カシージャス、契約延長へ2018.05.17 20:01 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)が契約延長に合意したようだ。ポルトガル『TSF』が報じている。

▽2015年にレアル・マドリーからポルトに移籍したカシージャス。契約は今季限りまでとなっていたが、記事によれば、同選手は減俸を受け入れ、1年間の契約延長にサインするようだ。

▽加入後すぐに守護神の座を射止めたカシージャスは、在籍3シーズンで公式戦114試合に出場。3シーズン目を迎えた今季は、シーズン中盤に出場から遠ざかったものの、リーグ戦20試合に出場して11度のクリーンシートを達成。5シーズンぶりの優勝に貢献した。

コメント

関連ニュース

thumb

5季ぶりリーグ制覇のポルトがセルジオ・コンセイソン監督と契約延長

▽ポルトは24日、セルジオ・コンセイソン監督(43)との契約延長を発表した。新契約は2020年までとなる。 ▽現役時代はポルトガル代表としても活躍し、ポルトやラツィオ、パルマ、インテル、スランダール・リエージュなどでプレー。引退後はブラガやヴィトーリア、ナントなどで指揮を執り、2017年7月にポルトの監督に就任していた。 ▽今シーズンのポルトは、セルジオ・コンセイソン監督の下リーグ戦で好調を維持。2012-13シーズン以来、5シーズンぶりにリーグ優勝を果たしていた。 ▽また、勝ち点も88稼ぎ、クラブ記録を更新。その手腕を認められ、契約延長に至った。 2018.05.25 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、アルジェリア代表MF獲得交渉は難航か

▽ローマはポルトのアルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミ(28)の獲得に乗り出しているが、交渉が難航しているようだ。ポルトガル『オ・ジョゴ』の報道をもとにイタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽アルジェリア代表アタッカーの獲得を目指すローマは、同選手の獲得に2500万ユーロ(約32億5000万円)を用意している。しかし、ポルト側はこの条件に満足しておらず、少なくとも3000万ユーロ(約39億円)を求めているそうだ。 ▽ブラヒミ自身はポルトからの移籍を希望している。しかし、エバートンやニューカッスルも獲得を望んでおり、選手本人はイングランド行きに気持ちが傾いているという。これもローマにとっては不利な条件となることが予想されるため、獲得を実現させるには越えるべき壁がいくつかありそうだ。 2018.05.23 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

レスターがポルトガル代表右サイドバックを獲得!

▽レスター・シティは19日、ポルトからポルトガル代表DFリカルド・ペレイラ(24)を獲得したことを発表した。契約2023年までの5年契約となる。 ▽ロシア・ワールドカップの代表メンバーにも選ばれているリカルド・ペレイラ。レスター加入を以下のようにコメントしている。 「ここにこられてとても嬉しい。このチームで早くベストを尽くしたい。プレミアリーグの雰囲気、ファン、そしてフットボールは世界一だ。僕はチームを助けるため、チームの目標を達成させるためにここに来たんだ」 ▽2013年に、スポルティング・リスボンやヴィトーリアの下部組織を経てポルトの下部チームに入団したリカルド・ペレイラは、ニースへのレンタル移籍も経験しつつ、今シーズンからポルトにレンタルから復帰。右サイドバックを主戦場にリーグ戦27試合に出場し2ゴール5アシストを記録し、チームの5年ぶりの優勝に貢献した。 2018.05.20 04:39 Sun
twitterfacebook
thumb

カシージャスがポルトと1年の契約延長

▽ポルトは17日、元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)と1年の契約延長で合意したことを発表した。 ▽2015年にレアル・マドリーからポルトに移籍したカシージャス。契約は今季限りまでとなっていたが、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えるクラブの事情を考慮して減俸を受け入れ、1年間の契約延長にサインした格好だ。 ▽加入後すぐに守護神の座を射止めたカシージャスは、在籍3シーズンで公式戦114試合に出場。3シーズン目を迎えた今季は、シーズン中盤に出場から遠ざかったものの、リーグ戦20試合に出場して11度のクリーンシートを達成。5シーズンぶりの優勝に貢献した。 2018.05.18 01:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルトで初タイトル獲得のカシージャス、一転して残留の可能性も?

▽ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)が今シーズン限りで満了するクラブとの契約を更新する可能性を示唆した。スペイン『Diario AS』が伝えている。 ▽2015年にレアル・マドリーからポルトに加入したカシージャスは、加入2シーズン目までは正GKとして活躍。今季も開幕から正GKを務めていたものの、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えるクラブが高額な年俸の支払いを嫌い、今冬に放出するため一時は“干される”時期もあった。 ▽しかし、今年2月に入って再び正GKに復帰すると最終的にリーグ戦20試合に出場。6日に本拠地エスタディオ・ド・ドラゴンで行われたプリメイラ・リーガ第33節フェイレンセ戦でもゴールを守り、2012-13シーズン以来となる5年ぶり28度目のリーグ制覇をピッチ内で祝った。 ▽それでも、今季終了後にはクラブとの契約を更新せず、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイヤーに加入する見込みであると伝えられていた。 ▽しかし、優勝後にインタビューを受けたカシージャスはポルトとの契約を更新する可能性を示唆している。 「僕はここに残ることを希望している」 「現時点で自分の将来は不透明で、今日の試合がエスタディオ・ド・ドラゴンでプレーする最後の試合になったかもしれない。だけど、僕に引退の意思はないし、フットボールを続けていきたいと思っている」 「もし、ポルトから契約延長のオファーが届けば、喜んで話を聞くつもりだ」 ▽なお、先月にポルトのジョウジュ・ピント・ダ・コスタ会長はカシージャスとの契約延長を希望する発言をしていた。 2018.05.07 20:30 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース