ユベントスでの17年間のキャリアに終止符を打つブッフォンが会見で胸中や将来を語る2018.05.17 19:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)が17日に会見を実施。今シーズン限りでのユベントス退団を明らかにした。

▽ブッフォンは、パルマのユースで育ち、1995年にトップチームに昇格。1998-99シーズンにはコッパ・イタリア、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)のタイトルを獲得。正守護神として活躍を続けた。2001年、当時のGK最高額の移籍金でユベントスへと移籍。守護神としていきなりスクデットを獲得すると、翌年には連覇を達成した。

▽チームが八百長行為による処分で2006年にセリエBに降格したものの、ブッフォンは残留。その後も正守護神として活躍したが、今シーズン限りで契約が満了。そのまま退団となることが決定した。

▽ユベントスでは、ここまで公式戦通算655試合に出場。セリエAで9回、コッパ・イタリアで4回優勝をしている。ブッフォンは、自身のこれまでのユベントスでのキャリアを振り返りコメント。感謝の気持ちを述べている。

「僕は会長の言葉に感謝します。多くのものを受け取りました。僕のポリシーは、常に誠実であり、忠誠であり、偽善との戦いだった」

「とても興奮しているけど、幸せと充実感を持ってここまでやってきた。この感情は、特別で美しい度にでる子どもたちのようなものだ。僕を愛してくれた人々とシェアしたい。その理由は、僕が常にベストを尽くしてきたからだ」

「土曜日(19日)の試合は、僕にとってのユベントスでの最後の試合となる。そして、2つのタイトルとアンドレア会長、そして全てのビアンコ・ネーリの人々との僕の冒険を終わらせるには最善の方法だと思う」

「僕は、僕の名前とユベントスでのパフォーマンス、最後までベストを尽くせることを誇りに思う。僕は穏やかで幸せな挨拶にたどり着きたい。そして、スポーツマンとして疑う余地のないことだ」

「2001年、ユベントスは驚異的な才能を獲得した。しかし、この才能がチャンピオンに変わったのなら、それはユベントスが起こしたことだった」

「僕が40歳でこのような状態なのは、ユベントス、そのメンタリティ、アプローチのお陰だ。僕は、この哲学によって、自身を作り上げた。そして、サッカーをやめた後、将来僕のものになるだろう。結果を得るために、僕が知っている唯一の方法だ」

「僕はいつだって、ユベントスに感謝し続けるだろう」

▽また、週末のセリエA最終節のヴェローナ戦でプレーすることを明かし、チーム側からは色々な提案を受けていることも発表。オファーも届いている中、自身の去就については来週決めると語った。

「今のところ、僕は土曜日のゲームに出ることだけを知っている。アンドレア・アニェッリは、僕の周りで起こり得る全てのことを知っており、カウンセラーだ。数日前まで、僕はプレーしないことが確実だった。今は、刺激的な提案があるよ」

「ピッチでの最も刺激的な提案は、会長からもらったものだ。来週、2〜3日の間に、僕は意思決定をする。僕は、自分の性格に従うよ」

「僕は将来の決定でも、自分の平穏を変えるつもりはない。今、元プレーヤーであることを今は受け入れた。たとえ何が起きても、最終的には幸せになっているよ」

「いくつかの非常に興味深いオファーを受けている。しかし、来週を待ちたいと思う。もし、僕が続けるならば、大きな目標に達するという野心があるということだ」
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナルレジェンド、ラムジーのユーベ行きは「吐き気を催す」 クラブを批判

アーセナルのレジェンドである元イングランド代表DFマーティン・キーオン氏が、同クラブのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの慰留に失敗したクラブを批判した。<br><br>2008年にカーディフ・シティから加入後、アーセナルで10年以上を過ごしてきたラムジー。しかし、今季限りとなっているクラブとの契約に関して延長交渉は進展せず、先日にはユベントス移籍が合意したことが伝えられた。<br><br>夏のフリー移籍を前にメディカルチェックを終えたとも報じられる中、ラムジーは19日に行われたプレミアリーグ第23節のチェルシー戦で先発。相手のキーマンであるジョルジーニョを潰しつつ、豊富な運動量で攻撃を活性化する好パフォーマンスを見せた。<br><br>『BT Sports』で解説を務めたキーオン氏は試合後、ラムジーの去就について、「彼が今日、攻撃時と守備時のどちらにおいても見せていたものを考えると悲しいね」とコメント。さらに、「彼が出ていくことを考えると、少し吐き気を催すほどだよ。チームが前進しようとしている中、凄く重要な一人の選手がその将来にいない」と退団が決定的な状況を嘆き、「アーセナルは彼を失った。誰がそのような決定を下したのは知らない」と、契約延長交渉から自ら降りたとも言われるクラブの判断に納得がいっていない様子だった。<br><br>5位のアーセナルは、今回の勝利で4位のチェルシーとの勝ち点差を3ポイントとし、来季チャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて大きな後押しを得ている。契約満了までチームにコミットし続ける姿勢を見せたラムジーのパフォーマンスに今後も期待がかかる。<br><br>提供:goal.com 2019.01.20 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシとロナウドどっちが上? モウリーニョ「真に称賛に値することは…」

ジョゼ・モウリーニョ氏が、サッカー界のお馴染みの質問に自身の見解を示している。イギリス『メトロ』が伝えた。 現在のサッカー界では、「リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドのどちらが上か」という質問がインタビューや対談でお馴染みになっている。どちらの選手もここ10年間はお互いしか比較対象がいない程の活躍を継続しており、まさに甲乙つけ難い二者択一だ。 これまで数々の選手や監督たちが自信の考えを示してきたが、昨年末にマンチェスター・ユナイテッドを去ったモウリーニョ氏は、その問い自体がナンセンスだと主張している。 「片方がもう一方よりも優れていると誰かが話すのは、どちらにもアンフェアだと思う」 「メッシと(クリスティアーノ・)ロナウドについて君に聞かれたけど、その選手たちを比較するのはあんまりにもだと思う。私が唯一言えることは、ロナウドを側に置けた自分が幸せな男だったということだけだ」 「メッシと対戦しなければならなかった時、ロナウドとも数回あったが、私はチームが成功するチャンスを確保するために多くのことを考えなくてはならなかった」 「真に称賛に値することは、トップに留まっている年数だ。一度勝つことはできる。勝利して、勝利して、勝利して、勝利して、勝利し続けることは遥かに困難だ」 「この2人は10年間もその域にいる。彼らに関する全てのことは本人たちが十分か決める。他の人たちはハードルを上げることができるがね」 2019.01.19 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

イグアインがロンドンへ 19日アーセナル戦でチェルシーデビューか

ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(31)のチェルシー移籍が間近の様相だ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、イグアインは18日にもチェルシー移籍に向け、ロンドン入りし、メディカルチェックへ。ユベントスとの話もまとまっており、契約書にサインを交わすのみだという。 また、イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』もイグアインのチェルシー移籍を報道。19日に行われるプレミアリーグ第23節のアーセナル戦に間に合わせるべく、締め切りの18日午後12時までにメンバー登録したい模様だ。 なお、チェルシーとユベントスは、3200万ポンド(約45億4000万円)の買取オプションが付随したレンタルで合意。イグアインはチェルシーで週給15万ポンド(約2100万円)の契約を結ぶとみられる。 2019.01.18 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ラムジーがユベントスと事前契約 英有力メディア報じる

イギリス『スカイ・スポーツ』は17日、アーセナルに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)のユベントス移籍を報じた。 アーセナルとの延長交渉の決裂により、今シーズン終了後にフリーの身となるラムジー。パリ・サンジェルマン(PSG)やバイエルンがラムジーに目を光らせてきたが、ユベントス移籍が決定的な様相だ。 渦中のラムジーは先週末にシーズン終了後のユベントス加入に向け、メディカルチェックを受診。事前合意に達したとみられ、2月にも獲得の公式発表される見通しだという。 ラムジーは2008年夏、アーセナルに入団。3度のFAカップ制覇を誇り、プレミアリーグ通算253試合53得点を記録している。 2019.01.18 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーのイグアイン獲得報道で、モラタのアトレティコ移籍が加速

チェルシーを巡るストライカーの去就が慌ただしくなっている。 先日、チェルシーのミラン所属アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン獲得合意報道が流れた。昨夏から興味を示していたマウリツィオ・サッリ監督の愛弟子の獲得にようやく漕ぎ着けた模様だ。 一方で、イグアインのスタンフォード・ブリッジ到着は、現チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタの出発も意味している。イギリス『スカイ・スポーツ』は、イグアインの所属先であるユベントスとチェルシーは、1年間の延長オプション付きの今季いっぱいまでのレンタルで合意したと報道。同時に、以前から噂が上がっていたモラタのアトレティコ移籍に拍車がかかると見込んでいる。 同選手にはセビージャやバルセロナからの関心も伝えられていたが、ここにきてアトレティコがポールポジションに立った模様。交渉も順調に進んでいるようだ。 2017年夏に7000万ポンド(現在のレートで約98億円)の移籍金でレアル・マドリーからチェルシーに移籍したモラタ。しかし、その高額は移籍金とは裏腹に、プレミアリーグのスタイルに馴染めず、今季もここまで16試合で5ゴールと結果を残せていない。 果たしてモラタはユース時代を過ごした古巣で輝きを取り戻すことはできるのだろうか。チェルシーを巡るストライカーの玉突き移籍が刻一刻と迫っている。 2019.01.17 15:50 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース