せな気分になるんだ」 「そんな僕がいきなりゴール前に立たされた。そしたら、大好きになったという訳ではないけど、楽しかったんだ。そして、やっていくうちに快適にも感じた」 「それでも僕は守るよりも攻める方が好きだった。やはりFWが良かったんだよ。ただ、その時の監督は僕のプレーが好きじゃなった。あと『走る時にきちんと足が上がっていない』とも走り方を指摘されたんだ」 「するとメンバー選考の時に『このチームでGKとしてプレーするか』か『他のチームでプレーするか』を問われたんだ。それでも僕は即決だったよ」 「確かにゴールを決めることは好きだし、別のチームからも誘われた。ただ、それは重要なことではなく、僕にとってはボルシアMGでプレーすることが重要だったんだ。単純なことさ。そこが4歳の時からの僕のホームだったんだ」 「ボルシアMGは僕にとって特別なクラブだよ。僕のキャリアを形成し、多くの子どもたちが夢見るカンプ・ノウでのプレーを実現できたからね」 2018.04.11 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

武藤負傷欠場のマインツ、ドローで5戦勝利なし《ブンデスリーガ》

▽マインツは1日、ブンデスリーガ第28節でボルシアMGをホームに迎え、0-0で引き分けた。マインツのFW武藤嘉紀はベンチ外となっている。 ▽前節フランクフルト戦を完敗して4試合勝利から見放されている16位マインツ(勝ち点25)は、ニューカッスルへの移籍報道が出た武藤は太ももの負傷によりベンチ外となった。 ▽9位ボルシアMG(勝ち点36)に対し、マインツがボールを保持する立ち上がりとなるも、リスクを冒しきらないことでシュートに持ち込むには至らない。 ▽互いに慎重な姿勢を崩さず膠着状態が続いた試合は、結局ゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、マインツが圧力を強める中、57分にガバミンの直接FKでGKゾンマーを強襲。さらに66分、左CKからハックのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKゾンマーのビッグセーブに阻まれる。 ▽しかし、終盤にかけては膠着状態が続き、0-0のままタイムアップ。勝ち点1を分け合った。この結果、マインツは残留圏内の15位ヴォルフスブルクを同勝ち点で追い、降格圏のケルンとは6ポイント差とした。 2018.04.02 03:46 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース