アトレティコ、守護神オブラクと契約延長か2018.05.17 20:42 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーはスロベニア代表GKヤン・オブラク(25)を離さない構えだ。スペイン『アス』が伝えている。

▽2014年にベンフィカから加入したオブラク。2シーズン目から正GKとしてアトレティコのゴールマウスを守るスロベニア代表GKは、今季もリーグ戦30試合に出場し、チームのリーグ最少失点に大きく貢献。先日のヨーロッパリーグ決勝でもマルセイユ相手に完封勝利を収めた。

▽クラブのミゲル・アンヘル・ギル・マリンCEOは、多くのビッグクラブが興味を示してるとされているオブラクを手放す気はないようで、「我々はオブラクの契約条項を改善しようよしている。我々ができることは彼を信じて待つだけだ」とコメント。

▽オブラクにはリバプールやアーセナルが注目していると伝えられている。
コメント
関連ニュース
thumb

負傷離脱のコケ、CL・ユベントス戦の大一番で復帰か

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFコケが、ユベントス戦に出場できる可能性が出てきた。スペイン『マルカ』が伝えている。 コケは、1月19日に敵地で行われたリーガエスパニョーラ第20節ウエスカ戦で1ゴールを記録したものの、72分に負傷交代。検査を受けた結果、グレード1の右ハムストリング損傷が判明し、全治1~2週間と伝えられていた。 以降、2月9日のリーガエスパニョーラ第23節、レアル・マドリー戦を含めて4試合連続で欠場。当初は20日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントラウンド16・1stレグのユベントス戦の出場も危ぶまれていた。 しかし、今回伝えられるところによると、コケは17日の全体練習に合流。違和感もなく取り組むことができたという。 アトレティコは16日に行われたリーグ第24節のラージョ戦でも長期離脱していたスペイン代表FWジエゴ・コスタが、途中出場し復帰。来る20日の大一番・ユベントス戦に向けてポジティブな話題が増えてきた。 2019.02.18 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ラージョ戦辛勝のシメオネ「美しいプレーを選ぶ人たちも最後には勝利求める。私たちは最初から勝利求める」

16日のリーガエスパニョーラ第24節、アトレティコ・マドリーは敵地バジェカスでのラージョ・バジェカーノ戦を1-0で制した。ディエゴ・シメオネ監督は、低調なパフォーマンスながら勝利を手にした重要性を説いている。<br><br>攻撃はラージョの3/5バックを相手にほぼ通用せず、さらに中盤の守備が緩慢で何度も失点の危機も迎えたアトレティコ。それでもワンプレーからFWアントワーヌ・グリーズマンが先制点を決め、GKヤン・オブラクが好守を連発したことで勝ち点3を獲得している。<br><br>シメオネ監督は試合後、自チームのパフォーマンスに不満が噴出しそうな状況で、勝利を手にする価値を強調した。<br><br>「いつだって勝つことが大切だ。『私は美しいプレーを選ぶ』という有名が言葉がある。しかし美しいプレーを選択する人々も、最後には悪いプレーであっても勝つことを望むものだ。一方で私たちはいつどんな時にも勝利を求めている」<br><br>「これでユーベ戦に勝てるのか? これが私たちの強さ。皆がそう考えているはずだ」<br><br>「ここ(バジェカス)でのプレーは、いつだって苦労を強いられる。いつだって厳しい戦いとなり、ほとんどが最少得点差の結果となった。決して簡単なピッチではないんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.18 01:17 Mon
twitterfacebook
thumb

守護神オブラク、アトレティコとの延長に「サイン出来れば満足」

アトレティコ・マドリーに所属するスロベニア代表GKヤン・オブラク(26)が、クラブとの契約延長について語った。スペイン『アス』が伝えている。 2014年にベンフィカから加入して以降、ディエゴ・シメオネ監督率いるチームの絶対的守護神に君臨するオブラク。リーガエスパニョーラで最少失点(17失点)の堅守を支えており、その存在の大きさは計り知れない。オブラクは、直近のリーガ第24節ラージョ戦でも6セーブを記録。格下に苦しめられながらも相手のシュートを全てシャットアウトし、1-0での辛勝を手繰り寄せる活躍を披露した。 アトレティコとの現行契約が2021年までとなり、パリ・サンジェルマン(PSG)やプレミアリーグといったクラブからの関心が伝えられているオブラクは、ラージョ戦後に自身の契約について以下のように語っている。 「2021年まで契約しているし、僕はアトレティコに集中している」 「何が起こるか分からないけど、全てが整理されると思う」 「僕の代理人とクラブは協議中だ」 「数年間の契約が残っていて、更なる延長にサイン出来れば僕は満足するだろうね」 アトレティコとの契約延長に関して、前向きな言葉を発したオブラク。今年初めのスペイン『Cadena Cope』による報道でも両者の交渉が順調なことが伝えられており、今回の発言も合わせてほぼ気持ちは固まっていると捉えてもよさそうだ。 2019.02.17 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ、サウール・ニゲスをロックオン!

イギリス『ミラー』は、マンチェスター・シティがアトレティコ・マドリーに所属するMFサウール・ニゲス(24)を今夏最有力ターゲットに定めたと報じた。 2017年7月に異例の9年間に及ぶ新契約締結に至り、現行契約2年目のサウール・ニゲス。契約解除金においても1億3000万ポンド(約185億1000万円)が設定され、そう簡単に手を出せない額だ。 シティはブラジル代表MFフェルナンジーニョ(33)の後釜探しに奔走。だが、イタリア代表MFジョルジーニョ(27)やブラジル代表MFフレッジ(25)、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の獲得に相次ぎ失敗している。 そのシティは今夏もフェルナンジーニョの後釜確保を視野に。そこで、昨年末から水面下で視線を注いできたサウール・ニゲスを完璧な後継者として見極め、今夏の移籍市場でNo1の標的に設定したという。 サウール・ニゲスはアトレティコ・マドリー下部組織育ちで、技術面の全てが高水準の中盤複数エリアでプレーできる万能プレーヤー。ディエゴ・シメオネ監督の信頼も厚く、今シーズンも公式戦30試合3得点3アシストを記録している。 2019.02.17 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「CL決勝だ」モラタ、古巣ユーベ戦を前に意気込み

アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタは、古巣ユベントスとの一戦を前にコメントを残した。<br><br>2014年から2016年までの2シーズン、ユベントスでプレーしたモラタ。通算93試合に出場して、27ゴールを記録するなどのインパクトをイタリアで残した同選手だが、レアル・マドリーやチェルシーでは十分な活躍ができず、今冬の移籍市場でアトレティコ・マドリーに加入した。<br><br>2015年にはユベントスのチャンピオンズリーグ決勝進出に大きく貢献したモラタは、20日のCL決勝トーナメント1回戦1stレグのホームでの一戦で古巣と対戦する。この試合を前に行われた16日の1-0で勝利したラージョ戦後に、大一番に向けて意気込みを語った。<br><br>「ユベントスは僕たちがリスペクトしているチームだ。一方で、彼らも僕たちのことをリスペクトしているはずだ。これは2つのビッグクラブが対峙する試合で、チャンピオンズリーグ決勝のようになるだろう」<br><br>「まだリーガエスパニョーラとチャンピオンズリーグを戦っている僕たちにとって、ユベントスとの2試合はシーズンを占う非常に重要なものだ。僕たちはアトレティコで、捨てることのできる試合や大会はない。常にすべてを勝ち取ることを目指している」<br><br>アトレティコ・マドリーに移籍以降、ここまで3試合に出場してゴールのないモラタだが、古巣ユベントスを相手にどのようなプレーを見せるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2019.02.17 11:40 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース