レジェンド・ブッフォンがユベントスを退団…17年の栄光に別れ2018.05.17 18:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)が、クラブを離れることを表明した。

▽ブッフォンは17日に開かれた記者会見に出席。その中で、今シーズン限りでユベントスを離れることを明かした。

「土曜日の試合がユベントスでの最後の試合になるだろう。このチームでベストを尽くせたことを誇りに思う」

「僕は自分の人生を生き続ける。それが僕の思う最良の選択だ」

▽2001年にパルマから当時GKとしては史上最高額の移籍金でユベントスに移籍したブッフォン。在籍17年間で公式戦655試合に出場。獲得したタイトルは「19」を数え、長らく世界ナンバーワンGKとして君臨した。

▽40歳になってもなお現役を続ける生きるレジェンドは、愛するクラブを離れることを決意した。

コメント

関連ニュース

thumb

ハノーファー、イングランド2部降格のストークからオーストリア代表DFを獲得

▽ハノーファーは27日、ストーク・シティからオーストリア代表DFケビン・ヴィマー(25) を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までとなる。 ▽ヴィマーは2012年に加入したケルンで評価を高め、2015年夏にトッテナムへ移籍。しかし、トッテナムでは定位置を確保できず、出場機会を求め2017年の夏にストークへ完全移籍。 ▽ストークでは、マーク・ヒューズ前監督のもとプレミアリーグ17試合に出場。しかし、今年1月に同監督が解任されると、後任のポール・ランバート監督のもとでは出場機会を得られていなかった。 2018.05.28 01:35 Mon
twitterfacebook
thumb

昇格ニュルンベルク、降格HSVからGKマゼニアを獲得

▽ブンデスリーガ1部に昇格したニュルンベルクは26日、2部に降格したハンブルガーSVのドイツ人GKクリスティアン・マゼニア(26)の獲得を発表した。契約内容は発表されていない。 ▽マインツの下部組織出身であるマゼニアは、2015-16シーズンにダルムシュタットで正GKとして残留に貢献。翌シーズンにHSVへ移籍し、在籍2シーズンで公式戦39試合に出場。2017-18シーズンはブンデスリーガ24試合に出場したが、シーズン終盤は控えに回っていた。 ▽ニュルンベルクへの移籍が決まったマゼニアは次のように語っている。 「これからワクワクするタスクが待っている。楽しみだ。ここでチームが安定したシーズンを過ごせるように全力を尽くしていく。そして目標を達成したいね。(ダルムシュタット時代に共に過ごした)ベーレンスからニュルンベルクについて聞いているし、また同じチームになったことを嬉しく思っているよ。ただ他の新しいチームメートについても、もちろん楽しみだけれどもね」 2018.05.27 00:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ACLで活躍した蔚山現代FWオルシッチがディナモ・ザグレブへ完全移籍

▽ディナモ・ザグレブは25日、蔚山現代からFWミスラフ・オルシッチ(25)が加入することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽オルシッチは、イタリアのスペツィアから2014年7月に母国クロアチアのリエカへ完全移籍。その後は、韓国の全南ドラゴンズへレンタル移籍を経験すると、2016年1月に完全移籍。2016年7月には中国スーパーリーグの長春亜泰へと完全移籍していた。 ▽2017年2月に蔚山現代へと移籍すると、今シーズンはKリーグ1で13試合に出場し3ゴール1アシストを記録。AFCチャンピオンズリーグでも7試合に出場し4ゴール3アシストを記録し、チームのベスト16進出に貢献。サガン鳥栖からレンタル移籍で加入しているFW豊田陽平ともプレーしていた。 ▽世代別のクロアチア代表を経験しているオルシッチは、母国の名門クラブへの移籍を喜んでいる。 「ディナモでプレーするチャンスを与えられてとても嬉しく、少年時代からの夢でした。とても誇りに思い、信頼してくれたことを感謝します」 「ザグレブに戻って来れたことにとても満足しています。クラブは2冠でシーズンを終えてて、新シーズンは多くの成功が待っていると確信しています。良い結果と勝利を楽しみにしています」 2018.05.26 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

清水、広島、FC東京でプレーしたピーター・ウタカがデンマーク2部クラブを退団

▽デンマーク2部のヴェイレBKは25日、FWピーター・ウタカ(34)の退団を発表した。クラブ公式サイトで伝えた。 ▽清水エスパルスやサンフレッチェ広島、FC東京とJリーグの3クラブでプレーしていたウタカは、2018年2月に広島からヴェイレBKへ完全移籍。シーズン後半で6試合に出場したものの、ゴールを記録することはなかった。 ▽チームは2部で首位を守り、来シーズンから1部に昇格。チームのテクニカルマネージャーであるヤコブ・クルーガー氏はウタカへの感謝のコメントを残している。 「ピーター・ウタカは、短期的な課題の解決で力になるとわかっていた。事前に予想していたプレー時間は得られていなかったが、トレーニングに臨むプロとしての姿勢は素晴らしかった。ピーターは長いキャリアで多くのことを経験してきた。そして、チームの難しい時期に、特にピッチ外でチームを助けてくれた。昇格をつかんだチームの一員として認める必要がある」 2018.05.26 13:10 Sat
twitterfacebook
thumb

大迫勇也にライバル出現! ブレーメンが岡崎慎司の元同僚オーストリア代表FWを獲得

▽ブレーメンは25日、ハノーファーのオーストリア代表FWマルティン・ハルニク(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽ハルニクは、2007年7月にブレーメンのトップチームでデビュー。その後は、デュッセルドルフへのレンタル移籍を経験し、2010年7月にシュツットガルトへと移籍した。 ▽長らくシュツットガルトでプレーしていたものの、2016年7月にハノーファーへと移籍。今シーズンはブンデスリーガで30試合に出場し9ゴール3アシストを記録していた。 ▽シュツットガルト時代には、日本代表FW岡崎慎司(レスター・シティ)やDF酒井高徳(ハンブルガーSV)ともプレー。ブンデスリーガでは220試合に出場し62ゴール32アシストを記録。新シーズンからブレーメンに加入する日本代表FW大迫勇也にとっては、強力なライバルとなる。 2018.05.26 13:03 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース