シャルケがマインツのU-21ドイツ代表MFセルダーを獲得、早くも3選手目の補強2018.05.18 01:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シャルケは17日、マインツのU-21ドイツ代表MFスアト・セルダー(21)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。移籍金はドイツ『キッカー』によれば1100万ユーロ(約14億3000万円)とのことだ。

▽セントラルMFを本職とするセルダーは、マインツの下部組織出身で2015年9月にトップチームデビュー。これまで公式戦54試合に出場して3ゴールを記録し、今季はブンデスリーガで21試合に出場して2ゴールをマークしていた。代表ではU-16からドイツ代表に選出され、現在はU-21チームに選出されている。

▽来季のチャンピオンズリーグ出場を決めているシャルケでは既にホッフェンハイムからドイツ人FWマルク・ウート、ハノーファーからセネガル代表DFサリフ・サネの獲得を決めている。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、シャルケMFウェストン・マッキーニー獲得へ28億円準備か

リバプールが、シャルケに所属するアメリカ代表MFウェストン・マッキーニー(20)へのオファーを準備しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 U-19年代からシャルケの下部組織に入団したマッキーニーは、2017年にトップチームへ昇格。守備的な中盤として昨シーズンのブンデスリーガ22試合に出場した同選手は、センターバックでも起用されることのある守備のユーティリティプレーヤーだ。今シーズンは、ここまでブンデス13試合1ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)4試合1ゴール1アシストを記録している。 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督はディフェンダーもこなせるミッドフィルダーを求めており、スカウトからマッキーニーに関する良い評価を報告されたという。今冬、もしくは今年夏の移籍市場での獲得を画策しており、2000万ポンド(約28億4000万円)の移籍金を準備しているようだ。 現在リバプールでは、DFデヤン・ロブレンやDFジョー・ゴメス、DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが負傷中。もしマッキーニーが近日中に加入するとなれば、クロップ監督の頭痛は和らぐかもしれない。 2019.01.18 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

シャルケで完全構想外のMFガイスがケルンへ完全移籍

ブンデスリーガ2部のケルンは13日、シャルケの元U-21ドイツ代表MFヨハネス・ガイス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ガイスはグロイター・フュルトの下部組織出身で、2013年にマインツへと完全移籍。2015年に移籍金1050万ユーロ(当時のレートで約14億3850万円)でシャルケへと完全移籍していた。 正確なFKなど将来が嘱望されていたガイスは、シャルケでの1年目はブンデスリーガで28試合に出場し2ゴール5アシストと活躍。しかし、ドメニコ・テデスコ監督就任後は構想外となり、2017年9月にはセビージャへとレンタル移籍。セビージャでは、2017-18シーズンのリーガエスパニョーラで14試合、チャンピオンズリーグで2試合に出場していた。 今シーズンからシャルケに復帰したものの、テデスコ監督の構想外であることは変わらず、ここまで今シーズンの出場はなし。契約期間が今シーズン限りで満了となるガイスだったが、晴れてチームを去り、出場機会を得られることとなった。 ケルンへの移籍を果たしたガイスは「残りのシーズンの目標は明確だ。僕たちは昇格したい。僕はこの挑戦を楽しんでおり、それを達成するための役割を果たしたいと思っている」とクラブを通じてコメントしている。 2019.01.14 17:57 Mon
twitterfacebook
thumb

モナコ、“シャルケの番人”ナウドを完全移籍で獲得! 「ピッチ内外で求められるすべてを捧げる」

モナコは3日、シャルケに所属する元ブラジル代表DFナウド(36)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの1年半となる。 現在、リーグ・アンで19位に沈むモナコの守備立て直しを期待されるベテランDFはクラブ公式サイトで新天地での意気込みを語った。 「14年間のブンデスリーガでの挑戦を経て、僕にとってモナコ移籍は新たなプロジェクトを意味する」 「モナコが示してくれた信頼に感謝しているよ。ピッチ内外で自分に求められるすべてをクラブに捧げたい。同時に自分の経験をモナコが正しい場所を見出すための助けとしたい」 2005年に母国のジュベントゥージからブレーメンに加入しドイツでのキャリアをスタートした198cmの長身センターバックであるナウドは、ヴォルフスブルクを経て2016年からシャルケに加入。卓越した空中戦の強さと、プレースキッカーを担うキック精度を武器にシャルケでの在籍3シーズンで公式戦80試合に出場して9ゴール4アシストを記録。しかし、今季はブンデスリーガ7試合の出場に留まるなど、出場機会が減少していた。 なお、後半戦での巻き返しを狙うモナコは、ナウドのほかにもチェルシーに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)やクリスタル・パレスに所属する元フランス代表DFママドゥ・サコー(28)の獲得にも動いているようだ。 2019.01.04 01:28 Fri
twitterfacebook
thumb

大注目の鹿島vsレアル、内田篤人をスイス放送局が特集「今もシャルケファンの胸の中に…」

鹿島アントラーズDF内田篤人について、スイス放送局『SRF』が特集を組んでいる。<br><br>アジア王者としてクラブ・ワールドカップに臨んでいる鹿島。準々決勝ではグアダラハラ相手に3-2の逆転勝利を収め、2年前の決勝で敗れた欧州王者レアル・マドリーとの準決勝に挑むこととなった。<br><br>この大一番を前に、『SRF』は内田を特集。7年間在籍したシャルケ時代を回顧している。<br><br>「『シャルケはいつだって僕の人生の一部』。アツト・ウチダの言葉は、シャルケファンの心に刻まれていることは間違いない。あれから15カ月が経った」<br><br>「あれは観客のアイドルが&ldquo;ロイヤル・ブルース&rdquo;に受け入れられた日だった。シャルケとの7年間、日本人はファンの胸の中でプレーしていた」<br><br>そして鹿島への復帰に言及しつつ、レアル戦ではチャンスがあると分析している。<br><br>「ユニオン・ベルリンを経て、SBは故郷へ戻った。鹿島では2007年~2009年にかけてJリーグ3連覇を達成している」<br><br>「クラブW杯のタイトルは、鹿島がまだ獲得していないものだ。2016年の決勝では、延長戦の末2-4で敗れた。そして今、日本のチームには準決勝でリベンジするチャンスが訪れた。2016年にハットトリックを達成したクリスティアーノ・ロナウドはもういない」<br><br>古巣へと戻ってきた30歳のDFは、欧州王者を完封して悲願のタイトル獲得へ導けるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.12.19 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループD総括】経験値で上回ったポルトが首位通過、長友奮闘もガラタサライはELへ

▽ビッグクラブ不在の今大会最も地味なグループを突破したのはチャンピオンズリーグ(CL)常連のポルトと、4季ぶり出場のシャルケとなった。DF長友佑都の所属するガラタサライは及ばず、ヨーロッパリーグ(EL)に回ることとなった。 ■グループD順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ポルト[16/5/1/0/9] 2.シャルケ[11/3/2/1/2] 3.ガラタサライ[4/1/1/4/-3] 4.ロコモティフ・モスクワ[3/1/0/5/-8] ◆3季連続ベスト16~ポルト~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_45_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽8季連続出場とグループ内で最もCLの経験値が高いポルトが1試合を残して首位通過を果たす貫禄を見せた。2季連続決勝トーナメント進出を果たしていたポルトガル王者は、初戦のシャルケ戦こそ引き分けたものの、その後は5連勝と格の違いを見せ付けた。守護神カシージャスを軸とした堅実な守備をベースに、エースFWのマレガがコンスタントに得点を重ね、安定した戦いを続けた。 ◆青年指揮官が初挑戦で突破~シャルケ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_45_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽33歳の青年指揮官であるテデスコ監督がCL初挑戦で結果を残した。ブンデスリーガではCLの影響もあって躓いているが、ライバルと目されたガラタサライとロコモティフ・モスクワ相手にしっかりと勝ち越し、1試合を残して2位通過を決めた。ポルト同様、テデスコ監督が植え付けた堅実な守備をベースとした安定した戦いでポルトに次ぐ2位の座を勝ち取った。 ◆長友奮闘も及ばず~ガラタサライ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_45_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽トルコ王者はシャルケとの実力差は僅かだったように思うが、ストライカー、センターバックの質の差で及ばなかった。得点源のFWデルディヨクは1ゴールに終わり、守備面でもセンターバックが脆さを見せてしまった。その中で左サイドバックのレギュラーとして奮闘したDF長友は肺気胸により1試合を欠場したが、及第点のプレーを披露。ベテランとしてチームを支える働きを見せた。 ◆見せ場なかったロシア王者~ロコモティフ・モスクワ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_45_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽14年ぶりにロシア王者となって15季ぶりにCL出場を果たしたロコモティフだったが、やはり厳しい戦いを強いられた。MFクリホヴィアク、DFヘヴェデスと実力者を補強したものの、彼らによって守備が強化されることはなく、ポルトとの連戦で大敗してしまった。第5節シャルケ戦でようやく初勝利を挙げたが時既に遅く、見せ場を作れなかった。 2018.12.14 10:01 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース