サッリ、ナポリと契約延長へ…チェルシー就任の可能性は消滅に2018.05.17 18:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリが、マウリツィオ・サッリ監督(59)と契約延長したようだ。イギリス『デイリー・メール』がイタリア「コリエデ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。

▽報道によれば、ナポリとサッリ監督は、これまで2020年までだった契約を1年間延長し、2021年までとすることで合意に達したようだ。それに伴い、これまでから2倍以上の年俸350万ポンド(約5億2000万円)を受け取ることになるという。

▽サッリ監督はこれまで、チェルシーのアントニオ・コンテ監督の後任の有力候補としてみられていたが、これによりその可能性は消滅。少なくとも来シーズンはナポリで指揮を執ることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

ハムシク、中国行きを熱望

▽ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(30)が中国への移籍を示唆している。『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽先日、母国メディア『Pravda』のインタビューで「別々の道を歩むタイミングなのかもしれない。新しい何かにトライしてみたい」 と移籍の可能性をほのめかしていたハムシク。現在はマウリツィオ・サッリ監督就任間近のチェルシーや、中国クラブが獲得に興味を示しているとされる中、同選手は『Slovak Sport 24』に対し、こういったコメントを残している。 「僕はナポリの選手だよ、今はね。カルロ・アンチェロッティ(新監督)と電話をしたよ。だけど、僕が中国での新たな挑戦に魅力を感じていることを認めなくてはならない。どうなるかみてみよう」 「僕はスーパーカップの1度しか中国に行ったことがないんだ。だけど、人生ではあらゆることにチャレンジしていかなければならない」 2018.05.27 21:01 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、サッリと大筋合意!

▽チェルシーが、ナポリ指揮官からの退任が明言されているマウリツィオ・サッリ監督(59)と大筋合意に至ったようだ。イタリア版『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2015年からナポリの指揮を執り、魅力的な攻撃的サッカーを展開するチームを作り上げたサッリ監督。就任3年目を迎えた今シーズンは、開幕から8連勝を飾るなど冬の王者に輝いたが、結果的にはユベントスに史上初の7連覇を許し、1989-90シーズンぶりのスクデット獲得は叶わず。23日、ナポリのアレリオ・デ・ラウレンティス会長により退任が発表された。 ▽サッリ監督の新天地はチェルシーが濃厚とみられており、今回の『スカイ・スポーツ』の報道によると既に大筋合意に至っている模様。しかし、チェルシーは19日にFAカップ決勝でマンチェスター・ユナイテッドを1-0破り優勝したため、現・指揮官のアントニオ・コンテ監督解任に1750万ポンド(約25億5000万円)を支払う必要があるという。 ▽とはいえ、本来であれば2020年までナポリと契約を結んでいたサッリ監督の契約解除金700万ポンド(約10億2000万円)は5月31日を以って失効に。ナポリが既にカルロ・アンチェロッティ監督の就任を発表していることもあり、大きな障害にはならなさそうだ。 2018.05.27 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ゼニト、サッリ監督の招へいを断念… 新監督には長年コーチを務めたセマク氏を招へいか

▽ロベルト・マンチーニ監督の後任としてナポリを退任したマウリツィオ・サッリ監督の招へいを目指していたセニトだが、これを断念したようだ。イタリア『Sportitalia』が報じている。 ▽昨夏に就任したマンチーニ監督が、イタリア代表監督就任に伴い退任したゼニト。報道によれば、ゼニトはマンチーニ監督の後任にナポリを退任したサッリ監督の招へいを目指していたが、同監督はチェルシーの新監督就任が秒読み段階に入ったため、これを断念。新監督には今季ロシア1部のウファを率いていたセルゲイ・セマク氏(42)を招へいするようだ。 ▽2013年に現役を引退したセマク氏は、同年にゼニトのアシスタントコーチに就任。ルチアーノ・スパレッティ氏(現・ローマ監督)、アンドレ・ビラス・ボアス氏、ミルチェア・ルチェスク氏(現・トルコ代表監督)の下でコーチを務め、2014年3月には、暫定監督として2試合指揮を執った。 2018.05.27 05:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ、アンチェロッティ監督が要望するFWキエーザ獲得に動く! フィオレンティーナは拒否か

▽フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(20)の周囲が騒がしくなっている。ナポリが獲得に動いているという報道があるものの、クラブは簡単に手放すつもりがないようだ。 ▽今季までチームを率いたマウリツィオ・サッリ監督の退任に伴い、カルロ・アンチェロッティ新監督を迎えたナポリ。『La Nazione』によれば、アンチェロッティ監督はナポリ就任の際にキエーザの獲得を要求し、クラブもこれを承諾したという。 ▽2007年にフィオレンティーナの下部組織に加入したキエーザは、2016年7月にトップチーム昇格を果たすと、2016-17セリエAで開幕スタメンに名を連ねた。高い攻撃センスを武器に2列目を主戦場にフィオレンティーナの攻撃陣をけん引する逸材は、今シーズンの公式戦38試合に出場し6ゴール9アシストを記録している。 ▽なお、キエーザの市場価格は4000万ユーロ(約51億円)とされているが、『La Nazione』は6000万ユーロ(約76億5000万円)ほどの移籍金が必要と予想している。 2018.05.27 00:15 Sun
twitterfacebook
thumb

新生ナポリ大改革へ? マドリー&バルサから引き抜きを画策

▽ナポリが、レアル・マドリーとバルセロナから補強を考えているようだ。『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽先日、カルロ・アンチェロッティ監督の就任が決定したナポリ。すでに来シーズンに向けた補強計画を進めており、マドリーとバルセロナで余剰戦力となっている選手らの動向に注目しているようだ。 ▽記事によれば、マドリーからはフランス代表FWカリム・ベンゼマ(30)の引き抜きを画策している模様。今季で9シーズン目を迎えたストライカーだが、リーグ戦32試合の出場にして奪ったゴールはPKでの2得点を含む5ゴールのみ。12アシストこそしているものの、再三のシュートミスからファンからはブーイング。今季限りでの退団が濃厚とみられている。 ▽一方、バルセロナからはポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(24)、スペイン人MFデニス・スアレス(24)、同FWパコ・アルカセル(24)が獲得リストに挙がっているようだ。3選手はそれぞれ、今季リーグ戦16試合、18試合、17試合と、国内2冠を達成したバルセロナで主力に数えられてはいなかった。 ▽ナポリは他にもバイエルンのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルやパリサンジェルマンのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアといった選手への関心も伝えられており、今夏大改革が行われるかもしれない。 2018.05.26 20:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース