リバプール、19歳の超逸材ダブル獲りへ? クロップ監督がライオラと接触2018.05.18 17:52 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールが今夏の移籍市場で19歳の超逸材のダブル獲りを画策しているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が、ユルゲン・クロップ監督と世界屈指の代理人ミーノ・ライオラ氏との接触を伝えている。

▽今月26日に今季の最終戦にして最重要ゲームのチャンピオンズリーグ(CL)決勝、レアル・マドリー戦を控えるクロップ監督だが、来シーズンに向けてすでに動き始めているようだ。

▽『TuttoMercatoWeb』が伝えるところによれば、クロップ監督は今週に世界屈指の代理人ライオラ氏と接触。今回の会合では同氏が代理人を務めるミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(19)と、アヤックスのオランダ代表FWユースティン・クライファート(19)の獲得に向けた事前交渉を行ったようだ。

▽ただ、現時点でリバプールが具体的なオファーを掲示するという段階ではないようだ。

▽現在、ミランとの関係悪化が噂されるドンナルンマに関しては今夏の退団の可能性が高く、ローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカーやレアル・マドリーのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスなどにも触手を動かすリバプールとしてはほしい人材の1人だ。

▽一方、ドンナルンマ同様にクラブとの関係悪化で今夏の退団が同様なクライファートに関しては、超強力3トップのバックアッパーとして獲得したい意向のようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

「我々は魔法使いではないが…」クロップ、ユナイテッドの監督交代に言及

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、24日に控えた&ldquo;ノースウェスト・ダービー&rdquo;前の記者会見に出席した。<br><br>現在1試合未消化ながら、首位マンチェスター・シティと同勝ち点(65)につけるリバプール。直近の公式戦4試合で3分と一時の勢いに陰りは見えるものの、勝利を挙げた第26節のボーンマス戦では3-0と勝利。悲願のプレミアリーグ制覇へ向け、負けられないマンチェスター・ユナイテッド戦に挑む。<br><br>そんなダービーを前に、クロップ監督は試合の意味について聞かれると「多くの意味がある」とし、マンチェスター・Uを警戒している。<br><br>「週末唯一のゲーム、マンチェスター・U戦だ。非常に大きな試合であり、それと同時に難しいものだ。彼らは良い時期にあり、フィジカルも強く攻守において良い状態だ。自信に満ちあふれているね」<br><br>「我々はそこで結果を出すためにすべての準備をする。それがプランだ。2つの強いチームが対戦する時、最後の笛がなるまで結果はわからない」<br><br>昨年12月の第17節での対戦では、リバプールが3-1と勝利。これがきっかけとなり、当時マンチェスター・Uを指揮していたジョゼ・モウリーニョ前監督は解任され、あらたにオーレ・グンナー・スールシャールが指揮官に就任することになっていた。その後、チームは公式戦13試合で11勝と絶好調を維持している。<br><br>クロップ監督は、前回対戦とはまったく異なるものになると予想。また、モウリーニョ氏に配慮するコメントを残した。<br><br>「彼らのプレーは明らかに変わった。だが、私が今言えることは、あなた方は私がモウリーニョについて失礼なことを言ったというストーリーを作るってことだね! そうする理由はない。彼は優れたマネージャーだが、困難な状況にあり、終わりに向かっていくように見えた」<br><br>そして、スールシャール監督を絶賛している。<br><br>「オーレが来てからすべてが変わった。(ポール)ポグバは2~3年前に契約を交わしたような状態になり、(アンデル)エレーラは傑出している。すべての攻撃的選手が自信を持っている。以前も良かったが、今やポテンシャルのすべてを発揮している」<br><br>「フットボールでは、時に変化が必要になる。多くの場合それは監督になり、時にそれは役に立つ。今回の場合は、明らかにうまくいったね」<br><br>「いつも我々は魔法使いではないと言っているが、ユナイテッドのポテンシャルは素晴らしく、それは明らかだった。彼は就任し、正しい言葉を見つけ、トレーニングで正しいことをした。我々にとって最高のニュースではないが、ユナイテッドファンにとっては素晴らしいことだろうね」<br><br>提供:goal.com 2019.02.23 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール破ればOGS正式就任! ギャリー・ネヴィルが見解

マンチェスター・ユナイテッドOBで元イングランド代表DFのギャリー・ネヴィル氏がオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督(45)の正式監督就任に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 スールシャール暫定監督は昨年末に就任後、公式戦13試合を消化。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのパリ・サンジェルマン(PSG)戦こそ敗れたが、11勝1分け1敗の好成績を収め、プレミアリーグ4位に浮上した。 歯に衣着せぬ物言いで何かを話題を集めるギャリー・ネヴィル氏は、24日にオールド・トラフォードで行われるプレミアリーグ第27節のリバプール戦がスールシャール暫定監督の正式就任を占うものになると話した。 「2,3カ月前は彼自身、正式就任にあわい期待を抱くにとどまっていただろうが、日曜日にリバプールを下せば、その権利を手に入れられるだろう。私はそう思うよ」 「1試合で決められるべきじゃない。ただ、チェルシーやトッテナム、アーセナルに続き、リバプールをも破れば、彼を続投させないわけにいかなくなるだろう」 「これまでの結果は信じ難いものだ。この先も次から次にやってくる相手をなぎ倒していけば、彼の就任を控えることはより困難になってくるはずさ」 2019.02.23 10:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドOBヴィダ、リバプール戦を展望 「予想は2-1でユナイテッド。ただ…」

元セルビア代表DFのネマニャ・ヴィディッチ氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドのリバプール撃破を予想した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ユナイテッドは現在、プレミアリーグ4位。24日に行われる第27節で暫定2位のリバプールを本拠地オールド・トラフォードに迎え撃つ。 かつてインテンシティ溢れるセンターバックとしてユナイテッドの一時代を築いたヴィディッチ氏は、その大一番を次のように展望した。 「私の予想は2-1でユナイテッドだ。ただ、彼らがリバプールの攻撃力やエナジーに対応しなくちゃいけない。それができれば、彼らは勝つことができるだろう」 「モハメド・サラーや、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミノの背後を突く動き出しはDF陣にとって挑戦だ。それに、中盤もアグレッシブさを保ち、リバプールにボールを握らせ過ぎないようにしなくちゃね」 「この試合はビッグマッチさ。勝ったチームはおおきくブーストをかけることができる。ただ、それができなかったとしても、我々は世界の終わりを迎えるわけじゃない」 「ここ数カ月間、オーレとチームがやり遂げたことに対する私の考えは変わらない。オーレは素晴らしい仕事をしている。就任当初から結果を出し続けるなかで、選手も信頼をより強くした。今のマン・ユナイテッドはそう簡単に倒せないように思えるよ」 2019.02.23 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、リバプール関心のブルーノ・フェルナンデスに興味か

チェルシーが、スポルティングに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)に関心を寄せているようだ。ポルトガル『O Jogo』の情報を引用してイタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 母国のボアヴィスタ出身のブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入した。高精度のテクニックに加え、モビリティにも優れる攻撃的MFは、加入初年度から公式戦65試合に出場し、16ゴール20アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦39試合で22ゴール11アシストをマークしている。 ブルーノ・フェルナンデスはクラブと昨年7月に新契約を締結し、契約解除金が1億ユーロ(約125億円)に設定されている。しかし、スポルティングは現在、2億8100万ユーロ(約353億円)と多額の借金を抱えており、なるべく高額での売り抜きを目指しているが、主力を売却しなければならない苦しい状況であるとポルトガル『Correio de Manha』は伝えていた。 この状況に、リバプールやミランが関心を寄せていることが報じられていた。今回新たに、中盤の強化がタスクに課されているチェルシーがポルトガル代表MF獲得に関心を示しているという報道が噴出。約1年半前に800万ユーロ(現在のレートで約10億円)の移籍金でイタリアを離れたアタッカーは爆発的にその価値を高め、三つ巴の争いを巻き起こそうとしている。 2019.02.22 19:27 Fri
twitterfacebook
thumb

審判団にクレームをつけたクロップ監督に650万円の罰金

イングランドサッカー協会(FA)は21日、リバプールのユルゲン・クロップ監督に罰金4万5000ポンド(約650万円)の罰金を科したことを発表した。 クロップ監督は4日に行われたプレミアリーグ第25節ウェストハム戦(1-1)後、ケビン・フレンド主審を含む審判団を批判していた。 この試合では22分にFWサディオ・マネが先制点を記録した場面でMFジェームズ・ミルナーに明らかなオフサイドがあったものの、ゴールが認められていた。 しかし、クロップ監督は「五分五分の状態では常に相手のFKになった」、「審判がハーフタイムにオフサイドに気付いてから、奇妙なシチュエーションを見ることになった」などと語り、むしろリバプールに不利な判定があったことを主張していた。 2019.02.22 01:50 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース