パク・チソン氏、ロシアW杯ではアジア勢の奮闘に期待「世界をあっと言わせるような活躍を」《関西ペイント株式会社創立100周年イベント》2018.05.18 18:32 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽マンチェスター・ユナイテッドのグローバルパートナーを務める関西ペイント株式会社は18日、創立100周年を記念して「関西ペイント株式会社創立100周年イベント」を都内で開催した。

▽同イベントには現役時代に京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)やPSV、ユナイテッドで活躍し、アジア人初のチャンピオンズリーグ優勝者となったユナイテッドのアンバサダーを務める元韓国代表パク・チソン氏が登場。トークセッションでは、関西ペイント株式会社の代表取締役社長CEOの石野博氏と共に登壇し、進行役の方からの質問に応対した。

パク・チソン氏「皆様こんにちは。本日は関西ペイントの皆様にこの場にご招待して頂いたことを大変感謝をしております。私共マンチェスター・ユナイテッドと関西ペイント様は、長年に渡って良好な関係を築いて参りました。私も長く日本でいろいろと活動してきましたが、このような形で皆様とお会いできたことを大変嬉しく思っております」

──関西ペイントとマンチェスター・ユナイテッドが深い関係があることはご存知でしたか
パク・チソン氏「もちろんです。どちらも長年、100年近い歴史を持っている組織です。お互い強力なブランドのパワーを持ち、イノベーション、創造力を発揮する中で、様々な取り組みを行っている、こういうところに共通点があります。これまでも長年の関係がありましたが、今後もこのような関係が続いていくことに期待したいと思っています」

──関西ペイントとパク・チソン氏にも共通点がありますが
パク・チソン「おそらくアジア出身であるということですね。そして、そこからグローバルな舞台に出て、認知度を上げることができた。そういう点において、お互いに共通点があると思います」

「世界の舞台で競争するということは簡単なことではありません。私の場合もそうですが、ヨーロッパの舞台でプレーをするという時は、常に100パーセントのパフォーマンスを出さなくては、多くのライバルがいるので蹴落とされてしまいます。100パーセントのパフォーマンスを発揮していくためには、何よりもメンタリティが必要。ブランドの力もそうです。また、選手としてのクオリティも必要とされます」

「ヨーロッパで戦った時には、常にベストのプレイヤーになることを目指して戦ってきました。関西ペイント様にも同じことが言えると思います。グローバルな舞台に出て、ビジネスを展開していく、そして昨日に100周年を迎えられたということは、それだけの強いメンタリティを持って努力をされてきたという結果だと思います。そういう点において互いに似ているのではないかと思います」

──日本だけでなく世界でも事業を展開する思いや背景について
石野氏「先ほどからパク・チソンさんの世界に挑戦する、競争力を持つという話をされてきましたが、我々としてもまさにその通りだと思います。我々は日本企業として良いものを持っていて競争力があります。ただ、残念なことに日本の市場は、世界の中でまだまだ小さく、塗料業界も日本は伸びると思われていません。そういう意味で言うと、世界では物凄く伸びる市場があるのに、そこに出ていかない手はないと思います」

「挑戦ということが非常に重要です。我々は良いものを持っていて、日本でじっとしているということは勿体ないです。挑戦することで社員が元気になる。それにより、ますます競争力が磨かれると思います。世界に出ていくということは簡単なことではありません」

「ただ、アップダウンがあってもそれを続けることによって我々の力が伸び、培ってきたクオリティやブランドをもっともっと伸ばしていくことができます。マンチェスター・ユナイテッドさんもパク・チソンさんも我々の先達です。我々は後発ですが、チャレンジャーとしてやっていくということでは共感を覚えますし、勉強になります」

──マンチェスター・ユナイテッドとのコラポレーションムービー「GOING BEYOND:Special Animation with Manchester United |Kansai Paint」の感想は
パク・チソン氏「まずかっこ良いなと思いました。非常によくできているムービーだったと思います。特に関西ペイント様が人々に対して証明してきたこと、イノベーションのパワーや創造力というのがハッキリとこのムービーの中に描かれていたのではないかと思います。その点では、マンチェスター・ユナイテッドも同様に感じております。お互いの組織に共通点があるという思って観た頂ければ分かってもらえると思います。私自身も観ていて非常に楽しいムービーでしたし、これを観ていただく方に良いムービーだなと思っていただければ何よりです」

──サッカー界ではまもなくロシア・ワールドカップが開催されますが、パク・チソン氏から見て日本代表はどのように映っているか
パク・チソン氏「日本代表の戦いぶりについては、アジア最終予選のいくつかの試合を観させて頂きました。中には素晴らしい選手が何名もいらっしゃいますし、ヨーロッパでプレーしている選手もいるので、ヨーロッパのスタイルを理解している選手もたくさんいると思います」

「ただ、4年前のワールドカップでは、アジアの代表チームの成績は良くありませんでした。どのチームも決勝トーナメントに進めることができませんでした。今回もとても厳しいという予想がされています。なかなか大変なことではありますが、重要なことはW杯に向けていかに準備をするか、そしてメンタリティを鍛えて試合に臨むかということだと思います」

「そして、グループリーグでしっかりと戦い、決勝トーナメントに進むんだという気持ちを持つことが何よりも重要だと思っています。ただ、W杯ではこれまでも何度かありましたが、予想もできない番狂わせが起こったりします。ですので、日本や韓国、そしてアジアのチームが全力を尽くしてグループリーグを戦い抜き、決勝トーナメントに駒を進め、世界をあっと言わせるような活躍をしてもらえたらと思います」

──最後にメッセージ
パク・チソン氏「改めまして創立100周年おめでとうございます。私共は、関西ペイント様と非常にグレートなファミリーだと考えています。今後も両者の関係が続いていくことを何より期待しています。本日はありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

今夏補強一号か…ユナイテッド、W杯前にフレッジ獲得へ

▽マンチェスター・ユナイテッドがシャルタールに所属するブラジル代表MFフレッジ(25)の獲得レースを逆転で制する情勢のようだ。 ▽イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、フレッジは現役時代にアーセナルで活躍したジウベルト・シウバ代理人とブラジルで話し合い、ロシア・ワールドカップ前のユナイテッド行き決着を希望。同代理人はすぐさまイングランドに向かった模様だ。 ▽また、シャフタールは、フレッジの売却額として、契約に存在する解除条項金6000万ユーロ(約76億8000万円)の満額を要求。しかし、『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、ユナイテッドにとって、同額は取引の障壁にならないという。 ▽フレッジは2013年からシャフタールでプレー。ボールの持ち運びや捌きに長ける上、シュートセンスにも優れる万能型MFとして主力を張り、今シーズンは公式戦37試合4得点7アシストの成績を収め、公式戦通算でも155試合15得点15アシストを記録している。 ▽なお、一時フレッジの獲得が有力視されたマンチェスター・シティだが、争奪戦から撤退しており、ナポリに所属するイタリア代表MFジェルジーニョ(26)にターゲットを変更したとみられている。 2018.05.24 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ウィリアン、ユナイテッド移籍に乗り気?

▽チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアン(29)がマンチェスター・ユナイテッド移籍に乗り気だという。 ▽アントニオ・コンテ監督の姿だけをトロフィーマークで隠したFAカップ優勝時の集合写真を自身のインスタグラムにアップするなど、指揮官との軋轢がフォーカスされるウィリアン。そうした状況を受け、恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が以前からラブコールを送るマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が高まっている。 ▽『ESPN』が報じたところによれば、ユナイテッドは今月初旬、ウィリアンの代理人とファーストコンタクト。度々チェルシーに対する忠誠心を口にしてきたウィリアンだが、ユナイテッド行きに前向きな姿勢を示している模様だ。 ▽しかし、かつてセルビア代表MFネマニャ・マティッチをユナイテッドに手放したチェルシーは、これ以上ライバルに選手を売却したくない様子。『ESPN』は、ウィリアン自身の今後における動向が移籍の鍵を握ることになりそうだと綴っている。 2018.05.24 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ヤヤ・トゥーレ「ポグバ大好き。一緒にプレーしたい」

▽マンチェスター・シティに所属する元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(35)が宿敵への鞍替えに前向きなコメントを残した。イギリス『メトロ』が報じている。 ▽今シーズンいっぱいで2010年夏から所属するシティを去るヤヤ・トゥーレ。シティ退団後もプレミアリーグ残留を希望しているとみられ、新天地に注目が集まっている。 ▽渦中のヤヤ・トゥーレはイギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』のインタビューの中で去就について言及。シティの宿敵マンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性に含みを持たせた。 「そうだな。彼(キャリック)が去ったところだから様子を見てみよう。ビッグクラブは排除しない。僕にとって、ビッグクラブは重要。彼らが達成したいこと。彼らが向かいたい先は、僕にとって重要なことなんだ。勝てるところに行きたいね」 「シティと対戦するときがきたら、難しいものになるだろう。でも、気にしてはいられない。選手である以上、それが僕の仕事だからだ。長い間、フットボールをしてきた。オフィスで仕事をしたり、他の仕事は苦手だ。フットボールなら得意だよ」 「自分が他のクラブにいるイメージが沸いてこないね。長い間、シティで大きな役割を任されてきたから。でも、CLやELといった高いレベルで引き続きプレーすることは間違いないよ。あと2年以上はプレーしたい。高いレベルで維持して、その後は何かをしたいね」 「僕は、ポール・ポグバが大好きだ。ケビン(・デ・ブライネ)も、ダビド(・シルバ)もね。シルバはお気に入りの選手。彼は小さいけど、強い。ポグバはメディア標的にされて難しい時期を過ごしている。みんなのキャラクターは同じじゃない」 「僕は常にボールに触れて、あらゆるところに顔を出すプレーが好きなんだ。そのための準備に努めてきたし、長い間、そのためにハードワークしてきた。ポグバは同じサイズ、パワーの持ち主だけど、彼とやりたいプレーは違う。テクニックもあって、得点力もある」 「一緒にプレーしたい選手さ。正直なところ、僕から彼にいくつかアドバイスしてあげたいね。(ユナイテッド行きをプッシュしているのかって?) いや、いや、いや、いや。ファンに殺されちゃうよ!」 2018.05.24 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ルーニー、MLSへ…アメリカに到着

▽エバートンに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(32)のアメリカ行きが迫っている。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』が独占情報として伝えたところによれば、ルーニーはワシントンに到着。メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッド入りに向け、会談とメディカルチェックに臨むという。 ▽ルーニーは、代理人のポール・ストレットフォード氏を引き連れ、DCユナイテッドの幹部らと会談。まだ移籍金を含めて取引成立に至ってないものの、早ければ2日以内にもまとまる可能性が高い模様だ。 ▽ルーニーは2017年夏、数々の栄誉を勝ち取ってきたマンチェスター・ユナイテッドに別れを告げ、古巣エバートンに復帰。プレミアリーグでチームトップの10ゴールを挙げるなど、公式戦40試合11得点3アシストを記録した。 2018.05.24 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 5月24日は、代名詞は“キング”に“カンフーキック”!問題を起こし続けた赤い悪魔のレジェンド

◆エリック・ダニエル・ピエール・カントナ 【Profile】 国籍:フランス 誕生日:1966/5/24 ポジション:FW クラブ:マンチェスター・ユナイテッド、オセールなど 身長:188㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』5月24日は、“キング”カントナだ。 ▽ユナイテッドの印象が強いカントナだが、現役時代の多くは母国フランスでプレーしていた。プロデビューは1983年・ユースに在籍していたオセールでそのキャリアを歩み始めた。1984年からは徴兵制度により、一旦フットボールからは離れ、1986年に再びオセールとプロ契約を結んだ。 ▽この頃から“問題児”としての側面が顔を出すようになる。相手のみならず味方ともしばしば衝突を起こしていたカントナは、ある試合で交代が命じられるとボールをスタンドに蹴り込み、ユニフォームを投げ捨てるという暴挙。これにより当時所属していたマルセイユは1カ月の出場停止処分を科した。 ▽その後も大小数々の問題行為に及んできたカントナは、1991年、2度目のマルセイユ在籍時に審判にボールを投げつけるなどの問題を起こし出場停止に。カントナは耐えられなくなり同年12月に現役引退を発表した。 ▽しかし、カントナのサッカー人生はここからさらに光り輝くことになる。周りからの説得もあり、翌年イングランドのリーズに加入したカントナは、そのシーズンのリーグ優勝を経験。翌シーズン、「プレミアリーグ」に改名された最初のシーズンで、トッテナム戦で3得点を決め、プレミアリーグで最初のハットトリックを達成した。 ▽その後、1992年11月にユナイテッドに移籍。ここでの活躍は誰もが知る通りで、加入した1992-93シーズンからリーグ2連覇に貢献すると、95-96、96-97シーズンにも連覇を達成。ユナイテッドの一時代を築いたが、94-95シーズンに大事件を起こしてしまう。 ▽クリスタル・パレス戦、カントナは相手DFリチャード・ショウにユニフォームを引っ張られたことに報復のキックを見舞ってしまう。当然退場処分を受け、ピッチから去っていた途中、クリスタル・パレスファンの1人であったマシュー・シモンズから「ナチスの残党」と罵られ、カンフーキックが炸裂。カントナには8カ月の出場停止処分と、3万ポンドの罰金が科せられることになった。 ▽このような事件がありながらも、カントナは在籍した5シーズンで通算80ゴールを記録。記録にも記憶にも残るレジェンドとして今もユナイテッドファンの心に刻まれている。 ※誕生日が同じ主な著名人 ボブ・ディラン(シンガーソングライター) 佐々木則夫(サッカー指導者) 哀川翔(俳優) アデル・ターラブト(サッカー選手/ジェノア) ダニ・ガルシア(サッカー選手/エイバル) 瀬戸大也(競泳選手) 2018.05.24 07:00 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース