【J1第15節プレビュー】中断前最後の一戦、15連戦ラストで笑うのは?! 広島vsC大阪の上位対決に、不調脱出目指すG大阪vs浦和が勃発! 2018.05.18 22:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグ第15節の9試合が19日、20日に行われる。

▽ワールドカップによる中断期間前最後の試合となったJ1。今節は首位・サンフレッチェ広島が5位・セレッソ大阪をホームに迎えて上位対決に臨むほか、2位・FC東京が不調の17位・サガン鳥栖とアウェイで対戦する。さらに、苦しい時期からの脱出を目指す16位・ガンバ大阪と13位・浦和レッズがパナソニック スタジアム 吹田で相まみえる。

▽白熱必至15連戦ラストマッチ、今節9試合の見どころをコンパクトにまとめて紹介する。

◆8年ぶりの対決…勝利の女神が微笑むのは?
横浜F・マリノス vs V・ファーレン長崎
[5月19日(土)14:00]
▽最後の対戦は2010年まで遡る。天皇杯2回戦ニッパツで行われた試合は3-1で横浜FMが勝利。3度目の対戦となる今回は、15位の横浜FM、12位の長崎というどちらも環境適応に苦しむ両者の一戦。およそ8年ぶりの邂逅…勝利の女神が微笑むのは?

◆不調に喘ぐ東西の雄が激突!
ガンバ大阪 vs 浦和レッズ
[5月19日(土)14:00]
▽不振に喘ぐ東西の雄が苦境脱出をかけて激突!G大阪はホームでリーグ4連勝中と今節も期待がかかる。対する浦和は直近のリーグ6戦でわずか2得点。閉塞感を晴らす得点が求められる。

◆前線不安の湘南、古巣戦に燃える大井健太郎の牙城を崩せるか
湘南ベルマーレ vs ジュビロ磐田
[5月19日(土)19:00]
▽3連敗中の湘南は、イ・ジョンヒョプとアレン・ステバノヴィッチが負傷で出場が微妙。一方、磐田は古巣戦となる大井健太郎中心に無失点で抑えたいところ。湘南に、堅守立て直しを目指す磐田守備陣を崩すヒーローは現れるか

◆ACLベスト8鹿島に仙台が挑む!
鹿島アントラーズ vs ベガルタ仙台
[5月20日(日)14:00]
▽J1では徐々に順位を上げ、ACLでは10年ぶりにベスト8進出を決めた鹿島。ようやく目を覚ましてきた常勝軍団に挑むはやや尻すぼみな仙台だ。リーグここ7戦で1勝と序盤の勢いが衰え始めているが、中断前最後のリーグ戦で勝利を掴めるか

◆中断前に白星求む! 絶対に落とせない2クラブが死力をかける
名古屋グランパス vs 柏レイソル
[5月20日(日)14:00]
▽過密日程15連戦中、名古屋はリーグ白星ゼロ。中断前最終試合、12試合未勝利の不名誉な記録に終止符を打てるか。対する柏も不調に苦しみ指揮官を交代。加藤望新監督の初陣、求められるのは勝利のみだ。

◆等々力陸上競技場を盛り上げてくれた歌手・西城秀樹さんに捧げる一戦
川崎フロンターレ vs 清水エスパルス
[5月20日(土)15:00]
▽川崎Fを襲った歌手・西城秀樹さんの訃報。ホームゲームを盛り上げてくれたスターに勝利を捧げ恩返しをしたい。しかし、清水にとっても負けられない一戦。西城さんの協力を知る鄭大世ら古巣戦を迎える選手たちも簡単には引き下がらない

◆どちらの速攻が鋭い?!
サガン鳥栖 vs FC東京
[5月20日(日)15:00]
▽鳥栖は前節、今季初クリーンシートを達成。クラブを支えてきた「堅守」復活の今、求められる「速攻」の切れ味。FC東京は既に鋭い「速攻」武器に2位に位置。今節伝家の宝刀を抜くのはどちら?

◆注目の上位対決! 広島が突き放すか、C大阪が追いすがるか
サンフレッチェ広島 vs セレッソ大阪
[5月20日(日)16:00]
▽首位広島と5位C大阪による注目の上位対決。広島は前節仙台に先攻されながらも、早くも得点数を二桁台に乗せたパトリックの活躍で逆転勝利。一方、柿谷曜一朗のゴールなどで長崎に勝利したC大阪もここ4戦で2勝2分と好調だ。

◆製菓企業がスポンサーにつく両者が激突!
ヴィッセル神戸 vs 北海道コンサドーレ札幌
[5月20日(土)17:00]
▽試合当日には両者のスポンサーを務める製菓企業によって「スイーツマッチ2018~史上最強に甘い闘い」が開催。前節複数得点の神戸は今節もスイーッとゴールを奪いたい。しかし、2試合連続無失点中の札幌ディフェンスは甘くない。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1ピックアッププレビュー】堅守速攻バトル!得意にしているのはどちらの指揮官か《鳥栖vsFC東京》

▽20日、明治安田生命J1リーグ第15節が開催される。ベストアメニティスタジアムでは、サガン鳥栖vsFC東京が開催される。 <span style="font-weight:700;">◆似たスタイルも成績には差が</span> ▽現在3勝3分け8敗の勝ち点12で17位と降格圏に位置する鳥栖と、8勝3分け3敗の勝ち点27で2位につけるFC東京の対戦。互いに堅守速攻を持ち味としているが、結果には大きな開きがある。 ▽ホーム鳥栖を率いるマッシモ・フィッカデンティ監督にとって、今節は古巣対戦ともなる。別の位置付けとはなるが、互いに勝利を納めて中断期間に入りたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆降格圏を脱して中断期間へ</span>~サガン鳥栖~ ▽ここ2試合は1勝1分けと結果が出ている鳥栖。7連敗となかなか泥沼から脱せなかったものの、調子を上向きにして中断期間に入りたい。 ▽堅守速攻を継続してきた鳥栖だが、前節が今季リーグ戦初の無失点試合に。さらに、得点力不足に陥っており、結果が出なかった。FWビクトル・イバルボの負傷離脱の影響が多く、欠場していた第7節から第12節までは全敗。復帰してからの2試合で負けなしと考えれば、得点力以上に存在感の大きさがわかる。 ▽また、古巣対戦となるフィッカデンティ監督にとっては勝っておきたい相手だ。鳥栖の指揮官になってから、リーグ戦4試合で2勝2分けと負けなし。ホーム・ベアスタでは2勝と相性が良い。今回もホームゲームなだけに、しっかりと勝って中断期間に入りたい。 <span style="font-weight:700;">◆広島の背中を追いかけて</span>~FC東京~ ▽ここ6戦無敗。前節は3位の北海道コンサドーレ札幌との上位対決をゴールレスドローで終え、2位を守った。 ▽直近3試合は全て無失点と守備陣も安定感を見せている。得点を奪えれば勝てる状況にあり、開幕戦の浦和レッズとの1-1のドローを除いて、勝てなかった試合は全て無得点。攻撃陣がカギを握ることになるだろう。 ▽フィッカデンティ監督率いる鳥栖との相性が良くないFC東京だが、長谷川健太監督は苦手にしていない。ガンバ大阪時代に4度フィッカデンティ監督率いる鳥栖と戦い、3勝1敗。現在は3連勝中だ。チームは変わったとはいえ、鳥栖攻略法は分かっているだろう。2位をキープして中断期間に入りたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆サガン鳥栖</span>[4-3-1-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180519_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:権田修一 DF:小林祐三、キム・ミンヒョク、チョン・スンヒョン、吉田豊 MF:高橋義希、高橋秀人、原川力 MF:小野裕二 FW:安庸佑、田川亨介 監督:マッシモ・フィッカデンティ ▽前線の選手が定まらない鳥栖だが、2トップはFW田川亨介の相棒にMF安庸佑が入ると予想する。中盤の3枚は義希、秀人のW高橋に原川が並び、FW小野裕二がトップ下に入るだろう。センターバックはロシア・ワールドカップに向けた韓国代表に選出されたDFキム・ミンヒョクとチョン・スンヒョンが組むだろう。 <span style="font-weight:700;">◆FC東京</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180519_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、森重真人、丸山祐市、太田宏介 MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 ▽FC東京も大きなメンバー変更はなし。前節の北海道コンサドーレ札幌戦で復帰した韓国代表DFチャン・ヒョンスは同試合で負傷し、今節は再び欠場となる見込み。代役はDF丸山祐市となるだろう。2トップはFWディエゴ・オリヴェイラ、FW永井謙佑となるだろう。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">鳥栖vsFC東京をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF安庸佑</span>(サガン鳥栖)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180519_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽鳥栖の注目選手は好調を維持するMF安庸佑だ。ここ3試合連続で先発出場を果たすと、第12節、第13節と連続ゴールを記録。チームの浮上とともに結果も残している。攻撃陣の停滞が続く中で、チームに勢いをもたらせる安庸佑。テクニカルなプレーでのチャンスメイクも含めて上位の守備陣に風穴を開けたい。 <span style="font-weight:700;">◆MF東慶悟</span>(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180519_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽FC東京の注目選手はMF東慶悟だ。左サイドで起用されている東だが、攻撃面だけでなく守備面での貢献度も高い。攻守にわたる献身性から、今季はすでに3ゴールを記録。充実した日々を送っているはずだ。長谷川サッカーにとって重要なポジションであるサイドアタッカーとして、チームの2位キープに貢献したい。 <span style="font-weight:700;">◆堅守速攻で相手を仕留めるのは</span> ▽降格圏を抜け出したい鳥栖、独走する広島を追うFC東京。立場が違えど、標榜するサッカーは似ている。しっかりとしたブロック、粘り強い対人守備から、一気に加速するカウンターが魅力だ。 ▽鳥栖は若き快速FW田川、FC東京はJ屈指のスピードを持つFW永井と、前線にスピードを持った選手を擁する。また、チーム全体としての運動量も多く、タフな試合となるだろう。サイドの攻防も特徴としているだけに、注目が集まる。 ▽勝利を収め良い形で中断期間に入るのはどちらのチームか。試合は20日(日)の15時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">鳥栖vsFC東京をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.19 23:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】5戦無敗で中断期間を迎えるのは? 日本代表ボランチ対決にも注目!《広島vsC大阪》

▽W杯による中断期間前最後の一戦となる明治安田生命J1リーグ第15節が20日から21日にかけて行われる。注目は、エディオンスタジアム広島で行われる首位・サンフレッチェ広島vs5位・セレッソ大阪の上位対決だ。 <span style="font-weight:700;">◆復活の広島と昨季2冠のC大阪が激突</span> ▽昨シーズン残留争いを強いられた広島は、城福浩新体制を迎え快進撃を披露している。スキのない堅守を構築し、攻撃面でも時間の経過と共にエースFWパトリックを生かした戦いに幅を広げ、ここまで12勝1分け1敗。第5節に立った首位の座をキープし続け、現在は2位・FC東京に勝ち点10差をつける目覚ましい成績を残している。 ▽一方、昨シーズンに2冠(YBCルヴァンカップ、天皇杯)を達成したC大阪も、序盤こそ勝利を手にするのに苦労したが、以降は負傷者も続出した中、しぶとく勝ち点を積み重ね一試合未消化で、6勝5分け2敗で5位。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は敗退したものの、同大会と並行した過密日程でも粘り強い戦いを見せている。 ▽現在広島は4連勝中。対してC大阪も4試合無敗を継続しており、どちらも黒星で中断期間を迎えたくないはずだ。広島が独走状態をキープし続けるか。それともC大阪が首位の勢いを寸断するか。後半戦に向けて両者にとって重要な一戦となる。 <span style="font-weight:700;">◆ルヴァン敗退払拭へ</span>~サンフレッチェ広島~ ▽前節のベガルタ仙台戦では先制点を許したが、崩れることなく3発逆転勝利。しかし、4日後に行われたルヴァン杯の浦和レッズ戦では今シーズン初の完封負けでグループステージ敗退が決定した。悔しさを味わった城福浩監督は、「あと二つの大会(リーグ戦と天皇杯)、どちらも獲りにいきたい」と決意。まずはリーグ戦で昨季2冠を達成したC大阪を撃破して、ルヴァン杯敗退の悔しさを払拭したい。 <span style="font-weight:700;">◆負傷者復帰&ベストコンディション</span>~セレッソ大阪~ ▽徐々に堅実な戦い方を取り戻してきたC大阪。前節のV・ファーレン長崎戦でも、主力を欠く中で3-1で勝利を飾った。今節に関しては、鹿島アントラーズがACLを戦った関係で前節がなくなり、2週間の準備期間が与えられたことでコンディションは万全。さらにここに来て、右内転筋を痛めていたFW杉本健勇、右ふくらはぎを痛めていたMF清武弘嗣、そして3月末に負傷したMFソウザも練習に合流。万全の態勢が整いつつあるだけに、ここまでわずか1敗の首位・広島を撃破して中断期間を迎えたい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">広島vsC大阪をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆サンフレッチェ広島</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180519_200_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林卓人 DF:和田拓也、野上結貴、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、青山敏弘、稲垣祥、柏好文 FW:パトリック、渡大生 監督:城福浩 ▽アクシデントがない限り、前節と同様の先発メンバーを起用するだろう。ボランチには18日に発表された日本代表メンバーに選出されたMF青山敏弘が入る。前線ではリーグ戦2桁ゴールに到達したパトリックがFW渡大生と2トップを組む。 <span style="font-weight:700;">◆セレッソ大阪</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180519_200_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、山下達也、丸橋祐介 MF:水沼宏太、山口蛍、オスマル、清武弘嗣 FW:杉本健勇、柿谷曜一朗 監督:尹晶煥 ▽上述通り、杉本と清武が先発復帰。ソウザに関してはベンチスタートで、オスマルが先発することになりそうだ。相方は日本代表に選出されたMF山口蛍が務める。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF青山敏弘</span>(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180519_200_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽5連勝へのカギを握るのは、2015年3月以来の代表復帰を果たした青山だ。結果としてはサプライズとなったが、今シーズンの快進撃を続ける広島を支えている姿を見れば納得である。経験に裏打ちされたボール奪取とゲームコントロールでC大阪を押し込んでいけるか。「選ばれたのは広島が好調だからこそ」と語っていた主将は、この勢いのまま代表に合流したいはず。どのようにして勝利へ導くか注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆MF山口蛍</span>(セレッソ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180519_200_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽C大阪のキーププレーヤーは、青山同様に日本代表に選出された山口だ。主将に再就任した今シーズンはここまでリーグ戦全試合フル出場。鋭い読みや配球力でソウザ不在の中盤で奮闘している。「清武選手と杉本選手の分まで頑張り、最後の23名に選ばれる」と意気込む山口が、負傷から戻ってきた主力選手をどこまでサポートできるか。青山とのボランチ対決にも目が離せない。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">広島vsC大阪をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.19 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】レヴィーとオズ、ターニングポイントの中断前最終戦《G大阪vs浦和》

▽開幕まで1カ月を切ったロシア・ワールドカップ(W杯)開催に伴い、4月1日から15連戦の過密日程が続く明治安田J1リーグ。19日と20日開催の第15節は、中断期間前最後の戦いとなる。その中で、19日に行われるガンバ大阪と浦和レッズによる一戦は、熾烈さを極めること間違いなしだ。 <span style="font-weight:700;">◆不振続く東西の2大クラブ</span> ▽かつてナショナル・ダービーと銘打たれるほど、日本を代表する2大クラブの戦いとして注目を博したG大阪と浦和の戦い。しかし、前者は16位、後者は13位。両者にとって、共に不振からの脱却を目指して、そして、中断明けの後半戦に良い形で繋げたい一戦となる。 <span style="font-weight:700;">◆ホームの利を生かせ</span>〜ガンバ大阪〜 ▽G大阪は前節、今シーズンまだ1度も勝ちのない“鬼門”のアウェイで横浜F・マリノスと引き分け。敵地で初の勝ち点を手にしたといえども、追いつかれた内容面や、戦い方において依然として改善の余地がある。 ▽今節は、勝ち点2差で上を行く浦和が相手。勝てばライバルを上回ることができる一戦だが、引き分け以下だった場合、17位サガン鳥栖の結果次第で再び自動降格圏転落もある。4連勝中であるホームの利を生かせるか。 <span style="font-weight:700;">◆負の歴史を断て</span>〜浦和レッズ〜 ▽対する浦和は前節、ホームで行われた鳥栖戦をゴールレスドロー。圧倒的に押し込む展開に持ち込んだものの、14節終了時点でリーグワースト2位タイの12得点という攻撃陣の火力不足が足を引っ張り、勝てる試合を落とした。 ▽そして、迎えるは長らく激戦を繰り広げてきたG大阪との一戦。過去リーグ戦績で1分け1敗とまだ勝利の味を知らないG大阪のホームに乗り込む浦和だが、相手の現状を考えると、負の歴史を断ち切る絶好機会だ。是が非でも勝ちたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ガンバ大阪</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180519_999_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:米倉恒貴、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:遠藤保仁、マテウス MF:米倉恒貴、藤本淳吾、倉田秋 FW:ファン・ウィジョ 監督:レヴィー・クルピ<hr>▽ミッドウィークのYBCルヴァンカップでMF遠藤保仁やDF藤春廣輝といった一部主力を温存。だが、FWファン・ウィジョやMF倉田秋らは名古屋戦出場組は連戦となり、コンディション面が気がかりだ。また、ケガ明け後も調子が上がらないMF今野泰幸は手術を受けることが明らかに。今節の出場は不透明だ。 <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>[4-1-4-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180519_999_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:橋岡大樹、マウリシオ、槙野智章、宇賀神友弥 MF:遠藤航、マルティノス、長澤和輝、柏木陽介、武藤雄樹 FW:興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ<hr>▽就任以降、調整の時間がないことを理由に3バックの採用し続けてきたオズワルド・オリヴェイラ監督だが、先のYBCルヴァンカップで4バックを試運転。今節も4バックで挑んでくるかもしれない。一方、そのYBCルヴァンカップでDF遠藤航やGK西川周作ら数名の主力が出場しており、連戦となる。状態が気になるところだ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆DF三浦弦太</span>(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180519_999_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、蒼黒のディフェンスリーダーであるDF三浦弦太。今シーズンから主将を任された23歳のセンターバックは、チームと同様、個人のパフォーマンスも並みに乗り切れない内容が続く。 ▽30日のガーナ代表戦に向けた日本代表メンバーから落選した今、すべきことはチームで結果を残すこと。売りの身体能力を生かした対人プレーだけでなく、ビルドアップで改めて存在感を示したい。 <span style="font-weight:700;">◆DF槙野智章</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180519_999_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽一方、浦和のキープレーヤーは、DF槙野智章だ。11日に31歳の誕生日を迎えた浦和が誇る絶対的ストッパーは、チームの成績が振るわない中でも一対一の部分で強みを発揮するなど、ひとり気を吐く。 ▽さらに、ガーナ代表戦に向けた日本代表メンバーにも選出。23名にしか与えられないロシアW杯行きの片道切符をほぼ手中に収めた。自身初の大舞台に向け、景気付けのプレーを披露したい。 <span style="font-weight:700;">◆勝ちパターン</span> ▽勝敗のポイントは、どちらが先に互いの勝ちパターンに持ち込めるかどうか。 ▽ホーム4連勝中のG大阪が勝つ場合は、いずれの試合でも先制。さらに、チーム全体でハードワークを完遂させることで、すべて完封勝利という内容が続いており、これが勝ちパターンになっている。 ▽対する浦和は、守備の安定が勝利を手繰り寄せるバロメーターに。オズワルド・オリヴェイラ監督就任以降、8試合で5失点。乏しい得点力を守備力でカバーすることで、勝機を見いだしている。 ▽苦境脱却が目先の目標となるG大阪と浦和による戦い。レヴィー・クルピ監督とオズワルド・オリヴェイラ監督のブラジル人名将対決にも注目が集まる一戦は19日、14時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">G大阪vs浦和をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.19 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】イベリアの点取り屋対決! 中断期間前に結果を残すのは《横浜FMvs長崎》

▽19日、明治安田生命J1リーグ第15節が開催される。日産スタジアムでは横浜F・マリノスvsV・ファーレン長崎が行われる。 <span style="font-weight:700;">◆8年ぶりの対決…リーグ戦では初顔合わせ</span> ▽ホームの横浜FMはここまで勝ち点14の15位、対する長崎は勝ち点17の12位。互いに波に乗ることができていないものの、やっているサッカーは悪くない。結果を残せるかどうかが重要ではあるが、監督が推し進めるサッカーをしっかりと体現もしている。 ▽両者の対戦は、8年前の天皇杯。天皇杯2回戦にニッパツ球技場で行われた試合は3-1で横浜FMが勝利していた。8年ぶりの対決は、果たしてどちらに軍配が上がるのだろうか。 <span style="font-weight:700;">◆課題はゴール前のフィニッシュ</span>~横浜F・マリノス~ ▽ここ2試合は下位対決である名古屋グランパス、ガンバ大阪と続けて1-1のドロー。勝ち切れない試合が続いている。 ▽今シーズンから取り組む新たなスタイルは、形になりながらも思うような結果がついてきていない。さらに、中盤でフィルター役を担っていたMF喜田拓也が16日に行われたYBCルヴァンカップのアルビレックス新潟戦で右足首を負傷。今節は起用が難しい状況だ。 ▽ここ3試合はチャンスを作りながらも全て1ゴールに終わっており、フィニッシュの精度が問われている。チーム得点王のFWウーゴ・ヴィエイラに頼り切りの状態が続いており、他の選手のゴールにも期待が懸かる。中断前のラストゲーム。勝って、良い状態で中断期間に入りたい。 <span style="font-weight:700;">◆快勝の流れを継続できるか</span>~V・ファーレン長崎~ ▽前節は同じ昇格組の名古屋グランパスを相手にホームで3-0と快勝。長崎らしいサッカーを見せ、連敗をストップさせた。 ▽J1初挑戦の長崎は、ここまで3連敗が2回。しかし、最初の3連敗後は、J1初勝利を含む4連勝と勢いに乗った。その後、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズ、セレッソ大阪と3連敗。しかし、前節では勝利を止めただけに、今節も勝利して再び連勝街道に入りたい。 ▽J1での5勝は全て1失点以下。4試合はクリーンシートと、守備陣が奮闘すれば勝利が見えてくる。しっかりと集中した守備を見せられるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆横浜F・マリノス</span>[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180518_29_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:大津祐樹、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、ウーゴ・ヴィエイラ、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー ▽横浜FMは、[4-3-3]のシステムと予想。負傷の喜田の代わりにMF扇原貴宏がアンカーに入り、インサイドハーフにMF天野純、MF大津祐樹が入ると予想する。右サイドはここ2試合連続で先発しているFW仲川輝人、左にはMF遠藤渓太が入ると予想。1トップはチーム得点王のFWウーゴ・ヴィエイラと予想する。 <span style="font-weight:700;">◆V・ファーレン長崎</span>[3-4-1-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180518_29_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:徳重健太 DF:徳永悠平、高杉亮太、田上大地 MF:飯尾竜太朗、中原彰吾、黒木聖仁、翁長聖 MF:澤田崇 FW:ファンマ、中村慶太 監督:高木琢也 ▽対する長崎は、いつもの[3-4-1-2]と予想する。前節からの変更はなく、トップ下にMF澤田崇、2トップにFWファンマとFW中村慶太を配置すると予想。中盤以降は同じメンバーが顔を揃えるだろう。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWウーゴ・ヴィエイラ</span>(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180518_29_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽横浜FMの注目選手は、ここまで7得点を記録しているFWウーゴ・ヴィエイラだ。最近は先発を外れる試合もあったが、やはりチームの得点源のため外すわけにはいかない。第9節の湘南ベルマーレ戦でハットトリックを記録して以来ゴールはないものの、ボックス内での動きは秀逸。高い得点力を発揮し、チームを勝利に導けるかに期待だ。 <span style="font-weight:700;">◆FWファンマ</span>(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180518_29_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽対する長崎の注目選手はFWファンマだ。今シーズンはゴールを奪うことに苦労しており、ここまで12試合に出場してわずかに1得点。本来の得点力を発揮できていない。しかし、前節も2トップでコンビを組むFW中村慶太のゴールをアシストするなど、得点以外の面でも貢献している。久々のゴールでチームの連勝に貢献なるか。 <span style="font-weight:700;">◆輝くイベリアの助っ人は</span> ▽横浜と長崎と言えば、中華街が思い浮かぶだろう。そして、港町という共通点もあり、世界に門戸を開いた土地でもある。 ▽横浜FMにはポルトガル人のウーゴ・ヴィエイラ、長崎にはスペイン人のファンマが所属。両エースは同じイベリア半島出身ということもあり、どちらがチームを勝利に導く活躍を見せるのかも注目だ。 ▽互いに日本代表に選手は輩出しておらず、中断期間はより高いパフォーマンスを発揮するために、チーム戦術の落とし込みに力を入れられる状況だ。混戦とはいえ、下位に位置する両者。ポゼッションの横浜FMとプレス&カウンターの長崎のどちらに軍配が上がるのか。試合は19日(土)の14時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">横浜FMvs長崎をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.18 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】首位を追いかける上位対決、FC東京は“ストップ・ザ・都倉”なるか《FC東京vs札幌》

▽13日、明治安田生命J1リーグ第14節が開催される。味の素スタジアムではFC東京vs北海道コンサドーレ札幌が行われる。 <span style="font-weight:700;">◆下馬評を覆す上位対決</span> ▽ホームのFC東京は勝ち点26の2位、一方アウェイの札幌は勝ち点25の3位。勝ち点差1で迎える上位対決は、シーズン開幕前には予想されていなかった展開だ。 ▽長谷川健太監督を迎えたFC東京は、開幕3試合を1分け2敗と勝利なし。スタートで躓き、厳しいシーズンが予想されたが、その後は4連勝、第8節のセレッソ大阪戦では敗れるも、その後の5試合も4勝1分けと好調を維持している。 ▽対する札幌はミハイロ・ペトロヴィッチ監督を招へい。同じく開幕3試合を1分け2敗と低調なスタートになったが、第4節からは10戦無敗。7勝3分けと勝ち点を積み上げた。“シックスポインター”となる両者、無敗を続けるのは。 <span style="font-weight:700;">◆昨季のイメージを払拭できるか</span>〜FC東京~ ▽5戦無敗と好調を維持しているFC東京だが、今節の相手である札幌には、昨シーズンのリーグ戦2試合で連敗を喫している。 ▽その要因は、不安定な守備。しかし、その点は新指揮官の長谷川監督の下、ピッチ内での規律を高め、今シーズは安定した守備を見せている。さらに、リーグ戦4試合続けて欠場していた韓国代表DFチャン・ヒョンスが戦列復帰。チームとしては大きな後押しとなるはずだ。 ▽前節の川崎フロンターレとの“多摩川クラシコ”では2-0と快勝。圧倒することはできなかったが、しっかりと結果を残した。ミッドウィークのYBCルヴァンカップは控え選手を起用し、アルビレックス新潟に土壇場で逆転負け。久々の敗戦となったが、今節には影響ないだろう。昨シーズン勝てなかった札幌に勝利し、広島の背中を追いかけたい。 <span style="font-weight:700;">◆無敗継続への大事な一戦</span>~北海道コンサドーレ札幌~ ▽札幌は前述の通りここまで10戦無敗を継続。クラブ史上最高の状態でシーズン中盤を迎えている。 ▽昨シーズンFC東京にはリーグ戦で2勝。その大きな要因は、エースのFW都倉賢だ。2試合で1得点2アシストの活躍を見せた都倉は、今シーズンのJ1リーグでも既に5得点を記録。シーズン序盤はFWジェイにポジションを譲っていたが、出場機会が増えるとゴールも増えた。 ▽一方で、シャドーとして攻撃を牽引していたMF三好康児が出場停止で欠場。11戦無敗に向け、チームの攻撃面がどう機能するかがカギを握る。ペトロヴィッチ監督はサンフレッチェ広島、浦和レッズ時代に味の素スタジアムで9試合を指揮。6勝3分けと無敗なだけに、今節も勝利したいところだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆FC東京</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180512_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:大森晃太郎、橋本拳人、髙萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 ▽ケガで離脱していたチャン・ヒョンスが復帰。4月の月間MVPを受賞したFWディエゴ・オリヴェイラ、直近5試合で3ゴールのFW永井謙佑が2トップを組むと予想。左サイドバックにはDF太田宏介が入ると見る。 <span style="font-weight:700;">◆北海道コンサドーレ札幌</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180512_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ク・ソンユン DF:進藤亮佑、キム・ミンテ、福森晃斗 MF:駒井善成、深井一希、宮澤裕樹、菅大輝 FW:宮吉拓実、都倉賢、チャナティップ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 出場停止:三好康児 ▽札幌は[3-4-2-1]のシステムと予想。出場停止のMF三好康児の代わりにはFW宮吉拓実が入ると予想する。その他、前節ゴールのMF深井一希とMF宮澤裕樹がボランチでコンビを。右ウイングバックには、キーマンでもあるMF駒井善成が引き続き起用されるだろう。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆DFチャン・ヒョンス</span>(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180512_20_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽FC東京の注目選手は5試合ぶりに復帰濃厚の韓国代表DFチャン・ヒョンスだ。不在時にもチームのディフェンスラインはしっかりと仕事を果たしていたが、チャン・ヒョンスの復帰は大きなプラス材料となるだろう。昨シーズンやられていた都倉を抑え込めるか。チャン・ヒョンスと都倉のマッチアップにも注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆FW都倉賢</span>(北海道コンサドーレ札幌)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180512_20_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽昨シーズンのFC東京戦で1得点2アシストのエースFW都倉賢に注目だ。今シーズンも自身の特徴を活かしたゴールを連発。派手なゴールが多い印象だが、試合を通しての前線での奮闘が実を結んでいる印象だ。都倉の最近の活躍で代表待望論も一部で挙がっているが、チームが維持する調子とともに、自身のゴールで無敗を継続させたい。 <span style="font-weight:700;">◆独走する広島の背中を追えるのは</span> ▽首位を独走中の広島を勝ち点差8で追うFC東京、勝ち点差9で追う札幌の一戦。しっかりと勝利を収め、広島の背中を追い続けたい思いは、両チーム共に同じはずだ。互いに好調を維持していることもあり、白熱の一戦となるだろう。 ▽昨シーズンのイメージが有るだけに、精神的には札幌の方が有利とも思えるが、FC東京は指揮官が交代。戦い方も変わっているため、簡単には昨シーズンと同じ展開にはならないだろう。それでも、ミシャサッカーで攻撃的に進化している札幌を抑えるのも簡単ではない。互いに良さを出すことが、勝利への近道だろう。 ▽広島への挑戦権が懸かっているとも言える一戦。試合は13日(日)の16時にキックオフを迎える。 2018.05.12 16:00 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース