イタリア屈指の“目玉商品”を巡って国内外で争奪戦? 移籍金は39億円から2018.05.17 23:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アタランタMFブライアン・クリスタンテに、多数のクラブが注目している。イタリア『トゥットスポルト』などが伝えた。

▽ミランの下部組織時代から期待を集めていた25歳のクリスタンテは、今季アタランタでブレイク。夏に争奪戦が起こるものとみられている。

▽報道によると、イタリアからはユベントス、ナポリ、ローマ、ラツィオ、インテルが関心を示しているほか、イングランドからはエバートンなど少なくとも3チームが興味を持っているとのことだ。これだけの関心が集まっているということで、3000万ユーロ(約39億円)の移籍金から獲得を狙っているクラブが動くという。

▽MFマレク・ハムシクの後継者としてナポリが強い関心を持っているという話がある一方で、ラツィオとインテルのチャンピオンズリーグ出場権争いの行方がそのままクリスタンテ争奪にも影響するという報道もある。

▽イタリア今夏の“目玉商品"は、どのクラブへ行くだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

アタランタ監督、若きイタリア代表FWのダイブに苦言「クセになっている」

アタランタ指揮官のジャン・ピエロ・ガスペリーニは、30日のフィオレンティーナ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューで20歳のイタリア代表FWフェデリコ・キエーザのダイブと見られる行為を嘆いた。<br><br>アタランタは30日、セリエA第7節において敵地でフィオレンティーナと対戦したが、62分、アタランタDFがペナルティエリア内でキエーザを倒したとの判定が下された。このPKにより先制点を献上したアタランタは劣勢を覆せぬまま試合終了間際にも失点し、0-2で敗れた。<br><br>この一件がキエーザのシミュレーションだったと考えるガスペリーニは判定を不服とし、試合終了後にフィオレンティーナの指揮官ステファノ・ピオリと口論に発展。小突く素振りも見られた。その後、アタランタ指揮官は暴力行為について謝罪しているが、判定には納得がいかない様子だ。<br><br>「今日の試合はあのエピソードによる影響が避けられなかった。ヴィオラはそのおかげで勝利をつかむことができた。チームは試合の最後までシュートを打ち続け、良いパフォーマンスだっただけに残念だ。あのPKは現代において理解できない。昔ならありえたが、VARがあればこのような状況が起こることは難しいはずだ。あれはキエーザのシミュレーションだよ。キエーザは有望な若手選手だが、あのような振る舞いをするクセがついている。これからその代償を支払うことになるだろうね。さもなければ悪影響を受けるだろう。今回のエピソードは決定的であり、明白だった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.02 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

イグアインが3戦連発弾もミラン、2度のリードを守れずAT被弾でアタランタにドロー《セリエA》

▽ミランは23日、セリエA第5節でアタランタをホームに迎え、2-2で引き分けた。 ▽前節カリアリ戦ではイグアインに移籍後初ゴールが生まれたものの引き分けどまりに終わったミランは、ヨーロッパリーグ(EL)では格下相手にイグアインの2戦連発弾で1-0の辛勝スタートとした。そのミランはELデュドランジュ戦のスタメンから9選手変更。イグイアンとロマニョーリのみ引き続きスタメンとなって、温存されていたスソやビリア、R・ロドリゲスらが先発に戻った。 ▽1勝1分け2敗スタートのアタランタに対し、開始2分にミランが先制する。右サイドからのスソの左足インスウィングクロスに、ボックス右のイグアインが難度の高いボレーシュートをゴール左に叩き込んだ。 ▽イグアインの公式戦3戦連発弾で先手を取ったミランが、前がかるアタランタをいなす展開で推移していくと、19分にはR・ロドリゲスがミドルシュートで牽制。さらに20分、カラブリアの右クロスからボナヴェントゥーラがネットを揺らすも、VARの末にノーゴールに覆った。 ▽その後も主導権を握るミランは32分にイグアインのポストプレーからビリアがGKを強襲するミドルシュートを浴びせれば、39分には再びボナヴェントゥーラがヘディングシュートでゴールに迫ったが、シュートは左ポストを直撃した。 ▽攻め込みながらも追加点が奪えないミランは45分、イグアインのスルーパスをボックス右で受けたケシエがGKと一対一の局面を迎えるもGKにセーブされ、前半を1点のリードで終えた。 ▽後半からバロウとパシャリッチに代えてD・サパタとリゴーニを投入したアタランタにミランは50分、ピンチを作られる。ボックス左で鋭い反転を見せたD・サパタにGKドンナルンマが強襲された。 ▽すると54分、ミランが同点に追い付かれる。リゴーニのパスをボックス右で受けたD・サパタの折り返しをアレハンドロ・ゴメスが押し込んだ。 ▽後半に入ってアタランタの攻勢を受け続けていたミランだったが、61分に勝ち越す。右サイドを突破したスソの右足グラウンダークロスをニアに飛び込んだボナヴェントゥーラが左足でうまく合わせた。 ▽72分のゴゼンスのボレーシュートが枠を外れて助かったミランは、ボナヴェントゥーラに代えてバカヨコを投入し、逃げ切りを狙う。89分にはCKの流れからデ・ルーンのシュートが枠を捉えるも、ゴールライン上のR・ロドリゲスがクリア。 ▽これで逃げ切れるかと思われたミランだったが、追加タイム1分に痛恨の同点弾を喫する。右サイドからのクロスを受けたD・サパタがボレーシュート。これはGKドンナルンマが弾くも、ルーズボールをリゴーニに押し込まれた。 ▽追いつかれたミランは7分の追加タイムで勝ち越しを目指すも2-2で引き分け。2戦連続ドローに終わっている。 2018.09.24 03:26 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタ、ガスペリーニ監督と2021年までの新契約締結!

▽アタランタは20日、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督(60)との契約を2021年まで更新したことを発表した。なお、クラブはさらなる1年間の契約延長オプションを有している。 ▽かつてインテルやパレルモ、ジェノアを指揮してきたガスペリーニ監督は2016年にアタランタの新指揮官に就任。代名詞の[3-4-3]、[3-5-2]のマンツーマン戦術を武器に、就任1年目でチームをヨーロッパリーグ圏内の4位に躍進させると昨季も安定した戦いで7位フィニッシュを果たしていた。 ▽また、以前から若手育成に定評がある同監督は、DFマッティア・カルダーラ、MFブライアン・クリスタンテ、MFレオナルド・スピナッツォーラ、MFロベルト・ガリアルディーニなど若手選手をイタリア代表に送り込む、見事な手腕を発揮していた。 2018.09.22 00:46 Sat
twitterfacebook
thumb

パストーレの華麗ヒール弾もローマ、主力温存のアタランタに辛くも3-3ドロー《セリエA》

▽ローマは27日、セリエA第2節でアタランタをホームに迎え、3-3で引き分けた。 ▽開幕節のトリノ戦をゼコの終盤弾で辛勝して白星スタートを切ったローマは、トリノ戦のスタメンから2選手を変更。エル・シャーラウィとストロートマンに代えてペッレグリーニと古巣対決となるクリスタンテを起用した。 ▽一方、開幕節のフロジノーネ戦をA・ゴメスが全4ゴールに絡む活躍を見せて快勝スタートを切ったアタランタは、コペンハーンゲンとのヨーロッパリーグ・プレーオフを戦っている影響でA・ゴメスやデ・ルーン、フロイラーにハテボエルといった主力がベンチスタートとなった。 ▽3トップに右からジェンギズ、ゼコ、パストーレと並べる[4-3-3]で臨んだローマは開始1分過ぎ、ビューティフルゴールで先制する。右サイドからジェンギズが左足で入れたインスウィングのクロスをパストーレがヒールでうまく合わせてゴール左に流し込んだ。 ▽パストーレの移籍後初ゴールであっさり先制したローマは、6分にマノラスのボックス内でのパスミスでピンチを迎えるも、リゴーニのシュートは枠を外れて助かった。 ▽続く9分にもパシャリッチのボレーシュートでゴールを脅かされたが、GKオルセンの好守で凌いだローマは、10分にスルーパスに抜け出したジェンギズがボックス右からGKを強襲するシュートを浴びせて牽制。 ▽オープンな攻防が続く中、19分にアタランタが同点に追いつく。ボックス右からD・サパタの放ったシュートは左ポストに直撃したものの、ルーズボールをカスターニュが押し込んだ。 ▽さらに22分、D・サパタがマノラスとの競り合いを制して左サイドを突破すると、ラストパスをボックス内に走り込んだリゴーニが冷静にゴールへ蹴り込んで、アタランタが逆転に成功した。 ▽ハーフタイムにかけてもアタランタの攻勢が続く中、38分にアタランタが3点目を奪い切った。パシャリッチのスルーパスをボックス左で受けたリゴーニがGKとの一対一を制した。 ▽まさかの2点ビハインドで迎えた後半、ローマはクリスタンテとペッレグリーニに代えてクライファートとエンゾンジを投入。クライファートは左ウイングに入り、パストーレがトップ下に入る[4-2-3-1]に変更した。 ▽そのローマが51分にジェンギズがGKを強襲するシュートを浴びせると、60分に1点差に詰め寄る。ゼコのポストプレーを受けたフロレンツィがドリブルで持ち上がってペナルティアーク中央から左足を一閃。これがネットを揺らした。 ▽73分に左足を負傷したフロレンツィがプレー続行不可能となったローマはシックを投入。捨て身の攻撃に出ると、82分に同点に追いついた。FKからボックス中央のマノラスが右足ボレーで蹴り込んだ。しかし、85分のスルーパスに抜け出したシックのシュートはGKゴッリーニの好守に阻まれ、3-3でタイムアップ。主力を温存してきたアタランタに引き分けどまりで勝ち点1を得るに留まった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.28 05:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタがゼニトからアルゼンチン代表MFリゴーニを獲得!

▽アタランタは17日、ゼニトからアルゼンチン代表MFエミリアーノ・リゴーニ(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽『スカイ・スポルト・イタリア』が伝えるところによれば、完全移籍での買い取りには1500万ユーロ(約19億円)が必要になるようだ。 ▽イタリアとアルゼンチンの二重国籍を持つリゴーニは、2013年に母国のベルグラーノでプロデビュー。両足の正確なキックとドリブル突破に優れるウイングプレーヤーは、同クラブで公式戦74試合に出場し、8ゴール6アシストを記録した。その後、2016年には名門インデペンディエンテに加入し、昨夏にはゼニトに新天地を求めた。昨シーズンは公式戦28試合に出場し6ゴール5アシストの数字を残していた。 ▽なお、2017年10月に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のペルー代表戦でアルゼンチンのフル代表デビューも飾っている。 2018.08.18 00:49 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース