トッテナム、イングランド代表MFハリー・ウィンクスと2023年まで契約延長2018.05.17 21:58 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムは17日、イングランド代表MFハリー・ウィンクス(22)と2023年まで契約延長したことを発表した。

▽トッテナムの下部組織出身のウィンクス。2014-15シーズンのヨーロッパリーグのパルチザン戦でトップチームをデビューを果たし、昨シーズンから定着し始めた。

▽今シーズンもコンスタントに出場機会を得ていたが、足首の負傷により、後半戦はチームを離脱。今後手術を受けるとのことで、プレシーズン中の復帰が見込まれている。

コメント

関連ニュース

thumb

フランクフルトがセルビア代表MFコスティッチ獲得! HSVで躍動した左利きの好アタッカー

▽フランクフルトは20日、ブンデスリーガ2部のハンブルガーSVからセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽母国のFKラドニチュキでプロキャリアをスタートしたコスティッチは、オランダのフローニンヘン、ドイツのシュツットガルトを経て2016年にHSVに加入。卓越した左足の技術と優れたアジリティ、創造性を武器に左右のウイングを主戦場に主力として活躍。昨季はリーグ戦30試合に出場し5ゴール1アシストの数字を残していた。 ▽また、2015年にデビューを飾ったセルビア代表ではここまで通算26試合に出場し2ゴールを記録。ロシア・ワールドカップではグループリーグ全試合に出場していた。 2018.08.21 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャが元フランス代表MFゴナロンをレンタル! エンゾンジ放出のローマから獲得

▽セビージャは20日、ローマから元フランス代表MFマキシム・ゴナロン(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽今夏、セビージャからフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)を完全移籍で獲得していたローマは、ポジションが被るゴナロンの放出に動いていた中、一時はウェストハムやクリスタル・パレスなどプレミア行きの可能性が伝えられていた。 ▽しかし、最終的にはエンゾンジの後釜という形でセビージャに貸し出されることになった。 ▽リヨンの下部組織出身のゴナロンは、2009年にトップチームデビュー。187cmの長身を生かした対人プレーや卓越した戦術眼を生かしたゲームメークを特長とする守備的MFは、センターバックでもプレー可能な柔軟性も併せ持つ。近年はキャプテンを務めており、リーダーシップにも優れる同選手は、リヨンで公式戦330試合以上に出場したレジェンドだ。昨夏、加入したローマでは元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシのバックアッパーとして公式戦23試合に出場していた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.20 22:04 Mon
twitterfacebook
thumb

東京V、MF澤井直人がフランスへ 2部アジャクシオに期限付き移籍

▽東京ヴェルディは20日、MF澤井直人(23)がアジャクシオに期限付き移籍することを発表した。期間は2019年6月30日までとなる。 ▽東京Vの下部組織出身で育った澤井は、2014年にトップチーム昇格。在籍5年間で明治安田生命J2リーグ91試合8得点を誇り、今シーズンは4試合に出場した。 ▽今年5月に東京Vと業務提携したアジャクシオで武者修行に励むことになった澤井は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、ACアジャクシオに期限付き移籍することになりました。このチャンスをくれたクラブの方々、支えてくれている方々、そしていつも応援していただいているサポーターの皆様に本当に感謝しています。昨年、アキレス腱断裂をした時に、常に僕のことを励ましてくれたことを忘れることはできません。ただ今シーズンはピッチ活躍して恩返しするということができず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。もう一度ヴェルディのために戦える選手になれるように成長し、自分自身の目標に向かって挑戦してきます。これからも応援よろしくお願いします」 ▽アジャクシオは、リーグ・ドゥ(2部)に所属する1910年のクラブ。今シーズンは、5年ぶりのリーグ・アン復帰を目指すシーズンとなる。 2018.08.20 17:10 Mon
twitterfacebook
thumb

リーガ昇格のバジャドリーがFW3名をレンタルで補強

▽今シーズンからリーガエスパニョーラに復帰したバジャドリーは19日、スタンダール・リエージュからクロアチア代表FWドゥイエ・チョップ(28)、ビジャレアルからトルコ代表FWエネス・ウナル(21)、アルゼンチン人FWレオ・スアレス(22)をレンタル移籍で獲得することを発表した。 ▽チョップは、ハイデュク・スプリトでキャリアをスタート。ディナモ・ザグレブやカリアリ、マラガ、スポルティング・ヒホンなどでのプレーを経て、2017年8月にスタンダール・リエージュへと完全移籍した。 ▽2017-18シーズンは、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグで16試合に出場し3ゴール2アシストを記録。クロアチア代表としても13キャップを記録しているが、ロシア・ワールドカップのメンバーからは外れていた。 ▽ウナルは、ブルサシュポルの下部組織出身で、2015年7月にマンチェスター・シティに完全移籍。その後はヘンクやNEC、トゥベンテなどへのレンタル移籍を繰り返し、2017年7月にビジャレアルへと完全移籍。2017-18シーズンはレバンテでプレーした。 ▽レバンテでは、リーガエスパニョーラで30試合に出場し6ゴール3アシストを記録。ヨーロッパリーグでも5試合に出場していた。また、トルコ代表としても9試合に出場している。 ▽レオ・スアレスは、ボカ・ジュニアーズの下部組織出身で、2015年1月にビジャレアルへ完全移籍。セグンダB(スペイン3部)でこれまで73試合に出場し12ゴールを記録。2017-18シーズンはリーガエスパニョーラでも1試合に出場した。 ▽なお、3選手共に今シーズン一杯のレンタル移籍となるとのこと。チョップに関しては、買い取りオプションが付いている。 2018.08.20 10:35 Mon
twitterfacebook
thumb

レスターがナイジェリア代表エンディディと契約延長!2季連続若手最優秀選手賞受賞

▽レスター・シティは19日、ナイジェリア代表MFウィルフレッド・エンディディ(21)と2024年まで契約延長したことを発表した。 ▽エンディディは昨年1月にヘントから加入。途中加入でありながら、2016-17シーズン後半のリーグ戦で17試合に出場すると、その年のレスターの年間最優秀若手選手に選出された。さらに昨季もリーグ戦33試合に出場し4アシストを記録する活躍を披露し、2シーズン連続で同賞を獲得した。 ▽ナイジェリア代表としてもすでに公式戦20試合に出場しているエンディディは、クラブの公式インタビューに以下のように答えている。 「この契約にとても満足している。ここでの時間をいつも楽しんできたから、これからの6年間もワクワクしているよ。チームメイトやサポーターたちと一緒に、これから素晴らしい時間を共有できることを楽しみにしているよ」 2018.08.20 05:40 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース