トッテナム、イングランド代表MFハリー・ウィンクスと2023年まで契約延長2018.05.17 21:58 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムは17日、イングランド代表MFハリー・ウィンクス(22)と2023年まで契約延長したことを発表した。

▽トッテナムの下部組織出身のウィンクス。2014-15シーズンのヨーロッパリーグのパルチザン戦でトップチームをデビューを果たし、昨シーズンから定着し始めた。

▽今シーズンもコンスタントに出場機会を得ていたが、足首の負傷により、後半戦はチームを離脱。今後手術を受けるとのことで、プレシーズン中の復帰が見込まれている。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、昨季ブレイクのイタリア代表FWクトローネと2023年まで契約延長!

▽ミランはイタリア代表FWパトリック・クトローネ(20)との契約を2023年6月30日まで延長した。公式サイトでの発表は行われていないものの、クラブの財務諸表によって明らかになった。 ▽ミランのプリマヴェーラ出身のクトローネは、2017年1月にトップチーム昇格。昇格当初は出場機会に恵まれなかったが、昨シーズンはセリエAで28試合に出場し10ゴールをマーク。 ▽今夏の移籍市場では、ドルトムントが関心を示していたが、クトローネ本人の希望によりミランに残留。今シーズンは、ここまでセリエAで5試合に出場し1ゴールを記録している。 ▽また、各年代のイタリア代表に選出されてきたクトローネは、今年8月にA代表デビュー。10月開催の国際親善試合とUEFAネーションズリーグに臨むイタリア代表にも選出されていたが、足首のケガのため招集を辞退していた。 2018.10.16 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

スロバキア代表、コザク監督が電撃辞任! UNL連敗で「予期せぬ決断」

▽スロバキアサッカー協会(SFZ)は14日、スロバキア代表を率いるヤン・コザク監督(64)の辞任を発表した。 ▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグB・グループ1に属するスロバキアは9月に行われたウクライナ代表との初戦を0-1で落とすと、今月13日に行われたチェコ代表戦も1-2で敗れ、2連敗中だった。 ▽そして、同試合後にコザク監督はSFZ側に辞任を申し入れると、SFZ側は「予期せぬ決断」と表現しながらも同監督との協議の結果、辞任を受け入れることにした。 ▽なお、現時点で後任人事が決定していないスロバキア代表は16日にスウェーデン代表との国際親善試合を控えているが、同試合はシュテファン・タルコビッチ氏が暫定指揮官を務めることになる。 ▽現役時代にチェコスロバキア代表として活躍したコザク監督は2013年にスロバキア代表の監督に就任。2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会と2つのワールドカップ本大会出場は逃したものの、ユーロ2016ではチームをベスト16進出に導いた同国代表史上屈指の名指揮官だった。現行契約はユーロ2020までとなっていたが、志半ばでチームを去ることになった。 2018.10.15 16:35 Mon
twitterfacebook
thumb

コシエルニー、51キャップの仏代表キャリアに幕

▽アーセナルに所属するフランス代表DFローラン・コシエルニー(33)が代表引退を表明した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽コシエルニーは、2011年にA代表デビューを果たすと、通算51キャップをマーク。だが、今年5月に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのアトレティコ・マドリー戦でアキレス腱を痛めて手術を受け、全治約6カ月で今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)を欠場した。 ▽そして、苦しいリハビリを経て、アーセナルで復帰が近くコシエルニー。以前からロシアW杯後に代表から退く意向を示してきたが、フランス『Canal+』のインタビューで改めてその意思を表明するとともに、ディディエ・デシャン監督に対する不満も口にした。 「多くの人が僕を忘れてしまった。頭を後ろから殴られた感じだ」 「僕の状態が良いとき、僕の周りにはたくさんの友人がいる。でも、ケガをしたときは…。時が経つと、忘れられてしまう」 「彼(デシャン)とは、僕の9月の誕生日に電話で話したのが最後。僕は失望したよ」 「フランスのワールドカップ優勝は、ケガより精神的なダメージが大きかった」 「僕はフランス代表にできる限り尽くしてきたと思う。フランス代表のサポーターに戻る。もうシャツは着ない」 2018.10.15 08:20 Mon
twitterfacebook
thumb

アンリが古巣モナコで監督初挑戦! モナコが3年契約での招へいを発表!

▽モナコは13日、ティエリ・アンリ氏(41)の新監督招へいを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年となる。 ▽また、新たなコーチングスタッフとしてベンフィカのU-23チームを率いていたジョアン・トラウハン氏と、チェルシーのウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥの父親としても知られるアーセナルのアカデミーで指導者を務めていたクワメ・アンパドゥ氏の入閣を伝えている。 ▽アカデミー時代の1992年からユベントス移籍までの1999年まで在籍した古巣を監督初挑戦の場に選んだアンリ氏はクラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「初めに自分にとって特別なクラブでチームの指揮を執るチャンスを与えてくれたASモナコへの感謝を伝えたい」 「このクラブに戻って来られたことを本当に嬉しく思っている。同時に今後のチャレンジに向けて強い決意を抱いている。今はこれから共に仕事をするプレーヤーたちに会えることが待ち切れないよ」 ▽一方、2シーズン前に悲願のリーグ・アン制覇に導いたレオナルド・ジャルディム前監督を解任し、監督初挑戦のアンリ氏を後任に選んだヴァディム・ヴァシリエフCEOは、その理由について以下のように説明している。 「彼のフットボールに関する知識や試合に対する情熱、彼の高い基準、クラブへの忠誠心が彼の招へいを現実的なものにした」 「ティエリは新たな役割をしっかりと認識し、そのうえで自身の新たな仕事を熱望している。彼がチームに新しい力をもたらし、ミッションを遂行していくうえで我々からの信頼とサポートを受けることになるはずだ」 ▽1994年にモナコでトップチームデビューを飾ったアンリ氏は在籍期間に公式戦141試合に出場し、28ゴールを記録。その後、ユベントスを挟んで1999年に加入したアーセナルで同じくモナコOBであるアーセン・ヴェンゲル監督の薫陶を受け、ワールドクラスのストライカーに成長。その後、バルセロナやニューヨーク・レッドブルズでのプレーを経て2014年に現役を引退。 ▽アーセナルでは4度のプレミアリーグ得点王やプレミアリーグ無敗優勝、バルセロナではリーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ(CL)、FIFAクラブワールドカップのタイトルを獲得。また、通算121試合51ゴールを誇るフランス代表では1998年のワールドカップ制覇も経験した。 ▽現役引退後はイギリス『スカイ・スポーツ』などで解説者を務める傍ら、古巣アーセナルのU-18チームのコーチ、2016年からはベルギー代表でロベルト・マルティネス監督のアシスタントコーチを務めてきた。 ▽ここ最近ではアストン・ビラやボルドーなどの監督就任の可能性が伝えられていたが、選手としてのキャリアをスタートした古巣モナコで監督キャリアをスタートすることになった。 ▽なお、今月15日からモナコを率いることになるアンリ氏は、20日に行われるリーグ・アン第10節で日本代表GK川島永嗣を擁するストラスブールを相手に初陣を飾る。今季開幕からの公式戦11試合で1勝7敗5分けと大不振のチームを立て直すことはできるのか。 2018.10.13 18:40 Sat
twitterfacebook
thumb

モナコがジャルディム監督解任を発表!今季公式戦11試合でわずか1勝…

▽モナコは11日、レオナルド・ジャルディム監督(44)を解任したことを発表した。 ▽2014年夏からモナコで指揮を執るジャルディム監督は、フランス代表FWキリアン・ムバッペやポルトガル代表MFベルナルド・シウバら多くの将来有望な若手を発掘。加えて、攻撃的なサッカーを展開して2016-17シーズンにモナコを17年ぶりとなるリーグ優勝に導き、チャンピオンズリーグ(CL)では13年ぶりとなる準決勝進出を果たしていた。 ▽昨シーズンを2位で終え、王者奪還を目標に臨んだ今シーズンだったが、リーグ・アン開幕節のナント戦こそ勝利したが、以降の公式戦10試合では格下相手に金星を献上するなど、7敗3分けと泥沼の不振に陥っていた。 ▽ジャルディム氏はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「モナコで4年以上も監督できたことに感謝しているし誇りに思っている。私は常にベストを尽くし、情熱を持って仕事をしてきた。我々は一緒に大きな勝利を収めてきた。その思い出をいつまでも私の中に残しておくよ」 ▽後任に関しては伝えられていないが、フランス『レキップ』は以前から噂に上がっていたティエリ・アンリ氏の可能性が高まったと報道。モナコは20日にリーグ・アン第10節のアウェイでのストラスブール戦が控えている。 2018.10.11 20:30 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース