パク・チソン氏、ロシアW杯ではアジア勢の奮闘に期待「世界をあっと言わせるような活躍を」《関西ペイント株式会社創立100周年イベント》2018.05.18 18:32 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽マンチェスター・ユナイテッドのグローバルパートナーを務める関西ペイント株式会社は18日、創立100周年を記念して「関西ペイント株式会社創立100周年イベント」を都内で開催した。▽同イベントには現役時代に京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)やPSV、ユナイテッドで活躍し、アジア人初のチャンピオンズリーグ優勝者となったユナイテッドのアンバサダーを務める元韓国代表パク・チソン氏が登場。トークセッションでは、関西ペイント株式会社の代表取締役社長CEOの石野博氏と共に登壇し、進行役の方からの質問に応対した。

パク・チソン氏「皆様こんにちは。本日は関西ペイントの皆様にこの場にご招待して頂いたことを大変感謝をしております。私共マンチェスター・ユナイテッドと関西ペイント様は、長年に渡って良好な関係を築いて参りました。私も長く日本でいろいろと活動してきましたが、このような形で皆様とお会いできたことを大変嬉しく思っております」

──関西ペイントとマンチェスター・ユナイテッドが深い関係があることはご存知でしたか
パク・チソン氏「もちろんです。どちらも長年、100年近い歴史を持っている組織です。お互い強力なブランドのパワーを持ち、イノベーション、創造力を発揮する中で、様々な取り組みを行っている、こういうところに共通点があります。これまでも長年の関係がありましたが、今後もこのような関係が続いていくことに期待したいと思っています」

──関西ペイントとパク・チソン氏にも共通点がありますが
パク・チソン「おそらくアジア出身であるということですね。そして、そこからグローバルな舞台に出て、認知度を上げることができた。そういう点において、お互いに共通点があると思います」

「世界の舞台で競争するということは簡単なことではありません。私の場合もそうですが、ヨーロッパの舞台でプレーをするという時は、常に100パーセントのパフォーマンスを出さなくては、多くのライバルがいるので蹴落とされてしまいます。100パーセントのパフォーマンスを発揮していくためには、何よりもメンタリティが必要。ブランドの力もそうです。また、選手としてのクオリティも必要とされます」

「ヨーロッパで戦った時には、常にベストのプレイヤーになることを目指して戦ってきました。関西ペイント様にも同じことが言えると思います。グローバルな舞台に出て、ビジネスを展開していく、そして昨日に100周年を迎えられたということは、それだけの強いメンタリティを持って努力をされてきたという結果だと思います。そういう点において互いに似ているのではないかと思います」

──日本だけでなく世界でも事業を展開する思いや背景について
石野氏「先ほどからパク・チソンさんの世界に挑戦する、競争力を持つという話をされてきましたが、我々としてもまさにその通りだと思います。我々は日本企業として良いものを持っていて競争力があります。ただ、残念なことに日本の市場は、世界の中でまだまだ小さく、塗料業界も日本は伸びると思われていません。そういう意味で言うと、世界では物凄く伸びる市場があるのに、そこに出ていかない手はないと思います」

「挑戦ということが非常に重要です。我々は良いものを持っていて、日本でじっとしているということは勿体ないです。挑戦することで社員が元気になる。それにより、ますます競争力が磨かれると思います。世界に出ていくということは簡単なことではありません」

「ただ、アップダウンがあってもそれを続けることによって我々の力が伸び、培ってきたクオリティやブランドをもっともっと伸ばしていくことができます。マンチェスター・ユナイテッドさんもパク・チソンさんも我々の先達です。我々は後発ですが、チャレンジャーとしてやっていくということでは共感を覚えますし、勉強になります」

──マンチェスター・ユナイテッドとのコラポレーションムービー「GOING BEYOND:Special Animation with Manchester United |Kansai Paint」の感想は
パク・チソン氏「まずかっこ良いなと思いました。非常によくできているムービーだったと思います。特に関西ペイント様が人々に対して証明してきたこと、イノベーションのパワーや創造力というのがハッキリとこのムービーの中に描かれていたのではないかと思います。その点では、マンチェスター・ユナイテッドも同様に感じております。お互いの組織に共通点があるという思って観た頂ければ分かってもらえると思います。私自身も観ていて非常に楽しいムービーでしたし、これを観ていただく方に良いムービーだなと思っていただければ何よりです」

──サッカー界ではまもなくロシア・ワールドカップが開催されますが、パク・チソン氏から見て日本代表はどのように映っているか
パク・チソン氏「日本代表の戦いぶりについては、アジア最終予選のいくつかの試合を観させて頂きました。中には素晴らしい選手が何名もいらっしゃいますし、ヨーロッパでプレーしている選手もいるので、ヨーロッパのスタイルを理解している選手もたくさんいると思います」

「ただ、4年前のワールドカップでは、アジアの代表チームの成績は良くありませんでした。どのチームも決勝トーナメントに進めることができませんでした。今回もとても厳しいという予想がされています。なかなか大変なことではありますが、重要なことはW杯に向けていかに準備をするか、そしてメンタリティを鍛えて試合に臨むかということだと思います」

「そして、グループリーグでしっかりと戦い、決勝トーナメントに進むんだという気持ちを持つことが何よりも重要だと思っています。ただ、W杯ではこれまでも何度かありましたが、予想もできない番狂わせが起こったりします。ですので、日本や韓国、そしてアジアのチームが全力を尽くしてグループリーグを戦い抜き、決勝トーナメントに駒を進め、世界をあっと言わせるような活躍をしてもらえたらと思います」

──最後にメッセージ
パク・チソン氏「改めまして創立100周年おめでとうございます。私共は、関西ペイント様と非常にグレートなファミリーだと考えています。今後も両者の関係が続いていくことを何より期待しています。本日はありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョ、今冬にセリエAから2人のDF獲得を希望!

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が今冬の移籍市場でセリエAから2人のセンターバックの獲得を希望しているようだ。イギリス『サンデー・タイムズ』が伝えている。 ▽今夏センターバックの獲得に失敗したユナイテッドは今季ここまでのプレミアリーグ9試合で16失点を喫している。これはフルアム(25失点)、カーディフ(19失点)、ハダースフィールド(18失点)、バーンリー(17失点)に次ぐリーグワースト5の数字だ。 ▽この状況を受けてモウリーニョ監督はクラブの上層部に対して、今冬のセンターバック補強に多額の資金を投下することを説得しているようだ。 ▽そして、同監督が獲得を希望しているのが、以前から補強候補に挙がっているナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)と、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(21)だという。 ▽これまで多くのビッグクラブが関心を示すクリバリは以前からプレミアリーグでのプレーを希望しているが、先日に2023年までの新契約にサインしており、DF史上最高額での移籍金が必要と思われる。 ▽一方、ミレンコビッチに関してはフィオレンティーナ側が4000万ポンド(約58億8000万円)という強気な価格設定をしており、その資質を含めてややリスキーな選択肢と言えるだろう。 2018.10.21 21:26 Sun
twitterfacebook
thumb

「リバプールを見習うべき」レジェンドがマンチェスター・U攻撃陣に厳しい要求

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドで元イングランド代表DFギャリー・ネヴィル氏が、同クラブの攻撃陣に対して厳しい要求を出している。<br><br>マンチェスター・Uは20日、プレミアリーグ第9節でチェルシーと対戦。21分にアントニオ・リュディガーにゴールを奪われて先制されたマンチェスター・Uだが、迎えた後半に反撃。55分、73分にアントニー・マルシャルが立て続けにゴールを奪って逆転する。しかし、そのまま逃げ切ると思われた試合終了間際のアディショナルタイム6分、ロス・バークリーにネットを揺らされて勝ち点3を逃した。<br><br>試合後、ギャリー・ネヴィル氏は自身が解説を務める『スカイ・スポーツ』で、「前線の3選手はより多くのことが必要だ。それだけのタレント性がある」とコメント。チェルシー戦で先発したロメル・ルカクとマーカス・ラッシュフォード、マルシャルに加えてアレクシス・サンチェスら攻撃陣に「リバプールの攻撃陣を見習うべき」との見解を示した。<br><br>「ルカク、サンチェス、マルシャル、ラッシュフォードはより多くのことをするべきだ。ルカクにはもっと走ってほしい。ウインガーたちは、サディオ・マネやモハメド・サラーがリバプールでしているようにしてほしい。何もどんどん中に入っていくべきだとは言っていないが、ゴールを狙えるポジショニングを取らなければならないんだ」<br><br>「ウイングポジションでもシーズン20ゴールを狙うことはできる。ルカクに関しては20ゴールも可能だ。攻撃陣で65ゴールをターゲットにしなければならない。サンチェスを含む彼らで65ゴールは無理な要求だろうか? 私はそうは思わない」<br><br>なお、今シーズンはここまでルカクが4ゴール、ラッシュフォードが1ゴール、マルシャルが3ゴール、サンチェスが1ゴールとなっており、4選手の合計で9ゴール。リバプールはサラー、マネ、ロベルト・フィルミーノの3選手でそれを上回る10ゴールを記録している。<br><br>提供:goal.com 2018.10.21 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「モウとの仲、実際どうなの?」 マルシャル、単刀直入な質問に…

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャル(22)がジョゼ・モウリーニョ監督との関係性に沈黙を破った。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 ▽モウリーニョ監督の起用法に不満を募らせ、ユナイテッドの延長オファーをことごとく断り、契約満了となる今シーズン終了後の退団希望説が取り巻くマルシャル。だが、ここ3試合のプレミアリーグにおいて、先発出場のチャンスを手にしており、その間に3得点と存在感を際立たせている。 ▽そのマルシャルは、2ゴールの活躍を披露した20日に敵地で行われた第9節のチェルシー戦(2-2のドロー)後、モウリーニョ監督との軋轢報道について問われると、次のようにコメントした。 「初めから僕らの間に軋轢なんてないよ!」 「僕らはコーチ陣と良い関係にある。この先もその関係であり続けたいし、その中でマンチェスター・ユナイテッドにできる限り尽くしたい」 「確かに、僕らは順調に物事が進んでいない。でも、練習から懸命に取り組み、こういった類の試合で僕らが良いチームであることを示せた」 「次のユベントス戦もしかり、この先の試合で良い戦いをしていきたい」 2018.10.21 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが金字塔…史上初の欧州3大リーグ400発!

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)が金字塔だ。データを扱う『Opta(@OptaPaolo)』が報じた。 ▽C・ロナウドは20日に行われたセリエA第9節のウディネーゼ戦(1-1のドロー)に先発。18分に2試合連発となるシーズン5得点目をマークした。 ▽C・ロナウドにとって、このゴールは代表を除いてキャリア通算400点目。欧州5大リーグのみで到達した選手としては史上初だという。 ▽なお、内訳は以下のとおり。 ◆C・ロナウドの各国リーグ得点内訳 ・マンチェスター・ユナイテッド:プレミアリーグ/84得点 ・レアル・マドリー:リーガエスパニョーラ/311得点 ・ユベントス:セリエA/5得点 2018.10.21 09:55 Sun
twitterfacebook
thumb

モウをキレさせたチェルシーコーチ、試合後に直接謝罪

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が20日に行われたプレミアリーグ第9節のチェルシー戦(2-2のドロー)でブチ切れた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽モウリーニョ監督にとって古巣チェルシーの本拠地凱旋試合でもあった一戦は、ユナイテッドが1点ビハインドの後半にフランス代表FWアントニー・マルシャルが2得点を決めて逆転。ところが、後半アディショナルタイム6分にイングランド代表MFロス・バークリーの劇的弾が生まれ、勝ち点1を分け合う形で試合の幕を閉じた。 ▽その劇的な得点直後、喜びの感情を爆発させたチェルシーアシスタントコーチのマルコ・イアニ氏が敵陣営のエリアまで飛び出して、モウリーニョ監督の目の前でガッツボーズ。そして、自陣に戻り際に何らかの言葉を口にした。すると、モウリーニョ監督は激昂。鬼の形相でイアニ氏を追いかけたことで両軍入り乱れる騒動に発展した。 ▽モウリーニョ監督は試合後、その一件について次のように回想。イアニ氏から直接謝罪を受けたと語り、全てを水に流す姿勢を示した。 「何に対してもイラついてなどいない。サッリのアシスタントコーチに何が起こったかはわからないが、サッリが真っ先に私のところに来て、内で問題を解決していくと言ってきた。その後、サッリのオフィスで彼のアシスタントコーチから謝罪の言葉をもらったよ」 「だから、私も言葉を返した。『君が心の底から反省しているのなら、その謝罪を受け入れる。忘れようじゃないか』ってね。私自身もキャリアを通じて、過去に多くの過ちを犯してきたのだから、あの一件で彼を終わらせるつもりはない」 ▽なお、チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督は試合後、「その場面を見ていないが、私からジョゼと話をさせてもらい、我々に落ち度を感じた。だから、スタッフと話し合い、直ちに問題を処理した」と話している。 2018.10.21 09:00 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース