川崎F、川崎市制記念試合で等々力を盛り上げた歌手・西城秀樹さんの訃報を受けて追悼の意…2018.05.17 18:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽歌手・西城秀樹さんが5月16日に急性心不全のため亡くなった。63歳だった。この訃報を受けて川崎フロンターレが追悼の意を示している。▽1972年に「恋する季節」でデビューを飾り、「ちぎれた愛」、「傷だらけのローラ」など立て続けにヒットを放った西城秀樹さん。1979年に発売された「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」ではミリオンセラーを記録し、両腕を使った「Y・M・C・A」の振り付けが大流行した。

▽2004年に当時川崎市に在住していた西城秀樹さんは、川崎市の市制80周年記念試合として等々力陸上競技場で開催されたJ2第21節の川崎フロンターレvs横浜FCのハーフタイムで「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」を熱唱。以降、2007年を除いて毎年「川崎市制記念試合」に出演し、毎回会場を盛り上げていた。

▽西城秀樹さんの訃報を受けて川崎フロンターレクラブ公式ツイッター(@frontale_staff)と、同クラブマスコットのふろん太(@kawasaki_f)がツイッターを更新。追悼の意を表すと共に、感謝を告げている。

◆クラブ公式ツイッター
「いつも謙虚で気さくで笑顔がとても素敵な方。せっかくの縁だからと、フロンターレのサポーターのために、わずか数分の出演にも関わらず毎回毎回リハーサルから一切の妥協を許さない厳しい方でもありました。あの、等々力が一体となる瞬間が大好きでした。秀樹さん、ありがとうございました」

◆ふろん太
「多くの芸能事務所から『冗談でしょ?』って言われるような費用しか用意できなかったのに、当時川崎在住というだけで男気で来てくださった。以来ずーっと頭が上がらなかったけど、去年西城さんの方から『毎年呼んでくれてありがとうね』って。僕、感謝の気持ちを持つ大切さを教えてもらったよ」
コメント
関連ニュース
thumb

名古屋のグランパスくんが史上初の連覇! Jリーグマスコット総選挙結果

Jリーグは16日、Jリーグマスコット総選挙2019の結果発表を行い、名古屋グランパスのグランパスくんが1位に輝き、史上初の連覇を飾った。 1月28日の中間発表ではグランパスくん(名古屋グランパス)が1位だったが、そのまま首位をキープして連覇を達成した。グランパスくんは自身のツイッター(@grampuskun_No1)で、投票してくれたファンの皆に感謝すると共に、2019シーズンも盛り上げていくことを誓った。 「みんなの力で史上初の2連覇を達成したがね!応援してくれたみんな、ほんとにほんとにありがとさんだわ!」 「たくさんの応援うれしかった!投票期間中に同じ目標に向かってみんなと一丸だって感じたんよ! この勢いで2019シーズン一緒に盛り上げていくがね!よろしくなも!!」 ▽なお、2位はヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)、3位はベガッ太(ベガルタ仙台)という結果となった。 ■Jリーグマスコット総選挙2019 1位:グランパスくん/名古屋グランパス 2位:ヴィヴィくん/V・ファーレン長崎 3位:ベガッ太/ベガルタ仙台 4位:ドーレくん/北海道コンサドーレ札幌 5位:サンチェ/サンフレッチェ広島 6位:ガンズくん/松本山雅FC 7位:ニータン/大分トリニータ 8位:ふろん太/川崎フロンターレ 9位:パルちゃん/清水エスパルス 10位:マリノスケ/横浜F・マリノス 11位:東京ドロンパ/FC東京 12位:ガンバボーイ/ガンバ大阪 13位:しかお/鹿島アントラーズ 14位:ヴァンくん/ヴァンフォーレ甲府 15位:レノ丸/レノファ山口FC 16位:ギッフィー/FC岐阜 17位:ゲンゾー/ツエーゲン金沢 18位:アルビくん/アルビレックス新潟 19位:ウィントス/サガン鳥栖 20位:モーヴィ/ヴィッセル神戸 21位:ジュビロくん/ジュビロ磐田 22位:レイくん/柏レイソル 23位:ユニティ/ジェフユナイテッド千葉 24位:アビーくん/アビスパ福岡 25位:ヴォルタくん/徳島ヴォルティス 26位:ロビー/セレッソ大阪 27位:フリ丸/横浜FC 28位:ディーオ/モンテディオ山形 29位:キヅール/いわてグルージャ盛岡 30位:ファジ丸/ファジアーノ岡山 31位:さぬぴー/カマタマーレ讃岐 32位:ライオー/AC長野パルセイロ 33位:ギラン/ギラヴァンツ北九州 34位:ゼルビー/FC町田ゼルビア 35位:キングベルI世/湘南ベルマーレ 36位:コトノちゃん/京都サンガF.C. 37位:ジンベーニョ/FC琉球 38位:ライカくん/カターレ富山 39位:トッキー/栃木SC 40位:湯友/ザスパクサツ群馬 41位:ロアッソくん/ロアッソ熊本 42位:ガイナマン/ガイナーレ鳥取 43位:アルディ/大宮アルディージャ 44位:ゆないくー/鹿児島ユナイテッドFC 45位:レディア/浦和レッズ 46位:ヴェルディ君/東京ヴェルディ 47位:ヴァン太/ヴァンラーレ八戸 48位:ホーリーくん/水戸ホーリーホック 49位:ガミティ/SC相模原 50位:伊予柑太/愛媛FC 51位:ブラウゴン/ブラウブリッツ秋田 52位:蹴っとばし小僧/藤枝MYFC 53位:Jリーグキング/Jリーグ 2019.02.16 22:21 Sat
twitterfacebook
thumb

タイトル獲得でシーズンスタートも川崎F・家長昭博「スタートとしてはボチボチ」《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》

FUJI XEROX SUPER CUP2019が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレが浦和レッズを1-0で退け、初優勝した。 2018シーズンのJリーグMVPを受賞し、今シーズンも川崎Fの攻撃の軸として期待されるMF家長昭博がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。新加入のFWレアンドロ・ダミアンのゴールを喜んだ。 ◆MF家長昭博(川崎フロンターレ) ──この試合での収穫や課題は 「(レアンドロ・)ダミアンが点を取れたことは良かったです。プラス勝てたことも良かったです。スタートとしてはボチボチですね」 ──前線からのプレスも結構かかっていたと思いますが 「去年もやっていましたし、変わったことをやったという感じではないです」 ──レアンドロ・ダミアンも守備をかなりやっていました 「全員が最低限のことをやらないといけないですし、ダメだと思います。それをダミアンも求められたと思います」 2019.02.16 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

攻撃の新たな槍として期待がかかる川崎F・マギーニョ「スタイルに合わせる必要がある」《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》

FUJI XEROX SUPER CUP2019が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレが浦和レッズを1-0で退け、初優勝した。 川崎フロンターレのDFマギーニョがミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。同胞のFWレアンドロ・ダミアンとプレーした印象は「信頼を置ける」とコメント。攻撃面については「チームに合わせながら、良さを出したい」と語った。 ◆DFマギーニョ(川崎フロンターレ) ──レアンドロ・ダミアンの印象は 「前で起点になれる選手です。背も高いです。チームメイトがみんな信頼をおけます。試合を重ねるごとに、連携の部分も高めていけると思います」 「ダミアンを中心として攻撃が噛み合うようになれば、攻撃力がさらに増すということも今日の試合を見ればわかると思います」 ──同サイドの小林選手が中に絞ってプレーすることで、スペースがあったと思うが 「練習の中で結構やっています。今日は、相手のラインがかなり低く、5バックで守備を固めてきました。なので、抉るような形のプレーはなかったですが、相手がいかに引いて後ろを固めようとも、抉って行くプレーができるように、連携というのはどんどん高めなければいけないと思います」 ──オフサイドラインぎりぎりを狙うプレーは自身の特徴か 「我々のチームの求めるものとして、サイドバックは攻撃力が必要です。相手のブロックを突破する1つの手段としてです。相手の裏を狙う。その中の1人として、常にオフサイドラインぎりぎりで狙うというのは必要だと思う」 ──自分の良さを出していきたいか、相手に合わせていきたいか、どちらのタイプか 「僕の方がチームのスタイルに合わせる必要があると思います。(リーグを)2連覇を達成したチームに僕が入ったということであれば、クラブのコンセンプトに合わせることが、まず僕がやることです」 ──谷口選手は引き出しを新たに発見したので、もっと引き出したいと語っていたが 「これは時間が経つにつれて、お互いが理解して行く所でできるものだと思います。最初の練習試合などで、なかなかわからない部分もありました。チームに合流してキャンプがあって、自分がまだフィットしていない部分があり、良さを出せていない部分もあったと思います」 「それはコンディションが整うにつれて、今日発見できたということであれば、もっと自分でも出していきたいし、チームメイトにも理解してもらいたい。チームとしても、力がアップすると思います」 2019.02.16 22:11 Sat
twitterfacebook
thumb

助っ人の印象を語る川崎F・谷口彰悟、マギーニョについては「良さを引き出したい」《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》

FUJI XEROX SUPER CUP2019が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレが浦和レッズを1-0で退け、初優勝した。 川崎フロンターレのDF谷口彰悟がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。守り方に対しては「特別なことはしていない」とコメント。また、レアンドロ・ダミアン、マギーニョの両助っ人の印象も語った。 ◆DF谷口彰悟(川崎フロンターレ) ──今日は激しいプレスをかけていた印象だが 「あれが僕らのスタイルというか、押し込んでいるとあれだけ回収しやすいですし、切り替えが生命線になってきます。うちのスタンダードというか、特別なことをやっているという感覚ではないです」 ──レアンドロ・ダミアンも前線からかなり守備をしていたが 「特に変わらないです。ダミアンには、彼の良さもありますが、やってほしいことは常に要求しています。きちんと応えてくれる選手ですし、今日も労を惜しまずやってくれました。これからも続けていってほしいと思います」 ──右サイドバックに入ったマギーニョのパフォーマンスは 「彼のパフォーマンスは、毎試合発見が多いです。今日もこれぐらい全然できるんだと感じましたし、もっとできる選手なんだろうなということも感じています。もっと周りとして彼の良さを引き出したいですし、合わせてもらうところは合わせてもらって。それでも、もっと良くなると思います」 2019.02.16 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

勝ち切れたことに手応えを感じる川崎F・奈良竜樹「チームとして1つ良い成功体験」《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》

FUJI XEROX SUPER CUP2019が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレが浦和レッズを1-0で退け、初優勝した。 川崎フロンターレのDF奈良竜樹がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。勝利を求めて戦ったことを明かし、しっかりと勝てたことに進歩を感じていた。 ◆DF奈良竜樹(川崎フロンターレ) ──試合を振り返って 「勝つことが全ての試合だったので、まずそこにホッとしているのと、去年はスタートでつまづいて、前半戦ちょっとガクッときたところがありました」 「欲を言いたくなる部分はありますが、一発勝負ですし、1試合で勝者とそれ以外という形になるので、そこでしっかりと勝ちをもぎ取れたということは、チームとして1つ良い成功体験だったかなと思います」 ──浦和があまりプレスをかけて来なかったために、落ち着いてプレーできたか 「それがうちにとってやりやすいかというと、逆に来てくれた方が剥がせるという部分もあります。浦和さんは、しっかりとブロックを組んで、そこから奪って早い攻撃をやると思います」 「引いて守られたのがうちにとって良かったのかは別問題ですけど。しっかりと焦れずに動かしながら、セットプレーからもオフサイドになりましたけど、ゴールのチャンスを作れました」 「前半にオフサイドになったところも、今までのうちならなかったような。シンプルに入れるということは、向こうは入れて来ないだろうというシーンで、そこもあると。そのバリエーションをしっかり見せられたので、それは僕たちにとってはキャンプで積み上げて来たものだし、しっかりと形になったかなと思います」 ──今日のような試合で無失点に抑えられたというのはチームにとって自信になるか 「今までのフロンターレだったら、焦れるというか、もう少し点が取れそうな雰囲気の中で、無理にリスクをかけてゴールを奪われることはあったかもしれないです。そこは、しっかり勝利に徹する部分も見せながら、常に牙を向き続けるというか、その姿勢も見せられました」 「そこで仕留められれば良いですけど、サッカーはそんなに簡単なものじゃないし、勝つことが全てだとオニさん(鬼木監督)も試合前に言っていたので。1点とって守りきれば勝ちなので、そういったところをシンプルに考えられるようになったのかなと思います」 2019.02.16 22:03 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース