イタリア屈指の“目玉商品”を巡って国内外で争奪戦? 移籍金は39億円から2018.05.17 23:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アタランタMFブライアン・クリスタンテに、多数のクラブが注目している。イタリア『トゥットスポルト』などが伝えた。

▽ミランの下部組織時代から期待を集めていた25歳のクリスタンテは、今季アタランタでブレイク。夏に争奪戦が起こるものとみられている。

▽報道によると、イタリアからはユベントス、ナポリ、ローマ、ラツィオ、インテルが関心を示しているほか、イングランドからはエバートンなど少なくとも3チームが興味を持っているとのことだ。これだけの関心が集まっているということで、3000万ユーロ(約39億円)の移籍金から獲得を狙っているクラブが動くという。

▽MFマレク・ハムシクの後継者としてナポリが強い関心を持っているという話がある一方で、ラツィオとインテルのチャンピオンズリーグ出場権争いの行方がそのままクリスタンテ争奪にも影響するという報道もある。

▽イタリア今夏の“目玉商品"は、どのクラブへ行くだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

アタランタがゼニトからアルゼンチン代表MFリゴーニを獲得!

▽アタランタは17日、ゼニトからアルゼンチン代表MFエミリアーノ・リゴーニ(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽『スカイ・スポルト・イタリア』が伝えるところによれば、完全移籍での買い取りには1500万ユーロ(約19億円)が必要になるようだ。 ▽イタリアとアルゼンチンの二重国籍を持つリゴーニは、2013年に母国のベルグラーノでプロデビュー。両足の正確なキックとドリブル突破に優れるウイングプレーヤーは、同クラブで公式戦74試合に出場し、8ゴール6アシストを記録した。その後、2016年には名門インデペンディエンテに加入し、昨夏にはゼニトに新天地を求めた。昨シーズンは公式戦28試合に出場し6ゴール5アシストの数字を残していた。 ▽なお、2017年10月に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のペルー代表戦でアルゼンチンのフル代表デビューも飾っている。 2018.08.18 00:49 Sat
twitterfacebook
thumb

アタランタのエクアドル代表FWカペサスがフルミネンセへ買い取りOP付きレンタル

▽フルミネンセは25日、アタランタのエクアドル代表FWブライアン・カペサス(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2016年8月にエクアドルのインデペンディエンテからアタランタに移籍したウインガーのカペサスは、アタランタでは出場機会に恵まれずパナシナイコスやアヴェッリーノへレンタル移籍。2017-18シーズンは前半戦をパナシナイコスで過ごしてギリシャリーグで9試合に出場し、後半戦をアヴェッリーノで過ごしてセリエBで7試合に出場していた。 ▽エクアドル代表としては2017年2月にA代表デビューを飾っていた。 2018.07.26 00:31 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタがチェルシーのクロアチア代表MFパシャリッチを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽アタランタは25日、チェルシーのクロアチア代表MFマリオ・パシャリッチ(23)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2014年夏にハイデュク・スプリトからチェルシーに加入したセントラルMFのパシャリッチは、チェルシーでのプレー経験がないままエルチェやモナコ、ミランにレンタル移籍していた。2017-18シーズンはスパルタク・モスクワで主力として活躍し、公式戦32試合に出場し5ゴールを決めていた。 ▽アタランタでは昨季の主力だったセントラルMFのブライアン・クリスタンテがローマへ完全移籍していた。 2018.07.25 23:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ミランの逆転判決の被害者はアタランタ…急遽EL予備予選に参戦に

▽スポーツ仲裁裁判所(CAS)は20日、ミランに対する欧州カップ戦出場権の剥奪を取り消したことを発表した。この逆転判決によって昨季セリエA6位のミランの今季ヨーロッパリーグ(EL)へのストレートインが決定した一方、アタランタとフィオレンティーナに実害が生じることになった。 ▽ミランは先日、欧州サッカー連盟(UEFA)からファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反で今後2年間の欧州カップ戦出場権剥奪の処分を科された。そして、この処分に伴い7位アタランタがELストレートイン、8位フィオレンティーナがEL予備予選2回戦出場という形に繰り上がりになっていた。 ▽しかし、CASによる逆転判決によってミランのELストレートインが確定した結果、アタランタはフィオレンティーナに代わって急遽EL予備予選2回戦に出場することになった。 ▽元々、出場権がなかったフィオレンティーナの出場資格剥奪はさほど大きな影響はないものの、ストレートインから急遽予備予選2回戦への出場を強いられるアタランタは、ある程度この事態を想定していたとはいえ、ここから急ピッチでチームを仕上げる必要が出てくる。 ▽なお、アタランタはEL予備予選2回戦でサラエボ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)との対戦が決定しており、7月26日に1stレグを。8月2日に2ndレグを戦うことになる。 2018.07.21 15:14 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャがアタランタから買い取り義務付きレンタルでSBマッティエッロを獲得

▽ボローニャは20日、アタランタのイタリア人DFフェデリコ・マッティエッロ(23)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽両サイドバックでプレー可能なマッティエッロは、14歳からユベントスでプレー。2014年11月にトップチームデビューを飾った。その後、キエーボにレンタル移籍したマッティエッロは、2015年3月に脛骨と腓骨を骨折する大ケガを負って半年以上戦列を離れる時期があった。それでも2017-18シーズンはレンタル先のSPALでセリエA29試合に出場し、残留に貢献していた。そして今年1月、アタランタへ完全移籍していた。 ▽ボローニャでは左サイドバックのレギュラーを務めていたイタリア人DFアダム・マジーナがワトフォードへ移籍していた。 2018.07.21 03:22 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース