エイバルMF乾貴士は来季に向けたベティス最初の補強か2018.05.17 21:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今シーズン限りでエイバルの退団を発表している日本代表MF乾貴士(29)だが、レアル・ベティスの新シーズンに向けた最初の補強となりそうだ。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が報じた。

▽エイバルからの飛躍を目指す乾は、今シーズン限りでの退団を既に発表。移籍先には、ベティスが濃厚であるとこれまで報じられてきた。

▽今シーズンの乾は、最終節を残した時点でリーガエスパニョーラで34試合に出場し5ゴール2アシストを記録。チームは契約延長に動いていたが、本人が退団を希望した。

▽『エスタディオ・デポルティボ』によると、ベティスは新シーズンに向けて早く動きたいとのこと。3選手の獲得が近づいており、GKパウ・ロペス(ジローナ)、MFセルヒオ・カナレス(レアル・ソシエダ)とともに、乾が入っている。

▽乾は、最終節のアトレティコ・マドリー戦後、マドリッドからそのままセビージャへと移動し、契約を結ぶとのこと。メディカルチェックは既にパスしているという。

▽ロシア・ワールドカップに出場する日本代表の予備登録メンバーは非公開となっているものの、登録されたという19名の海外組に乾が入っていると報道。18日には、30日に行われるガーナ代表戦に向けたメンバーが発表され、21日からのトレーニングキャンプに参加する見込みだ。

▽ベティスとしては、このタイミングを逃すと乾と契約を結ぶのは6月以降にずれ込むことが濃厚となるため、早急に終結させたいと考えているようだ。果たして、最終節終了後に発表されるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

今夏シティ加入の豪代表19歳FWアルザニ、セルティックへ2年間のレンタル移籍

▽セルティックは17日、9日にメルボルン・シティからマンチェスター・シティへ完全移籍を果たしたオーストラリア代表FWダニエル・アルザニ(19)を2年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽イランにルーツを持つアルザニは鋭い仕掛けと攻撃センスを併せ持つ、オーストラリア期待の若手アタッカーだ。シドニーFCのユースチームを経て2016年に『シティ・フットボール・グループ』傘下のメルボルン・シティに加入すると、2016-17シーズンにトップチームデビュー。昨シーズンは本格的にトップチームに絡むと、Aリーグの最優秀若手選手に選出された。 ▽また、今年6月にオーストラリアのフル代表デビューを飾ると、ロシア・ワールドカップのメンバーにも選出。同大会最年少選手となったアルザニはいずれも途中出場ながらグループリーグ全試合に出場した。 ▽セルティックへのレンタル移籍が決定したアルザニは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「セルティックは世界でも素晴らしい歴史とサポーターを持ったビッググラブだ。ここでプレーできるのが楽しみだよ」 「セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督のもとでプレーすることにとても興味があった。それが実現できてとても興奮しているよ。ベストを尽くしてクラブに貢献していきたいね」 2018.08.17 19:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、在籍25年のマルキジオと契約解除

▽ユベントスは17日、イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ(32)との契約解除を発表した。 ▽マルキジオはユベントスの生え抜き選手。2006-07シーズン途中にトップチームに昇格して以降、現在に至るまでビアンコネーロを支え続け、これまでに公式戦389試合に出場。前人未到のセリエA7連覇、3度のイタリア・スーパーカップ、4度のコッパ・イタリア制覇にも大きく貢献した。 ▽しかし、30歳を過ぎたあたりから出場機会が減少。2017-18シーズンはケガの影響もあり公式戦出場は20試合に留まった。このような状況から2020年まで同クラブとの契約を残しているマルキジオが、今夏での契約解除を考慮していることが浮上。そして17日、7歳の頃に初めて白黒のユニフォームを着用し、25年間在籍したクラブに別れを告げることとなった。 2018.08.17 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

韓国代表指揮官にパウロ・ベント KFAが正式発表

▽韓国サッカー協会(KFA)は17日、ポルトガル人指導者であるパウロ・ベント氏(49)の韓国代表監督就任を発表した。契約期間は、2022年のカタールW杯までとなる。 ▽ベント氏は2004年の現役引退後、古巣スポルティング・リスボンで指導者キャリアをスタートさせると、ポルトガル代表、クルゼイロ、オリンピアコスの監督を歴任。2017年12月に重慶力帆と契約を結んだが、成績不振で今年7月に解任された。 ▽韓国代表はシン・テヨン前監督の下、今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)に参戦したが、ドイツ代表相手の金星も実らず、グループステージ3位で敗退。大会終了後にシン・テヨン氏の更迭に踏み切った。 2018.08.17 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表戦にも出場したセネガル代表MFシェイク・エンドイエがアンジェに復帰

▽アンジェは16日、バーミンガムからセネガル代表MFシェイク・エンドイエ(32)が完全移籍で加入することを発表した。契約期間は2年間となる。 ▽C・エンドイエは、2015年7月にUSクレテイユ=リュシタノからアンジェに加入。2シーズン過ごし、2017年7月にバーミンガムへと移籍していた。 ▽2017-18シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で37試合に出場。FAカップでも3試合に出場しており、今シーズンもチャンピオンシップで2試合に出場していた。 ▽セネガル代表としても29試合に出場しているC・エンドイエは、ロシア・ワールドカップにも出場。日本代表戦にも出場していた。 2018.08.17 12:01 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸MF佐々木大樹のパルメイラス移籍が決定 期間は2019年7月31日

▽ヴィッセル神戸は17日、MF佐々木大樹(18)がパルメイラス(ブラジル)に期限付き移籍することを発表した。籍間は2019年7月31日までとなる。 ▽神戸U-18出身の佐々木は今シーズンからトップチームに昇格。4月にJ1デビューを飾るなど6試合1得点を記録しているほか、Jリーグカップでも4試合1得点の成績も収めている。 ▽武者修行先としてブラジルの名門行きを決断した佐々木は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、ブラジルのパルメイラスに期限付き移籍をすることになりました。サッカーの本場、ブラジルでチャレンジできることに、とてもワクワクしています。初めての海外生活になりますが、より逞しく、より成長した姿をファン・サポーターの皆さまに見せられるように、全力でチャレンジしてきます。また、ヴィッセル神戸のU-18に加入して約3年半お世話になった全ての人に感謝したいです。引き続き、佐々木大樹を宜しくお願いします」 ▽ルイス・フェリペ・スコラーリ監督が指揮を執るパルメイラスは、国内リーグ優勝9度の優勝を誇るブラジルの名門。日本選手の加入は初となる。 2018.08.17 11:15 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース