ブッフォンのユーベ退団に“因縁”のボルシアMGがSNSでナイスリアクション2018.05.18 15:32 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽17日にイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)が今季限りでのユベントス退団を発表した。そのブッフォン退団発表を受けて、“因縁”のボルシアMGがSNSでリアクションを見せた。

▽ブッフォンは2001年にパルマからユベントスに加入し、ここまで17年間のキャリアを通じて公式戦通算655試合に出場。セリエAで9回、コッパ・イタリアで4回優勝を経験してきた。しかし、同選手は17日に今季限りでユベントスを退団することを発表した。

▽そのブッフォンの発表を受けて、ボルシアMGがSNSでリアクションを見せた。ブッフォンは幼少期にボルシアMGのファンで、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージではその憧れのクラブと初対戦。さらに、試合後にブッフォンはボルシアMGのゴール裏を訪れ、ホームサポーターに対して自身のGKグローブとボルシアMGのタオルマフラーを交換してほしいとお願い。だが、ブッフォンがボルシアMGのファンだったことを知らなかったサポーターはこの申し出を固辞。その後、事実を知ったサポーターはブッフォンに謝罪を行うと共に、事情を知ったクラブ側から同選手に対してタオルマフラーを贈った因縁があった。

▽そして、ボルシアMGの公式ツイッター(@borussia_en)は17日、「ブッフォン(@gianluigibuffon)が“ユベントスでの”ラストゲームだってさ」というコメントと共に、『A GERMAN TEAM(ボルシア・メンヒェングラートバッハが英語での表記が難しいことから自虐のニックネーム)』と書かれたタオルマフラーを掲げるブッフォンの画像を投稿した。

▽さらに、それから数時間後にはアメリカの『家賃がクソ高すぎる党』の代表でお馴染みのジミー・マクミランの画像と共に「我々のクラブがすでにブッフォンと契約したと思っている人たちの数がクソ多すぎる」と投稿。ブッフォン加入を期待するサポーターへの注意も忘れなかった。

▽現在、ブッフォンはユベントス退団以降の去就を明らかにしておらず、自身が幼少時に憧れたボルシアMGにも“ワンチャン”があるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

ボルシアMGがミッティランからU-19デンマーク代表DFを獲得

▽ボルシアMGは19日、ミッティランからU-19デンマーク代表DFアンドレアス・ポウルセン(18)を獲得したことを発表した。契約期間は5年間となる。 ▽ボルシアMGのマックス・エーベルルSD(スポーツディレクター)は、A・ポウルセンとの獲得について以下のように語った。 「アンドレアスは、デンマークのプロチームで飛躍的な成長を遂げており、とても才能のある攻撃的な左サイドバックだ。彼はボルシアに参加することを喜んでいる。これから彼は、次のステップのために次の一歩を踏み出そうとしている」 ▽ミッティランの下部組織出身のA・ポウルセンは、2016年12月にトップチームに昇格すると、これまで1年半で公式戦13試合に出場。 ▽また、各年代のデンマーク代表に選出されている同選手は、2017年にデビューしたU-19デンマーク代表で公式戦10試合に出場し5ゴールをマークしている。 2018.06.20 01:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、今季ブンデスで24試合に出場したU-19フランス代表MFと2023年まで契約延長!

▽ボルシアMGは14日、U-19フランス代表MFミカエル・キュイサンス(18)との契約を2023年まで延長したことを発表した。 ▽母国フランスのナンシーユース出身のキュイサンスは、2016年にナンシーのセカンドチームに昇格すると、2017年の夏にボルシアMGへ移籍。今シーズンはブンデスリーガ24試合に出場し、2アシストを記録していた。 ▽また、各年代のフランス代表に選出されてきたキュイサンスは、2017年9月にU-19フランス代表に選出されると、これまで10キャップを数え、1ゴールをマークしていた。 ▽ボルシアMGのマックス・エーベルルSD(スポーツディレクター)は、キュイサンスとの契約延長について以下のように語った。 「ミカエルは今シーズンの大きな驚きのひとつだった。彼はすぐにブンデスでの戦い方に順応し、大きく飛躍したね。我々が彼の素晴らしい未来を信じており、今回のような長期的な契約を結べたことに満足しているよ」 2018.06.15 01:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、昨夏復帰の元パラグアイ代表FWの退団を発表!

▽ボルシアMGは11日、元パラグアイ代表FWラウール・ボバディージャ(30)がアルゼンチンリーグのアルヘンティノス・ジュニアーズへ完全移籍したことを発表した。契約期間は2021年までとなる。 ▽パラグアイ人両親の下、アルゼンチンで生まれ育ったボバディージャは、2009年夏から2012年冬までボルシアMGに在籍。その後、ヤング・ボーイズやバーゼル、アウグスブルクでプレーし、2017年の夏にボルシアMGへ5年ぶりの復帰を果たした。 ▽移籍金200万ユーロ(約2億6000万円)で迎え入れられたボバディージャだったが、今季はリーグ戦13試合でノーゴールと期待外れな結果で終わっていた。 2018.06.12 02:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムがボルシアMGからグリフォを獲得!

▽ホッフェンハイムは11日、ボルシアMGからMFヴィチェンツォ・グリフォ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は32に決定。契約期間は2022年6月30日までとなる。 ▽イタリア人移民でドイツ生まれのグリフォは、2012年にホッフェンハイムでトップチームデビュー。その後、2015年に加入したフライブルクでは、左サイドハーフを主戦場に絶対的主力として活躍。リーガ復帰1年目のフライブルクでリーグ戦30試合に出場し、6ゴール12アシストの活躍をみせ、クラブを7位に躍進させる原動力となった。 ▽この活躍を認められ、2017年の夏にボルシアMGに完全移籍。今シーズンの序盤はケガで出遅れたが、ブンデスリーガで17試合に出場していた。 ▽3年ぶりのホッフェンハイム復帰が決定したグリフォは、クラブ公式サイトで意気込みを語った。 「ホームに戻ってきたという感覚だね。いまでもライン・ネッカー・アリーナでプレーした初めてリーグ戦を覚えているよ。僕の前には特別な挑戦が控えた面白いシーズンが待っていると思う。そういったことを経験できるのを楽しみにしているし、自分のストロングポイントを生かしてチームに貢献したいと思っているよ」 2018.06.12 01:50 Tue
twitterfacebook
thumb

おたくも前科ありますが…リバプールが若手逸材への不正接触疑惑のボルシアMGとの親善試合をキャンセル

▽リバプールが自クラブの若手選手への不正接触疑惑があるボルシアMGに対して、今夏に予定されていたフレンドリーマッチをキャンセルしたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、近年イングランドの若手獲得に積極的なボルシアMGはリバプールのU-18イングランド代表FWリアン・ブリュースター(18)の引き抜きを画策し、クラブの許可なく不正な形で接触を図ったという。 ▽そして、これを確認したリバプールのスタッフがボルシアMGに対して抗議を行うと共に、今夏に予定されていたフレンドリーマッチもキャンセルしたようだ。 ▽リバプール生え抜きのブリュースターは、昨年行われたFIFA U-17ワールドカップで大会得点王を獲得する活躍でイングランド代表の優勝に大きく貢献したクラブ期待の若手だ。 ▽なお、今回ボルシアMGの対応に激怒しているリバプールだが、昨年4月には当時ストーク・シティのアカデミーに在籍していた12歳の選手を引き抜いた際に、違反行為を働き10万ポンド(約1400万円)の罰金および2年間の補強禁止処分を科されている。 ▽また、昨夏には当時サウサンプトンに在籍していたオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクに対して、サウサンプトンの許可なしに不正なアプローチを行ったことで、謝罪に追い込まれる騒動も起こしていた。 ▽もちろん、今回の一件に関しては不正なアプローチを行ったボルシアMGに非があることは明白だが、少し強硬すぎる態度にも見える。 2018.05.20 22:56 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース