強い決意を語る川崎FのMF大島僚太「川崎フロンターレの代表として」《キリンチャレンジカップ》2018.05.18 18:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は18日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けた日本代表メンバー27名を発表した。

▽川崎フロンターレのMF大島僚太は、クラブを通じてコメント。強い決意を語るとともに、「川崎フロンターレの代表」とクラブを代表することへの想いを語った。

「選出していただき、非常に嬉しく思うのと同時に日本代表としての責任を感じています。チームとしてはリーグ戦がまだ一つ残っていますので、今はリーグ戦に集中していくことを考え、終了後に代表のことを考えていきたいです」

「代表チームでは自分の特徴や自分の出来ることをしっかり出して行くこと、チームメイトに伝えていきたいと思っています。本大会までは限られた時間しかないので、チームが一つになること、チームの方向性を確かめることに全力で取り組んでいきたいと思います。川崎フロンターレの代表として頑張っていきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

FW武藤嘉紀、リーグ戦ラスト3試合で感じた好調「ボールを奪われる気がしなかった」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は24日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)が取材に応対。今シーズンのブンデスリーガでのラスト3試合が自信になっていることを明かしている。 <span style="font-weight:700;">◆FW武藤嘉紀</span>(マインツ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──ランメニューでは飛ばしていたようにも見えたが</span> 「心拍数がなかなか上がりませんでした。ここまで心拍数を上げようという数値があったんですけど、もともと上がりにくいのもあって少し速く走りました。人より頑張ろうという感じではありません(笑) いつもこういう時は人より速く走らないといけないんです」 <span style="font-weight:700;">──今後に向けては</span> 「自分はこのコンディションを維持して、しっかりとチームとしてやりたいことを体現しつつ勝利に結び付けられればと思います」 <span style="font-weight:700;">──力を抜いてプレーできていると言う話があったがそれはいつ頃からか</span> 「ケガから復帰してですね。それが代表でもできたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──リーグ戦終盤では残留を決めるゴールを奪えたのは、意気込んでいるからだと思っていたが</span> 「意気込んではいます。ただ、そこでなぜか体が強張りすぎず、冷静に頭だけはゴールすることに研ぎ澄まされているというか。それが大事な試合でゴールを奪えている要因かなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ゾーンに入っている感覚か</span> 「最後の3試合はボールを奪われる気がしませんでしたし、ゴールも奪える気がしました。そういうゾーンに入っているのかはわからないですけど、今までのサッカー人生にないぐらい冴えていました。それが良かったかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──本大会では守備の負担も大きくなり、チャンスも少なくなることも予想できるが</span> 「まずはチームのために走らないと、バラバラになり簡単にやられてしまいます。チームのために自分の力を出し切って、ワンチャンスをものにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカ大会・カメルーン代表戦でのFW本田圭佑のようなイメージか</span> 「場所も違いますけど、そうだと思います。ああやって決めきる力も必要になってくると思います」 2018.05.24 22:50 Thu
twitterfacebook
thumb

MF山口蛍、神戸加入のイニエスタについて「対戦できるのは良いけど…」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は24日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、セレッソ大阪のMF山口蛍が取材に応対。ガーナ代表戦に向けては「持っているものを出し切る」と意気込んだ。また、同日にヴィッセル神戸加入が発表されたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)についても言及した。 <span style="font-weight:700;">◆MF山口蛍</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">──MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)の離脱で前回大会のコロンビア代表戦時のような共演はなくなったが</span> 「ギリギリまで離脱したことを知らなかったので残念です」 <span style="font-weight:700;">──前回大会から踏まえてやらなくてはいけないことは</span> 「もっと自信を持ってやっていきたいです。前回はすぐ終わってしまいましたし、今回は予選も戦ったので、もっと責任感を持っていかなくてはいけないなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──MF清武弘嗣(セレッソ大阪)やFW杉本健勇(セレッソ大阪)が外れて託された部分もあると思うが</span> 「まず最終メンバーに生き残らないと何にもならないと思います。できるだけのことはやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──ガーナ代表戦はどのような位置づけか</span> 「いつも言っているように、自分のやれることは限られていると思います。自分にできることをしっかりと出したいです。ガーナ戦に向けてもそれができれば良いと思います。しっかり出して最後まで残れなかったら悔いはないです。まずは持っているものを出し切るということに尽きると思います」 <span style="font-weight:700;">──スペイン代表MFイニエスタがヴィッセル神戸に加入したが</span> 「今まで来た選手の中では別格ですね。個人的な思いを言うと、日本には来てほしかったですけど、まだ観ててもやれると思うので、まだ向こうでやっててほしかったなと。その感想の方が強いです」 「対戦とかできるのはJリーグ含めて盛り上がるので良いと思いますけど、全然できていたのになぜ来たのかなと思いますけどね(笑)」 2018.05.24 22:49 Thu
twitterfacebook
thumb

MF三竿健斗、本大会出場への生き残りをかけた代表合宿に「戦う準備はできている」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は24日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、鹿島アントラーズのMF三竿健斗が取材に応対。クラブでの連戦が終わり、次なる日本代表としての試合に向けて「戦う準備はできているつもり」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF三竿健斗</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">──初日を終えて</span> 「そんなに動いていないのでなんとも言えないですけど、観覧に来ている方を見て注目度が高いなと感じました」 <span style="font-weight:700;">──代表合宿に向けての気持ちやコンディション面はどうか</span> 「連戦が終わってオフがあったのでリフレッシュができました。戦う準備はできているつもりです」 <span style="font-weight:700;">──本大会出場への生き残りをかけた合宿になるが</span> 「結果がどうであれ、自分の能力を最大限に出すことが一番大事だと思います。日本が勝てるように力になりたいです」 <span style="font-weight:700;">──どんなプレーでアピールしていきたいか</span> 「ボールを奪いに行く部分や中盤でセカンドボールを拾うところが自分の武器なので、そういうところで勝負したいです」 <span style="font-weight:700;">──西野朗監督の印象は</span> 「あまり話したことはないので、まだハッキリとはわからないですけど、物静かな方なのかなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──育成年代時には良い成績を残してきたと思うが、それを振り返って今回へのイメージはあるか</span> 「その時は育成年代なので比較することはできないと思います。プレッシャーも全然違います。言うのは難しいですけど、その時は平常心でプレーできていました。自分のパフォーマンスも最高に近い形で出せていたので、今回も一つ一つの練習に対して平常心でやれればと思います」 <span style="font-weight:700;">──オフは何をされたか</span> 「旅行に行きました」 2018.05.24 22:48 Thu
twitterfacebook
thumb

MF大島僚太、偉大な先輩MF中村憲剛に感謝…神戸加入のイニエスタについても言及《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は24日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、川崎フロンターレのMF大島僚太が取材に応対。ロシア・ワールドカップ出場のチャンスを得ることができていることに対して、川崎Fの“バンディエラ”MF中村憲剛の存在に感謝した。また、24日にヴィッセル神戸への加入が決まったスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)についても言及している。 <span style="font-weight:700;">◆MF大島僚太</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)とは会ったか</span> 「挨拶だけしました」 <span style="font-weight:700;">──青山の離脱について</span> 「残念だなと思います。ただ、そこに関して僕自身は僕自身で集中してやっていくだけだと思います」 <span style="font-weight:700;">──MFイニエスタがヴィッセル神戸に加入したが</span> 「アウェイ神戸戦が終わってしまったので(笑) 早くホームで対戦したいという気持ちもあります。Jリーグでどんなプレーをするのか楽しみです」 <span style="font-weight:700;">──川崎Fも誰かとってほしいか</span> 「別に…神戸ぐらいじゃないですか? 獲れるのは(笑)」 <span style="font-weight:700;">──監督やチームメイトからは声をかけられたか</span> 「頑張ってということを言われましたし、オニ(鬼木達監督)さんからも少し話はありました。気持ちのことを言われましたね」 <span style="font-weight:700;">──MF中村憲剛(川崎フロンターレ)からは何か</span> 「いやもう頑張ってこいと。みんなそういう感じです」 <span style="font-weight:700;">──ここまで来れたのにはMF中村憲剛という存在が近くにいたことも大きいと思うが</span> 「ボールを扱うことや試合に勝つ術は教わった部分は多いです。感謝をしています。超えたい存在だと思って毎日背中を見て追いかけて来ました。感謝の気持ちは大きいです」 <span style="font-weight:700;">──今日は自身の横断幕が掲げられていたが</span> 「気づきました。応援してもらえることに感謝しています。それに応えられるように頑張らなくてはいけないなと思っています」 2018.05.24 22:47 Thu
twitterfacebook
thumb

MF柴崎岳、監督交代も中央でのプレーをイメージ「チームが快適にプレーできるシーンを作りたい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は24日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)が取材に応対。急な監督交代があったものの、自身は中央でプレーすることを予想。ゲームを作る部分での貢献を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆MF柴崎岳</span>(ヘタフェ/スペイン) <span style="font-weight:700;">──1日早く合流したのは</span> 「何もないです」 <span style="font-weight:700;">──ロシア・ワールドカップに向けたところでの今のイメージは</span> 「簡単に言えば一体感やチームとしての団結して一つの方向に進んでいくということです。メンバーが決まるまでは競争もありますけど、大会までに1人1人の役割を自覚してピッチ内外共にチームが少し良くなるようにやっていく必要があると思います」 <span style="font-weight:700;">──チームを少しでも良くするためという部分で自身のプレー面でのイメージは</span> 「まだどういったフォーメーションでやっていくかということも決まってないですけど、中盤の真ん中でやるんじゃないかなと僕自身は思っています。そうなれば今までと変わらないので、ゲームを展開する幅やスピードをコントロールする部分、チームが少しでも快適にプレーできるシーンを作っていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──3月のウクライナ戦で手応えを掴んでいた中、監督は変わったが</span> 「その時の自信は失っていません。3月から積み上げてきたものもあります。監督が誰であれ、やるサッカーがどうであれ、自分がやれることをやるというのは変わりません。試合の中でのちょっとした違いを作り出せるように努力していきたいです」 2018.05.24 22:46 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース