パク・チソン氏、ロシアW杯ではアジア勢の奮闘に期待「世界をあっと言わせるような活躍を」《関西ペイント株式会社創立100周年イベント》2018.05.18 18:32 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽マンチェスター・ユナイテッドのグローバルパートナーを務める関西ペイント株式会社は18日、創立100周年を記念して「関西ペイント株式会社創立100周年イベント」を都内で開催した。▽同イベントには現役時代に京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)やPSV、ユナイテッドで活躍し、アジア人初のチャンピオンズリーグ優勝者となったユナイテッドのアンバサダーを務める元韓国代表パク・チソン氏が登場。トークセッションでは、関西ペイント株式会社の代表取締役社長CEOの石野博氏と共に登壇し、進行役の方からの質問に応対した。

パク・チソン氏「皆様こんにちは。本日は関西ペイントの皆様にこの場にご招待して頂いたことを大変感謝をしております。私共マンチェスター・ユナイテッドと関西ペイント様は、長年に渡って良好な関係を築いて参りました。私も長く日本でいろいろと活動してきましたが、このような形で皆様とお会いできたことを大変嬉しく思っております」

──関西ペイントとマンチェスター・ユナイテッドが深い関係があることはご存知でしたか
パク・チソン氏「もちろんです。どちらも長年、100年近い歴史を持っている組織です。お互い強力なブランドのパワーを持ち、イノベーション、創造力を発揮する中で、様々な取り組みを行っている、こういうところに共通点があります。これまでも長年の関係がありましたが、今後もこのような関係が続いていくことに期待したいと思っています」

──関西ペイントとパク・チソン氏にも共通点がありますが
パク・チソン「おそらくアジア出身であるということですね。そして、そこからグローバルな舞台に出て、認知度を上げることができた。そういう点において、お互いに共通点があると思います」

「世界の舞台で競争するということは簡単なことではありません。私の場合もそうですが、ヨーロッパの舞台でプレーをするという時は、常に100パーセントのパフォーマンスを出さなくては、多くのライバルがいるので蹴落とされてしまいます。100パーセントのパフォーマンスを発揮していくためには、何よりもメンタリティが必要。ブランドの力もそうです。また、選手としてのクオリティも必要とされます」

「ヨーロッパで戦った時には、常にベストのプレイヤーになることを目指して戦ってきました。関西ペイント様にも同じことが言えると思います。グローバルな舞台に出て、ビジネスを展開していく、そして昨日に100周年を迎えられたということは、それだけの強いメンタリティを持って努力をされてきたという結果だと思います。そういう点において互いに似ているのではないかと思います」

──日本だけでなく世界でも事業を展開する思いや背景について
石野氏「先ほどからパク・チソンさんの世界に挑戦する、競争力を持つという話をされてきましたが、我々としてもまさにその通りだと思います。我々は日本企業として良いものを持っていて競争力があります。ただ、残念なことに日本の市場は、世界の中でまだまだ小さく、塗料業界も日本は伸びると思われていません。そういう意味で言うと、世界では物凄く伸びる市場があるのに、そこに出ていかない手はないと思います」

「挑戦ということが非常に重要です。我々は良いものを持っていて、日本でじっとしているということは勿体ないです。挑戦することで社員が元気になる。それにより、ますます競争力が磨かれると思います。世界に出ていくということは簡単なことではありません」

「ただ、アップダウンがあってもそれを続けることによって我々の力が伸び、培ってきたクオリティやブランドをもっともっと伸ばしていくことができます。マンチェスター・ユナイテッドさんもパク・チソンさんも我々の先達です。我々は後発ですが、チャレンジャーとしてやっていくということでは共感を覚えますし、勉強になります」

──マンチェスター・ユナイテッドとのコラポレーションムービー「GOING BEYOND:Special Animation with Manchester United |Kansai Paint」の感想は
パク・チソン氏「まずかっこ良いなと思いました。非常によくできているムービーだったと思います。特に関西ペイント様が人々に対して証明してきたこと、イノベーションのパワーや創造力というのがハッキリとこのムービーの中に描かれていたのではないかと思います。その点では、マンチェスター・ユナイテッドも同様に感じております。お互いの組織に共通点があるという思って観た頂ければ分かってもらえると思います。私自身も観ていて非常に楽しいムービーでしたし、これを観ていただく方に良いムービーだなと思っていただければ何よりです」

──サッカー界ではまもなくロシア・ワールドカップが開催されますが、パク・チソン氏から見て日本代表はどのように映っているか
パク・チソン氏「日本代表の戦いぶりについては、アジア最終予選のいくつかの試合を観させて頂きました。中には素晴らしい選手が何名もいらっしゃいますし、ヨーロッパでプレーしている選手もいるので、ヨーロッパのスタイルを理解している選手もたくさんいると思います」

「ただ、4年前のワールドカップでは、アジアの代表チームの成績は良くありませんでした。どのチームも決勝トーナメントに進めることができませんでした。今回もとても厳しいという予想がされています。なかなか大変なことではありますが、重要なことはW杯に向けていかに準備をするか、そしてメンタリティを鍛えて試合に臨むかということだと思います」

「そして、グループリーグでしっかりと戦い、決勝トーナメントに進むんだという気持ちを持つことが何よりも重要だと思っています。ただ、W杯ではこれまでも何度かありましたが、予想もできない番狂わせが起こったりします。ですので、日本や韓国、そしてアジアのチームが全力を尽くしてグループリーグを戦い抜き、決勝トーナメントに駒を進め、世界をあっと言わせるような活躍をしてもらえたらと思います」

──最後にメッセージ
パク・チソン氏「改めまして創立100周年おめでとうございます。私共は、関西ペイント様と非常にグレートなファミリーだと考えています。今後も両者の関係が続いていくことを何より期待しています。本日はありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

神デ・ヘアの延長交渉、もはやユナイテッド次第か

イギリス『デイリー・メール』は、スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)の去就において、もはやマンチェスター・ユナイテッド次第だと報じた。 今シーズン終了後に現行契約が失効するデ・ヘアを巡り、長らく延長交渉が取り沙汰され続けるユナイテッド。現在も会談が続いているが、依然として動きがない。そうした状況を受け、ユナイテッドは昨年11月の時点で1年の延長オプションを行使。ひとまず今冬の移籍市場で他クラブの接触を妨げる策を講じたとみられる。 そして、肝心のデ・ヘアとの延長交渉においても、ユナイテッドが選手側の希望条件を応じるだけの様相。デ・ヘア自身は残るキャリアをユナイテッドに捧げる姿勢を示しており、現在の週給20万ポンド(約2700万円)からボーナス込みの30万ポンド(約4100万円)にアップした新契約の提示を待っている状況だという。 そのデ・ヘアは今シーズンも絶対的守護神としてハイパフォーマンスを披露。13日に行われたプレミアリーグ第22節のトッテナム戦(1-0でユナイテッドが勝利)でも完全無比のショットストッパーとしてゴールマウスに鍵をかけ、上位追走となるオーレ・グンナー・スールシャール体制負けなしのリーグ5連勝に貢献した。 2019.01.15 19:05 Tue
twitterfacebook
thumb

新生ユナイテッドで波に乗れないフェライニが退団を考慮か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニ(31)がクラブを退団する可能性があるようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 ユナイテッドからは昨年末にジョゼ・モウリーニョ氏が去り、オーレ・グンナー・スールシャール監督が今シーズン終了までの契約で暫定指揮官に就任。すると、直近のプレミアリーグ第22節では3位のトッテナムに1-0で勝利し、公式戦6連勝と好調を保っている。 しかしながら、この状況を良く思っていないようなのがフェライニだ。ベルギー代表MFはモウリーニョ体制では主力を担っていたが、監督が交代すると出場時間は31分に激減。同選手は、自身を重用してくれたモウリーニョ氏の解任にショックを受けているという。 現在では、フェライニが退団する可能性も報じられており、中でもミランが獲得を熱望しているとのこと。また、ポルトからの関心も伝えられており、他には広州恒大もブラジル代表MFパウリーニョとのコンビを組ませたがっているようだ。なお、ミランやポルトが今冬の獲得に動くか否かは定かになっていない。 2019.01.15 16:32 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、新指揮官にシメオネをリストアップか

マンチェスター・ユナイテッドが、新指揮官としてアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ(48)監督をリストアップしているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ユナイテッドからは昨年末にジョゼ・モウリーニョ氏が去り、オーレ・グンナー・スールシャール監督が今シーズン終了までの契約で暫定指揮官に就任。すると、その後の公式戦6試合で全勝を飾っている。 とはいえ、依然として新指揮官を探しており、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督らの多くの名将が獲得候補に挙げられている。ユナイテッドはポチェッティーノ監督に関心を抱いているが、トッテナムのダニエル・レヴィ会長は同監督を引き抜かれることを拒絶しており、もし引き抜く際にも5000万ポンド(約70億円)以上が要求されるようだ。 そのため、ユナイテッドはシメオネ監督をリストアップしているようだ。シメオネ監督とアトレティコの現行契約は残り1年半となっており、新契約締結に向けて交渉中だが続得に傾くかは不透明。また、ユナイテッドは既にシメオネ側と接触した模様だ。 2019.01.15 15:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ここ5試合で4得点4アシスト! ポグバも“自由化”にご満悦

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバがオーレ・グンナー・スールシャール暫定体制下のフットボールに充実感を口にした。 ジョゼ・モウリーニョ前監督の下で本来の輝きを放てず、多くの批判を浴びたポグバ。だが、スールシャール暫定体制が発足して以降、プレミアリーグ4試合で2度の複数得点をマークするなど4得点3アシストの好成績を収め、生き生きしたプレーが続いている。 そして、ポグバは13日に行われたプレミアリーグ第22節のトッテナム戦(1-0で勝利)でも決勝点を絶妙なロングフィードで演出。チームとして、テストの意味合いの強かった同試合で勝利に導き、スールシャール体制無敗継続のリーグ5連勝に貢献した。 イギリス『FourFourTwo』によれば、直近のリーグ5試合で4得点4アシストと完全復活したポグバは試合後、次のようにコメントしたという。 「大きな勝利だよ。今はフットボールを楽しめている。以前のシステムや戦術は本当に難しかった。僕自身、もっと攻撃的にプレーしたい。それに、よりハイプレスをかけてね」 「守備をしなくちゃいけないときもあるけど、それは僕の強みじゃない。攻撃こそ強みさ。監督も僕にそれを求めている。ボックス内に入っていき、得点を狙っていけってね」 「最高の手本はフランク・ランパードさ。監督やチームメイトから信頼を得ることができれば、僕はもっとフリーで動けて、簡単にプレーできるようになる」 「(ネマニャ・)マティッチや(アンデル・)エレーラの存在が僕の助けになっている。後ろにセキュリティ役がいるから、僕は自由に動きまわることができるんだ」 勝ち点を「41」に伸ばしたユナイテッドは5位アーセナルと同勝ち点の6位。19日に行われる次節、ブライトンをホームに迎え撃つ。 2019.01.14 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ビッグセーブ連発デ・ヘア、監督交代後公式戦6連勝に「これが本当のユナイテッドだ」

マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが、トッテナム戦を振り返り、チームの現状について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ユナイテッドは13日、プレミアリーグ第22節でトッテナムと対戦した。オーレ・グンナー・スールシャール監督新体制移行後、公式戦5連勝中のユナイテッドは44分にラッシュフォードのゴールで先制。後半はトッテナムの反撃に苦しめられる展開となったが、GKデ・ヘアの好守が光り、猛攻に耐えて1-0で勝利した。クラブ新記録となる公式戦6連勝を飾った。 試合後、デ・ヘアは後半苦しめられたことを認めるも、トッテナムからの勝利に満足感。また、現在チームの状況が良いことを明かし、「これが本当のユナイテッド」と表現した。 「トッテナムのようなトップクラスのチームに勝つことができた。前半は試合をコントロールできたが、後半は相手に攻め込まれてしまった。最初の2つのセーブには満足している。素晴らしい試合だったね」 「監督は幸せをもたらしてくれているし、選手もうまくプレーしている。今のチームはとても強いよ」 「僕らはどうやってゲームをコントロールすれば良いか理解している。ボールのキープする方法やチャンスの作り方もね。これが本当のユナイテッドだよ」 2019.01.14 09:50 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース