ノイアー、ついにフルメニュー消化! バイエルンもDFBポカール決勝でのベンチ入りを視野に2018.05.17 16:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが負傷前以来、公式戦にメンバー登録される可能性が出てきた。ドイツ『キッカー』が伝えている。

▽昨年9月のトレーニング中に中足骨を骨折したノイアー。以降、長らくピッチから遠ざかり、当初よりも経過が悪く復帰も遅れていたが、今年3月に練習場に復帰すると、4月にはキーパー練習を開始。未だ実戦復帰には至っていないものの、15日に発表されたロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むドイツ代表候補メンバーにも選出された。

▽そんな中、ノイアーは同日の練習でついにフルメニューを消化。これを見て、バイエルンは19日に行われるDFBポカール決勝のフランクフルト戦でノイアーをベンチ入りさせることも視野に入れているようだ。

▽「試合への復帰なしでワールドカップに行くことはできないと思う」と語っていたノイアー。リーグ戦での復帰が叶わず、今シーズン中での復帰が絶望的とみられてきたが、昨年9月以来となる出場の可能性がわずかながら見えてきた。

コメント

関連ニュース

thumb

ビダル、昨年の暴行事件で1億円の罰金

▽バルセロナのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルに、ミュンヘン裁判所から80万ユーロ(約1億円)の罰金が科せられた。スペイン『El Observador』が伝えている。 ▽事件は昨年9月、当時バイエルンに所属していたビダルはクラウンズクラブというナイトクラブで兄弟のサンドリノと義父も巻き込んだ乱闘を起こし、ビダルはウォッカ瓶で相手の頭を殴った容疑がかけられていた。 ▽今年5月に暴行罪で告訴されていたビダル。今回伝えられるところによると、同選手はミュンヘン裁判所から80万ユーロ(約1億円)の罰金が科せられたようだ。サンドリノと義父にもそれぞれ1万7000ユーロ(約220万円)、3万5000ユーロ(約450万円)の罰金が科せられるという。 ▽元々、ビダル一家には10年間の禁固刑が求刑されていたが、最終的に多額の賠償金を支払うに至ったようだ。 2018.10.18 17:42 Thu
twitterfacebook
thumb

バルデラマ氏、ハメスの去就を予想「マドリーに戻ることはないだろう」

コロンビアのレジェンド、カルロス・バルデラマはハメス・ロドリゲスが再びレアル・マドリーでプレーすることはないと考えているようだ。『ESPN』が報じている。<br><br>ハメスは現在、2年のローンでバイエルンに加入中。買い取りオプションもあると伝えられているが、去就はいまだ未定だ。しかし。バルデラマ氏はハメスがマドリーに戻ることはないと考えているようだ。<br><br>「ハメスはバイエルンで幸せそうだ。マドリーに戻ることはないだろう。ハメスはマドリーでの初年度、カルロ・アンチェロッティの元で素晴らしい活躍をした。しかし、その後に起こったことは不可思議だった。コロンビアでは理解されていないよ」<br><br>ハメスは昨シーズン、バイエルンで37試合に出場して8ゴールを記録。ブンデスリーガ6連覇に貢献した。ビッグマッチでも輝きを放ったハメスだが、今後もバイエルンでキャリアを重ねることになるのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.10.18 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

負傷者続出のドイツ代表、ジェローム・ボアテングがふくらはぎ負傷で離脱…《UEFAネーションズリーグ》

▽ドイツサッカー協会(DFB)は14日、ドイツ代表メンバーからバイエルンDFジェローム・ボアテングが負傷離脱したことを発表した。 ▽J・ボアテングは13日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)のオランダ代表にフル出場したが、試合後に行われた検査でふくらはぎの負傷が見つかった。 ▽DFBによれば、J・ボアテングは16日にアウェイで行われるUNLのフランス代表戦には帯同せず、所属先のバイエルンに戻るとのことだ。 2018.10.15 00:01 Mon
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキが移籍を希望した理由はバイエルンの姿勢?クラブに示したかったこととは…

バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、今夏の移籍騒動について真相を明かしている。ポーランド『Sportowe Fakty』で語った。<br><br>レヴァンドフスキは今夏、移籍を希望していると報道されながら、結局は残留に至った。最終的にはニコ・コバチ監督が説得し、納得したと伝えられている。一方で、移籍を希望していたことを認めており、クラブの姿勢に疑問を抱いていたことを挙げている。<br><br>「バイエルンで満足できないことがあり、それについて話したかった。オファーも多くのクラブから来ていたね。それがわかったとき、メディアには奇妙な雰囲気があり、クラブの間ともそうだった。だから(移籍を希望していることを)話すことに決めたんだ。&ldquo;僕に満足していない人がいるなら、出ていくこともあり得る&rdquo;と示したかったんだ」<br><br>「ただ、バイエルンの答えがどんな場合も『ノー』であることはわかっていた。どんなオファーであるかにかかわらずね」<br><br>一方で、移籍が成立しなかったことに不満も残していない。「僕は世界最高のクラブの一つにいるんだ」と話している。<br><br>「失望しているなんて言えないよ。確かにバイエルンは世界の他のトップクラブと比べると、人気は低いかもしれない。でもここで幸せでなければ、問題だよ。また大きな目標のために戦うつもりだ。シーズンは長いし、最高のレベルで戦うことができる。今は多くのことで改善が必要だけどね」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.10.12 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

チアゴが明かすバルセロナ退団の理由…ジダン就任報道は気に留めず

バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、過去のバルセロナ退団や現在のチームの苦境について語った。スペイン『カデナ・セール』が報じている。<br><br>チアゴは2013年にジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)に熱望される形でバイエルンへ加入。下部組織から過ごしたバルセロナを離れることについて「必要だった」と話している。<br><br>「バルサを離れる必要があった。国内、国外のクラブにかかわらずね。出場機会が多くなかったから、フットボールをして幸せになりたかったんだ。新たなステップ、新たな挑戦を求めていた。成長できてバルサには感謝しているが、レベルを上げるためにこういう瞬間は訪れるものだよ。バルセロナには閉じ込められていると感じていたし、どこかでレギュラーとしてプレーしたかったんだ」<br><br>また、現在バイエルンは4試合勝利なし。ジネディーヌ・ジダン氏の招へいがうわさされるなど、様々な憶測が周囲には渦巻いている。チアゴはそうしたことに触れつつ、苦境からの脱却を誓った。<br><br>「勝利を味わい、祝ってきた、家族がバイエルンにはいて、美しい伝統もある。だからこそ、負けたときには傷つくものだ。良いフィーリングを取り戻したい。選手のためだけでなく、ファンや家族のためにもね」<br><br>「ジダン就任はうわさに過ぎない。うわさはうわさだ。幸運なことにバイエルンには多くのベテランがいて、こういったことへの関わり方はわかっている。状況を変えるために努力し、前に進まなければならない」<br><br>提供:goal.com 2018.10.11 18:40 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース