サラー、クロップに感謝...「ピッチ内外で僕を助けてくれた」2018.05.17 23:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
リバプールのエジプト代表MFモハメド・サラーが、ユルゲン・クロップ監督に感謝を述べている。

サラーは昨夏、ローマからリバプールに移籍した。リバプールはエジプト代表MFを獲得するため、移籍金4200万ユーロ(約54億円)を支払った。

サラーは今季プレミアリーグで32得点を記録。得点王を獲得した。それだけではなく、プレミアリーグ年間最優秀選手賞、イングランドサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手賞、イングランドサッカー記者協会(FWA)の年間最優秀選手賞と個人タイトルを総なめにしている。

サラーは結果が出せたのは指揮官のおかげだと話している。スペイン『スポルト』がコメントを伝えた。

「僕たちは友達だ。クロップのことが好きだよ。ピッチ内、ピッチ外で僕を助けてくれる」

「今シーズンの結果について、僕は彼に感謝しなければいけない。本当に彼を尊敬している。このシーズンの終盤に特別な何かを成し遂げられると確信している」

また、サラーはプレミア復帰について次のように語っている。

「僕はいつもベストを尽くすことを考えていた。ローマでは素晴らしい2シーズンを過ごした。でも、いつかプレミアリーグに戻ってきたいと思っていた。ここで成功できなかったと言う人たちに、自分の能力を証明するためにね」


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース