シャルケがマインツのU-21ドイツ代表MFセルダーを獲得、早くも3選手目の補強2018.05.18 01:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シャルケは17日、マインツのU-21ドイツ代表MFスアト・セルダー(21)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。移籍金はドイツ『キッカー』によれば1100万ユーロ(約14億3000万円)とのことだ。

▽セントラルMFを本職とするセルダーは、マインツの下部組織出身で2015年9月にトップチームデビュー。これまで公式戦54試合に出場して3ゴールを記録し、今季はブンデスリーガで21試合に出場して2ゴールをマークしていた。代表ではU-16からドイツ代表に選出され、現在はU-21チームに選出されている。

▽来季のチャンピオンズリーグ出場を決めているシャルケでは既にホッフェンハイムからドイツ人FWマルク・ウート、ハノーファーからセネガル代表DFサリフ・サネの獲得を決めている。

コメント

関連ニュース

thumb

シャルケ、インテルで構想外のポルトガル代表10番獲得に関心?

▽シャルケがインテルに所属するポルトガル代表MFジョアン・マリオ(25)の獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽先のロシア・ワールドカップでもポルトガル代表の10番として全4試合に出場したジョアン・マリオ。一方、クラブでは2016年夏からインテルに所属しているものの、目立った活躍は披露できず。昨冬には、ウェストハムにレンタル移籍。 プレミアリーグ13試合に出場して2ゴール1アシストを記録していた。 ▽伝えられるところによると、インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は今シーズンもジョアン・マリオを戦力として考えておらず、売却を希望しているとのこと。そんな中、シャルケが同選手のローンでの獲得に関心を寄せているが、インテル側は買取オプションを付帯させたいようだ。 ▽現在日本代表MF乾貴士が所属するベティスやセビージャも関心を示していることが伝えられているが、ポルトガル代表10番の新天地は果たしてどこになるのだろうか。 2018.08.19 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ドラクスラー、ドイツ期待の若手に押し出され退団?

▽ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(24)に、パリ・サンジェルマン(PSG)退団の可能性が浮上している。フランス『Le10 Sport』が報じた。 ▽ドイツ代表としても37キャップを誇るドラクスラーは、シャルケ下部組織で育った後、ヴォルフスブルクを経て、2016年1月からフランスの強豪PSGでプレー。しかし、全体的なレギュラーとして君臨することは叶わず。昨シーズンは公式戦47試合5ゴール10アシストを記録したが、プレー時間は2630分(約30試合相当)に留まった。 ▽『Le10 Sport』によると、PSGのトーマス・トゥヘル監督は今夏シャルケから加入した期待の若手、U-21ドイツ代表DFシロ・ケフラー(21)を守備的MFとして育てる構想を持っているようで、押し出されるような形でドラクスラーのプレー機会が減少する可能性が高いという。そのため、クラブの上層部がドラクスラー売却を考慮しているとのことだ。 ▽移籍先の候補としては、古巣シャルケをはじめ、ライプツィヒ、そして元ライバルクラブであるドルトムントが挙げられている。しかし、未だオファーは届いておらず、依然として不透明な状況だ。 2018.08.18 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケ、リールからロシアW杯選出のモロッコ代表DFメンディル獲得!

▽シャルケは17日、リールからモロッコ代表DFハムザ・メンディル(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日まで。移籍金は非公開となっている。 ▽リール下部組織出身のメンディルは、2017年2月にトップチームデビュー。昨シーズンは左サイドバックを主戦場とし、公式戦14試合に出場した。また、モロッコ代表では2016年9月にフル代表デビュー。出場機会はなかったものの、7月まで行われていたロシア・ワールドカップのメンバーにも選出されていた。 ▽メンディルの加入についてシャルケのドメニコ・テデスコ監督は、以下のようにコメントしている。 「我々は長い間ハムザ(・メンディ)について詳しく調べていた。そのため、彼を獲得できてとても嬉しいね。彼は、我々がこのポジションに望む多くの要素を持っている。身体能力、ダイナミック、タフさ、そして攻撃の局面での勇敢さ。この才能ある選手と共にさらなる成長を遂げることを、我々はとても楽しみにしている」 2018.08.17 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴィレムⅡ、昨季限りでシャルケ退団のコソボ代表FWを獲得

▽ヴィレムⅡは16日、昨季限りでシャルケを退団したコソボ代表FWドニス・アブディヤイ(21)を獲得した。契約期間は2020年6月30日までとなり、1年間の延長オプションも付いている。 ▽シャルケユース出身アブディヤイは、2014年夏にトップチームに昇格するも、2015年冬にシュトゥルム・グラーツへ1年半契約でレンタル移籍。復帰した2016-17シーズンは、シャルケで公式戦12試合に出場し2ゴールをマーク。しかし、昨シーズンは出場機会を確保できず、ローダJCへレンタル移籍。 ▽ローダJCでは、リーグ戦11試合を含む公式戦14試合に出場し4ゴール2アシストを記録した。また、代表としてはU-16からU-19まで生まれ故郷のドイツ代表を選択。しかし、2016年11月にルーツであるコソボ代表を選択している。 2018.08.17 03:33 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがドイツ期待の若手CBケフラーをシャルケから完全移籍で獲得

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は16日、シャルケのU-21ドイツ代表DFシロ・ケフラー(21)の加入を発表した。背番号は「4」を着用。契約期間は2023年6月30日までの5年間となる。 ▽ケフラーは、U-17年代でシュツットガルトの下部組織からシャルケの下部組織に入団。2015年夏にトップチーム昇格を果たすと、徐々に出場機会を増やしていき、昨シーズンは公式戦33試合3ゴール2アシストの成績を収めていた。 ▽また、ドイツ代表としても各年代で招集されている期待の若手CB。2017年6月には、U-21ドイツ代表としてU-21欧州選手権に出場。チームの優勝メンバーの1人だった。フランス『レキップ』によると移籍金は推定3700万ユーロ(約47億円)とされている。 2018.08.16 19:35 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース